よくある質問

マリオン島は、海鳥やその他の野生生物の世界的に重要な繁殖地であり、例えば、世界のワンダリングアルバトロスの4分の1が生息していると言われています。 侵入したハツカネズミが島を食い荒らし、生態系が危機的な状態に陥っている。 過去30年間の温暖で乾燥した気候の影響で、毎年夏になると島のネズミの密度が上がり、冬にネズミが生存するための無脊椎動物が不足するようになりました。 このため、ネズミは島の海鳥を捕食するようになり、海鳥はネズミから身を守ることができなくなった。 海鳥に対するネズミの攻撃は、2000年代初頭に初めて観察されて以来、その規模と頻度が増加している。 マリオン島でこのネズミを放置すると、島で繁殖する28種の海鳥のうち18種が局所的に絶滅し、この驚くべき重要な亜南極島の生態系全体を貧困化させ続けると予測されている。

おそらく、封印作業を支援するために陸揚げされた資材か、初期の難破船から採取されたものと思われます。 マリオン島でのネズミの最初の記録は、1818年に書かれた初期の印章職人の日誌である。

  • ワンダリングアルバトロスDiomedea exulans
  • グレーヘッド・アルバトロスThalassarche chrysostoma
  • スーティ・アルバトロスPhoebetria fusca
  • ライトマントアルバトロスPhoebetria palpebrata
  • 大フルマ
  • ハイイロチュウヒ
  • オオミズナギドリPterodroma macroptera

これらは、ネズミの捕食が観察・記録されている種である。 このほかにも、積極的に監視されていない種が数多くあり、マリオン島で活動する海鳥の科学者は、ネズミを根絶しなければ、島で繁殖する28種のうち18種が今後30〜100年の間に地域的に絶滅する現実的なリスクに直面していると予想している。

アホウドリとほとんどのウミツバメは、陸生哺乳類の捕食者がいない生息地でしか繁殖しない。 これまで哺乳類の捕食を経験したことがないため、動きが速く、数が多い夜行性の捕食者に襲われたときの適切な対応が進化していないのです。

マウスは、第二世代抗凝固剤ブロジファクムを含む殺鼠剤のベイト剤を用いて殺処分する予定です。 ブロディファクームを混ぜた穀物ベイトペレットを、ヘリコプターの下に設置したベイトバケツから島全体に撒く予定です。 バケツはGPSと連動しており、島のどの部分を処理したかを正確に記録し、島全体にエサが行き渡るようにしています。 この方法は、海洋の大きな島々からネズミを根絶することに成功した唯一の方法です。

餌付け作業の期間は天候に左右され、使用するヘリコプターの台数にも影響されます。 島全体を一度処理し、10〜14日待ってから再度ベイト剤を撒くことで、すべてのネズミの縄張りにベイト剤が行き渡る可能性を最大限に高める計画です。 1回のベイト処理には、天候が良ければ8〜10日程度かかりますが、マリオン島では悪天候が頻繁に起こるため、トータルの運用期間は4〜5カ月となります。 基地局、野営小屋、溶岩トンネルなど、特定の場所にはハンドベイトが施されます。

ジョン・パークスによって行われたフィージビリティ・スタディは2015年に完了し(
こちらをクリック
)、2018年に「プロジェクト計画書」と「運用計画書」の初稿を完成させました。 これらのプロジェクトは複雑で、根絶を確実に行う必要があるため、計画には10年程度かかることもあります。

これは気温や雨の量にもよるが、条件によっては数週間から数ヶ月続くこともある。 ベイト剤は風化すると、ベイト剤とその中の有効成分が不活性成分に分解され、土の中で結合されます。 有効成分(毒素)は水に溶けない。

ほとんどのネズミは巣穴の中で死に、数週間で腐敗します。

海鳥は主に魚やイカを食べるので、餌には興味がないでしょう。 島のアザラシの生息数も同様である。 一部の清掃鳥類に対する短期的な影響は比較的軽微であると予想されますが、他の場所での同様のプロジェクトでは、ネズミの影響が取り除かれた後、影響を受けた種が急速に回復していることが報告されています。 ほとんどのネズミは巣穴の中で死んでしまうので、鳥の餌になることはないのです。 しかも、餌付け作業は、多くの清掃鳥が島からいなくなる冬に行われる。

無脊椎動物は抗凝固毒素の影響を受けないが、無脊椎動物を食べる個々の鳥は危険にさらされる可能性がある。

この10年間で、島からネズミを根絶する試みの約8割が成功しています。 100%の確信は持てませんが、他の亜南極や冷温帯の島々で成功した専門家は、マリオン島でも成功する確率が高いと確信しています。 失敗のリスクを最小限に抑えるため、作戦は慎重に計画され、ピアレビューされています。

そう、ネズミは世界の70以上の島から駆除されているのです。 マリオン島は、ネズミが唯一の外来哺乳類である島として、これまでで最大の試みとなる。 サウスジョージア島はもっと広いが、ネズミはネズミのいない2つの地域に低い密度で生息しているだけである。 オーストラリアのマッコーリー島(12,800ha)では、2014年に3種(ウサギ、ネズミ、ネズミ)の駆除に成功しており、マリオン島より小さい島とはいえ、非常に複雑な作業であったと言えます。 マリオン島はマッコーリー島よりはるかに大きく、地形も高いため、1つの種だけを対象とすることは利点ですが、島の形状と相まって大きな課題となっています。 亜南極の島から種を根絶することは野心的で困難なことである。しかし、経験豊富な人材が関与し、適切な資源を用いて慎重かつ詳細に計画すれば、重要かつ持続的な保全の達成となり得るのである。

駆除後のモニタリングは、カメラトラップやネズミ探知犬など様々な受動的検知装置を用いて行われ、MFMプロジェクトが成功したかどうかを判断する。 島内のネズミがすべて駆除されたと結論づけられるのは、おそらく実施から2年後くらいになると思います。

マリオン島では、厳しいバイオセキュリティが実施されており、上陸できる物質の量や種類が制限されています。 出港前にネズミがいないことを証明された船だけが島を訪れることができ、船を繋ぐドックもないため、ネズミが上陸する危険性は非常に低いのです。 継続的な取り組みにより、厳格なバイオセキュリティの基準が維持されます。

マウスフリーマリオン(MFM)プロジェクトは、南アフリカ共和国の林業・漁業・環境省(DFFE)とバードライフ・サウスアフリカのパートナーシップにより、2020年にマウスフリーマリオン非営利会社を設立し、プロジェクトの実施を円滑に進めるための支援を行っています。 フィッツパトリックアフリカ鳥類研究所(ケープタウン大学)、英国王立鳥類保護協会、サウスジョージア遺産トラスト、ニュージーランド自然保護省の島嶼撲滅アドバイザリーグループ、バードライフ・インターナショナルなど世界中のパートナーの協力で、プロジェクトは大きく前進しています。 バードライフ・サウスアフリカとDFFEは、このプロジェクトを財政的に支援するとともに、スタッフの支援も行っています。 南アフリカ共和国とバードライフ・サウスアフリカは、このプロジェクトを実現するために必要とされる並々ならぬ努力に感謝しています。

間違いなく。 ハツカネズミの駆除は、マリオン島の生物多様性と生態系の機能にとって好ましい一歩となるでしょう。 水文機能、栄養循環、植物や無脊椎動物の群集を回復させることで、マウスフリーマリオンプロジェクトは、気候変動に対する生態系ベースの適応策としての役割を果たすでしょう。 現在、島には100万匹近いネズミが生息しており、ネズミの巣やトンネルは、沼地の通気性を良くし、沼地の乾燥を促す。また、ネズミは固有の無脊椎動物、植物の種子、土壌生物などを多く捕食している。 気候変動と合わせると、ハツカネズミの影響は生息地の劣化を加速させ、海洋環境への栄養分や淡水の流れを変化させているのです。 ネズミが島の海鳥の多くに与えている捕食の脅威を取り除くことは、将来の気候変動の影響に対するこれらの種の回復力を高めることにつながるでしょう。

はい。 マウスフリー・マリオンの非営利団体は、南アフリカで登録された公益団体(番号930071579)であり、該当する場合はセクション18A納税証明書(南アフリカの納税者向け)を発行する権限を有しています。 メール
info@mousefreemarion.org
までご連絡ください。 発行までに3ヶ月ほどかかる場合がありますので、ご了承ください。

マウス・フリー・マリオンは、数カ国に財政スポンサーを持ち、他国のサポーターのために納税証明書を発行することができます。 詳細については、下記までお問い合わせください。
Heidi.whitman@mousefreemarion.org