ニュース

ここに投稿されたニュースは、プロジェクトのFacebookページで共有されます。 Facebookページプリンス・エドワード諸島や他の島々のネズミ問題や駆除活動に関するニュースも共有されています。

ネズミのいないマリオン計画への賛同:島の脊椎動物駆除の成功率88%を示すレビュー論文

8月 23rd, 2022|0 Comments

写真上 オーストラリアのマッコーリー島で、ハツカネズミなどの外来脊椎動物を駆除したグレイヘッド・アルバトロス。 写真:Melanie Wells Dena Spatz(シニアコンサベーションサイエンティスト。 環太平洋の保全, Hawaii, Honolulu, USA)らは、オープンアクセスでジャーナルに掲載されました。 サイエンティフィックレポート は、100年間に998の島で行われた1550件の外来脊椎動物の駆除の試行を統合し、成功率88%、処理島の規模は着実に増加していることを示した。 筆頭著者はMFM Newsに次のように書いています。 「この研究は、島嶼部からの外来種の根絶は、世界の島々で適用されている一般的で非常に成功した手段であることを示しています。 この結果は、特に南アフリカのマリオン島のような生物多様性のホットスポットにおいて、重要な復元プロジェクトを推進する自信を強めてくれます。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト 侵略的なネズミを駆除することは、絶滅の危機に瀕した海鳥を保護し、地球規模の生物多様性と生態系の利益をもたらすでしょう。 また、「私たちの研究により、外来種の駆除の成功率は高く、長期にわたって安定していることがわかりました。これは、種の絶滅を防ぎ、島の生態系を回復させようとする人々やパートナーシップの懸命な努力の証です」 ( こちらをクリック ). この研究結果は、外来種のハツカネズミを根絶しようとするMouse-Free Marion Projectに勇気を与えるものです。 また、プロジェクトチームの士気も高まりました。 問題:マリオン島でネズミにひっかかれたグレイヘッドアルバトロスのヒナ。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクトは、アホウドリを殺すネズミの根絶を目指して活動しています。 写真:Ben Dilley 論文の要旨は以下の通りです。 「島は生物多様性と絶滅の世界的なホットスポットであり、地球の陸地面積の5%程度を占め、世界的に絶滅の危機にある脊椎動物の40%、1500年代以降の世界の絶滅の61%に相当する。外来種は島嶼における生物多様性損失の主な要因ですが、島嶼からの外来種の根絶は、これらの傾向を停止または逆転させる上で効果的でした。この保全手段の世界的な大要は、ベストプラクティスを拡大し、生物多様性の成果を最大化するためのイノベーションを可能にするために不可欠である。本報告では、100年以上にわたる島嶼部からの脊椎動物の駆除を総括し、998島における1550件の駆除の試みと88%の成功率を示した。その結果、1980年代以降、主にネズミの駆除を中心に駆除活動が活発化していることがわかった。島嶼部における年間駆除件数は2000年代半ばにピークを迎えましたが、年間処理面積は飛躍的に増加し続けています。この傾向は、駆除効果の向上とプロジェクトの複雑化を反映しており、保全上の利益が増加している。このように、世界的な生物多様性保全の成果に対して、各国の取り組みが大きく寄与していることが示された。島嶼部からの侵略的脊椎動物駆除へのさらなる投資は、気候変動に対する生物多様性の回復力を強化し、人間社会へのコベネフィットを創出しながら、生物多様性保全を拡大する。" 人気のある出版物の記事を読む [...]

マウスフリー・マリオン・プロジェクトでは、キャンペーン・マネージャーを募集しています。

7月 12th, 2021|マウスフリー・マリオン・プロジェクトでは、キャンペーン・マネージャーを募集しています。 はコメントを受け付けていません

マウスフリーマリオン」プロジェクトは、2023年の南半球の冬に向けた根絶作戦に向け、ますます勢いを増しています。 この間、必要な資金を調達することをはじめ、やるべきことは山積みです。 現在までに、プロジェクトの立ち上げ資金は、助成金、国内外の組織、個人、南アフリカ政府、そしてクラウドファンディングから得ています。 2023年に根絶作戦を進めるためには、大幅な資金調達が必要です。 マウス・フリー・マリオンNPOカンパニー(MFM NPC)では、必要な資金を確保するための資金調達戦略の実施において、チームを率いるキャンペーン・マネージャーを募集しています。 この機会の詳細については こちらからダウンロードしてください。 .  

パメラ・イズデルが150ヘクタールの壮大なスポンサーシップで「100+ ha Club」の仲間入り

7月 2nd, 2021|パメラ・イズデルが150ヘクタールの壮大なスポンサーシップで「100+ ha Club」の仲間入り はコメントを受け付けていません

写真上 2020年にカラハリを訪問した際のパメラとネヴィル・イズデル夫妻。 写真:Mark D. Anderson Mouse-Free Marion Projectは、マリオンのネズミ駆除に向けて3,000万南アフリカランドを寄付するキャンペーンを実施します。 ヘクタールのスポンサーになる 3000万南アフリカランドを集め、マリオン島の捕食性ネズミの駆除を目指すこのキャンペーンは、これまでで最大のスポンサーを獲得しました。 パメラ・イズデルは、2回に分けて15万レアルの寄付を行い、150ヘクタールの「100ヘクタール以上クラブ」の仲間入りを果たしました。 彼女は、自分が率いる「クラブ」の4人目のメンバーになったのである。 パメラ・イズデルさんとご主人のネヴィルさんは、バードライフ・サウスアフリカではよく知られた存在です。 彼らは情熱的な自然保護主義者で、アフリカの重要な保護プロジェクトを数多く支援しています。 パメラは、プレシャス・モロイ・モツェペ博士、ゲイナー・ルパート、マーク・シャトルワースとともに、同団体の4人の名誉後援者の一人です。 イスデル夫妻は、ヨハネスブルグにあるバードライフ・サウスアフリカの本社、イスデル・ハウスの購入と改装のために資金の大部分を提供しました。 また、パメラはバードライフ・サウス・アフリカの「パメラ・イズデル・フェロー・オブ・ペンギン・コンサベーション」のポジションに資金を提供しています。 現職のクリスティーナ・ヘーゲンは、低迷するアフリカペンギンのために、本土に新たなコロニーを設立しようと努めている。 Neville Isdell氏は、バードライフ・サウス・アフリカのハゲタカ・プロジェクト・マネージャーを含む、南部アフリカのハゲタカ保護活動に資金を提供しています。 イズデル夫妻の自然保護への取り組みは、幼少期のザンビアと、その後南アフリカで働きながら勉強している間に発展しました。 パメラ・イズデルは、アフリカとその自然環境を愛し、数多くの重要な鳥類保護活動を支援しています。 パメラ・イズデルさんにお礼を申し上げながら、協賛のきっかけをうかがいました。 確かに、ある青年がこれほどまでに寛大であるという知らせに、私もそれに倣おうと思いました。 110ヘクタールを支援したローロフ・ボータ氏 また、ヒナたちが攻撃されているひどい写真を見て、私も見習いたいと思いました」と述べています。 マーク・アンダーソン氏のリーダーシップのもと、彼の素晴らしいチームとともにバードライフ・サウス・アフリカが南アフリカの素晴らしい鳥類を保護する手助けができると信じています。マーク氏は、ハゲワシ、フラミンゴ、ペンギン、アホウドリなど、鳥を支援することがいかに重要かを私に理解させるきっかけとなりました。マリオン島は海鳥の営巣地として非常に重要な場所であり、ネズミや気候変動が島の動植物を減少させています。今のうちに行動を起こすべき時です」。 Mouse-Free Marion Projectは、Pamela Isdellの協賛に大変感謝しています。 このプロジェクトは、彼女が寛大なスポンサーに触発されて自分もスポンサーになったように、彼女の貢献が、1ヘクタールでも100ヘクタールでも、他の人がスポンサーになるきっかけになることを信じているのです。 現在、島の面積3万ヘクタールのうち、2260ヘクタール(7.5%)がこのキャンペーンで資金調達されており(800以上のスポンサーによる)、まだまだ先の話であると言えます。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャー、ゴフ島から帰国

6月 29th, 2021|マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャー、ゴフ島から帰国 はコメントを受け付けていません

2021年6月13日、南アフリカの調査・補給船「S.A. Agulhas II」がゴフ島へのチャーター航海を終え、ケープタウンに帰ってきました。 この航海の目的は、RSPBがゴフ島から侵入したハツカネズミを駆除するために ゴフ島再生計画 (RSPBがゴフ島から侵入したハツカネズミを駆除するための緊急作業を開始するために、GIRPの運営チームとその機材一式を配備するためです。 私は幸運にも、GIRPの経験から学び、マウスフリーマリオン(MFM)プロジェクトに向けた私たち自身の準備に役立てるために、この航海に参加することができました。 ケープタウンを出発するゴフ島再生プログラム(GIRP)チーム、写真。Anton Wolfaardt しているように 既報 は、GIRPとMFMのプロジェクトには多くの類似点があります。 どちらのプロジェクトも、唯一導入された哺乳類の捕食者であるマウスを対象としています。 生態系や地形が似ていることもあり、両プロジェクトとも「S.A. Agulhas II」を利用して運用を行っています。   ゴフ島で荷揚げの準備をするGIRPチームのメンバーと S.A. Agulhas IIのクルー、写真。Anton Wolfaardt 今回の航海では、GIRPの運用におけるロジスティクスや最終計画の面を観察し、参加することができ、さまざまな貴重な機会を得ることができました。 ケープタウンでの船積み、ゴフ島での船卸し、島までのブリーフィングや計画会議への参加、GIRPチームのメンバーである撲滅専門家やヘリコプターのパイロット、またゴフ島の乗組員との多くの非公式な意見交換などが含まれます。 S.A. アグルハスII. このような貴重な経験をさせていただき、大変感謝しています。 ゴフ島へ向かうS.A. Agulhas IIのヘリデッキでブリーフィングを行う、写真。Anton [...]

バードライフ・サウスアフリカに加盟する41のバードクラブのうち4つが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を支援しています。

6月 24th, 2021|バードライフ・サウスアフリカに加盟する41のバードクラブのうち4つが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を支援しています。 はコメントを受け付けていません

バードライフ・サウスアフリカの41のバードクラブのうち4つがネズミのいないマリオン・プロジェクトを支援し、そのうち2つが残りのクラブに同じことをするよう呼びかけています。 上の写真。バッフェルス・ベイに出かけたレイクス・バード・クラブのメンバー。 南アフリカで唯一の鳥類保護NGOであるバードライフ・サウスアフリカに加盟しているバードクラブは41団体。 野鳥観察の手配、夜の講演会、講座やワークショップの開催、独自のニュースレターの作成など、主に独自に活動しています。 会員の規模はさまざまですが、鳥を愛し、その保護に力を注ぐという点では共通しているようです。 41クラブのうち4クラブは、バードライフ・サウスアフリカと南アフリカ林業・漁業・環境省(DFFE)のパートナーシップであるマウスフリー・マリオン・プロジェクト(MFM)を通じて、マリオン島のハツカネズミ撲滅に向けたヘクタールのスポンサーとなって、この取り組みを実証しています。 この間、34,000南アフリカランドを寄付し、34ヘクタールの畑のスポンサーとなりました。 3万ヘクタールの島を、クラブの資金や会員への呼びかけで実現。 そのうちの2つ、レイク・バード・クラブと ケープ・バード・クラブは、残りの37のクラブに同じことをするように呼びかけています。 MFMプロジェクトは、この2つのクラブの委員会にコンタクトを取り、歓迎するスポンサーシップについて詳しく伺いました。 パット・ナース、レイクス・バード・クラブ会長 レイクス・バード・クラブ 会長のパット・ナースは、「アホウドリの雛が生きたまま食べられている映像を見たので、何かしなければと強く思いました。そして、この問題について全会員に伝え、寄付をお願いしました。私は前回の「Flock at Sea AGAIN!2017」に予約している人も多いので、ぜひ参加してみてください。 マリオンに群がる。 少なくとも6人のメンバーが自己資金で1ヘクタール以上のスポンサーになったことを知っています。 そこで、「1000ルピーは無理でも、何か寄付をしてください」と、メンバー全員に呼びかけようと考えたのです。 彼らはクラブにお金を払い、私たちはこうして5700レアルを集めました。 会員の多くは年金生活者であり、あまり裕福ではない人が多いのです。 そして、クラブはバードクラブの資金から7500レアルを上限に寄付を行いました。 レイク・バード・クラブは、他のすべてのバードライフ・サウス・アフリカ・クラブとその会員、そして世界中のバーダーたちに、この非常に価値ある活動への寄付を呼びかけています。 みんなが少しずつでも提供すれば、多くのことが実現できるのです。" 岬の野鳥の会   プリシラ・ビートン(ケープ・バード・クラブ会長 ケープ・バード・クラブは、477名の正会員と194名の家族会員を擁し、「主に "南西 "ケープの地理的地域における野鳥とその環境に関する楽しみ、理解、研究、保護」を推進しています。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトの管理者募集

6月 21st, 2021|マウスフリーマリオンプロジェクトの管理者募集 はコメントを受け付けていません

写真上 デイズナンバー? マリオン島で紹介されたハツカネズミ(Stefan Schoombie撮影 バードライフ・サウス・アフリカ と南アフリカ共和国森林・漁業・環境局(ディーエフエフイー)は、マウスフリー・マリオン・プロジェクト(Mouse-Free Marion Project)で共同研究を行っています。へんけいしゅうはすうへんちょうそうちは、海鳥や無脊椎動物、植物に壊滅的な影響を与え、生態系を破壊しているハツカネズミをマリオン島から駆除することを目的としています。 このプロジェクトを実施するために、バードライフ・サウスアフリカが特別法人「マウス・フリー・マリオンNPO」を設立しました。 プロジェクトの詳細については、MFMのウェブサイトをご覧ください。 MFMプロジェクトは現在、このプロジェクトの財務管理をプロボノまたは低料金で支援してくれる会計事務所または簿記事務所を探しています。 MFMプロジェクトの当初のスタッフ数は6名程度ですが、根絶作業を行う2023年には増員される予定です。 また、南アフリカ国内および海外から商品やサービスを調達する予定です。 財務的な責任は以下の通りです。 完全な簿記と給与計算機能 関連する法定および税務上の提出書類 年次監査への協力 ヨハネスブルグ(または少なくともハウテン州)を拠点とし、公益法人、外貨取引、税関の取り扱いに経験がある事務所であれば、より簡単かもしれません。 お問い合わせは、下記までお願いします。 ceo@birdlife.org.za またはFanie du Plessis (Head of Finance & Operations)までご連絡ください。 accounts@birdlife.org.za にご連絡ください。 このプロジェクトに参加することは、非常に重要な保護プロジェクトに大きく貢献する機会となります。 マーク・D・アンダーソン(バードライフ・サウス・アフリカ最高経営責任者)2021年7月21日付

バードライフ・サウスアフリカは、6月19日の世界アホウドリの日を記念して、ワンダリングアルバトロスのインフォグラフィックを共同スポンサーしています。

6月 19th, 2021|バードライフ・サウスアフリカは、6月19日の世界アホウドリの日を記念して、ワンダリングアルバトロスのインフォグラフィックを共同スポンサーしています。 はコメントを受け付けていません

上の写真ACAPと バードライフ・サウスアフリカが 共催する「さまよえるアホウドリ」インフォグラフィック アホウドリを描いたインフォグラフィック グローバル・ヴァルネラブルアホウドリの 日」を記念して、インフォグラフィックが制作されました。 世界アホウドリの日 を記念して、インフォグラフィックが作成されました。 ニュージーランド在住のイラストレーターが制作したインフォグラフィックです。 ナマスリ・ニュウミムは、アホウドリとミズナギドリの保全に関する協定(Agreement on the Conservation of Albatrosses and Petrels)の共同スポンサーとなっています。エーキャップとバードライフ・サウス・アフリカは、亜南極のアホウドリの窮状に注意を喚起するための活動を開始しました。 マリオン島 その結果、ハツカネズミが侵入し、ヒナを襲うようになりました。 バードライフ・サウスアフリカ は、南アフリカ共和国森林・漁業・環境局(Department of Forestry, Fisheries and the Environment ( DFFE というパートナーシップを結び、2023年に島のネズミを根絶することを目指しています。 マウスフリーマリオンプロジェクト。 また、このインフォグラフィックは、フランスのケルゲレン島で野良猫に殺されているワンダリング・アホウドロスのヒナにも注意を促しています。 夜のマリオン島で、ワンダリング・アルバトロスのヒナの頭皮を食べるハツカネズミ、撮影:Stefan Schoombie ACAPはこれまでにも、絶滅の危機に瀕しているアホウドリと、その仲間たちが直面している保護上の脅威を描いた2つのインフォグラフィックを制作してきました。 [...]

“巨人の肩の上に立つ “のです。 ニュージーランド・オークランド島に生息するネコ、ブタ、ネズミを駆除するためのフィージビリティスタディが、「ネズミのいないマリオン計画」に反映されることになりました。

6月 11th, 2021|“巨人の肩の上に立つ “のです。 ニュージーランド・オークランド島に生息するネコ、ブタ、ネズミを駆除するためのフィージビリティスタディが、「ネズミのいないマリオン計画」に反映されることになりました。 はコメントを受け付けていません

上の写真 唇をなめる。 オークランド島でシロハタフウチョウのヒナの死体を食べる野良猫、写真:Stephen Bradley マリオン 南洋の島々でハツカネズミの駆除を計画しているのは、マリオンだけではありません。 ニュージーランドでは、自然保護局(Department of Conservation Te Papa Atawhai、以下「DOC」という。 DOC )は、今月 フィージビリティ・スタディ ニュージーランド最大の亜南極大陸であるオークランド島から、捕食動物である野良猫や豚、ハツカネズミを駆除することを目的としています。 "アンティポデス島からネズミを根絶することに成功したのに続き、DOCとNgāi Tahuはニュージーランド亜南極地域のオークランド島から豚、猫、ネズミを根絶する可能性の調査を完了した。Maukahukaプロジェクトは、この島を害虫のいない島にすることを望んでいます。これにより、46,000ヘクタール以上の保護された生息地が増え、514以上の種が繁栄することになります。" オークランド島で打ち上げられた昆布の葉の中で餌を探す野生の豚、写真:Pete McClelland 南アフリカは数十年前にマリオンの猫を根絶やしにし、この島の穴居ウミツバメに恩恵を与える保護活動を行った。 幸いなことに、19世紀初頭にアザラシ漁師が島に持ち込んだ豚はすぐに狩り尽くされ、島に持ち込まれた唯一の哺乳類捕食者はネズミだけとなった。 ニュージーランドの経験は、「マウスフリー・マリオン・プロジェクト」に大いに役立つと思われます。 すでにニュージーランドを拠点とする複数の島嶼根絶専門家が、MFMの科学技術諮問グループ(STAG)のメンバーとして参加しています。 そしてもちろん、来月からはニュージーランド人のキース・スプリンガーがオペレーション・マネージャーとしてプロジェクトに参加する。このような国際的な協力関係は、2013年のマリオンでの撲滅活動の成功にとって好材料となるだろう。 フィージビリティレポートの13ページのエグゼクティブサマリーから、「Context」と「Conclusion」を引用しています。 コンテキスト ニュージーランド亜南極諸島地域(NZSIA)のオークランド諸島の本島であるオークランド島から、ブタ、ネズミ、ネコを根絶するプロジェクトが提案されています。 このプロジェクトは、「Maukahuka Pest Free Auckland Island」として知られています。 この報告書は、ニュージーランドの自然保護局(DOC)が完成させたもので、プロジェクトのフィージビリティ・スタディ(実現可能性調査)を行っています。 フィージビリティスタディの目的は、プロジェクトのコスト、メリット、リスク、技術的課題を理解し、プロジェクトが成功する可能性を最大限に高めるために、十分な情報に基づいてプロジェクトの設計を決定できるようにすることである。 [...]

マウス・フリー・マリオンのオペレーション・マネージャーにマッコーリー島の名士キース・スプリンガーが就任

6月 4th, 2021|マウス・フリー・マリオンのオペレーション・マネージャーにマッコーリー島の名士キース・スプリンガーが就任 はコメントを受け付けていません

上の写真 着陸したヘリから安全な場所に移動する アンティポーズ島でアンティポーズ・アルバトロスのヒナを抱きかかえるキース・スプリンガー氏 先月行われたオペレーション・マネージャーの候補者面接に続き、このたび マウスフリーマリオンプロジェクト このたび、ニュージーランドのキース・スプリンガー氏が、南アフリカの亜南極地域担当のオファーを受け、その任を引き受けることになりましたのでお知らせします。 マリオン島 捕食者であるハツカネズミが侵入してきたため 攻め殺し 表面繁殖のアホウドリとゴマフアザラシのヒナ。 ニュージーランド国立公園管理局でキャリアをスタート。 自然保護局 , 南極大陸 ニュージーランド と タスマニア州公園野生生物局 キースは、島のげっ歯類根絶作戦にかなりの経験を積んでいます。 を率いた。 作戦成功 オーストラリアからヨーロッパウサギ、クロネズミ、ハツカネズミを撲滅するために マッコーリーアイランドの一部であった。 サウスジョージア・ヘリテージ・トラストのハビタット再生プロジェクトチーム。 いっしゅう サウスジョージア州のブラウンラットとハツカネズミをはじめ、多くのネズミ駆除プロジェクトでアドバイザーを務めています。 これまで オペレーションアドバイザー、セーフティオフィサー を成功させました。 ミリオンダラー・マウス 「の撲滅に貢献しました。 アンティポデス島 のオペレーションプランナーとして活躍。 ゴフ島再生計画 今年6月から9月にかけて、ゴフ島でネズミの駆除を行う「ゴフ島ネズミ駆除計画」のオペレーションプランナーを務めました。 に代わって、ネズミのいないマリオン・プロジェクトの運営計画およびプロジェクト計画の草案作成も担当しました。 [...]

マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー、ゴフ島へ向かう

6月 1st, 2021|マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー、ゴフ島へ向かう はコメントを受け付けていません

マウスフリー・マリオン(MFM) 最近報告された について、南アフリカの南極観測・補給船「S.A. Agulhas II」が2021年5月12日にマリオン島から帰還し、島の年次買収の一環として1カ月間上陸したMFMプロジェクトマネージャー、アントン・ウォファールト博士が乗船していたことを発表しました。 マリオン島からゴフ島への航海の間、検疫のためにケープタウンに停泊している間、アントンは船内に留まった。 ゴフ島の気象観測所、写真:Anton Wolfaardt S.A. Agulhas IIは、2021年5月29日にケープタウンを出港し、ゴフ島へのチャーター航海に出発しました。 この航海の目的は、RSPBが導入したハツカネズミを島から駆除するために ゴフ島再生計画 (RSPBがこの島から侵入したハツカネズミを駆除するという極めて重要な作業を開始できるように、すべての機材と物資とともにGIRPの運営チームを配備するためです。 何年にもわたる綿密な計画と、COVID-19による中断を経て、GIRPチームが配備され、この重要なプロジェクトの運用段階が始まったことは、素晴らしいニュースだと思います。 GIRPとMFMプロジェクトには、多くの共通点があります。 これらの類似点には、生態学的、地形学的、ロジスティックな側面が含まれます。 両事業とも、島で唯一の外来哺乳類捕食者であるマウスを対象とし、S.A. Agulhas IIを 利用してプロジェクトを支援します。 そのため、2つのプロジェクト間で技術や知識を移転する余地は大いにあります。 この2つのイニシアティブとその提案者の間には貴重なパートナーシップが築かれており、すでに相互の利益をもたらしていますし、これからもそうでしょう。 Antonは次のように報告しています。「MFMプロジェクトは、GIRP関係者のアドバイス、サポート、ガイダンスから多大な恩恵を受けています。今回のチャーター航海に参加することで、ゴフ島でのネズミ駆除活動の主要な運営面について実践的な見識を得ることができ、GIRPチーム全体と関わり、学ぶことができる素晴らしい機会となっています。" 絶滅危惧種に指定されているトリスタンアルバトロス、ゴフ島、写真:Anton Wolfaardt S.A. Agulhas IIのゴフ島への出航は、その直後に行われるのがふさわしいようです。 絶滅危惧種の日 と [...]

マウス・フリー・マリオンの「スポンサー・ア・ヘクタール」チャレンジで、145ヘクタールに資金を提供した元沿岸管理者のショーン・シュニアー氏

5月 28th, 2021|マウス・フリー・マリオンの「スポンサー・ア・ヘクタール」チャレンジで、145ヘクタールに資金を提供した元沿岸管理者のショーン・シュニアー氏 はコメントを受け付けていません

写真上:ケープタウンのテーブルマウンテンに立つショーン・シュニアー氏、水平線の向こうに南氷洋が見える マウスフリー・マリオンに続き ローロフ・ボータ氏インタビュー 3万ヘクタールの島のうち、少なくとも100ヘクタール以上を後援している数少ない人物の一人であるマリオンは、このプロジェクトで、名誉ある選ばれた「さまようアホウドリ」の後援者である別の人物に目を向けています。 現在、145ヘクタールという広大な面積のスポンサーとして、この挑戦をリードしているのが、南アフリカのショーン・シュニアー氏である。 このプロジェクトのショーンのインタビューは以下の通りです。 MFM: マリオンと個人的なつながりがあったのでしょうか? SS:いいえ、残念ながらまだ島を訪れたことはありませんが、将来的にはぜひ検討してみたいと思っています。 MFM スポンサーになろうと思ったきっかけは何ですか? SS:学生時代、アホウドリのドキュメンタリーを見たことがあります。 別の種についてだったのか、ワンダリングアルバトロスだけだったのか、覚えていません。 風を切って走り、スピードを上げ、時には勢い余って不格好に着地する、その大きさと離着陸の仕方に魅了された。 この飛行スタイルが、飛行機と似ているのは、ひとたび空を飛ぶと、とても楽に飛べるからなのです。 その後、長期間にわたって海に留まり、ヒナに餌を与えるために長い距離を移動し、強風の中でも優雅に飛行する彼らの能力に大きな敬意を抱くようになりました。 人間の不注意でネズミが生息地に侵入し、優雅で威厳のある生き物が生きたまま食べられてしまうのは恐ろしいことです。 また、マリオン島のような遠隔地が、外来種やプラスチック廃棄物によって簡単に劣化してしまうことに不安を覚えます。 私たちが地球とその素晴らしい生態系に与えているダメージを元に戻すために、私たち人類はできる限りのことをしなければならないのです。 MFM 寄付の背景となるような、あなた自身の情報があれば教えてください。 SS:1984年から2007年まで、南アフリカ環境局(当時)の海洋・沿岸管理部門に勤務していました。 その後、コンサルティングの仕事を経て、現在は退職しています。 私は海洋科学と沿岸管理を専門としていましたが、政治家や意思決定者は一般的に、科学的な議論よりも経済的な議論の方が説得力があることに気づきました。 生態系とそのサービスに経済的価値を与える環境経済学の重要性を認識し、経済学と環境経済学のいくつかのコースを修了しました。 また、バードライフ・サウスアフリカや南アフリカ野生動物環境協会といった環境NGOのメンバーとしても活動してきました。 MFM 他に何かお聞きになりたいことはありますか? 殺人ネズミの撲滅を支援するために、私は以下のことを投稿したいと思います。 マリオン・フリーのウェブサイトにもあるように、「マリオン島は南アフリカの島の王冠を飾る宝石です。巨大で美しく、驚くほど多くの固有種とカリスマ的な海洋巨大動物を擁しています」ので、手つかずの状態であることが望ましいのです。 この島の生態学的価値から、南アフリカ政府は2003年、保護地域法に基づき、マリオンを含むプリンスエドワード諸島を特別自然保護区に指定した。 現在、島で繁殖する27種の海鳥のうち、外洋のカリスマ、ワンダリング・アルバトロスを含む18種がネズミの大発生によって生存の危機にさらされているのです。 また、マウスは、飛べないガやゾウムシなどの無脊椎動物、植物群落、栄養循環にも大きな影響を及ぼしている。 マリオン島でネズミを放置しておくと、その代償は極めて大きい。 島の生態系の完全性と、特別自然保護区として宣言した根拠が損なわれることになる。 [...]

ネズミのいないマリオン・プロジェクト」の取材を受ける110haスポンサーのローロフ・ボータ氏

5月 21st, 2021|ネズミのいないマリオン・プロジェクト」の取材を受ける110haスポンサーのローロフ・ボータ氏 はコメントを受け付けていません

上の写真 -自然の中にいるようだ。ケープタウンのテーブルマウンテンにあるクルーフネックコーナーで醸造するローロフ。 Mouse-Free Marion Projectの名誉ある「Wandering Albatross」カテゴリーに入るには、アホウドリのヒナを生きたまま食べるようになったネズミを根絶するために100ヘクタール(またはそれ以上)のスポンサーになることが必要です。 これまで、3名の方がこのレベルに到達しています。 スポンサーシップ . 一人は、バードライフ・サウスアフリカの会員で、長年にわたり熱心なバーダーである南アフリカのロエロフ・ボタ氏。 マウスフリー・マリオンは、ローロフ氏にお礼を言うだけでなく、なぜ11万ランド(2回に分けて)もの寄付をすることになったのか、その理由を確認するためにコンタクトをとった。 自称 "普通の南アフリカ人 "が、どのような思いで支援に乗り出したのか、質問と回答で明らかにしていきます。 M-FMです。 マリオンと個人的なつながりはありましたか? RB:マリオンに行ったことはありませんが、私のバケットリストの上位にあります。 私は、来年の''航海''に参加する予定です。 マリオンに群がる の航海に参加するので、遠くからではありますが、この島を初めて体験することになります。 MF-Mです。 スポンサーになろうと思った動機は何ですか? RB:マリオンへの挑戦は、いろいろな記事を読んで意識するようになりました。 私は野鳥や野生動物の愛好家なので、島の鳥たちの窮状に心を動かされたのは当然のことでした。 人類には自然界の保護を促進し、支援する責任があると思いますので、そのための良い機会だと感じました。 実際、私はそれを自分の信仰の信条としています。 マリオンは、私たち人類が引き起こしたダメージを元に戻すチャンスであり、その距離の遠さから、永続的な方法でそれを行うことができるのです。 将来、このことを振り返って、地球の小さな一角の復興に貢献できたと思えたら、素晴らしいことだと思います。 M-FMです。 その他、ご自身についてお聞かせください。 RB:私は普通の南アフリカ人で、問題を認め、その解決に力を注げば、良いことができると信じています。 バードライフ・サウス・アフリカの会員になって何年も経ちますが、それ以外は熱心なアウトドア派です。 でパートナーを務めています。 プライスウォーターハウスクーパース 様々な規模のファイナンス・プロジェクトに携わっています。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャー、マリオン島から帰国

5月 14th, 2021|マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャー、マリオン島から帰国 はコメントを受け付けていません

2021年5月12日、南アフリカの南極観測・補給船「S.A. Agulhas II」が、マリオン島への恒例の救援航海を終え、ケープタウンに帰ってきた。 私は幸運にも5週間の航海に参加することができ、2023年の南半球の冬に予定されているマウス撲滅プロジェクトの計画に役立てることができました。 マリオン島でSA Agulhas IIの荷揚げを行う。 写真:Anton Wolfaardt マリオン島は、1994/95年に第51次越冬隊として1年間滞在して以来の再訪となる。 マリオン島がいかに神秘的で畏敬の念を抱かせる場所であるかを再確認することができました。 また、今回の訪問は、ネズミ退治プロジェクトの重要性と緊急性をアピールすることにもなりました。 ちょうど、島でネズミの数が最も多くなる時期と重なった。 滑走路やトンネルが島の植生を横切っており、その痕跡はいたるところにあった。 数十年にわたる研究により、持ち込まれたネズミが無脊椎動物の密度を低下させ、島の栄養循環やその他の重要な生態系プロセスを損なっていることが明らかになっています。 最近では、このネズミが島のアホウドリやウミツバメを襲い、殺してしまうという事件が起きています。 マリオン島は、ワンダリングアルバトロスの世界個体数の4分の1を支えています。 写真 - Anton Wolfaardt 今回、島を訪れて驚いたのは、27年前に越冬したときと比べると、ずいぶん乾燥しているように見えることです。 この乾燥と温暖化はネズミにとって好都合で、繁殖期を延長できるため、ネズミの数が増え続け、島の海鳥や生態系への影響を悪化させることになる。 気候変動モデルでは、島のネズミの環境が悪化し続けることが予測されており、これらの悪影響はさらに深刻になる可能性が高い。 マリオン島からネズミを駆除するのは、簡単なことではありません。 しかし、綿密な計画を立て、他の亜南極諸島で成功した根絶の教訓を守り、ベストプラクティスのアプローチを実施すれば、実現可能であることが分かっています。 このプロジェクトに関わって数ヶ月、私は島のげっ歯類撲滅活動の分野で活躍する国際的な専門家集団に多大な感銘とインスピレーションを受けました。 彼らの豊富な知識と経験、そしてマリオン・プロジェクトにアドバイスを提供する熱意と寛容さは見事なものでした。 バードライフ・サウスアフリカ、南アフリカの林業・漁業・環境省(DFFE)および公共事業・インフラストラクチャー(DPWI)、マリオン島で世界的に重要な研究を行っている多くの科学者(一部は何十年も)、プロジェクトのさまざまな諮問機関や管理機構のメンバーによる共同の決意と努力は本当に素晴らしく、このプロジェクトを確実に有利な方向へ導いてくれるでしょう。   [...]

ネズミのいないマリオンは2012ヘクタールのスポンサーを獲得し、節目を迎えたが、まだ道のりは長い

5月 7th, 2021|ネズミのいないマリオンは2012ヘクタールのスポンサーを獲得し、節目を迎えたが、まだ道のりは長い はコメントを受け付けていません

それぞれの長方形は、マリオン島の100ヘクタールの面積を表しています。 の「1ヘクタールをスポンサーしよう」キャンペーンは、最初の節目を迎えました。 マリオン島の海鳥を守る マウスフリー・マリオン・プロジェクト この度、2012ヘクタール以上のスポンサーが決定しました。 なぜ、このような正確な数字なのでしょうか? この大きさは ニュージーランドのアンティポデス島 から、推定200,000匹の移入されたハツカネズミMus musculusが 撲滅に成功 2016年にヘリコプターによる餌の投下により、2年後に成功が確認されました。 の費用は、クラウドファンディングによって一部まかなわれました。 アンチポーズ・アイランド・ミリオンダラー・マウス・プロジェクト その費用の一部は、政府以外から100万ニュージーランドドルを集めることを目的としたクラウドファンディングによって賄われました。 ニュージーランド人(およびニュージーランド国外)からの投稿を促進するため、プロジェクトのウェブサイトを開設。 フェイスブックページ マウスを消した島々の地図を定期的に更新し、進捗を確認しました。 これをヒントに、ACAPの情報担当者はマリオン島でも同様のキャンペーンを提案し バードライフ・サウスアフリカ と提携し、2023年にマリオン島からネズミを駆除することを提案しました。 南アフリカ共和国漁業・林業・環境局 2023年にマリオン島からネズミを駆除することを目指しています。   4匹のネズミが消えた! アンティポーズ・アイランドの「ミリオンダラー・マウス」キャンペーンに参加した日々   マウスフリー・マリオンが 連絡を取ったのは ニュージーランド自然保護省の スティーブン・ホーン彼はプロジェクトマネージャーとしてAntipodesの根絶を指揮しました(M-FMの科学技術アドバイザリーグループのメンバーでもあります)。 アンティポーズ島のネズミ退治は、人々の貢献が原動力となった。小学生、企業、個人、グループ、そしてごく普通の人々が参加してくれたおかげで、プロジェクトは軌道に乗り、成功を収めることができたのです。ネズミがいなくなったことで、シギやシギチなどの陸生鳥が元気になり、ネズミによる大きな被害から回復した穴埋め海鳥が見られるようになりました。私は、アンティポデス島でのプロジェクトを主導し、人々が目標を達成し、その貴重な野生動物を救う手助けができたことを光栄に思っています。ニュージーランドの亜南極地域のアンティポデス諸島から南アフリカの遠隔地マリオン島まで、課題は計り知れませんが、価値のある、1ドル、1ヘクタールの価値を大切にすることです。海鳥やマリオン島のユニークな野生生物が安全に繁殖できる場所を提供し、ネズミによる被害を回復させるために、ぜひ参加してください」と述べています。   [...]

アホウドリ保護研究者のナイジェル・ブラザーズが、孫娘の名前で誕生日の寄付をしました。

5月 1st, 2021|アホウドリ保護研究者のナイジェル・ブラザーズが、孫娘の名前で誕生日の寄付をしました。 はコメントを受け付けていません

ありがとう、おじいちゃん! 10歳の誕生日に「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」から贈られた「スポンサー・ア・ヘクタール」の感謝状を手にするロージー・ブラザーズさん アホウドリ・ミズナギドリの個体数・保全作業部会の前回の会合( PaCSWG5 約2年前にブラジルのフロリアーノポリスで開催された前回の会議で、南アフリカは 報告 アホウドリを殺すハツカネズミを撲滅する計画の進捗状況について、その亜南極の マリオン島 . COVID-19はその後、2020年にかけて計画の邪魔をしましたが、マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャー、アントン・ウォルファルトを迎え、再び動き出しました。 今年初めに任命 そして、2023年の冬にネズミ駆除を実施することを決定しました。 ブラジルでの南アフリカの報告直後、ACAP 海鳥の混獲ワーキンググループ 専門家メンバーであるオーストラリアのナイジェル・ブラザーズが、M-FMのクラウドファンディング「Sponsor a Hectare」イニシアチブに自発的に寄付し、ACAPの情報担当者に託してケープタウンの自宅まで持ってきてくれました。 そして今、ナイジェルとパートナーのキャサリン・ボーンは、マリオン島の29,000ヘクタールのうち、2ヘクタールを彼の孫娘であるロージー・ブラザーズの名前で、先月の10歳の誕生日にスポンサーとして提供したのです。 Nigel がACAP Latest News に寄稿しています。「ロージーの感激した表情から明らかなように、スポンサーシップ・ギフトは素晴らしいアイデアだと思います。 ブラジルで開催された2019年のACAPミーティングで行われたマウスフリーマリオンのスポンサーシップについて、ACAPの情報担当者から感謝を受けるNigel Brothers氏 ナイジェル・ブラザーズは、数十年にわたりアホウドリの保護に取り組んできました。その中には、当時あまり知られていなかったオーストラリア固有のシャイ・アホウドリThalassarche cautaonの研究を始め、20年間続けました。 アルバトロス島 この研究は、現在も他の研究者によって続けられています。 マッコーリー島やタスマニア沿岸の多くの島々で海鳥を調査・研究していた初期の頃から、これまで見過ごされてきた延縄船による海鳥の混獲の問題に取り組むようになりました。 1991年に『Biological [...]

ネズミのいないマリオンプロジェクト スポンサー・ア・ヘクタール・チーム・チャレンジ

4月 20th, 2021|ネズミのいないマリオンプロジェクト スポンサー・ア・ヘクタール・チーム・チャレンジ はコメントを受け付けていません

写真上:第39回マリオン島チーム、中央奥がグラハム・クラーク氏 マリオンは29,000ヘクタールで、ネズミ駆除を行う島としては圧倒的に大きな面積となる。 当然ながら、外洋船をチャーターし、最大4機のヘリコプターを雇い、空から撒く穀物の餌という形で何百トンもの殺鼠剤を購入する必要があるため、高価な作業になる。 バードライフ・サウスアフリカは、このプロジェクトの資金を調達するため、"クラウドファンディング "に乗り出しました。 ヘクタールのスポンサーになる 「クラウドファンディングに乗り出しました。 1,000ランド(約70米ドル)で1ヘクタール(またはそれ以上)スポンサーになることができ、スポンサーとしてウェブサイトに掲載され、感謝状が贈呈されます。 過去にマリオン島チームのメンバーであった方(または、毎年マリオン島を訪れている方)であれば、きっと貢献したいと思うはずです。 私たちは、チームメンバーに昔のチームメイトに連絡を取り、チーム名で少なくとも1ヘクタール、できればさらに数ヘクタールのスポンサーシップを組んでもらうようお願いしています。 すでに、1982/83年のM39チームが、仲間のグラハム・クラークを追悼して、島の10ヘクタールを後援しています。 脳卒中で半身不随となり、車椅子に乗っていた33年間の後、2年後にM41のチームリーダーとして島に戻ってきたグラハムさん 悲劇的な溺死 は、2019年4月にケープタウンで 故グラハム・クラーク氏(M39、M41越冬チーム):クラーク氏を偲び、チームメンバーが10ヘクタールのスポンサーになりました。 私たちは、チームのスポンサーシップをまとめる際に、過去のチームメンバーも、その直前や直後のチーム(買収時に出会い、一緒に仕事をした人たち)に挑戦することを提案したいと思います。 マウスフリーマリオンプロジェクトでは、このウェブサイトと南アフリカ共和国南極遺産( ALSA ). 集合写真や歴代のマリオンチームメンバーの名前は、ALSAのホームページで見ることができます。 スポンサーシップをご希望の方は、まだの方は、下記までご連絡ください。 https://mousefreemarion.org/product/hectare/ マリオン島の未来の一部になりませんか? Ian Newton, M39に感謝します。 ジョン・クーパー(アホウドリとウミツバメの保全に関する協定情報担当者)、リア・オリビエ(南アフリカ南極遺産主席研究員)&アントン・ウォルファールト(マウス・フリー・マリオン プロジェクトマネージャー)2021年4月20日開催。

マリオン島の海鳥を救うプロジェクトに、フレデリック・ポールセン博士とフェリング製薬が大々的に支援

4月 15th, 2021|マリオン島の海鳥を救うプロジェクトに、フレデリック・ポールセン博士とフェリング製薬が大々的に支援 はコメントを受け付けていません

マリオン島は、29,000ヘクタールという、一度にネズミの駆除ができる島としては圧倒的に大きな面積を持つ島です。 その結果、このプロジェクトの物流、計画、資金需要には大きなものがあります。 このたび、フレデリック・ポールセン博士とフェリング社による100万ドルの寄付の第一弾を受領したことをご報告します。 ポールセン氏は実業家、学者、慈善家、探検家であり、極地探検の歴史と科学に深い関心を寄せています。 2015年に設立された「スイス極地研究所」の創設メンバーでもある。 スイス極地研究所の最初のプロジェクトは、2016年12月から2017年3月まで、南極および亜南極への国際科学航海(ACE)であり、30カ国60名の研究者が参加し、気候変動が南極に及ぼす影響を研究した。 Paulsen博士は、ACEに後方支援と資金援助を行い、博士も参加した。 マリオン島を含むACEの航海に参加したことが、ポールソン博士がマリオン島の海鳥を救うために移入ネズミを駆除するプロジェクトに関心を持つきっかけとなった。 ピーター・ライアン、フレデリック・ポールソン博士 今回の100万ドルは、ポールセン博士がこのプロジェクトや島嶼部における大規模なネズミ駆除の取り組みに初めて寄付したものではありません。 以前、ポールセン博士は、サウスジョージア島から侵入してくるネズミを駆除する作戦を支援するために多額の資金を提供しました。 サウスジョージアでの駆除作戦が成功した後、ポールセン博士はその作戦で使用した3機のベルコウヘリコプターと予備品、燃料、2万5000ドルを南アフリカ政府に寄贈し、マリオン島で使用することにした。 寄贈されたヘリコプターの1機 ポールソン博士からマリオン・プロジェクトに寄せられたこれらの寄付は、撲滅活動の準備と計画に大きな弾みをつけることになりました。 この資金により、プロジェクトは専用の資金調達能力を確保し、主要なプロジェクトスタッフの給与などをまかなうことができるようになります。 ポールセン博士は、プロジェクトへの多大な資金提供に加え、マウスフリー・マリオン非営利企業委員会の理事も務めています。  

ネズミのいないマリオン・プロジェクト」募集中

4月 10th, 2021|ネズミのいないマリオン・プロジェクト」募集中 はコメントを受け付けていません

マウスフリーマリオン」プロジェクトは、2023年の南半球の冬に向けた根絶作戦に向け、ますます勢いを増しています。 これから先もやることはたくさんあり、プロジェクトの重要なポジションを募集しています。 マリオン島を復元し、世界的に重要な海鳥の生息地とするためのプロジェクトチームの一員となるエキサイティングな機会を提供します。 このプロジェクトのオペレーション・マネージャーを募集しています。 オペレーションマネージャーの主な仕事は、マリオン島でのネズミ駆除のためのオペレーションプランを作成、更新、実施することです。 オペレーションマネージャーは、プロジェクトマネージャーやマネジメント委員会と密接に連携し、島での実際の駆除作業を含むプロジェクトの運営面をリードしていくことになります。 この機会の詳細については、資料をダウンロードしてください。 こちら . サウス・ジョージア島で実施中の駆除作戦。ネズミも駆除に成功したサウス・ジョージア島ヘリテージ・トラスト。 また、コミュニケーション・マネージャーの募集も行っています。 コミュニケーション・マネージャーは、プロジェクト・マネージャーとマネジメント・コミッティーを補佐し、プロジェクトのコミュニケーション面を発展させ、実現させる役割を担います。 ソーシャルメディアページのコンテンツ作成・管理、ドナーやプロジェクト関係者向けのニュースレターの原稿作成、ウェブサイトのコンテンツ更新の提供、一般向け啓発キャンペーンのコンテンツと企画などです。 特に生態系や自然保護の分野で高いコミュニケーション能力と経験を持ち、その能力を活かして、マリオン島からネズミを根絶するというプロジェクトの目標達成に貢献したいという熱意を持った方が理想的です。 この機会に関する詳細な情報は、以下のサイトで入手できます。 をご覧ください。 最後に、このプロジェクトに効果的な資金調達戦略を策定するために、経験豊富な資金調達コンサルタントまたはコンサルタント会社のサービスを求めています。 そのためには、いくつかのステップや構成要素が必要になると考えていますが、ここではその概要を説明します。 ご興味のある方、募集要項をご確認の上、ご応募をお待ちしております。 お問い合わせは、各募集要項に記載されている担当者までお願いします。 マウスフリーマリオンの空席情報ページはこちら 灰色頭巾のアホウドリ、マリオン島。 写真:Otto Whitehead   アントン・ウォルファールト、2021年4月10日

2023年に予定されているマウス撲滅の準備作業の一環として、マウスフリー・マリオンプロジェクトマネージャーがマリオン島へ向かう

4月 9th, 2021|2023年に予定されているマウス撲滅の準備作業の一環として、マウスフリー・マリオンプロジェクトマネージャーがマリオン島へ向かう はコメントを受け付けていません

写真上:ケープタウンを出発し、南下するS.A. Agulhas II号、撮影:Sydney Cullis 4月9日、南アフリカの南極観測・補給船S.A. Agulhas IIが、Mouse-Free MarionプロジェクトマネージャーのAnton Wolfaardt博士を乗せて、恒例のマリオン島への救援航海のためケープタウンを出発しました。 Anton氏は、5週間の航海に参加し、島とそのインフラの現在の物流・管理の特性や力学について理解を深めています。 S.A アグルハスII2023年の冬に予定されているネズミ駆除プロジェクトの計画に反映させるためです。 海鳥と海洋保護の科学者・実践者としてのアントンの歩みは、25年以上前にマリオン島で始まった。 1994年から1995年まで、第51次マリオン島越冬隊に参加し、海鳥の野外調査員として活動。 マリオン島で過ごした1年間は、海鳥や島の保護の分野で他の機会を追求するきっかけとなった深い経験であり、それ以来、彼のキャリアを形成してきたとアントンは報告している。 その後、南アフリカ西海岸のダーゼン島で5年間、何千羽ものアフリカペンギンやその他の海鳥に囲まれながら、最初は契約研究員として博士号取得に向けたデータ収集を行い、後に島の保護管理者として勤務しました。 ダーゼン島を離れたアントンは、南アフリカの西ケープ州の自然保護当局であるケープネイチャーで、地域生態学者として働いていた。 2008年、フォークランド諸島に赴き、フォークランド諸島、サウスジョージア・サウスサンドイッチ諸島、トリスタン・ダ・クーニャ(ゴフ島を含む)、南極大陸における英国の海外領土のACAP(アホウドリとミズナギドリ保全に関する協定)コーディネーターを務めることになりました。 2009年、ゴフ島でのネズミ捕り調査中にトリスタンアルバトロスのヒナとポーズをとるアントンの姿(写真提供:Norman Glass   アントンは2013年末にフォークランドから南アフリカに戻り、今年までACAPの海鳥混獲作業部会の共同代表を務めていました。 また、海鳥や海洋の保護問題を中心とした環境コンサルタント、南極や亜南極を訪れる探検船での講師やガイドとしても活躍した。 マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャーに任命されたことを喜び、光栄に思うと語っています。 久しぶりにマリオン島を訪れ、世界的に重要な海鳥や野生動物のために島を再生する、この重要な保護活動に参加できることを大変楽しみにしている。 1994年、ネズミのいないプリンスエドワード島を望むマリオン島 撮影:アントン・ウォルファールト ジョン・クーパー、アントン・ウォルファールトと、2021年4月9日。

アホウドリとミズナギドリ協定に基づく、マリオン島のアホウドリ退治に向けた25ヘクタールのスポンサーシップ

4月 1st, 2021|アホウドリとミズナギドリ協定に基づく、マリオン島のアホウドリ退治に向けた25ヘクタールのスポンサーシップ はコメントを受け付けていません

上の写真 - マーク・タスカー、毎年恒例のワンダリング・アホウドロスの数。 プリオン島 , 2012 スコットランド在住のMark Taskerは、英国の海洋諮問委員会の元責任者であり 自然保護協議会(JNCC) の海洋アドバイス責任者を退任し、アホウドリとミズナギドリの保全に関する国際協定(ACAP; www.acap.aq ). 2004年の第1回ACAP会議以降、1回を除くすべてのACAP会議と、それ以前の交渉会議に英国代表団の団長または団員として参加し、過去には以下の会議で議長および副議長を務めた。 ACAPのアドバイザリー委員会 を設立し、現在、Convenorを務めています。 ACAPタクソノミ作業部会. マークは主にフォークランド諸島とサウスジョージアでアホウドリを担当し、JNCCの南大西洋のACAPコーディネーターの仕事を管理しました。 2008年から2013年までのコーディネーターは アントン・ウォルファールト のマネージャーです。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト このプロジェクトは、2023年のオーストラリアの冬に、アホウドリを殺してしまうハツカネズミを島から駆除することを目的としています。 2011/12年、マークとアントンは、サウスジョージア島でネズミの捕獲に協力しました。 "チーム・ラット" .   「マーク(右)は、2011年12月にサウスジョージア島でネズミ捕りを一緒に楽しんだ前任の上司」アントン・ウォルファルト(左) アホウドリは、風を利用して世界の海を探索し、餌を探すという進化の頂点に立つ鳥です。しかし、悲しいことに、人間の活動によって、アホウドリは絶滅の危機に瀕している。これらの活動(多くは偶発的なもの)の中には、外来生物の持ち込みがあります。これらの外来生物を島から排除することは、この素晴らしい海鳥の保護を進めるために、私たちができる最も重要なことの一つです。" プロセラリフォームの海鳥と、外来捕食動物を駆除して島の生息環境を回復させることに情熱を注いできた彼にとって、南アフリカの亜南極の外来捕食動物を駆除する試みを支援することは大きな驚きではないが、とても喜ばしいニュースである。 マリオン島 外来捕食動物を駆除する試みを支援することになったのは、喜ばしいことである。 マーク氏の寛大な支援により、2023年には3万ヘクタールの島のうち25ヘクタールを処理することができるようになる予定です。 現在、738人がスポンサーになっています。 [...]

マリオン島の海鳥を守る。 ネズミのいないマリオン計画」始動

3月 17th, 2021|マリオン島の海鳥を守る。 ネズミのいないマリオン計画」始動 はコメントを受け付けていません

南アフリカの亜南極マリオン島は、持ち込まれたハツカネズミによって壊滅的な打撃を受けています。 このネズミは19世紀初頭にアザラシ漁師によって偶然持ち込まれ、この200年の間に島の陸上生態系に甚大な被害を与えてきた。 そのため、在来の無脊椎動物の個体数が激減し、一部の在来植物の種子在庫が枯渇している。 さらに最近では、このネズミが、世界的に重要な巣穴を持つ海鳥や海面で繁殖する海鳥の個体群を襲い始めている。 島の気候がますます温暖で乾燥し、自然の制御要因がないため、この30年間でネズミの密度が430%も増加したのだ! 島内のネズミの生息密度が大幅に増加したため、冬場にネズミが捕食する無脊椎動物が不足するようになったのだ。 この食料不足のため、ネズミは代替食料を探すようになった。 他の海洋の島々と同様、マリオンの海鳥の多くは、ネズミの攻撃に対して何の防御策もなく、文字通り「いいカモ」になっていることがわかった。 海鳥への攻撃は、2000年代初頭に初めて観測されて以来、その規模と頻度が増加しており、この5年間で劇的にエスカレートしている。 ゴフ島では、ネズミは卵やヒナの3分の2(毎年約200万羽)を食べ、成鳥を襲うこともあると言われています。 このネズミを放置すると、マリオン島で繁殖する27種の海鳥のうち、外洋のカリスマ、ワンダリング・アルバトロスを含む18種が地域的に絶滅する可能性があるという。 島の海鳥を守り、生態系を回復させるためには、ネズミの駆除が急務である。 マリオン島からネズミを根絶するために、厳密かつ体系的なプロセスを経て、実行可能性を調査し、その結果に基づき、運営計画およびプロジェクト計画のドラフトを作成しました。 研究 その結果に基づいて、運営計画およびプロジェクト計画の草案が作成されました。 マウス・フリー・マリオンNPOは、環境森林水産省とバードライフ・サウス・アフリカのパートナーシップによるプロジェクトの開始と実施のために設立されました。 今年2月、プロジェクト・マネージャーとしてDr. アントン・ウォルファールト がプロジェクト・マネージャーに任命されました。 この数カ月でプロジェクトは大きく前進しましたが、根絶の目標時期である2023年冬までの間にやるべきことはたくさん残っています。 マリオン島は、一度にネズミの駆除ができる島としては、圧倒的に大きな島です。 そのため、物流や企画面での要求は大きく、プロジェクトに必要な未払い金の調達が急務となっています。 マリオン島の海鳥を保護し、この世界的に重要な亜南極の島の復興に貢献したい方は、1ヘクタールあたりわずか1000ルピーの「スポンサーシップ・キャンペーン」をご検討ください。 ヘクタール . 皆様のご支援が、永続的な自然保護の遺産になるのです。 今後、定期的にニュースを掲載する予定ですので、本サイトでご確認ください。 マウスフリー・マリオンのニュースは、以下のサイトでもご覧いただけます。 フェイスブック [ https://www.facebook.com/Mouse-Free-Marion-1978098948867817 ] アントン・ウォルファールト、2021年3月17日 プロジェクトマネージャーに就任したばかりのアントン・ウォルファールト氏(© [...]

プロジェクトを始動させるには、パンデミックが必要だ

9月 14th, 2020|プロジェクトを始動させるには、パンデミックが必要だ はコメントを受け付けていません

マリオン島は、プリンス・エドワード諸島のうち大きな島で、南アフリカの島々の王冠を飾る宝石と呼ばれる。 約28種の海鳥が繁殖するこの地では、植生や無脊椎動物を捕食するだけでなく、卵やヒナ、成鳥の営巣も行う外来種のハツカネズミ(Mus musculus)によって、これらの種の運命が問われているのです。 2017年4月、バードライフ・サウスアフリカ(BLSA)のFlock at Sea AGAIN! クルーズで、ケープタウン大学のピーター・ライアン教授が、BLSAがまもなく野心的な資金調達活動を開始することを発表しました。 目標は、マリオン島からハツカネズミを根絶すること。 このプロジェクトが成功すれば、マリオンで繁殖する地球最大の海鳥ワンダリングアルバトロスの個体数の4分の1を含む18種の海鳥の絶滅を効果的に防止することができるのです。 ライアン教授の発表は、今や悪名高い「アホウドリの雛を生きたまま食べるネズミの映像」を聴衆に見せた後に行われた。 それ以前から、マリオン島を復元しようという話は出ていた。しかし、これは、当時は簡単なことだと思われていた、資金調達のための大きな第一歩であった。 船のインフォメーションカウンターには、マリオン島を1ヘクタール(またはそれ以上)支援することを誓う人々が大勢集まっていたことを鮮明に覚えています。 1,000R$/Haの寄付で餌を購入することができ、島で繁殖する海鳥を救うことができるのです。 その後、クラウドファンディングのサイトが作られ、少しずつ資金が集まり始めた。 大口の寄付も数件確保できたので、次の段階に進むことができたのですが......。 2018年、ニュージーランドの撲滅専門家、キース・スプリンガーがマリオン島に向かい、プロジェクト案と運営計画をまとめ、プロジェクトを始動させることを請け負ったのです。 これらは2018年末に完成し、提出されましたが、まだ先が長いのです。 環境・林業・水産省(DEFF)とBLSAとの間で会議が開かれ、資金調達の面でも少しずつ動きが出てきた。 この2つの重要なパートナーの間で、マウスフリー・マリオン(MFM)プロジェクトの覚書(MoU)を締結するプロセスが開始されました。 この文書は、両者間の契約の概要を説明し、それぞれの責任を正式に示すものです。 しかし、大きな歯車はゆっくりと回転します。このプロジェクトを成功させるには、既存のシステムの中でゆっくりと必要なステップを踏んでいく必要があることが明らかになったのです。 一方、英国王立鳥類保護連盟(RSPB)のゴフ島再生計画(GIRP)との連携もあり、DEFFとBLSA双方のスタッフは、このようなプロジェクトを実施するために必要なことを膨大に学びました。 しかし、2020年2月、Covid-19のパンデミックが現実味を帯び、世界はゆっくりと、しかし確実に立ち行かなくなり始めた。 RSPBは、2020年5月に予定していたGIRPの開始を延期するという、非常に難しい、しかし責任ある決断を下さなければならなかったのです。 決定が発表された後、BLSAやDEFFの関係者は一息ついて、もう一度見直す機会を持ったようです。 GIRPの延期は、MFMプロジェクトのスケジュールにも影響を及ぼしますが、ある意味では幸運なことでした。なぜなら、これまでの成果を批判的に振り返り、まだやるべきことが山積していることに気づく機会を与えてくれたからです。 その意味で、MFMプロジェクトが再び軌道に乗るために必要な後押しと注目を得るには、世界的な大流行と、多くの組織にとっての優先順位の再評価が必要だったのです。 2021/22年のマリオンプロジェクト予定日はもはや実現不可能であることが明らかになり、2023年の南半球の冬に根絶を実施する方向で取り組むことになった。 MFM MoUは優先的に最終化され、2020年5月にDEFFとBLSAによって正式に調印されました。 他の多くの組織と同様に、Covid-19の大流行が資金源に深刻な影響を及ぼし、今後もその影響は続くでしょう。 BLSAは、GIRPの延期によって与えられた時間を有効に使うため、積極的に行動することを決め、コンティンジェンシー・プランニングを開始した。 そこで、BLSAがDEFFの幹部やプロジェクトの主要協力者を集めて会議を開くことになったのです。 この会議の重要な成果は、MFMマネジメント・コミッティーの設立でした。 [...]