ニュース

ここに投稿されたニュースは、プロジェクトのFacebookページで共有されます。 Facebookページプリンス・エドワード諸島や他の島々のネズミ問題や駆除活動に関するニュースも共有されています。

ネズミのいないマリオン・プロジェクト 1ヘクタールをスポンサーするイニシアティブが世界アホウドリの日に節目を迎える

6月 20th, 2024|0 Comments

上の写真マリオン島第81次越冬隊は、2024年6月19日の世界アホウドリの日を記念して、1ヘクタールのスポンサーとなり、自作の横断幕を掲げている。 マウスフリー・マリオン( MFM )プロジェクトの資金源は多岐にわたる。 そのひとつが スポンサー・ア・ヘクタール これは、マリオンのアホウドリを襲うネズミの駆除費用に充てることを目的としたもので、島の3万ヘクタールごとに1000レアル(または100米ドル)のクラウドファンディングを行っている。 スポンサーのヘクタール数は着実に増え続けている。 今月は 世界アホウドリの日 月19日の「世界アホウドリの日」までに、8000ヘクタール以上の寄付が集まり、目標額3000万ランド(約30億円)の27%を達成した。 読者は、すべてのスポンサーシップ(現在1700以上)がどこから来ているのか知りたいかもしれない。 その答えは、世界中の実にさまざまな個人、グループ、その他の情報源から得たものであり、そのうちの何人かは、MFMプロジェクトの通信やこのウェブサイトで紹介してきた。 以下は最近の4つの例である。 マリオン島第81次越冬隊 マリオン島では、19人の越冬チーム(1947年の占領以来、この島で81番目)が、世界アホウドリの日と2024年のテーマ「海洋保護区-私たちの海を守る」を記念して、資源を出し合って1ヘクタールのスポンサーとなった。 チームメンバーの一人 モニーク・ヴァン・バース は、MFMプロジェクトの現在のフィールド・アシスタントである。 彼女は13ヵ月間、マウスを含む島の生物相について必要不可欠な調査とモニタリングを行い、2027年の根絶を成功に導く。 この島の海鳥研究者、ヴァネッサ・スティーブン( フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所 )とリアノン・ギル( 南アフリカ極地研究基盤 )は、海鳥に対するマウスの影響を監視し続け、いくつかの重要な方法でMFMプロジェクトの資金調達に惜しみない支援を提供している。 ジョンとアリソン・ブラッドショー、北極の北西航路にて ジョン&アリソン・ブラッドショー 2021年11月、南アフリカ人 ジョン&アリソン・ブラッドショー夫妻 が100ヘクタールのスポンサーとなった。 2023年2月にスポンサーを300ヘクタールに増やした。 現在、彼らはさらに200ヘクタールを後援しており、その貢献の総額は50万ランドに達する。 アリソンと私は、マウス・フリー・マリオン・プロジェクトに寄付をさせていただきます。私たちは北極圏と南極圏の両方を訪れる幸運に恵まれており、マリオン島の外来ネズミによる被害について懸念を共有しています。ネズミの駆除に成功すれば、亜南極地域の海鳥の個体数にも良い影響を与えるに違いない。アントン・ウォルファルト博士と彼のチームが、前途ある挑戦において成功を収めることを祈ります。" [...]

SANAP主任研究員ピエール・ピストリウスはマウスフリー・マリオン・プロジェクトの支援者である

6月 13th, 2024|0 Comments

上の写真: 2014年、マリオン島での調査プロジェクトの一環として、イースタン・ロックホッパー・ペンギン Eudyptes filholiを手にするピエール・ピストリウス =写真:Mariette Wheeler ピエール・ピストリウス教授は 海洋頂点捕食者研究ユニット (のリーダーである。 沿岸海洋研究所 およびネルソン・マンデラ大学(南アフリカ、グケバーハ)動物学部の創設者である。 同部隊は、海洋トップ捕食者研究の分野におけるリーダーとして、国内外から高い評価を得ている。 2009年に上級講師として同大学に着任し、教育、研究、エンゲージメントに貢献している。 それ以前は、環境NGOのサイエンス・オフィサー兼CEO代理を務めていた。 フォークランド保全 (バードライフ・パートナー、南大西洋)のためにインド洋のアルダブラ環礁でリサーチ・オフィサーを務める。 セーシェル諸島財団の研究生物学者である。 ノルウェー自然研究所 で契約講師を務める。 動物学・昆虫学部門 プレトリア大学にて。 2002年から2003年にかけて、彼は南アフリカ東ケープ州のグレート・ケイ・リバーに隣接する自然保護区を共同で所有・管理し、外来植物の除去に力を注いだ。 2000年、マリオン島で、好奇心旺盛なワタリアホウドリDiomedea exulansと触れ合う若き日のピエール・ピストリウスとパートナーのフランシス・テイラー。 ここに描かれているような接近遭遇は、プロの生物学者が研究許可の下で行った研究の意図しない結果である。 ピエールは1996/97年にM53チームのメンバーとして、2000/01年にはM57チームのメンバーとして、2度マリオン島で越冬している。 その間、プレトリア大学で修士号と博士号を取得するため、ミナミゾウアザラシMirounga leoninaの生態に関する研究を行った。 2度目の滞在では、当時の環境局の自然保護官も務めた。 2015年以来、ピエール・ピストリウスは南アフリカ国立南極プログラム( SANAP )の範囲内で、政府の資金援助を受けている。 この間、南氷洋の海鳥とアザラシに関する研究で修士号または博士号を授与された7人の学生を指導した。 [...]

12歳のロマーリオ・ヴァレンタインがマウス・フリー・マリオン・プロジェクトのローズ・トレイル・ラン・アピールを支援

6月 12th, 2024|0 Comments

上の写真:ロマーリオ・ヴァレンタインと、 ケニアの カティアニに住むデビッド・カロキが 、ビーチで洗ったプラスチックのビーチサンダル200足以上から手作業で彫ったマリオン島のオグロメジロアホウドリの模型 。 6月29日 アントン・ウォルファード博士 マウス・フリー・マリオンのプロジェクト・マネージャーであるアントン・ウォルファード博士が、6月29日に52kmのロードス・トレイル・ランを走る。 プロジェクトの資金集めのため を走る。 南アフリカを代表するトレイルランとして知られるこのコースは、東ケープ高地のドラケンスバーグ山脈南部で開催される。 これまでのところ、アントンの目標額55,000レアルのうち31,023レアルが2週間あまりで集まり、56%を占めている。 熱心な環境保護活動家で "エコ戦士 "のロマーリオ・ヴァレンタインは、まだ12歳でありながら、ネズミのいないマリオン・プロジェクトのために、彼自身の2つの呼びかけですでに57,100レアルの寄付金を集めている。 このたび そして今回、アントンの呼びかけに個人的に250レアルの寄付を行った。 ロマーリオ・グレイヘッド・アルバトロスのフリップフロップ彫刻。 ビーチサンダルはビーチから集められ、職人によって彫られる前に手作業で洗浄、圧縮、接着される。   ロマーリオは非営利団体の最年少アンバサダー オーシャン・ソール ロマーリオは非営利団体オーシャン・ソールの最年少アンバサダーであり、その使命は汚染されたビーチを浄化し、影響力の大きいコミュニティで職人のキャリアを提供することである。 故郷である南アフリカのダーバンでは、500回以上のビーチクリーンに参加している。 オーシャン・ソールは、マウス・フリー・マリオン・プロジェクトの認知度を高めるために、彼に特注の海鳥を贈った。 512回の海岸清掃を完了! 南アフリカのクワズール・ナタールのビーチでのロマーリオ・ヴァレンタイン 聴く ( 14分から ゴフ島のトリスタン・アホウドリとマリオン島のワンダリング・アホウドリが直面している脅威について、ロマーリオ・ヴァレンタインがプレゼンテーションを行っている。 [...]

マリオン島の研究者、ステファン・シュンビーとジャニーヌ・シュンビーは、ネズミのいないマリオン・プロジェクトの大切なサポーターである。

6月 5th, 2024|0 Comments

上の写真:2023年11月、プリンス・エドワード島のボッゲルの前で。 ステファン・シュンビーとジャニーヌ・シュンビーは夫婦で、8年間にわたってマリオン島で生物学的調査を行ない、海鳥に焦点を当てた大学院での学位取得を目指している。 また、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクト 彼らは共に 11ヘクタール この島で越冬したヘクタールのスポンサーとしては、トップ5に入る。 彼らのサポートには、このウェブサイトのフォトエッセイ・シリーズの執筆やイラストも含まれている。 フォトエッセイ・シリーズ ( ススイロアホウドリ オオミズナギドリ オオミズナギドリ Pterodroma macropteraby Stefan と ノーザン・ジャイアント・ウミツバメ Macronectes halliby Janine)。 ステファンが夜間に撮影した、生きているワタリアホウドリのヒナの頭を食べるハツカネズミの動画や静止画は、この問題を多くの人に知らしめるのに役立った。 彼らの写真4点が MFMポスター MFMプロジェクト・チームが、移入ネズミ Musculusの影響を受けた島とその海鳥の写真を必要とするときは、彼らはいつも「オンコール」である。 シュンビーズはまた、2020年6月19日に開催される「世界アホウドリの日」のテーマ「島の害虫撲滅」を支援した。 マリオン島のグレイヘッド・アルバトロス・リッジで、彼らが島で作ったバナーを掲げている。 ステファンは2013/14年にマリオン島で第70次越冬隊(M70)の一員となり、ジャニーンとともにM72(2015/16年)、M76(2019/20年)のメンバーとして2年ぶりに復帰した。 夫妻はその後 プリンス・エドワード島遠征 2023年11月に [...]

“救助に走る”。 Anton Wolfaardt, Mouse-Free Marion Project Manager, will run the Rhodes Trail Run in support of ridding the island of its invasive House Mice

5月 28th, 2024|0 Comments

上の写真:2019年、初のローデス・トレイルランを完走したアントン・ウォルファールト(写真:Leigh Wolfaardt アントン・ウォルファールト マウスフリー・マリオン( MFM )プロジェクト・マネージャーであるアントン・ウォルファルトは、第34回 ロードス・トレイル・ラン に参加する。 東ケープ高地のドラケンスバーグ山脈南部の、ビクトリア朝時代のローデス村を囲む静かな美しさの中で上演されると説明されている。 約300人のランナーという限られたフィールドのため、スタート時の気温は氷点下、最低でも-10℃になるのが普通だ。 だから、気の弱い人には向かない! アントンは最近、マリオン島の年次救援航海から戻ってきた。この島には人を寄せ付けない地形が数多くあるが、そのなかでも「ラウンド・アイランド」と呼ばれる海岸沿いの野営小屋を結ぶ約70kmの道のりを、寒くて雨の多いいつもの天候のなか、重い荷物を担いで6日間かけて歩いた。 ロードトレイルレースの山岳ルート アントン曰く、正確なコースは年によって微妙に異なるため、走行距離は約52km。 彼がこの大会を走るのは、2019年の初出場(211人中69位という大健闘)に続いて2度目となる。 標高1,800mからスタートし、最高地点は標高2,680m。 MFMサポーターは、MFMプロジェクトに協力したいが、次のように考えている。 ヘクタールのスポンサー 1000レアル(または100米ドル)はちょっと高すぎるかもしれない。救出に走る:象徴的な海鳥を救う「ギブン・ゲインのウェブサイトから、より手頃な金額でアピールを。 https://www.givengain.com/project/anton-raising-funds-for-mouse-free-marion-78938. よく逞しくなった。 2019年トレイルレースのスタート地点に立つアントン=写真:Leigh Wolfaardt MFMのアシスタント・プロジェクト・マネージャー、スー・トーニンがアントンに手紙を寄せた:「長くてチャレンジングなイベントですが、80kmのPUFfeR( ペニンシュラ・ウルトラトレイルレース ケープタウン近郊の山の背骨に沿って毎年開催されるラン)、あなたは痛みに対処する方法を知っているでしょう」。スーは1990年代にクロスカントリーを走り、西ケープ州を代表する選手になった。アントンの超長距離走は、MFMプロジェクト・チーム内でも高く評価されている。彼らのほとんどは、経験豊富なランナー、サイクリスト、サーフスキーのパドラー、ハイカー、長距離ウォーカーなど、南極以南のオールラウンド・アスリートだ。 55ヘクタールのスポンサーに相当する55,000レアルを目標に掲げたアントンの訴えは、最初の1週間ですでに26,000レアル以上を集め、まだ33日残っている。 4人のメンバー MFMチーム がそれぞれ1ヘクタール分のスポンサーとなり、匿名のドナーからは5千ランド以上の寄付が寄せられた! この調子でいけば、最終的な募金額はトレイルランまでに目標額を達成、あるいは上回ることになるだろう。 [...]

エスメ・ビーミッシュは25ヘクタールのスポンサーとなり、ネズミのいないマリオン・プロジェクトにボランティアとして奉仕している。

5月 21st, 2024|0 Comments

上の写真:ケープ半島のケープポイントにて、大西洋を背にしたエスミー・ビーミッシュ。 エスメ・ビーミッシュは南アフリカ・ケープ半島のハウトベイに住むケープトニア人である。 そこから大西洋の荒波を眺めることができる。 嵐の日には、逆風に押されて陸を飛ぶアホウドリの姿を発見できるかもしれない。 そのような家庭を持ち、ケープタウン大学(UCT)で海洋生物学の学士号を取得し、最近では次のような研究をしている。 人間と野生動物の衝突 半島の都市部隊であるケープヒヒまたはチャクマヒヒに関連して ウルシ科パピオ属彼女がマウス・フリー・マリオン(へんけいしゅうはすうへんちょうそうち)プロジェクトに25ヘクタールのスポンサーシップを提供した。 栄誉ロール. 熱心ではあるがアマチュア」のバードウォッチャーであり、写真家でもあるエスメは、「群れからマリオン2022」への航海に参加する機会を得た。 ピーター・ライアン名誉教授 (MFMプロジェクト科学技術諮問グループ議長)や、MFMのニュースレターを通じて、MFMの科学技術諮問グループのメンバーが、MFMの科学技術諮問グループのメンバーであることを明らかにした。 バードライフ・サウス・アフリカその結果、25ヘクタールのスポンサーシップを獲得した。   エスメがMFMニュースに寄稿:「私は海洋環境の保護、特に海鳥の繁殖地として重要な亜南極諸島の保護に情熱を注いでいます。海洋環境に対する人間の影響の多くは、報告されていないか、災害が起こるまで気づかれないのです。マリオンのような重要な繁殖島でありながら、(外来種や海洋魚資源の略奪など)人間の介入によって脅かされている数少ない野生の場所は、保護され、回復されるに値する。この島のハツカネズミに捕食される若い海鳥たちの苦しみは、私にとって受け入れがたいものです」。 彼女は続ける:「群れ2022の航海では、アントン・ウォルファルト博士によるMFMプロジェクトについての講義を受けた。 アントン・ウォルファルト博士 (MFMプロジェクト・マネージャー)と ガイ・プレストン博士 (MFM非営利企業理事会副会長)によるMFMプロジェクトについての講義を受けました。 彼らは理性的で、有益で、島のネズミ根絶が達成できるという希望を与えてくれた」。 エスミーは、今年後半に自由な時間ができたら、ボランティアとしてMFMプロジェクトに協力したいと言っている。 現在、彼女のスキルと経験がプロジェクトにどのように役立つかを考えている。 ありがとう、エスミー。またすぐに連絡するよ! ジョーマウスフリー・マリオン・プロジェクト、ニュース特派員、2024年5月21日 ************************************************************************* マウスの危険性がある。 マリオン島の崖で繁殖する頭の灰色のアホウドリ=写真・ポスターデザイン:Michelle Risi マウス・フリー・マリオン・プロジェクト(Mouse-Free Marion Project)は、南氷洋のマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なマウスを根絶するために設立された南アフリカ共和国の登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 このプロジェクトは [...]

ニック&ジェーン・プレンティス夫妻がマリオン島の海鳥を救うため、400ヘクタールの壮大な土地を後援

5月 15th, 2024|0 Comments

上の写真:ニック&ジェーン・プレンティス夫妻(左)とタニア・アンダーソン(2015年、カラハリにて)。 ニック イギリス・ロンドンに住むニック&ジェーン・プレンティス夫妻は、マウス・フリー・マリオン( MFM )マリオン島のアホウドリやウミツバメの雛や成鳥を襲い、殺している侵略的なハツカネズミを駆除するため、合計400ヘクタールを後援している。 最も寛大なスポンサーシップは2回に分けて行われ、2021年には300ヘクタール、そして最近ではさらに100ヘクタールが提供された。 ニックは バードライフ・インターナショナル バードライフ・インターナショナルの会計を務め、専門的な税務と財務の知識を提供し、鳥類への情熱的な関心と結びつけ、鳥類の保護を推進している。 ジェーンはとても熱心な写真家で、原生地域に出かけるのが大好きだが、鳥よりも大型ネコ科動物が好きだという! ニックは熱狂的な鳥類愛好家で、南アフリカで600種以上の鳥を見てきた。 マリオンへの群れ2022 の国際的なゲストの一人である。 現在は サウスジョージア・ヘリテージ・トラスト の会長であり、同島のネズミ駆除を成功させた慈善団体である。 レア・バード・クラブ のメンバーであり、ハラパン低地熱帯雨林の保護に取り組むインドネシア財団の理事長でもある。 ハラパン低地熱帯雨林 の保護に取り組んでいるインドネシアの財団の理事長を務めている。 2020年、ニックは妻のジェーンとともに、以下の団体に毎年多額の支援を提供し始めた。 バードライフ・南アフリカ のプロジェクト、特に 絶滅危惧種 セクレタリー・バードとアビツーリズム・プロジェクトに毎年多額の支援を提供するようになった。 ニックとジェーンは、両プロジェクトで行なわれている仕事に常に強い関心を示しており、ニックはドナーのフィードバック会議でしばしば的確なアドバイスをしている。 ニックとジェーンはまた、ヨハネスブルグにあるバードライフ・サウスアフリカの本部、イスデル・ハウスの購入と改築のための資金援助も行った。 を受賞した。 ワシミミズク賞 2023年、バードライフ・南アフリカから、彼らの支援に対する謝辞として、ワシミミズク賞を授与された。 ニック&ジェーン・プレンティス夫妻が MFMニュース :「私たちは、バードライフ南アフリカと、南アフリカでこのような素晴らしい活動を行い、アフリカの他のバードライフパートナーにも支援を提供している、ネズミのいないマリオン・プロジェクトの長期的な支援者であることを嬉しく思っています。 マーク・アンダーソンバードライフ・サウスアフリカのCEOであり、ネズミのいないマリオン・プロジェクト管理委員会の委員長であるニック・プレンティス氏とジェーン・プレンティス氏は、バードライフ・サウスアフリカのコミュニティ・ガイド・トレーニングやセクレタリーバードの保護活動への支援を含め、世界中の数多くの鳥類保護プロジェクトに最も寛大な支援者です。私はニックと、ガーナ北部のギニア・サバンナ、南アフリカのカラハリ砂漠、Flock to [...]

引退した化学エンジニアのグラハム・ウェルズは、サウスジョージアピピットのネズミ捕り後の回復を目の当たりにした後、ネズミ捕りのいないマリオン・プロジェクトを支援することを思い立った。

5月 7th, 2024|0 Comments

上の写真:2017年1月、南極グラハム・ランド西海岸のシエルバ・コーブにて、リンゼイ・ウェルズとグラハム・ウェルズ。 デイル・R・モリス 熱心な野鳥写真家であるグラハム・ウェルズは、妻のリンゼイとともに、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトの25ヘクタールを支援している。 グラハムの手紙 MFMニュース ヨハネスブルグで32年間過ごした後、南アフリカの西ケープ州にあるプリングルベイに住んでいるという。 「私はAECIとSasolで38年のキャリアを積んだ後、化学エンジニアを引退しました。AECIでは、著名なバードウォッチャーであり写真家であるジェフ・マキレロンの下で働いていました。ジェフの野鳥写真に対する熱意が私を勇気づけ、妻のリンゼイと共有する趣味が生まれた。私たちは、ボツワナやナミビアを含む多くの狩猟公園や保護区を訪れることができ、現在までに632枚の写真からなる "ロバーツ "バード・コレクションを所有している。 スポンサーを鼓舞するサウスジョージアピギット=グラハム・ウェルズ撮影 2016年12月、私たちは南極を訪れるという長年の夢を果たし、サウスジョージアとフォークランド諸島にも行きました。 サウス・ジョージアでは、捕鯨時代にネズミの大発生によって絶滅の危機に瀕していた固有種のサウス・ジョージア・シギAnthus antarcticusを見かけ、写真に収めた。 地上生活者であるセキレイは格好の獲物だった。 マリオン島で提案されているハツカネズミの駆除と同様に、空中給餌によるネズミ駆除プログラムが実施され、成功を収めた。 サウス・ジョージアでは珍しいものを発見した興奮と特権から、私たちはネズミのいないマリオン・プロジェクトに参加することになりました」。 マリオンの群れ マリオンへの群れ2022 が推進され、彼らが25ヘクタールのスポンサーになるきっかけとなった。 グラハムは最後に、「ネズミのいないマリオン・プロジェクトが成功することを祈るとともに、志を同じくする野鳥愛好家や機関から全額出資されることを信じています」と述べている。 MFMプロジェクト・チームは、グラハムとリンゼイ・ウェルズの惜しみない支援に感謝し、継続的な資金提供を呼びかける。 ジョーマウスフリー・マリオン・プロジェクト、ニュース特派員、2024年5月7日 *************************************************************************** マリオン島の崖の上に集まるオグロアホウドリ=写真・ポスターデザイン:Michelle Risi   マウス・フリー・マリオン・プロジェクト(Mouse-Free Marion Project)は、南氷洋のマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なマウスを根絶するために設立された南アフリカ共和国の登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 [...]

“Saving Marion Island’s Seabirds – the Conservation Campaign for Marion Island “が国際観光映画祭アフリカ2024のファイナリストに選出されました。

4月 30th, 2024|0 Comments

" マリオン島の海鳥を守る-マリオン島保護キャンペーン "がドキュメンタリー・テレビ番組部門の最終選考に残った:野生生物と自然保護部門 審査員 部門ファイナリストに選出された。 国際観光映画祭アフリカ2024 . 南アフリカ・ヨハネスブルグのサントンで開催されるこの映画祭は、2024年6月に5日間にわたって開催され、6月14日にガラディナーで受賞者の発表と授賞式が行われ、翌日に一般上映が行われる。 この映画は2023年にマウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクト カルチャー・コミュニケーションズ・コレクティブ によって制作された。 ナレーションは南アフリカの歌手ゾラニ・マホラ。 歌う者 「研究者のベン・ディリー、デビッド・ヘディング、ジャニーン&ステファン・シュンビー、オットー・ホワイトヘッドがマリオン島で撮影した映像が使われている。 6分45秒のフィルムの中で アントン・ウォルファルト博士 MFMプロジェクト・マネージャーであるアントン・ウォルファルト博士が、島に侵入したハツカネズミを根絶する計画について説明している。 ピーター・ハリソン MBE MFMパトロン マブソ・ムシマン博士 MFM非営利会社理事長、高円宮妃殿下 高円宮妃殿下 バードライフ・インターナショナルの名誉会長である高円宮妃殿下は、このプロジェクトに対する国際的な支援を呼びかけている。 MFMプロジェクト・チームは、アホウドリを殺すネズミを根絶する必要性など、マリオン島とその保護についての映画が、国際的な賞の最終選考に残ったことに興奮し、また少しばかり誇らしく思っている。 授賞式に出席できる6月が待ち遠しい! マリオン島は、隣接するプリンス・エドワード島とともに特別自然保護区に指定されており、南アフリカの法律で最高レベルの保護が与えられている。 保護区とプリンス・エドワード諸島管理計画の規定により、陸上での観光活動は禁止されているが、観光船が島に近づくことはある。 ジョーマウスフリー・マリオン・プロジェクト、ニュース特派員、2024年4月30日 ******************************************************************************** マリオン島で繁殖している4羽のアホウドリは、このライトマント・アホウドリを含め、すべてネズミの危険にさらされている;写真とポスターデザイン:Michelle Risi [...]

マウス・フリー・マリオン・プロジェクトが第31回脊椎動物害虫会議で2023年マウス撲滅ワークショップについて語る

4月 25th, 2024|0 Comments

上の写真2024年3月、アメリカ・カリフォルニア州モントレーで開催された第31回脊椎動物害虫会議で講演するマウス・フリー・マリオン・プロジェクトのオペレーション・マネージャー、キース・スプリンガー。 2023年11月、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトは、ニュージーランドのパーマストン・ノースでマウス撲滅ワークショップを開始し、共催した。 ワークショップには アントン・ウォルファルト MFMプロジェクトマネージャー キース・スプリンガー MFMのオペレーション・マネージャーであるキース・スプリンガーが参加した。このワークショップは、経験豊富なネズミ駆除の専門家を集め、最近行われた2つのネズミ駆除プロジェクトの失敗の原因について考えるために企画された。 ゴフ島 (南大西洋)と ミッドウェー環礁 (北太平洋)である。 MFMプロジェクト・チームはこれらのプロジェクトの結果に強い関心を持っている。というのも、この2つの島は、繁殖中の海鳥のヒナや成鳥を捕食する外来種のハツカネズミMus musculusが観察された3つの島のうちの2つだからだ。 マリオン島はこのような事態が発生した3番目の島であり、現在も根絶計画が進行中であるため、私たちはこのような失敗を招いた要因を理解し、2つのプロジェクトを実施したプロジェクト・チームの経験から学べることを学び、計画を練り直したいと考えた。 ネズミが海鳥を捕食する島という共通点が、ネズミ駆除の失敗の核心的要因であるかどうかは明らかではなかった(そして今も明らかではない)。 しかし、もしそうであったとしても、マリオン島で成功するためには何が違うのかを理解する必要がある。 このことが、ネズミ駆除ワークショップを開催し、ゴウとミッドウェイでの駆除失敗の原因を探るきっかけとなった。 というのも、過去15年間、同じ方法(殺鼠剤ベイト剤の空中散布)を使ったネズミ駆除プロジェクトは、ほぼすべて成功していたからだ。 ネズミ駆除ワークショップの "対面式 "参加者たち(2023年11月、ニュージーランド・パーマストンノース、写真:Iain Rayner パーマストン・ノースのワークショップには、6カ国から26人が参加し、18人が直接参加、残りはオンライン参加というハイブリッド形式で行われた。 ワークショップは、3つの重要な仮説を議論することを中心に構成された: マウスが餌を食べられなかったこと(散布率が不十分であったり、非標的消費者との競合など様々な理由で入手できなかった)。 マウスが餌を食べないこと(嗜好性や餌の組成の問題、代替の優先餌源)。 餌の毒性が問題であること(マウスが致死量の餌を摂取するには、より高い毒素濃度が必要であること、特に上記1と関連している場合)。 これらの仮説をめぐる議論では、ゴウとミッドウェーの両マウス駆除から得られた情報、および貢献した計画やレビューの文書が考慮された。 参加者は、この3つの仮説がネズミ駆除の成功を妨げている問題であることが明らかでなかった長期間の駆除成功の後、この2つの駆除で何が変わったのか、この状況は単なる偶然なのか、それとも駆除失敗の原因となる新たな要因が現れたのかを理解しようとした。 ミッドウェイとゴフ(およびマリオン)では、海鳥を捕食するようになったネズミがいるという事実が第一に考慮され、ネズミが通常無脊椎動物を捕食することで得られるタンパク質を餌として習性化している可能性がある場合の駆除プロジェクトの実施方法について多くの議論がなされた。 [...]

退任:マリオン島にて。 The MFM Project Manager and new MFM Overwintering team member head to Marion Island as part of the annual relief voyage

4月 23rd, 2024|0 Comments

上の写真:マウス・フリー・マリオン・チーム(マリオン島にて)。 左から:モニク・ヴァン・バース(M81越冬研究者)、アントン・ウォルファールト(MFMプロジェクト・マネージャー)、カミラ・スマイス(M80越冬研究者)。 毎年4月から5月にかけて、南アフリカの調査・補給船であるS.A.アグルハスII号が、亜南極のマリオン島への救援(引取)航海を行う。 この航海の目的は、前年から島で生活している越冬隊を解放し、島の研究ステーションに補給することである。 この1ヶ月の航海は、島で重要な研究を行う貴重な機会を提供し、また、越冬する研究者と越冬する研究者の間で知識を交換し、訓練する機会を提供するため、南アフリカの亜南極地域研究者のカレンダーの重要な一部となっている。 今年もMFMプロジェクトは越冬チームに新たな顔ぶれを加え、引き継ぎ航海に参加する。 MFMプロジェクトは、2024/2025年シーズンのMFMプロジェクト・リサーチ・アシスタントとして、モニク・ファン・ベルスをチームに迎えることになった。 モニークは、カミラ・スマイス(2023/2024年度リサーチ・アシスタント)の後任として、今後13ヶ月間マリオン島で生活し、仕事をする。 アントン・ウォルファールト博士(MFMプロジェクト・マネージャー)は、MFMプロジェクト・リサーチ・アシスタント間のスムーズな移行を監督し、モニークがマリオン島で採用されるフィールドワーク・プロトコルに精通していることを確認するため、モニークと引き継ぎ航海に同行する。 上の写真東桟橋で S.A.アグラスIIへの乗船を待つモニク・ヴァン・バース(左)とアントン・ウォルファールト 年に一度の救援航海のために。 写真リー・ウォルファルト マリオン島へ行くことを楽しみにしている理由について、モニークは次のように語っている。保護活動に積極的に参加し、在来種の保護に貢献することになるからです。また、この離島の予測不可能な天候に対処するという精神的な挑戦も楽しみです。" プレトリア大学で理学士号(優等学位)を取得したモニークは、クワズール・ナタールとレソトでフィールドワークにかなりの時間を費やしてきた。 美しい景色が楽しみです。また、マリオン島で重要かつ画期的な研究を行う一生に一度の機会に参加できることにも興奮しています。でも一番は、浜辺のアザラシやペンギン、湾内のシャチ、そして生涯のパートナーを求めて踊るアホウドリの姿を見るのが待ちきれないということです。" モニークのこれからの1年に幸多かれと祈る。 私たちは、この経験が人生を変えるものになると固く信じている。 Robyn Adams、コミュニケーション担当兼プロジェクトアシスタント。 2024年4月23日   *************************************************** マリオン島でのアホウドリの繁殖、写真・ポスターデザイン:Michelle Risi Mouse-Free Marion Projectは、南洋に浮かぶマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なネズミを根絶するために設立された南アフリカの登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 によって開始されたプロジェクトです。 バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国の [...]

ピーター・ハリソンMBE後援者がマウス・フリー・マリオン・プロジェクトのケープタウン事務所を訪問

4月 18th, 2024|0 Comments

上の写真:ピーター・ハリソンMBEとシャーリー・メッツ、2024年3月28日、バードライフ・サウスアフリカのケープタウン本部にて。 マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトは、この機会を利用し、次のように招待した。 ピーター・ハリソン と彼のパートナーであるシャーリー・メッツが先月末にケープタウンを訪れた際に、バードライフ・サウスアフリカが最近オープンしたばかりの ケープタウン本部 でアフタヌーンティーを楽しんだ。 このプロジェクトはビクトリア様式の邸宅を改装してオフィスを構え、広範囲に散らばるチームのミーティング場所として機能している。 ピーターは、このプロジェクトの6人の国際的なパトロンの1人であり、"ホーム "を訪れた最初の人物である。 MFMプロジェクトのサポーターの多くには、海鳥の識別本や、MFMの船上で講師やガイドを務めていることで、海鳥の名手として知られていることだろう。 マリオンへの群れ2022 の航海、そして過去2回のFlock at Seaの航海で、講師とガイドを務めた。 ピーター・ハリソン、バードライフ・サウスアフリカのアルバトロス・タスクフォース・プロジェクト・マネージャーのリーズン・ニェンゲラ、シャーリー・メッツと、ピーターが「Flock to Marion 2022」の航海中にバードライフ・サウスアフリカのためにサインした飛行中のワンダリング・アルバトロスの額入り写真;写真:John Cooper MFMプロジェクトとバードライフ・サウスアフリカの紹介の後 海鳥保護プログラム ピーターとシャーリーは、同席していたスタッフとともに建物内を見学し、廊下の壁や部屋を埋め尽くしている多くの寄贈作品を鑑賞した。 アルバトロス・ポスター プロジェクトの事務所を飾る その後、快適なラウンジに移動し、お茶とキャロットケーキをいただきながら、MFMプロジェクトの初代パトロンである パトロンに任命された . ピーターは、MFMプロジェクトへの支持を確認し、サウス・ジョージアの復興についての実体験に基づき、次のように述べた。 サウスジョージアのネズミ駆除後の の回復の実体験に基づき、ネズミがいなくなった後のマリオン島でも同じような回復を期待している。 彼はまた、彼と彼の会社についても語った、 エイペックス・エクスペディションズを見るために、来年か再来年には台湾旅行を計画している。 絶滅の危機に瀕している [...]

マリオン島とそこに導入されたハツカネズミが、南アフリカの生物学的侵略の国家状況とその管理に関する第3回報告書に掲載された。

4月 16th, 2024|0 Comments

上の写真南アフリカ第3回生物侵入報告書を発表するバーバラ・クリーシー 林業・漁業・環境大臣 今年3月に発表された南アフリカの2022年版「生物侵入の現状とその管理 」報告書では、マリオン島とプリンス・エドワード島の侵入生物相が強調されている。 25ページにわたる同諸島に関する詳細な章では、マリオン島で繁殖するアホウドリやウミツバメに甚大な被害を与え続けている移入ハツカネズミが強調されている。 報告書はまた、このネズミを根絶するという南アフリカ政府のコミットメントを確認した。 この公約は、林業・漁業・環境省(DFFE: Department of Forestry, Fisheries and the Environment)によって実行に移されている。 (林業・漁業・環境省 が バードライフ南アフリカ マウスのいないマリオン( MFM )プロジェクト 2022年の生物学的侵略報告書の発表にあたって バーバラ・クリーシー 農林水産省大臣は 次のように述べた。 :「本報告書は、プリンス・エドワード諸島における生物学的侵略の現状とその管理について、初めて個別に評価したものである。プリンス・エドワード諸島は南アフリカの一部であるが、その遠隔地とユニークな生物多様性から、独立した評価が必要である。その結果、マリオン島にとって外来種であるハツカネズミの壊滅的な影響が浮き彫りになった。ハツカネズミは植物や、絶滅の危機に瀕している海鳥を含む小動物を食べる。島からネズミを根絶する大胆な計画が策定され、2027年に実施される予定である。マリオン島のユニークな生物多様性を維持するためには、マリオン島からネズミを根絶することが不可欠である。" この報告書は、南アフリカ国立生物多様性研究所( SANBI )と科学技術革新省国立研究財団(DSI-NRF)の侵略生物学卓越センター( CIB ステレンボッシュ大学)により共同制作された。 マリオン島に望むこと ネズミ駆除に成功し、ネズミのいないキャンベル島でヒナを守るミナミアシアホウドリ。 さらに最近、クリーシー大臣はMFMプロジェクトに対する同省のコミットメントを改めて表明した。 [...]

マリオン島の絶滅危惧種アホウドリに対するイエネズミの攻撃、繁殖期に入っても続く

4月 9th, 2024|0 Comments

上の写真:2024年3月17日、マリオン島で導入されたハツカネズミの猛攻撃を生き残ることができず、重傷を負ったハイイロアホウドリのヒナ。 マリオン島で繁殖に苦しむアホウドリが、移入されたハツカネズミに襲われた。 最初に報告されたのは 2003年に初めて報告され、繁殖期が終わるたびに確認されている。 最初に記録されたのはダニーのヒナであったが、近年はヒナを抱卵中あるいは保育中の成鳥をねずみが襲うようになった。 昨年、ワンダリング・アホウドリの成鳥Diomedea exulansがネズミに襲われ死亡するという初の観察結果が報告されたが、これはこの鳥の絶滅危惧種であることを考えると、さらなる警鐘であった。 絶滅危惧種 であること、そしてマリオンがこの象徴的な種の世界個体数の4分の1を支えていることを考えれば、さらなる警鐘であった。 また、アホウドリのように寿命が長く繁殖に時間がかかる種の成鳥が失われることは、ヒナが失われることよりもはるかに保全上の懸念が大きい。 昨年と今月、2種のアホウドリが2023年から24年にかけての繁殖期にネズミに襲われる様子を観察したところ、島の4種の繁殖アホウドリに安息が訪れないことが明らかになった。 今シーズン、マリオンのその名もグレイヘッド・アルバトロス・リッジでネズミの襲撃が再び始まった。 3月17日、島の研究者であるミシェル・リジは、繁殖鳥の長期調査を行っているビッグコロニーのひとつで、標識のある巣の上にいる重傷のオグロアホウドリのヒナ( 上の写真)に出くわした。 この事件と、同じ日に目撃されたもう1羽の負傷したヒナは、このネズミの襲撃事件で初めて記録されたものである。 絶滅危惧種 アホウドリの繁殖シーズンで初めて記録されたものである。 このヒナは、数日前の2月27日に元気な姿でビデオに収められていた。 次回の巣のチェックは今月末に行われるが、それまでにヒナが生きている見込みはない。 そのとき、8羽のヒナの死骸も数えられたが、いずれもネズミに食べられた形跡があり、おそらく生きているうちにネズミがヒナを食べ始め、死に至ったのだろう。 ネズミの攻撃! 雛の手当てを続ける生傷のワンダリングアルアホウドリ(2024年3月28日)=撮影:Michelle Risi ネズミによる攻撃は、灰色頭アホウドリにとどまらない。 3月28日、ミッシェルは島の北部、ケープ・デイビス付近でワンダリング・アルバトロスの巣のチェックを行っていた。 幸いなことに(今のところ)ヒナはネズミに襲われていない。 その場所は、昨年4月に死んだ大人のワンダラーズが目撃された場所からそれほど遠くない。 抱卵している鳥はパートナーから解放され、生きていれば海上で回復と治癒の機会を得ることが期待できるが、成鳥が死を免れたとしても繁殖の試みは失敗する可能性が高いようだ。 傷口を見せるワンダリングアホウドリ(2024年3月28日、撮影:Michelle Risi 成鳥だけでなく、ワンダリング・アホウドリのヒナもまた、決して犠牲になってはいない。 [...]

フロレアーナ島でのネズミ駆除から明るいニュースが届いて良かった

4月 3rd, 2024|0 Comments

上の写真:フロレアーナ島の風景。 心強いニュースが届いた フロレアナ島 ガラパゴス諸島のフロレアナ島から心強いニュースが届いた。 殺鼠剤のベイト剤を島中で3回に分けて散布し、侵略的なクロネズミRattus rattusと ハツカネズミMusculusがすべてベイト剤に出くわすようにした。 MFMニュース ). 現在、ベイトステーション、トレイルカメラ、赤外線ドローン、探知犬など、あらゆる監視・探知ツールを駆使して、島に残るネズミの痕跡を探している。 ガラパゴス保全トラストは 報告 :"昨年10月、フロレアナ島の復興はエキサイティングな節目を迎え、10年以上計画されていた根絶がついに開始された。このプロジェクトは、ガラパゴス国立公園とガラパゴス・バイオセキュリティー・エージェンシーが主導し、フロレアーナ島のコミュニティとのパートナーシップのもと、Fundación JocotocoとIsland Conservationが共同で実施し、ガラパゴス・コンサベーション・トラスト、ダレル野生生物保護トラストなどが支援するもので、その最終目的は、地元で絶滅した12種の再導入と島の劣化した生態系の回復である。外来種の駆除はプロジェクト成功の鍵であり、2023年12月に終了したネズミとハツカネズミの駆除に関する最初の兆候は良好である。" フロレアーナに再導入される予定の大型地上性フィンチGeospiza magnirostris(写真:Tim and Kate Bradley、ガラパゴス保全トラストより 駆除の試みが有望な兆候を示したため(通常、ネズミの痕跡がない場合、正式な成功の発表は2年間待たされる)、餌付け作業中、島の鳥小屋で一時的に飼育されていた固有種のガラパゴスフィンチを放すことが決定された。 ガラパゴスフィンチ5種、合計5個体が今年1月から2月にかけて、島の自然生息地に一斉に放たれた。 放鳥された鳥の一部は無線追跡され、すべての鳥を放しても安全かどうか評価された。 ガラパゴス保全トラストのケリー・ヘイグ氏からの手紙 MFMニュース :「もしこの駆除が成功すれば、島に生息する55種の絶滅危惧種に大きな影響を与える可能性があるからです。 のような絶滅の危機に瀕している鳥の数が増えれば、とても素晴らしいことだ。 絶滅危惧種 ガラパゴスウミツバメのような絶滅の危機に瀕している鳥の数が増え始めるのを見るのはとても素晴らしいことだ。 私たちは驚きを隠せない。 絶滅危惧種 ガラパゴスジバトZenaida galapagoensisがすでに島に戻り、繁殖を始めていると聞いた。 [...]

ネズミのいないマリオン・プロジェクト・チームは南アフリカの鳥類クラブで定期的に講演を行っている。

3月 27th, 2024|0 Comments

上の写真:タイガーバーグ・バードクラブでの講演を終えたスー・トーニンさん(左)。 マウス・フリー・マリオン MFM )プロジェクトは、マリオン島のネズミ駆除の目的を「広める」ことが重要だと考えている。 ここ数年、プロジェクトは様々な方法で広報活動を行ってきたが、そのひとつが、これまでに41の野鳥クラブのうち12で講演を行ったことである。 41の野鳥クラブ に加盟している バードライフ・南アフリカ . MFMプロジェクト・チームの3人は、夜を返上してクラブと話をしている。 今月初め、アシスタント・プロジェクト・マネージャー スー・トニン博士 が「マリオン島の海鳥を救う」と題した講演を行った。 タイガーバーグ・バードクラブ と題した講演を行った。 彼女は参加した約50人のクラブ会員に、持ち込まれたハツカネズミが島のウミネコやアホウドリの雛、そして数羽の成鳥に与え続けている被害の規模が非常に大きいことを説明した。 彼女はMFMニュースにこう書いている。:「タイガーバーグ・バードクラブでの私の講演はとても好評だった。MFMプロジェクトの課題と重要性について率直に話し合いました。私は、MFMプロジェクトの計画は順調に進んでいるものの、島から "キラーマウス "を駆除するための費用が非常に高額になるため、より多くの寄付が必要であることを指摘した。 スーはこう続けた:「私は、タイガーバーグ・バードクラブが、2022年のマリオンへの群れの航海に参加した会員からの寄付金を通じて、すでに20,000ヘクタールのスポンサーになってくれたことに深く感謝し、話を始めました。 ここをクリック ). 彼らは資金集めに長けており、さらに多くのことを約束した! そして、次回の マリオンにまた群がる! 2025年、来年1月24日から31日にかけて南氷洋で7泊の航海を行う。 マーク・アンダーソンバードライフ・サウスアフリカのCEOであり、マウス・フリー・プロジェクト管理委員会の委員長である "BirdLife South Africa "は、バードライフ・ボーダーでこのプロジェクトに関する講演を行った、 バードライフ・エクウィニKZN (50ヘクタールをスポンサーしており、これまでで最も寛大なクラブである)、BirdLife Northern Gauteng(1ヘクタール)、Vaal [...]

リピーター・スポンサーは、「1ヘクタールのスポンサー」制度が重要なマイルストーンを達成するのに役立っている!

3月 19th, 2024|0 Comments

上の写真:露出した長方形はそれぞれ100ヘクタールを示す! 今月は、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトの ヘクタールのスポンサー スキームは、目標額の4分の1にあたる3,000万ランドを集め、重要な節目を迎えた。 2024年3月4日までに、7570ヘクタールが1ヘクタールあたり1000レアル(または70米ドル)でスポンサーされ、これは必要総量の25.2%に相当する。 そのほとんどは、マリオン島のすべての植生生息地で多くの海鳥を殺している、移入されたハツカネズミの駆除を支援する必要性を認識した人々によるものである。 MFMプロジェクト・チームは、ヘクタールのスポンサーひとりひとりの支援に深く感謝している。 このアホウドリは昨年、ネズミに襲われて死んだ。 背後にはヒナとそのそばにいるオスのワンダラーが危険な状態にある;写真:Chris Jones 多くのスポンサーがリピーターとして戻ってきており、なかには当初の寄付額を2回以上増額したスポンサーもいる。 最近、スポンサーとなったヘクタールを増やした何人かは、この計画が目標の4分の1を達成するのに役立っている。 100ヘクタール以上のスポンサーとなり、名誉あるワンダリング・アルバトロスのカテゴリーに入った寛大なリピーター・スポンサーは以下の通り。 ジョージ&キャシー・レデック ニック&ジェーン・プレンティス マイケル&トム・リッフェル そして ショーン・シュナイアー . 今年、他のヘクタール部門でも、以下のような多くの人々がリピートスポンサーとなった。 ヤニーネ&フリードリッヒ・ミュラー夫妻 (25ヘクタール以上の灰色ウミツバメ部門)。 さらに、今年は12歳の ロマリオ・ヴァレンタイン のオンライン・アピールは、前年夏の21ヘクタールから2倍以上の55ヘクタールに達し、彼のアピールはジャイアント・ウミツバメのカテゴリーにしっかりと位置づけられた。 MFMプロジェクトは現在、2,000人を超えるスポンサーに対し、1ヘクタール以上を追加することを検討するよう呼びかけている。おそらく、最初に寄付をした月の記念日に、あるいは誕生日などの「重要な節目」を記念して。 もし全員があと1ヘクタールに資金を提供できれば、200万ランド強の資金が集まり、カバーされる割合は4分の1から3分の1に跳ね上がるだろう! スポンサーはまた、同僚や友人、家族にこの言葉を広めることでも協力できる。 きっと島の海鳥たちが感謝してくれるだろう! ジョーマウスフリー・マリオン・プロジェクト、ニュース特派員、2024年3月19日 ************************************************************************************* [...]

マリオン・フロッカーとアトラッサー、ステファン・テルブランシュがマウス・フリー・マリオン・プロジェクトを25ヘクタールのスポンサーとして支援

3月 13th, 2024|0 Comments

上の写真 ステファン・テルブランシュが MSCオーケストラに乗船 。 ステファン・テルブランシュ 法学博士。クワズール・ナタール大学法学部名誉教授。 現在は引退しているが、37年来のアマチュアバードウォッチャーであり、南部アフリカ野鳥アトラス・プロジェクト( SABAP2 ). 南アフリカの内陸部に位置するハウテン州のプレトリア出身の彼は、バードライフ・サウスアフリカの「Flock to Marion 2022」に参加した。 マリオンへの群れ2022 航海に参加し、マリオン島で繁殖する4種のアホウドリを含む南氷洋の海鳥を観察した。 乗船中、彼は初めてマウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクト マリオン島のアホウドリ;ナマスリ・ニュウミムによるMFMプロジェクトのためのアートワーク ステファンはMFMプロジェクトに2度貢献しており、最初は航海中に5ヘクタールをスポンサーし、2年後の先月には25ヘクタールまで増やした。 彼はMFMニュースにこう書いている。:「マウス・フリー・マリオン・プロジェクトからのメールに触発され、南アフリカで保護されている鳥たちに大惨事をもたらしているマウスをマリオンから駆除することができるかもしれない、そうすれば人間が地球に対してしばしば与える有害な影響の一部を逆転させることに少しは貢献できるかもしれない、と考えたのです」。 MFMプロジェクトチームは、ステファン、そして他のすべてのスポンサーに心から感謝する。 2050年スポンサー に感謝する。 私たちの目には、あなたたち全員がヒーローに映る!   ジョーマウスフリー・マリオン・プロジェクト、ニュース特派員、2024年3月12日 ****************************************************************************** ネズミのいないプリンス・エドワード島を水平線に望むマリオン島のワンダリング・アルバトロス(写真・ポスターデザイン:ミシェル・リジ Mouse-Free Marion [...]

駆除後のマッコーリー島におけるオオミズナギドリの回復は、マリオン島にとって朗報である。

3月 5th, 2024|0 Comments

上の写真:マッコーリー島の巣穴で暮らすオグロメキシコウミツバメのヒナ。 オーストラリアの亜南極マッコーリー島で、マッコーリー島有害鳥獣駆除プロジェクト( MIPEP )によって2011年から2014年にかけて駆除された。 論文の要旨は以下の通りです。 「侵略的捕食者を島から駆除することは、海鳥の大幅な回復につながるが、個体数の変化を促すメカニズムはまだ十分に解明されていない。 最近、メタ分析によって、俗友好的な海鳥の回復には移住が驚くほど重要であることが明らかになったが、分散と俗友好が予測通りに相互作用して個体数の増加率や分布の変化を決定するかどうかはわかっていない。 オーストラリア、マッコーリー島における4種の穴あき海鳥の生息数、分布、傾向について、全島調査と長期モニタリングプロットを用いて調査し、外来種が残した影響と、世界最大規模の複数種の脊椎動物の根絶に対する現在進行中の対応について検討した。 ウェカ(Gallirallus australis)は1988年に、ネコ(Felis catus)は2001年に、ウサギ(Oryctolagus cuniculus)、クロネズミ(Rattus rattus)、ネズミ(Mus mus)は2011年から2014年に根絶された。 1976年から1979年と2017年から2018年の調査と、1990年代と2000年代以降のモニタリングを比較した。 南極プリオン(Pachyptila desolata)とシロガシラウミツバメ(Pterodroma lessonii)は年1%程度増加した。 アオウミツバメ(Halobaena caerulea)とハイイロウミツバメ(Procellaria cinerea)は、1900年代に本島から絶滅した後に再殖民したが、2018年には空間的にも数的にもまれなままである。 しかし、2001年のネコ根絶以来、それぞれ年率14%、10%と急速に増加している。 アオウミツバメとハイイロウミツバメの再殖民は、標高の低い尾根に近い、急峻で乾燥した西向きの斜面(すなわち、質の高いウミツバメの生息地)で発生した。 それらは、標高の高い浅く湿った東向きの斜面に生息する南極プリオンとシロハラミズナギドリの分布と、<5%重なっていた。 我々は、再コロニー化する種の個体数増加の速度は、定着した種と比較してそのスタート時のサイズが小さいことと関係があり、移住と理想的な生息地の選択によって駆動されると推測した。 全体の巣穴数 (a)と繁殖成功率 (b)マッコーリー島に生息する4種のウミツバメ;出版物より マッコーリー島で回復しつつあるハシボソミズナギドリのうち2羽は、マリオン島でも繁殖している。 この2匹は、島に持ち込まれたハツカネズミMus musculusに襲われ、殺されていることが知られている、あるいは疑われている。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクトは、マリオン島のネズミを根絶すれば、この2種と他のすべての種類のウミツバメが同じように回復することを期待している。 [...]

マリオン島の旧基地に別れを告げることは、ネズミのいないマリオン・プロジェクトにとって朗報だ

2月 28th, 2024|0 Comments

写真上 飛び立つ準備はできている。 マリオン島の旧基地から解体された資材を入れた金属製の木箱が、新基地のヘリコプター着陸プラットフォームに整然と積み上げられている=クリス・ジョーンズ撮影 殺鼠剤入りの空中餌を島々に撒いてネズミを駆除するには、すべての動物が少なくとも1つの穀物ペレットを食べる必要がある。 洞窟や溶岩トンネルなどの自然だけでなく、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトは、侵入したハツカネズミがエサに接触するのを避けることができる場所として、島の人工構造物を特定した。 このため、プロジェクトの運営計画案では、トランスバール・コーブの上にある基地の建物の中や地下、そして島の周囲にある9つの野営小屋にベイトを設置することになっている。 廃止された旧基地の解体に成功し、今夏に島から撤去する準備が整ったことは、大いに歓迎すべきことだ。 旧基地は、2011年に新基地が入居して以来、使用されることなく放置され、荒廃の一途をたどっていた。 撤去前:マリオン島旧基地の散在する銀と白の建物と、よりコンパクトなオレンジの新基地とのコントラスト。 南アフリカの林業・漁業・環境省( 林業・漁業・環境省 )と公共事業・インフラストラクチャー省( 公共事業・インフラストラクチャー省( DPWI ) は、2023年11月中旬、南アフリカの南極観測・補給船S.A. Agulhas IIに合同チームを派遣した。 チームは2024年2月中旬まで3カ月間滞在した。 アフリカン・マリン・ソリューションズ( AMSOL )と シェルテマ (アスベスト除去会社)の専門家代表が含まれていた。 プリンス・エドワード諸島2023年探検隊のメンバーを回収した後、1週間の上陸を終えた。 プリンス・エドワード諸島2023年探検隊 基地撤去チームの半数がケープタウンに戻った。 このため、21人のDPWIと3人のDFFEからなるチームが、AMSOLのシェフのサポートを受けながら作業を続けた。 4、5棟を除くすべての建物は解体され、2024年4月に毎年行われる島への救援航海の際に撤去できるように梱包された。 残された建物には、島で最も古く、歴史的に重要な建物である旧哺乳類研究所、油、グリース、ペンキなどの可燃物を保管するコンクリート製の倉庫、緊急時の予備として保管される旧電源小屋などがある。 チームは、解体した屋根や壁のパネルで金属製の木箱を巧みに作り、小物を収納した。 [...]

マリオン島のハツカネズミ:1996年から2023年にかけての保護志向の研究

2月 21st, 2024|0 Comments

上の写真:このアホウドリの ヒナはマリオン島でネズミに頭皮を剥がされた。 これはマリオン島に導入されたハツカネズミMus musculusに関するシリーズの4回目で、最終回である。 (その シリーズの最初の シリーズの最初のものは、1772年の島の発見を扱い、1818年にはすでにネズミが島に生息していたことを示した。 第2部 第2部 は、1948年に南アフリカがこの島を併合してから、1974年にマウスに関する最初の科学論文が発表されるまでの期間を考察した。 第3回 3番目の記事 は、1975年から1995年までマリオン島で行われたハツカネズミの調査を取り上げ、亜南極のマリオン島におけるハツカネズミの影響と駆除の可能性を検討するワークショップを開催した。 シリーズ4回目(最終回)は、1995年以来、島で行われている主に保護活動を目的としたネズミの研究、特にネズミが鳥を襲うという観察結果について考察する。 1995年のワークショップの後、マリオン島のマウスに対する関心と研究は著しく高まり、その生態の研究が始まった。 当初は2つの研究センターがその大部分を担当し、外来げっ歯類の数、年変動、食性、繁殖についての理解を大きく深めることになった。 オレンジ自由州立大学(当時)動物学昆虫学科のヴァルドン・スミスは、マリオンマウスの生態学と生態生理学に関する研究を開始した。 13ヶ月に及ぶフィールドワークの結果、1999年に彼の教え子であるニコ・アヴェナンに博士号が授与され、2002年と2003年には2人の共同論文が『Polar Biology』誌に掲載された。 ほぼ同時期に、別の研究として、故ルディ・ヴァン・アーデ(プレトリア大学保全生態学研究ユニット)は、島のネズミの生態に関する6年間の研究を主導し、2002年3月に南アフリカ南極研究委員会(SACAR)に最終報告書を提出した。 この研究は、今世紀最初の10年間、サム・フェレイラをはじめとするルディ・ヴァン・アルデとその共同研究者たちによる一連の出版物につながった。 夜、ハツカネズミがワタリアホウドリのヒナの頭を食べ、致命傷を負わせる;Stefan Schoombie撮影 2010年、ケープタウン大学フィッツパトリック・アフリカ鳥類学研究所のジュヌヴィエーヴ・ジョーンズとピーター・ライアンは、ワタリアホウドリの雛を観察した結果、マリオン島のハツカネズミが鳥類を襲うという明確な観察結果を初めて発表した。 外肛門病 2003年以降、ススイロアホウドリ フェベトリア・フスカ 2009年のことである。 A 傷 2003年にジョン・クーパーによって撮影された孵化中のノーザン・ジャイアント・ウミツバメMacronectes halliの傷や、それ以前にスティーブン・フグラーによって1982/83年に行われた繁殖調査で見られたブルー・ウミツバメHalobaena caeruleaのヒナの傷は、ネズミによるものと考えられていたが、はっきりとした証拠はなかった。 [...]

市民科学者フリードリッヒ・ミュラーとヤニーネ・ミュラーがネズミのいないマリオン島を目指して29ヘクタールを後援

2月 14th, 2024|0 Comments

上の写真:米国フロリダ州キービスケイン沖の大西洋で海鳥を観察するフリードリッヒとジャニーン ドイツの市民科学者であるジャニーン博士とフリードリッヒ・ミュラー博士が、マウスフリー・マリオン(MFM)プロジェクトのために29ヘクタールを提供してくれた。 彼らはヘッセン州の州都ヴィースバーデンに住んでいる。 フリードリッヒはMFMニュースにこう書いている:「私たちは二人とも歯科医で、一緒に個人歯科診療所で働いています。 ヴィースバーデンの個人歯科医院 フランクフルトのゲーテ大学で学んだ後、ヴィースバーデンの個人歯科医院で一緒に働いています。 子供の頃からバードウォッチャーだった。 1998年、私はヘリゴランド島に1年間住み、働いた。 ヘリゴランド島 北海に浮かぶ小さな島で鳥類学的研究と環境広報活動を行なった。 ヘリゴランドはドイツで唯一、プロセラリフォーム種であるノーザン・フルマーFulmarus glacialisの繁殖地である。 2000年にはフォークランド諸島を訪れ、亜南極のアホウドリ、ペンギン、ウミツバメ、ミサゴに触れることができた。 この経験は私の生涯の思い出となるだろう」。   「2022年以来、私はバードリンガーだ。 ノルウェーに住む私の兄とともに、私たちは同じ年にサンナ・ストーム・ペトレル・リンギング・グループを設立した。 このグループはノルウェーのサンナ島でリンギング・キャンプを行っている、 トラエナ のサンナ島でリンギング・キャンプを実施し、ヨーロピアン・ストーム・ウミツバメHydrobates pelagicusのリンギングを行う。 フリードリッヒ、フィリップ、ヤニーネ、ローレンツ・ミュラーと犬のボノ、イタリアのアドリア海沿岸にて 「MFMプロジェクトを知ったのは フェイスブック . マリオン島でアホウドリを生きたまま食べるハツカネズミの写真を初めて見たとき、私は衝撃を受け、嫌悪感を覚えた。 この島の海鳥たちを助けるために何かしたいという強い衝動に駆られた。 妻のジャニーンがこの婚約を私と分かち合ってくれていることを嬉しく、誇りに思う。 私たちは2人の息子とともに、シー・シェパード・コンサベーション・ソサエティを支援しています。 シーシェパード保護協会 海が死ねば私たちも死ぬからです。 マリオン島の海鳥保護に貢献するため、物事を推し進め、成し遂げ、ネズミの駆除を精力的に計画しているMFMプロジェクトの発起人やチームメンバーに感謝したい。 マリオン島は遠く、私たちの視界から外れており、アホウドリが私たちの日常生活に影響を及ぼすことはないが、それでもアホウドリのことを気にかけてくれる人たちがいることをうれしく思う。 [...]

若きロマーリオ・ヴァレンタインがクラウドファンディングで55ヘクタールをスポンサーし、マリオン島からハツカネズミを駆除する。

2月 8th, 2024|0 Comments

上の写真ロマーリオ・ヴァレンタインが55ヘクタール分の感謝状を手に誇らしげにポーズをとる。 2022年11月下旬、当時11歳だったロマーリオ・ヴァレンタインは、母親のデルシャ・ムードリーの助けを借りて、オンライン・クラウドファンディングを開始した。 オンライン・クラウドファンディング・キャンペーン を開始した。 バッカバディ を立ち上げ、ネズミのいないマリオン(MFM)プロジェクトを支援するため、年末年始に10,000レアルを集めた。 彼のアピールは大成功を収め、2023年1月の第1週が終わる頃には、当初の目標の2倍以上となる21,000レアルが集まった。 ロマーリオの同意を得て、この金額はMFMプロジェクトのウェブサイトに21ヘクタールとして登録された。 ロマーリオが自身のイニシアチブについて説明するビデオはこちら。 1年後、12歳になったロマーリオは、"ロマーリオ "というタイトルでアピールを再開した。ロマーリオ、ネズミのいないマリオン島を新年にアピール「2023年12月と2024年1月の2ヶ月間、MFMプロジェクトを支援するため、さらに20,000レアルを集めることを目的としている。ここをクリック). 12月の終わり、まだ1ヶ月残っている時点で、ロマーリオが再び合計40,000レアルを超えそうなことが明白になったため、彼のBackaBuddyのページは新しい募金目標50,000レアルを示すように修正された。 素晴らしいニュースは、1月末までに彼がこの新しい金額だけでなく、55,175レアルを集めたことだ! ロマーリオはこの2回の訴えで、マリオン島からアホウドリを殺すネズミを駆除するため、合計55ヘクタールのスポンサーとなったことを示す新しい感謝状を手に入れた。 タリン・ヘイブマンMFMプロジェクトの開発オフィサーであるロマーリオは、「私たちは、ロマーリオがネズミのいないマリオン・プロジェクトを支援してくれていることに感謝し、誇りに思っています。彼が模範となり、老若男女を問わず、間違いなく世界で最も重要な鳥類保護プロジェクトを支持するよう、他の人々を鼓舞し続けることを願っています」と述べている。 ロマーリオ・バレンティンは、「自然を大切にすることは、自分自身を大切にすること」と答える。 今後も寄付の呼びかけは続ける。 また、ロマーリオのアピールを成功に導いてくれた多くの人々(その多くは匿名)に感謝の意を表したい。 ジョーマウスフリー・マリオン・プロジェクト、ニュース特派員、2024年02月08日 **************************************************************************************** ネズミの危険:マリオン島で座り込むオグロアホウドリ 写真:ショーン・エヴァンス、ポスターデザイン:ミシェル・リジ Mouse-Free Marion Projectは、南洋に浮かぶマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なネズミを根絶するために設立された南アフリカの登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 によって開始されたプロジェクトです。 バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国の 林業・漁業・環境省 . このプロジェクトが成功すれば、200万羽を超える海鳥の繁殖地が回復し、その多くが世界的に絶滅の危機に瀕しており、温暖化する気候に対する島の回復力が向上することになるのです。 プロジェクトの詳細や支援については、以下のサイトをご覧ください。 mousefreemarion.org [...]

フムザイル・ムランボ=ングクカ博士が「マウスフリー・マリオン・プロジェクト」のパトロンに就任

2月 6th, 2024|0 Comments

上の写真マウス・フリー・マリオン・プロジェクトのパトロン、フムジレ・ムランボ=ングクカ博士。 フムジレ・ムランボ=ングクカ博士をマウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトのパトロンに任命したことを光栄に思います。 ムランボ=ングクカ博士は、鉱物・エネルギー大臣(1999-2005年)を経て、2005年に南アフリカの副大統領に任命された。 2008年、タボ・ムベキ大統領の辞任に伴い、副大統領を辞任。 副会長としての多くの責任に加え、彼女はグリーンエネルギーのための先見の明のある保全イニシアチブを唱え、辞任時にはエネルギーの需給における公平性と効率性を推進していた、 ムランボ=ングクカ博士は、2013年から2021年まで、国連ジェンダー平等と女性の地位向上のための機関(UN Women)の事務局長および国連事務次長として輝かしいキャリアを積んだ。 女性と女児のための世界的擁護者として、ジェンダー不平等を是正するプログラムや政策に取り組み、高い評価を得ている。 彼女のリーダーシップの下、加盟国、民間部門、慈善団体、市民社会から400億ドルという前例のない資金がジェンダー問題のために動員された。 ムランボ=ングクカ博士は、教育の改善と教育者のためのデジタルリテラシー・トレーニングを目的とするウムランボ財団の創設者でありリーダーであり、さまざまな委員会の委員を務めるなど、この分野での活動を続けている。 現在、南アフリカ・ヨハネスブルグ大学の学長も務めている。 レソト国立大学で社会科学の学士号、ケープタウン大学で教育計画を専攻する哲学の修士号を取得した後、2013年に英国のウォーリック大学でテクノロジーと教育の博士号を取得した。 ウィットウォーターズランド・テクニコン(2003年)、西ケープ大学(2007年)、ネルソン・マンデラ大学(2014年)、フォートヘア大学(2016年)、ウィットウォーターズランド大学(2019年)、ローズ大学(2020年)から名誉博士号を授与されている。 また、米国ハーバード大学ケネディスクール公共リーダーシップセンターのハウザー・リーダーにも選出されている。 MFMプロジェクトのパトロンであるムランボ=ングクカ博士は、豊富な経験と専門知識、輝かしい実績を持ち、多くの影響力のある人々や組織の間で、誠実さ、献身、実行力について高い評価を受けている。 私たちは、彼女の支援がこの重要な保護活動にとって意味あるものであることを光栄に思い、感謝している。 ****************************************************************************************************************** マリオン島をさまようアホウドリ;写真・ポスターデザイン:Michelle Risi   Mouse-Free Marion Projectは、南洋に浮かぶマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なネズミを根絶するために設立された南アフリカの登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 によって開始されたプロジェクトです。 バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国の 林業・漁業・環境省 . このプロジェクトが成功すれば、200万羽を超える海鳥の繁殖地が回復し、その多くが世界的に絶滅の危機に瀕しており、温暖化する気候に対する島の回復力が向上することになるのです。 プロジェクトの詳細や支援については、以下のサイトをご覧ください。 mousefreemarion.org .   [...]

「海洋保護区-私たちの海を守る」。 アホウドリとウミツバメ協定、2024年世界アホウドリの日のテーマを発表

1月 30th, 2024|0 Comments

上の写真ACAP、2024年6月19日の世界アホウドリの日のテーマを発表 アホウドリとウミツバメの保護に関する協定( ACAP )は、今年の世界アホウドリの日( WAD2024 )のテーマとすることを発表した。 多くの繁殖地 ACAPに登録されているアホウドリやウミツバメの繁殖地の多くは、大規模な海洋保護区(MPA)に囲まれている。 海洋保護区 180,000km²が2103年に宣言された。 大きなマリオン島で繁殖する4種のアホウドリはすべて、移入されたハツカネズミによって絶滅の危機に瀕している。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト マウス・フリー・マリオン・プロジェクト は、ネズミの根絶を目指して活動している。 マリオン島からネズミを駆除すれば、絶滅の危機に瀕しているアホウドリやウミツバメを陸上でも海上でも保護することができる。 2019年、ACAPの 諮問委員会 がブラジルで会合を開き、次のように宣言した。 保全の危機 に直面していると宣言した。 31種 そのうちの9種がプリンス・エドワード諸島で繁殖している。 この危機に対する認識を高めるため、ACAPは「世界アホウドリの日」を制定した。 世界アホウドリの日 2001年に協定が締結された6月19日に制定された。 ACAPのこれまでの世界アホウドリのテーマは以下の通り。 島の害虫撲滅 「2020年 アホウドリに優しい漁業の確保 「2021年の " 気候変動 「2022年には プラスチック汚染 「を2023年に予定している。 [...]

ビル・バウワーマン教授、20ヘクタールのスポンサーシップでネズミのいないマリオン・プロジェクトを支援

1月 25th, 2024|0 Comments

写真上 ビル・バウワーマン(右)は今年、ハクトウワシ調査プロジェクトでフィールドに携行するために授与されたエクスプローラーズ・クラブの旗を手にする。 その横には、全米イーグルスカウト協会の世界エクスプローラーであるアンドリュー・レスラーが自身の旗を持っている。 ビル・バウワーマンは、環境科学技術学部の野生動物生態学および毒性学の教授である。 環境科学技術学部 野生動物生態学・毒性学教授。 ミシガン州立大学で水産学と野生生物環境毒性学の博士号を取得。 1984年以来、五大湖地域でハクトウワシの生態と環境汚染物質の影響を研究している。 彼は世界中でオオワシの専門家として認められている。 2023年にフルブライト専門家として米国に派遣され、米国科学振興協会および同協会のフェローでもある。 エクスプローラーズ・クラブ . ハゲワシ、猛禽類の個体群生態学、高病原性鳥インフルエンザの影響など、彼のフルブライトおよびサバティカル・プロジェクトに関する組織との継続的な協力について話し合うために、彼は最近、バードライフ・南アフリカを訪れた。 ビルはMFMニュースにこう書いている:「マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトについて マーク・アンダーソン、 2000年以来の友人であるバードライフ・サウスアフリカのCEO兼プロジェクト管理委員会委員長のマーク・アンダーソンからです。 「これはマリオン島の生態系を回復させ、外来種のハツカネズミを駆除することで絶滅の危機に瀕した海鳥を保護する、非常に重要な鳥類保護プロジェクトである。海鳥の回復に貢献し続けるためには、重要な島の繁殖コロニーに自然のバランスを取り戻すことが不可欠です。これは巨大なプロジェクトであり、マリオン島の自然生息地を回復させるには多くの資金が必要だが、すべてのランドに価値がある」。 彼自身については、自然や青少年への奉仕、特にボーイスカウトやエクスプローラーズクラブに非常に関心があると書いている。   MFMプロジェクトは、ビル・バウワーマンの寛大なスポンサーシップに感謝する。 マーク・アンダーソンは、長年の友人であり同僚であった人からの支援を特に喜んでいる。   ジョーマウスフリー・マリオン・プロジェクト、ニュース特派員、2024年1月25日 ********************************************************************************************* 写真:ジョン・ディケンズ、ポスターデザイン:ミシェル・リジ Mouse-Free Marion Projectは、南洋に浮かぶマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なネズミを根絶するために設立された南アフリカの登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 によって開始されたプロジェクトです。 バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国の [...]

マウス・フリー・マリオン・プロジェクトが南アフリカの南極地域社会に全体講演を行う

1月 18th, 2024|0 Comments

写真上 MFMプロジェクトが第6回SANAPリサーチ・シンポジウムに参加。 左からジョン・クーパー、リア・オリヴィエ(南アフリカの南極遺産)、ロビン・アダムス、スー・ジャクソン 写真:Greg Hofmeyr 南アフリカ国立南極計画 ( SANAP )はこのほど 第6回研究シンポジウム を Houw Hoekホテル にて開催された。 この会議には、南アフリカで南極、亜南極、南氷洋の研究に携わるあらゆる分野の科学者177名が参加した。 出席者の中には、南アフリカ国立研究財団、南アフリカ極地研究インフラ、南アフリカ科学イノベーション省の代表者もいた。 11月27日から12月1日までの5日間、口頭発表とポスター発表、それに関連するミーティングやイベントが開催された。 会議はステレンボッシュ大学が主催し、主任研究者のリア・オリヴィエが出席した、 南アフリカ南極遺産 組織委員会を率いた。 MFMの懸垂幕をバックに全体講演を行うスー・トーニン氏=写真:ロビン・アダムス シンポジウム最終日の幕開けとして、マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトのアシスタント・プロジェクト・マネージャーが登場した、 スー・トニン と題した30分の招待講演を行った:と題した30分間の招待講演を行った。 彼女の要旨は以下の通り: 「この保護管理活動は、マリオン島を無脊椎動物や海鳥の餌食にし、植物を食べたり穴を掘ったりして生態系を危機的状況に追い込んでいる、持ち込まれ被害が拡大しているハツカネズミを一度だけ駆除するものである。 島々は孤立しているため、世界の生物多様性に不釣り合いなほど貢献するユニークな種の集合体を宿している。固有の陸上捕食者がいないことが多いため、これらの生物群は侵略的外来種に対して特に脆弱である。 マリオン島の植物の約5%はプリンス・エドワード諸島の固有種と思われ、マリオン島のネズミが食べる昆虫の一部(ゾウムシ3種とガ1種)もそうである。 在来の無脊椎動物相のいくつかの種は、マウスが生息する以前の個体数のごくわずかな割合にまで減少しており、それによって栄養循環やその他の重要な生態学的プロセスが変化している。 マリオン島は28種の海鳥にとって世界的に重要な繁殖島である。 マウスの影響を放置すると、推定30~100年以内にこれらのうち19種が局地的または機能的に絶滅すると予想されている。 島から侵略的外来捕食動物を除去することは、生物多様性保全に非常に有効な手段である。 マリオン島からハツカネズミを根絶するための準備は、2015年のフィージビリティ・スタディから始まった。 [...]

恩返し:ネズミのいないマリオン・プロジェクトが多くの支援者に感謝のポスターを発表

1月 16th, 2024|0 Comments

上の写真:マリオン島で繁殖する4羽のアホウドリはすべてネズミによる捕食の危険にさらされている。 マリオン島の外来ハツカネズミを根絶するのは、おそらくこれまでに行われた、あるいは計画された島のネズミ駆除の中でも最も高額なものになるだろう。 これは、島の特性(大きさ、遠隔地、その他の要因)と必要とされる作戦の性質を反映したものである。 予算がすべての必須要件を包括的にカバーしていることを確認することは、成功の可能性を大きく高めるため、最も重要である。 何億ランドもの資金調達は、必然的に長く困難な作業となるが、マウスフリー・マリオン( MFM )プロジェクトは5年以上前から精力的に取り組んでおり、現在2026年に計画されている根絶までには、まだ道のりがある。 この間、私たちが受けた経済的支援は大きな励みとなっている。 南アフリカをはじめ、世界各国から1900を超える個人や団体が ヘクタールのスポンサー 現在までに約700万ランドが集まり、定期的に寄付が寄せられている。 このクラウドファンディングの取り組みと並行して、多くの信託や資金提供団体など、また匿名を希望する個人からも多額の寄付が寄せられている。 MFMプロジェクト・チームは、サポーターにどのようなお礼ができるかを考えた。 ヘクタール・スポンサーの皆様には、スポンサー証明書をお渡ししていますが、それに加えて、ご自宅やオフィスの壁を飾るために、ご自由にダウンロードして額装していただける魅力的なアートワークをご用意したいと考えました。 MFMプロジェクトの新しい「マリオン島のアホウドリ」ポスターが、タイのイラストレーター ナマスリ・'ナモ'・ニウミム によって制作された。 ガッシュで作品を制作するナモは、キングモンクット工科大学トンブリ校の建築・デザイン学部を卒業し、コミュニケーション・デザインの美術学士号を取得した。 ポスターには、マリオン島の4羽のアホウドリ、グレイヘッド、ライトマント、スーティ、ワンダリングが描かれている。 それぞれのアホウドリの絵は、Namoが制作している全アホウドリのインフォグラフィック・シリーズから抜粋したものです。 31種 アホウドリとウミツバメの保全に関する協定( ACAP ). ACAPが次のように評価したことは喜ばしい。 承認したことは喜ばしい。 MFMプロジェクトに賛同したことは喜ばしい。 諮問委員会 インフォグラフィック・アートワークを新しいポスターに使用することを承認した。 マリオンを繁殖させるアホウドリのためのACAPインフォグラフィック4種は、サポーターによって印刷と額装がスポンサーされ、最近オープンしたバードライフ・サウスアフリカのケープタウン本部にあるMFMプロジェクトのオフィスを飾っている。 マリオン島のアホウドリを描いた4つのACAP種インフォグラフィックのうち3つは、MFMプロジェクトを代表してバードライフ南アフリカがスポンサーとなっている。 これらはすべて自由にダウンロードできる。 ダウンロード [...]

ネズミのいないプリンス・エドワード島、亜南極の隠れた宝石を10年以上ぶりに訪問

12月 19th, 2023|0 Comments

上の写真:プリンス・エドワード島2023年遠征隊のメンバー、 沖合に浮かぶS.A.アグラスIIとカメラに向かって微笑む =写真:David Hedding マリオン島とプリンス・エドワード島(PEI)からなる南アフリカの亜南極プリンス・エドワード諸島は、1995年に特別自然保護区に指定された。 これらはともに、多様なアザラシや海鳥にとって国際的に重要な繁殖地を形成している。 これらの種のほとんどは、無脊椎動物や植物の活動や成長が最も盛んになる夏の間に繁殖する。 侵略的なハツカネズミは、いくつかの亜南極の島々に有害な影響を及ぼしている。 マリオン島とゴフ島では、ネズミによる捕食が海鳥の種の存続を脅かし、在来の昆虫や植物による栄養循環を妨げている。 生物相が繁栄しているPEIのように、生物相が存在しない類似の島を観察すると、こうした影響はより大きくなる。 ゴールデン・ゲートの2つの層状凝灰岩の岬が印象的だ。 2023年11月14日、13人の隊員がヘリコプターでPEIを訪れた。 近隣のマリオン島には南アフリカが恒久的な研究ステーションを設置し、毎年救援が訪れるが、PEIには人間が常駐しておらず、短期間の訪問でさえほとんどない。 プリンス・エドワード諸島特別自然保護区の現在の管理計画では、5年以上の間隔で、限られた数の研究者による8日間までの訪問を許可している。 近年は、学際的な夏季調査が次のように実施された。 2001年12月 と 2008年12月 . 2010年4月と2011年3月の短期訪問は例外で、生物学的調査 ( ここをクリック )と考古学的観察を行った。 それ以来、10年以上の空白があり、着陸は行われていない。 PEIは世界で最も手つかずの自然が残る島のひとつであるため、PEIへのアクセスは厳しく管理されている。 重要なのは、この島には常に外来哺乳類、特にハツカネズミがいないことで、マリオンなど他の亜南極諸島でハツカネズミがもたらした生態系への影響を免れている。 このような島への訪問は、常に外来種の新たな侵入のリスクを伴うため、PEIの厳格なバイオセキュリティガイドラインでは、新たな外来種の侵入を防ぐために、すべての機材や現場での衣服は新品でなければならないか、乗船前および船上で厳格なバイオセキュリティ検査を受けなければならないと定めている。 プリンス・エドワード島、ケーブ・ベイ裏のアネクセーション・ケーブ入り口にある1948年の旗竿と銅製プレート=写真:David Hedding 2023年のPEI調査団は、これまでPEIを訪れた中で最も多様性に富んだ科学者集団のひとつであった。 このチームには、鳥類学者4人、海洋哺乳類学者3人、植物学者、昆虫学者、航空エンジニア、地形学者、獣医、環境コンプライアンス・オフィサーが含まれていた。 [...]

引退した地質学者でフィールドガイドのアラステア・ストーカーは、ネズミのいないマリオン・プロジェクトの “Grey Petrel “スポンサーである。

12月 12th, 2023|0 Comments

上の写真自然保護ボランティア、アラステア・ストーカー アラステア・ストーカーは、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトに参加している。 35ヘクタールのスポンサーとなった彼は、他の数少ない寄付者たちとともに、"Grey Petrel "のカテゴリーに入る。 MFMニュースの取材に対し、彼は、野生生物保護のための寄付は基本的に水面下で行うようにしていると答えた。 アラステアは自分自身についてこう書いている:「ヨハネスブルグのウェストランドに住んでいる。 私は定年退職し、鉱山会社の取締役を務めていました、 アソーレ・リミテッド . 私は最初の人生では探鉱地質学者で、ボツワナや南アフリカのさまざまな地域で過ごし、そこで多くの野生動物や生物多様性に囲まれていた。 退職後、もっと知識を増やしたいと思い、南部アフリカ・フィールドガイド協会( FGASA )の資格を取得した。 私はルステンブルグ近郊の小さな保護区でガイドをしたことがあり、今でもその保護区のリリーフ・ガイドを手伝っている。 クレイドル自然保護区 の救援ガイドを務めている。 地質学、自然学、古人類学の知識を子どもたちや若い世代と分かち合うことを特に楽しんでいます」。 この私有保護区は、「人類の揺りかご」と呼ばれる複合遺跡群に含まれる。 南アフリカのヒト科化石遺跡群 世界遺産 . マウスにとっては重大なリスクである。 アホウドリとウミツバメの保護に関する協定のために自然保護団体「Artists & Biologists Unite for Nature」のコリーン・レアードが描いた水彩画。 彼はこう続ける:「私はここ数年、自然保護のボランティア活動をかなりやっていて、バードライフ・南アフリカもそのひとつですが、最もふさわしいNPOのいくつかを財政的に支援できる立場にあります。また、私はアフリカン・ワイルドドッグの大ファンで、特にクワズール・ナタール州北部で新しい群れが結成されることを望んでいます」。 私はバードライフ・サウス・アフリカからマウス・フリー・マリオン・プロジェクトについて学びました。 [...]

マウス・フリー・マリオン・プロジェクト・チームのメンバーが、バードライフ・サウスアフリカのケープタウンの新社屋に集まり、公式オープニングを迎えた。

12月 7th, 2023|0 Comments

写真上 左から ジョン・クーパー, アントン・ウォルファールト, マーク・D・アンダーソン (バードライフ南アフリカCEO)、 スー・トーニン と ロビン・アダムス マリオン島で繁殖する4種のアホウドリのインフォグラフィックを額装した写真:Andy Wassung撮影 マウス・フリー・マリオン MFM )プロジェクトチームは3つの大陸に広く散らばっている。 私たちのほとんどは南アフリカに住んでいるが、ここでは家が3つの異なる州にある。 ケープタウンで2人のチームメンバーが顔を合わせて話し合うには、車で数時間の移動が必要だった。 の正式オープンとともに、その機会が訪れた。 バードライフ・南アフリカ の新しい本拠地が先月、南部郊外に正式にオープンした。 クレアモントのメインロードにあるこのホームは、以前はブランプトン・ファミリー・プラクティスの医師たちの相談室だったビクトリア様式の家を、新しく(そして趣味よく)改装したものである。 バードライフ・サウスアフリカの新しいクレアモントの家。 MFMプロジェクトはこのビルにオフィスを構え、プロジェクトの広報担当兼プロジェクト・アシスタントのロビン・アダムスが働いている。 この家屋はまた、バードライフ南アフリカの様々な海鳥保護プロジェクト、特に アホウドリ・タスクフォース 漁業との相互作用によって引き起こされる海上での死亡率の減少に取り組んでいる。 絶滅危惧種 アフリカペンギンの保護を支援するグループもある。 ワンダリング・アホウドリのACAP種インフォグラフィックは、マウス・フリー・マリオン・プロジェクトを代表して、バードライフ・サウスアフリカがスポンサーを務めています。   私たちの仕事のひとつは、MFMのオフィスの壁にアート作品を飾ることだった。 額装されたインフォグラフィックには、マリオン島で繁殖する4種のアホウドリ、グレイヘッド、ライトマント、スーティ、ワンダリングが描かれている。 [...]

ロマーリオ、ネズミのいないマリオン島を新年にアピール

12月 5th, 2023|0 Comments

上の写真:アホウドリとウミツバメの絵を持ってポーズをとるロマリオ・ヴァレンタイン。 「自然を大切にすることは、自分自身を大切にすること」 - ロマリオ・ヴァレンタイン 南アフリカのマリオン島は、世界的な意味を持つ生存競争の舞台である。 19世紀初頭に人間が誤って持ち込んだ外来ハツカネズミは、南洋の島で世界的に重要な海鳥や無脊椎動物を捕食し、植生に悪影響を与え、生態系全体の完全性を損なっている。 時を追うごとに、この危険な侵入者はマリオンの驚くべき生物多様性に脅威を与え続けており、この重要な場所とその大切な海鳥を保護するための緊急対応が迫られている。 今は夏なので、マリオン島の海鳥のほとんどは繁殖地に戻っている。 しかし、島はもはや以前のような天国ではない。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト マウス・フリー・マリオン・プロジェクト は、2026年の冬に殺鼠剤入りの穀物の餌を島全体に空中投下することで、"キラー "マウスを根絶することを目指している。 そのために、情報通で関心のある一般市民に向けて、次のようなことを呼びかけている。 ヘクタールのスポンサー 1000レアルの寄付を募っている。 現在までに6700ヘクタール(目標面積30,000ヘクタールの5分の1強)が、1,500人以上の思いやりのある人々によって支援されている。 懐に入りきらない? 1,000レアルは少々高いと感じる人にもチャンスがある。 オンライン・クラウドファンディング・プラットフォーム バッカバディ のようなオンライン・クラウドファンディング・プラットフォームを利用すれば、100レアル以上、1000レアルまではいかないが、少額の寄付をすることができる。 もちろん、1ヘクタール分以上の寄付も大歓迎だ! 昨年9月に開催されたバードライフ・サウスアフリカの催しで、2022年フクロウ賞の彫刻と賞状を誇らしげに手にするロマリオ・ヴァレンタイン氏。 ロマーリオ・ヴァレンタインは12歳の環境保護運動家で、バードライフ・南アフリカの フクロウ賞 を受賞した。 ロマーリオは6歳の頃から環境保護活動に積極的に取り組んできた。 著書に 私たちの地球を守ろう-ロマーリオと行動を起こそう を2022年9月に発売。 気候変動と環境問題を扱った楽しい科学学術書であり、誰もが「地球の守護者」になれる方法についてのガイダンスも含まれている。 現在までにロマーリオは、世界31カ国で250以上のビーチクリーンアップと455本以上の植樹を行なった。 [...]

ミンキー・シャバララの紹介 – マウスフリー・マリオン・プロジェクト管理者兼財務責任者

11月 27th, 2023|0 Comments

上の写真:フィウィシディンゴ・トゥリシレ(ミンキー)・シャバララ(バードライフ・サウスアフリカのイズデル・ハウス敷地内にて マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトは、最も新しいメンバーを歓迎する。 彼女はフィウィシディンゴ・トゥリシレ・シャバララ、友人や同僚にはミンキーと呼ばれている。 2023年10月に管理・財務担当としてプロジェクトに参加するミンキーは、イズデル・ハウスを拠点としている、 バードライフ南アフリカ 本社を拠点とする。 バードライフ・サウスアフリカの財務チームと緊密に連携し、MFMプロジェクトの全分野にわたって総務・財務サポートを提供し、プロジェクトの総務、慈善寄付、簿記、財務活動の管理を担当している。 クワズールー・ナタール州ウトゥケラ地区にあるレディスミスのエムフルワネニ高校を卒業後、ミンキーはいくつかの企業でジュニア・アカウンタントや簿記係として13年間働いてきた。 プレトリアにある南アフリカ大学(UNISA)で会計科学学士号の1年目を修了。 フロントオフィスから試算表までこなすオールラウンダー。 試算表 . ミンキーは自らを、情熱的で経験豊富、そして献身的で強いコミュニケーション能力を持ち、特に細部に注意を払うと語る。 英語、イズールー語、セソト語で会話ができる彼女は、12以上の公用語がある多文化国家を拠点とするプロジェクトに新たな言語スキルをもたらす。 12の公用語 . 趣味は料理、ハイキング、小説を読むこと。 MFMプロジェクト・マネジャーのアントン・ウォルファルトは、「ミンキーは入社して2ヵ月も経っておらず、すぐに仕事をスタートさせなければならなかった。彼女はすでにMFMプロジェクト・チームの貴重なメンバーであることを証明している。マリオン島からキラーマウスをなくし、生態系の完全性を取り戻すという共通の目標に向かって、これからも彼女と一緒に働けることを楽しみにしています。" ジョン・クーパー(ニュース特派員、マウスフリー・マリオン・プロジェクト、2023年11月28日   ************************************************************ マリオン島の空き地を占領するオグロシロヒトリ;写真:ディーン・エバンス、ポスターデザイン:ミシェル・リジ   Mouse-Free Marion Projectは、南洋に浮かぶマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なネズミを根絶するために設立された南アフリカの登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 によって開始されたプロジェクトです。 バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国の 林業・漁業・環境省 . このプロジェクトが成功すれば、200万羽を超える海鳥の繁殖地が回復し、その多くが世界的に絶滅の危機に瀕しており、温暖化する気候に対する島の回復力が向上することになるのです。 このプロジェクトの詳細や支援については、以下をご覧ください。 [...]

熱狂的な野鳥愛好家であり、マウス・フリー・プロジェクトのGrey Petrelスポンサーでもあるエックハルト・ブッフマンが挑戦状を叩きつけた。

11月 21st, 2023|0 Comments

上の写真エックハルト・ブッフマン 南アフリカのクワズールー・ナタール州ヒルトンに住むエックハルト・ブッフマンは、自らを「職業は婦人科医、現在は引退、情熱は野鳥観察」と語る。 また、熱心な自然保護活動家でもあり、マウス・フリー・マリオン(へんけいしゅうはすうへんちょうそうち)の35ヘクタールを後援する。ヘクタールのスポンサーになる「これは、マリオン島のハツカネズミが最も空腹になる時期に、冬に繁殖するハツカネズミが特に危険にさらされると考えられているためである。ここをクリック). ヘクタールのスポンサーに感謝状を贈呈 エックハルトは次のように書いている。 MFMニュース 彼がMFMプロジェクトと、2018年にマリオン島からアホウドリとウミツバメを殺すネズミを駆除するという決意を知ったのは、バードライフ・サウスアフリカの最高財務責任者であるファニー・デュ・プレシスが、当時開催された年次フォーラムで行った講演に出席したことがきっかけだったという。 バードライフ・エテクウィニKZN 2018年、自宅近くのハウィックにて。 600人以上の会員を擁する国内最古の野鳥クラブのひとつであるこのクラブは、40ヘクタールにも及ぶMFMプロジェクトのスポンサーでもある( ここをクリック ). 昨年2月、エックハートはバードライフ・南アフリカの マリオンへの群れ2022 の航海に参加し、乗船した数百人の野鳥愛好家から300万ランド以上の寄付金が集まった。 航海中、MFMプロジェクトに関するプレゼンテーションを聞いたことで、個人的に支援したいという思いが強まったという。マリオンの生態系を守らなければならない。マリオンの生態系を救わなければならないのです」。 MFMプロジェクトチームが心から賛同できる言葉である。 そして最後に、エクハートから南アフリカと世界中のバーダー仲間への挑戦がある。"バードウォッチングに費やした費用(旅行代や道具代など)のわずか10%を寄付することで、絶滅の危機に瀕した生態系を救うプロジェクトに貢献しよう"。 保全什分の一、我々は気に入っている! ジョン・クーパー(ニュース特派員、マウスフリー・マリオン・プロジェクト、2023年11月21日 **************************************************************************************** マリオン島のススイロアホウドリ;写真・ポスターデザイン:Michelle Risi Mouse-Free Marion Projectは、南洋に浮かぶマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なネズミを根絶するために設立された南アフリカの登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 によって開始されたプロジェクトです。 バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国の 林業・漁業・環境省 . [...]

ゴフ島とマリオン島でハクビシンがオオアホウドリの成鳥を殺すようになった

11月 14th, 2023|0 Comments

写真上 ネズミの攻撃! 2023年4月、マリオン島で死体で発見されたこの繁殖中のワンダリング・アホウドリには、ハツカネズミによる傷の跡がはっきりと残っていた。 マエル・コーナン( 海洋頂点捕食者研究ユニット Nelson Mandela University, Gqeberha, South Africa)とその共同研究者らは、学術誌『Early view and open access』に以下の論文を発表した。 生物学的侵入 導入されたハツカネズミの観察について ムササビが成虫を襲い殺す 絶滅危惧種 ゴフ島のトリスタン・アホウドリDiomedea dabbenenaと成鳥 危急 マリオン島のD. exulans 。 両種とも、これまでの死亡記録はヒナのみであった。 繁殖した成虫の死は、ネズミを根絶する必要性を裏付ける。 残念なことに ゴフ島再生計画 が2021年にゴフマウスを根絶しようと試みたが、残念ながら失敗に終わった。 マリオン島でのネズミ駆除(ゴウの失敗から学んだ必要な教訓を取り入れる)は、2026年冬に実施される予定である。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクト . 2021年4月、ゴフ島でネズミに襲われたトリスタンアホウドリ雌成鳥の死体。 [...]

南アフリカのオッペンハイマー会議、マリオン島の海鳥保護について聞く – 世界で最も重要な鳥類保護プロジェクト

11月 8th, 2023|0 Comments

上の写真今年のオッペンハイマー会議でマウスフリー・マリオン・プロジェクトについて発表するマーク・アンダーソンとマブソ・ムシマン(着席)。 マウス・フリー・マリオン MFM )現在、世界で最も重要な鳥類保護活動であると言われるこのプロジェクトは、先月南アフリカで開催された権威ある会議で30分間の講演を行った。 この講演は マーク・D・アンダーソン と バードライフ・南アフリカ およびMFMプロジェクト管理委員会委員長である マブソ・ムシマン博士 MFM非営利企業委員会の委員長。 南アフリカ国立公園の最高経営責任者(CEO)を務める。 南アフリカ国立公園 の最高経営責任者(CEO)を務め、引退するまで内務省の局長だった。 毎年恒例のオッペンハイマー・リサーチ・カンファレンス( ORC )は、アフリカにおける自然科学と環境科学、そして保全と持続可能な開発を紹介し、議論する場である。 ORCは、自らを「生物多様性に関する研究と対話のダイヤルをシフトするための変革者が集う場」と表現している。アフリカでのインパクトに焦点を当て、グローバルな視点を歓迎する」と述べている。 2023年大会はシリーズ12回目。 マーク・アンダーソンは次のように書いている。"オッペンハイマー・リサーチ・カンファレンスで、南アフリカで最も尊敬される長老の一人であるマブソ・ムシマン博士とMFMプロジェクトについて共同発表できたことは、私にとって名誉なことでした"。 オッペンハイマー・リサーチ・コンファレンスはますます良くなってきており、今年のコンファレンスも素晴らしかった。このような年次会議を改善すべき点を挙げるのは難しい!今年は特に、アフリカの若手研究者たちが非常に雄弁に語る素晴らしい講演に感銘を受けました。アフリカ大陸の研究の未来はとても明るい。" マークとマブーゾの講演には、科学者を中心に420人が参加した。 講演の後には、学生、自然保護論者、上級科学者たちから多くの質問やコメントが寄せられた。 トークの中で上映されたビデオは特に好評だった。 オッペンハイマー会議のおかげで、南アフリカ国内でMFMプロジェクトに対する認識が高まったことは明らかだ。   MFMプロジェクトの要旨は以下の通り: 「マリオン島は、28種の海鳥にとって重要な繁殖島であり、その中には世界的に重要な絶滅危惧種の個体数も含まれている。南アフリカで唯一の特別自然保護区であり、重要鳥獣保護区であり、ラムサール条約登録地でもある。マリオン島の生態系と保全にとって最大の脅威は、侵入したハツカネズミの影響である。温暖で乾燥した気候に関連してネズミの生息密度が増加し続けているため、ネズミの主な無脊椎動物の餌が枯渇し、アホウドリやウミツバメを襲うようになっている。その影響は海鳥だけにとどまらない。林業・漁業・環境省とバードライフ・南アフリカとの共同プロジェクトであるマウス・フリー・マリオン・プロジェクトは、島からマウスを根絶し、それによってこの世界的に重要な場所の生態学的回復を促進することを目的としている。このプロジェクトは、マリオン島や他の場所で行われた調査によって支えられている。調査に加え、プロジェクトの計画では、財政、物流、政治的・法的準備、利害関係者とのコミュニケーションなど、さまざまな要件に対処しなければならない。 年次会議は、オッペンハイマー・ジェネレーションズ・リサーチ・アンド・コンサベーション( OGRC OGRC)は、アフリカの景観にインパクトを与えるために、的を絞った研究を促進し、研究と実践の対話を促進するために活動している。 「私たちの活動は、アフリカ大陸の利益のために、人間の福利を支援し、重要な景観を保護し、より良い人間と自然の関係を発展させる。 OGRCは、ニッキー、ストリリ、ジョナサン・オッペンハイマーのアフリカの自然遺産保護への情熱にインスパイアされている。 オッペンハイマー一家は、アフリカの自然保護への貢献が認められ、数々の環境保護賞を受賞しており、OGRCの革新的な取り組みを通じて、その貢献を続けている。 この会議とMFMプロジェクトのプレゼンテーションに関するMFMニュースの以前の記事はこちら。 [...]

海鳥は戻ってきたが、ネズミは待っている ネズミのいないマリオン・プロジェクトがヘクタール・チャレンジを実施

10月 31st, 2023|0 Comments

写真上 海鳥たちに、より安全な未来を。 今日のマリオン島1ヘクタールのスポンサー、写真:Ben Dilley 南半球の夏が間近に迫り、それに伴ってマリオン島の海鳥の多くが戻ってくる。 広大な南氷洋に浮かぶ数少ない陸地のひとつであるこの島は、海鳥の繁殖地として頼りにされているが、繁殖鳥の安全は深刻な危機に瀕している。 1800年代初頭に人間が誤って持ち込んだ侵略的ハツカネズミは、マリオン島の世界的に重要な海鳥や無脊椎動物を捕食し、植生に悪影響を与え、島全体の生態系の完全性を損なっている。 この危険な侵入者は、年を追うごとにマリオン島の驚くべき生物多様性への脅威を増大させており、この重要な場所とその大切な海鳥たちを守るために緊急の対応を迫られている。 介入がなければ、マリオンで繁殖する28種の海鳥のうち、4種のアホウドリを含む19種が地域絶滅の危機に直面している。 このワンダリング・アホウドリの成鳥とそのヒナは、マリオン島に侵入したハツカネズミに殺される危険がある。 マウス・フリー・マリオン MFM )プロジェクトは、マリオン島から殺人ネズミを駆除することを目的としており、駆除作戦は2026年冬に予定されている。 2026年冬 . プロジェクトチームは現在、必要な詳細計画を進めているが、高額な資金が必要となる作業のために必要な資金の調達にも懸命に取り組んでいる。 そこで、ヘクタール・チャレンジに参加することで、あなたの力を借りることができる。 現在までに、約6500ヘクタール(マリオンの目標3万ヘクタールの5分の1強)がスポンサーとなっている。 1ヘクタールに対して1000レアル(約70米ドル)の寄付をした個人もいれば、非常に寛大な夫婦もいる、 キャシーとジョージ・レデック の場合は、50万ランドを寄付して、500ヘクタールという壮大な面積を支援した! そして、貢献してきたのは1500人以上の思いやりのある人々だけではない。 ヘクタールは、誕生日パーティーで集められた寄付金でまかなわれている。 誕生日パーティー 自転車レースの参加者から 自転車レース そして ロマーリオ・ヴァレンタイン 11歳の環境保護運動家であるロマーリオ・ヴァレンタインは、オンライン・アピールに成功した。 また、以下のようなNPOからの協賛もある。 バードクラブ 名誉レンジャー協会 名誉レンジャー協会 [...]

バードライフ南アフリカ、マリオン島でハクビシンの危険にさらされているアホウドリとウミツバメを救うため「島と海のつながりチャレンジ」に参加

10月 25th, 2023|0 Comments

上の写真:マリオン島で互いに見せ合いっこをするワンダリングアルバトロスの幼鳥たち=写真:Alexis Osborne バードライフ南アフリカ バードライフ・南アフリカは、島、海、地域社会の回復、再自然化、保護を目指す世界的なイニシアチブであるIsland-Ocean Connection Challenge(IOCC)に参加している。 これは、同団体のパートナーシップによる活動を支援することを目的としている。 南アフリカ林業・漁業・環境省 マウス・フリー・マリオン( MFM )のような国際的に重要なアホウドリの個体群を救うためのプロジェクトである。 絶滅危惧種 マリオン島に持ち込まれたハツカネズミMus musculusによって危険にさらされているワンダリング・アホウドリDiomedea exulansなど、国際的に重要なアホウドリの個体群を救う。 30,000ヘクタールに及ぶマリオン島からのネズミ駆除は、一度の作業としては世界最大のネズミ駆除プロジェクトとなる。 IOCCは2030年までに、マリオン島のような亜南極の島々から、色とりどりの海洋生物やサンゴが咲き乱れる熱帯の島々まで、世界的に重要な40の島々を復元し、野生化させることを目指している。 外来種を除去して島を復元することは、生物多様性と島の生態系を復元する最もインパクトのある方法のひとつであることが繰り返し証明されている。 これまでに世界中で1000件以上の島嶼外来種駆除が成功し、海鳥、陸鳥、在来植物の個体数の増加、自然生態系機能の回復、サンゴ礁の保護と繁栄、気候変動に強い島づくりなど、長期的な利益をもたらしてきた。 マーク・D・アンダーソン(バードライフ・南アフリカ、CEO マーク・D・アンダーソンバードライフ・サウスアフリカのCEOであり、MFMプロジェクト管理委員会の委員長である笹川拓也氏は、次のように説明する:「島は生物多様性のホットスポットであり、世界的な保全活動にとって極めて重要な焦点です。私たちはIOCCに参加し、侵略的外来種という重要な環境問題に取り組むことで、島を回復させる国際的な活動に弾みをつけました。マリオン島には200万羽の海鳥が生息しており、その中には4種のアホウドリをはじめ、ウミツバメやペンギンなど、絶滅の危機に瀕している種も含まれている。外来種のネズミを駆除することは極めて重要である。さもなければ、外洋を彷徨う海鳥の中で最も象徴的な存在であるアホウドリをはじめ、マリオン島に生息する世界的に重要な海鳥の大半が、地域的に絶滅してしまう可能性があるからだ。" 「ネズミのいない島は、気候変動と生物多様性の損失との闘いに希望の光を与えてくれる。根絶が成功すれば、島は比較的短期間で元の生態系に戻ることができる。IOCCに参加することで、マリオン島が現在直面しているリスクと、最悪のシナリオを防ぐために必要な緊急性についての認識を高めることができます。我々は、この重要な世界的イニシアティブに参加できたことを喜ばしく思うとともに、その一員となることで、マリオン島の生物多様性を永遠に守るための一歩を踏み出したいと考えている。" アントン・ウォルファールト博士とMFMプロジェクト・マネージャーは付け加える:「簡単に言えば、マリオン島から侵入ネズミを駆除できれば、この島の海鳥が直面している重大な脅威のひとつにきっぱりと対処することができ、この世界的に重要な島とそこに生息する素晴らしい海鳥たちにとって好ましい保全の未来を促進することができるのです。脅威を抑えたり軽減したりするのではなく、解決するのだ。マリオン島の海鳥の個体群はネズミの影響を受けつつあるが、私たちはその脅威を取り除き、種の再導入プログラムを必要とせずに海鳥の個体群が自然に回復するように介入する機会を得たのである。" 「マリオン島の海鳥個体群の世界的重要性はいくら強調してもしすぎることはない。IOCCの一員になることは、私たちがこの目標を達成し、生物多様性のグローバルな目標に貢献する助けとなるでしょう。" マリオン島西海岸で、二重の虹がワンダリング・アルバトロスを縁取る;写真:ショーン・エヴァンス、ポスターデザイン:ミシェル・リジ ペニー・ベッカー博士保全担当副社長 島の保全 IOCCの共同設立者であるI.O.C.は、「島の復元と再野生化は単なる保護行為ではなく、気候変動に対する回復力を構築する最も強力な防御手段のひとつである。これらの生態系を育成することで、私たちはより強い環境を構築し、マリオン島のような生物多様性のホットスポットが回復するのを助けるのです」。 MFMプロジェクトは、マリオン島の海鳥の個体数を保護するために、5人の国際的なパトロンから世界的な支援を受けている。 それは エディンバラ公爵殿下 [...]

ガラパゴスのフロレアナ島でネズミとネコの駆除が始まった

10月 18th, 2023|0 Comments

上の写真:フロレアーナ島の風景。 フロレアナ はエクアドルのガラパゴス諸島の中で6番目に大きい(17 250 ha)。 島の人口は160人で、歴史的な観光地として重要な位置を占めている。 郵便局湾 . また、外来種、特にクロネズミRattus rattus、 ハツカネズミMusculus、野良猫Felis sylvestris catusの影響も大きい。 この影響の一例として 絶滅危惧種 ガラパゴスウミツバメPterodroma phaeopygiaはガラパゴス諸島の固有種で、フロレアナ島、イサベラ島、サンクリストバル島、サンタクルス島、サンティアゴ島で繁殖している。 フロレアナ島は、この種の世界個体数の60%以上を支えている。 ある研究 フロレアナ島のガラパゴスウミツバメの巣のほぼ50%が、地元での防除努力にもかかわらず、野良猫(そしておそらくクロネズミ)によって捕食されていることを発見した。 飛翔するガラパゴスウミツバメ;Eric VanderWerf撮影 約12年にわたる計画の末 フロレアーナ生態系回復プロジェクト は今月、移入されたクロネズミ、ハツカネズミ、野良猫を駆除し、フロレアーナの多くの在来種と固有種の復元を開始した。 プロジェクトの運営計画によると 作戦計画 このプロジェクトでは、「空中および地上に散布されるネズミやネコの毒餌(一次および二次毒殺)、捕獲、犬を使った狩猟、犬を使わない狩猟など、さまざまな方法を組み合わせて実施する」とされている。 野生の牛、ロバ、ヤギ、豚はすべて以前、ガラパゴス国立公園管理局によってフロレアナから駆除された。 ガラパゴス国立公園管理局 . 「すべての行動には反作用があり、島から外来種を駆除することが生態系の回復につながることはよく知られている。 チャド・ハンソン [...]

マウスフリー・マリオン・プロジェクト、新たに3人の国際的パトロンを任命

10月 10th, 2023|0 Comments

写真上 マウスの危険性がある。 オオミズナギドリの繁殖ペア マリオン島のマクロネクテス・ハリ 、写真:Michelle Risi マウスフリー・マリオン・プロジェクト マウス・フリー・マリオン・プロジェクト は、さらに3人の国際的パトロンの就任を発表する。 南極科学者で自然保護活動家のスティーブン・ルードン・チャウンFAA教授、南アフリカの実業家グロリア・セロベ、そして日本在住のキャスター、滝川クリステルである。 彼らは、先に任命された以下の国際パトロンに続くものである。 エディンバラ公爵殿下 海鳥作家でイラストレーターの ピーター・ハリソン MBE . 新しい国際的パトロンの略歴は以下の通り。 スティーブン・L・チャウンFAA教授-南極科学者、自然保護論者 スティーブン・チャウンFAA教授 スティーブン・チャウンは現在、オーストラリア研究評議会(ARC)の卓越した南極科学における特別研究イニシアティブであるSecuring Antarctica's Environmental Futureの ディレクターであり、モナシュ大学を拠点としている。 モナシュ大学 生物科学教授。 以前は2012年から2017年までモナシュ大学生物科学部部長。 スティーブン・チャウンがMFMニュースに寄稿:「私は、南アフリカが亜南極のプリンス・エドワード諸島のために最高の保護成果を確保しようとする野心に長い間尊敬の念を抱いてきました。マリオン島の生物多様性と環境の将来性を向上させるこの重要な仕事に貢献できることを楽しみにしています。" 2012年に南アフリカからオーストラリアに移住する前は、DST-NRFの創設ディレクターを務めた。 侵略生物学センター 2004年に南アフリカのステレンボッシュ大学に設立された機関間卓越センターである。 プレトリア大学で博士号を取得。 プレトリア大学 [...]

オーストラリアのロード・ハウ島、ネズミの駆除に成功し、外来ネズミの駆除を宣言

10月 5th, 2023|0 Comments

上の写真:ロード・ハウ島 写真:イアン・ハットン ロード・ハウ島は 世界自然遺産 オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の沖合約600km、タスマン海に浮かぶ。 面積1,455ヘクタールのこの島には455人(2020年)の人口が住んでいるが、観光客が増えればほぼ倍増する。 15年にわたる調査と計画の後、2019年に ロード・ハウ島げっ歯類駆除プロジェクト は、移入された船ネズミまたはクロネズミ(Rattus rattus)とハツカネズミ(House MiceMusculus)を駆除するため、空中と地上でのベイト作戦を実施した。 2019年7月、ロード・ハウ島の畑に敷き詰められた屋根付きのネズミ用ベイトステーション=イアン・ハットン撮影 一般的な "経験則 "では、ネズミ駆除を施した島からネズミがいなくなったと宣言するまでに2年を経過し、生存者が検出可能なレベルまで繁殖するのを待つ必要がある。 しかし、ベイト作戦後の1年半で成功したかに見えたが、2021年4月にオスと妊娠したメスのネズミが島で捕獲された。 A 迅速な対応 その結果、2021年8月までに合計96匹のネズミ(成ネズミ44匹、幼ネズミ52匹)が捕獲された。 捕獲されたネズミはすべて島の居住区内にいた。 ネズミが発見された結果、2年間の待機は2023年半ばまで延期されたが、2023年7月に実施された2週間の調査の結果、ロード・ハウ島では2年以上ネズミの痕跡がないことが報告された。 これは、2023年9月25日付のロード・ハウ島委員会の月刊コミュニティ・ニュースで報告された。 140の追跡トンネル、32のトレイルカメラ、300のワックスタグとチューカードを使用し、探知犬による掃討調査とともに、950以上の探知機のチェックが行われた。 この結果は、ニュージーランド自然保護省の島嶼根絶諮問グループの独立専門家によって分析され、確認された。 この正式なチェックは、住民たちが暮らす島の一部で過去2年間、犬やカメラによる監視が定期的に行われていたことに続くものだ。 一方、ロード・ハウでは2019年7月上旬以降、生きたネズミは記録されていない。 ロード・ハウ島に生息するアルデナ・カルネイプス(Ardenna carneipes)のペア 。 クロフチウミツバメの繁殖成功率が上昇 が劇的に増加した。 [...]

ネズミのいないマリオン・プロジェクトは、最近2回の駆除がなぜ失敗したかを検証し、教訓に沿った計画を立てるために、ベイト剤による駆除を延期している。

9月 20th, 2023|0 Comments

上の写真:マリオン島の山岳地帯を背景に、湿地帯の海岸平野の上に設置された泥と草木の巣にとまるワンダリングアルアホウドリのヒナ。 島は生物多様性のホットスポットである。 しかし、こうした重要な島の生態系は、しばしば在来の植物や野生生物を脅かす外来種に悩まされている。 自然な生物多様性のバランスを回復するために、世界中の島々で700件以上の駆除が行われ、全体の成功率は75%を超えている。 私たちは、こうした撲滅活動に対する警戒心と探究心を持ち続け、成功した取り組みと失敗した少数派の活動から教訓を学び続けなければならない。 マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトのサポーターなら、ゴフ島でのネズミ駆除の失敗をご存じだろう。 ゴフ島 2021年 残念なことに、今年8月、ミッドウェー環礁で2回目の駆除活動の失敗が報告された。 ミッドウェー環礁 で2度目の駆除失敗が報告された。 これらのプロジェクトに携わったチームは、ネズミ駆除の失敗につながった可能性のある要因を調査する取り組みを開始した。 繁殖中のワタリアホウドリがネズミに襲われ、巣の上で死亡、マリオン島、2023年4月、写真:Anton Wolfaardt 慎重に検討した結果、成功の機会を最大限に生かすため、2025年に予定されていたマリオン島での餌付け作戦は2026年に変更されることになった。 この追加時間によって、私たちのチームは、このような不成功に終わった撲滅活動に携わった同僚たちと関わり、彼らの経験や学びを共有することができる。 これにより我々の理解が深まり、計画されているMFMプロジェクトの餌付け作業のすべての側面が見直され、適切であれば失敗のリスクを減らすために修正されることが保証される。 どの島にも、根絶の計画と実行に影響を与える独自の環境・生態系パラメータがある。 例えば、亜南極のマリオン島と亜熱帯のミッドウェー環礁では違いがあり、ミッドウェーでの餌付け失敗の原因が何であれ、必ずしもマリオン島に当てはまるとは限らない。 とはいえ、マリオン島でネズミを根絶するチャンスは一度しかないのだから、ゴウとミッドウェイで失敗した可能性のある理由を理解しようと努めるのは、責任あることであり、絶対的な理にかなっている。 囮作戦の遅れは、私たちの計画や準備の努力を止めるものではない。 を通じて、撲滅プロジェクトに資金を提供してくれる篤志家候補への働きかけを行っています。 マリオン島保護キャンペーン が最優先課題である。 プロジェクトの進展に伴い、これらやその他の面における我々の作業に関する最新情報をお届けする予定です。 私たちの活動に資金を提供してくださり、この重要なプロジェクトを支持し続けてくださっている熱心なサポーターの方々に、私たちは深く感謝している。 マリオン島から侵略的なネズミを駆除し、この地域の海鳥やその他の生物多様性の聖域として確保することへの私たちのコミットメントは揺るぎない。   アントン・ウォルファルト博士(マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー) 2023年9月20日 ********************************************************************************************** [...]

ナイツ・ペンドラゴン・ロータリー・クラブ、スポンサーシップを84ヘクタールに拡大

9月 12th, 2023|0 Comments

上の写真:ヘクタールのスポンサーに感謝状を贈呈 今年7月 ナイツ・ペンドラゴン・ロータリー・クラブ が スポンサーシップ の後援を拡大しました。 ネズミのいないマリオン・プロジェクト 2022年に10ヘクタールをスポンサーしたのに続き、さらに20ヘクタールを追加し、合計84ヘクタールとなりました、 段階的に増加し、今年5月までに64ヘクタール に増加した。 当クラブのジム・ランキン事務局長は、20,000レアルの支払証明を送る際に、次のように書いています。「当ロータリー・クラブ、ナイツ・ペンドラゴンは、決して足を引っ張っているわけではありません。 ナイツ・ペンドラゴン・ロータリー・クラブ 事務局長 ジム・ランキン ジム・ランキンは、歓迎されるスポンサーがどのように集まったかを説明している:「私の会社( 私の会社( )は、業界団体である建設・鉱山機械サプライヤー協会( CONMESA ). 昨年末にはゴルフ・デーを開催し、ロータリー・クラブを通じて『ネズミのいないマリオン・プロジェクト』に寄付するよう働きかけました」。 彼はこう付け加えた:「クラブの週例会では、"フィール・グッド "という簡単な議題があり、前向きな発言をする人は誰でも、マウス・フリー・マリオン・プロジェクトに寄付をすることができます。 このプロジェクトには毎月約1000レアル([equivalent to a one-hectare sponsorship] )の収入がある。 今のところ84ヘクタールだ。 私の個人的な目標は、プロジェクトが実現するまでにクラブのスポンサーシップが100ヘクタールになることです!" MFMチームを代表して、プロジェクト・マネージャーのアントン・ウォルファルトは、ジム・ランキンに次のように返信し、継続的な支援に喜びを表した。MFMプロジェクトへの継続的かつ寛大な支援に、心から感謝しています"   Knights [...]

マリオン島の春への跳躍

9月 5th, 2023|0 Comments

写真上 マリオン島南東海岸のクロフォード湾の前で新しい季節を迎える。 左からクリス・ジョーンズ、ムプメレロ・マブティアナ、ミシェル・リジ、カイル・マウラー。 マリオン島に住む海鳥の生物学者である私たちの仕事量は、その年その時期にいる繁殖鳥の数によって決まる。 冬は比較的静かで、ワタリアホウドリの巣を定期的にモニタリングしている。 雛が羽ばたき、飛ぶ筋肉を鍛えるのを見たり、餌やりのときにお母さんやお父さんの注目を一身に浴びるのを見たりするのだ。 しかし、ヒナにネズミの傷が見られたり、ヒナの死骸から金属バンドを回収しなければならないときなど、大きな悲しみに襲われることもある。 季節は移り変わり、春は新しい繁殖の季節をもたらし、マリオンが島の海鳥を捕食するハツカネズミがいなくなる時期が近づくという願望を抱かせる希望の時だ。 マリオン島で溶岩を背に抱卵中のノーザン・ジャイアント・ウミツバメ、2023年8月、Michelle Risi撮影 日が長くなり、少し晴れ間が見えるようになると、私たちはますます忙しくなる。 夏の繁殖期の最初の到来は、ノーザン・ジャイアント・ウミツバメ(NGP)である。 最初の卵は8月の初めに現れる。 彼らは岩場の風下側で繁殖するのが好きなので、巣探しは究極のイースターエッグ探しになる。 この鳥たちは獰猛な捕食者だが、巣にいる間は穏やかな巨人であり、一緒に仕事をするのは楽しい。 私たちは、大人たちが彼らのカラー・レッグバンドを読み取ろうとして、私たちの手をブルードさせようとするのを飽きることはない。 私たちは3つのコロニーをモニタリングしており、8月の産卵から2月の羽化まで、繁殖期を通して定期的に訪問している。 抱卵中のノーザン・ジャイアント・ウミツバメの脚バンドを注意深くチェックするクリス・ジョーンズ(2023年8月)。 彼のリュックサックには、各調査巣のシーズン中の記録を残すための番号入りの巣マーカーが入っている。 9月の初めには、NGPの巣の「島一周」カウントに出かける予定だ。この素晴らしいアクティビティは、たくさんの岩場をジグザグに移動しながら巣を探し、その座標を携帯型GPSユニットに記録し、鳥の金属バンドやカラーバンドをチェックするため、海岸線全体の走行距離が確実に増える。 この2023/24シーズンに繁殖したNGPの数を島全体でカウントし、過去のシーズンと比較することで、傾向を把握することができる。 私たちが最後にマリオンに滞在した2017年には、繁殖中の成獣に初めてはっきりとしたネズミの傷が確認された。 その他に楽しみなのは、島の南海岸に灰色頭アホウドリが戻ってくることだ。 8月の "島一周 "では、沿岸の崖を飛び回る一握りの成鳥と、少なくとも1羽の成鳥がグレイヘッド・アルバトロス・リッジに上陸し、巣の改修を始めているのを目撃した。 リッジは島で最も不思議な場所に違いないが(私たちは近くの野営小屋に泊まり、そこで多くの時間を過ごすことができるので、少し偏見を持っている)、頭上を飛び、下界の巣で再会する何千羽ものアホウドリで完全に満杯になったリッジに匹敵するものはない。 だから、夏が近づいていると言ってもいいのだが、今はただ、春に向かって飛躍する島と鳥たちをできるだけ満喫しようと思っている! ミシェル・リジ、第80回マリオン島越冬チーム、海洋頂点捕食者研究ユニット、ネルソン・マンデラ大学、南アフリカ、2023年09月05日 **************************************************************************** [...]

南アフリカの南極遺産』、マウス・フリー・マリオン・プロジェクトに献本

8月 29th, 2023|0 Comments

上の写真:左から、ジョン・クーパー(マウスフリー・マリオン・プロジェクト)、アンチェ・ルー(南アフリカ極地研究インフラ) 、リア・オリヴィエ(南アフリカ南極遺産)、マリオン島で寄贈された4冊の本とともに。 南アフリカの南極遺産 ( ALSA ) ALSA )は、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクト ALSAからのサポートは、過去に包括的なアーカイブから歴史的な写真を提供したり、マリオン島の歴代チームメンバーと連絡を取り、ヘクタールのスポンサーシップを奨励したりした。 ヘクタールのスポンサーシップ - 現在までに約5万レアルが集まっている。 ALSAは今月、マリオンとプリンス・エドワード諸島に関する4冊の学術書を寄贈し、支援を続けている。 MFMプロジェクトのニュース特派員であるジョン・クーパーは今月初め、ALSAの主任研究員でデジタル・アーカイビストのリア・オリヴィエと南アフリカ極地研究基盤のデジタル・マーケティング&コミュニケーション・マネージャーのアンチェ・ルーに会った。 ステレンボッシュ大学植物園 リアもアンチェも大学の植物・動物学部に所属している。 珍しいことに、そのうちの1冊はALSAが独自に出版したもので、寄付をすることができる。 ジョン・クーパーからロビン・アダムスへ:ケープタウンにあるバードライフ・サウスアフリカのケープ・シュガーバード・ライブラリーに本が引き渡され、保管される。 寄贈された本は、MFMコミュニケーション・オフィサー兼プロジェクト・アシスタントのロビン・アダムスに渡された。 バードライフ・サウスアフリカの クレアモントにあるケープタウンの新本部にある このプロジェクトでは初めて、ビクトリア朝時代の建物を改装したオフィス(主にロビンが使用)を設けた。 書籍は、南アフリカ西ケープ州のフィンボス・バイオーム固有種であるケープ・シュガーバードにちなんで名付けられた小さな図書室に収められ、 オフィスのスタッフが閲覧できるようになる。 MFMプロジェクトは、南アフリカの南極遺産から受け続けている支援に最も感謝しており、マリオン島のハツカネズミを根絶するという目標に向けて、さらなる協力を期待している。   寄贈されたタイトル De Villiers, M.S., Chown, [...]

マリオン島のハツカネズミ:1975年から1995年までの生物学的研究

8月 22nd, 2023|0 Comments

上の写真:マリオン島のハツカネズミ、写真:Ben Dilley これはマリオン島に導入されたハツカネズミMus musculusに関するシリーズの第3弾である。 本書は、1975年から1995年にかけて行われた生物学的研究を網羅したものである。 (その 最初の は、1773年にこの島が発見され、1818年にはすでにネズミがこの島に生息していたことを示した。 第2部 第2部 は、1948年に南アフリカがこの島を併合してから、1974年にマウスに関する最初の科学論文が発表されるまでの期間を考察した。 シリーズ第4部(完結編)では、1995年以降から現在までに行われた、より保護に重点を置いたアプローチの研究を紹介する。 この20年間、マリオン島の外来マウスについて行われた研究は、主に学術的なものであった。 2つの重要な研究が、プレトリア大学の大学院生への修士号授与につながった。 哺乳類研究所1981年には故ジェームス・グリーソンが、1993年にはドナルド・マシューソンが監修した。 ルディ・ヴァン・アルデ 以前、島の野良猫の調査を行っていた ネコ科動物今ではありがたいことに絶滅した。 ジェームスとドナルドは、生息地の利用、密度の季節変動、繁殖、食餌など、マウスの生態と個体群生物学の側面を研究した。 重要な発見は、マウスが年間を通して無脊椎動物に依存していることで、夏場は植物がより多く食餌に含まれる。 胃からは鳥類がわずかに見つかったが、これはウミツバメの死骸をあさったものと思われる。 鳥類が捕食されている証拠はなく、1980年代初頭にはジェームズ・グリーソンもその可能性はないと考えていた。 第36次マリオン島越冬隊(M36、1979/80年)。 左端が故ジェームス・グリーソン氏、写真は南アフリカ国立南極計画より 第48次マリオン島越冬隊(M48、1991/92年)。 ドナルド・マシューソンは前列右から2番目に座っている。 1994年、シルヴィア・カークマン(旧姓メチェネロ)は、プレトリア大学の動物学の優等生プロジェクトとして、マリオンのネズミの個体群生物学を研究した。 1979/80年にジェームズ・グリーソン、1991/92年と1992/93年にドナルド・マシューソンが収集したデータを使用した。 この期間中に行われたマウスに関するその他の研究には、エネルギー代謝の側面と無脊椎動物への影響、特に飛べない蛾Pringeophaga marioniの幼虫に関するDavid Rowe-Roweらの研究、生態系機能におけるマウスの役割に関するJan [...]

南極環境保護の専門家、デニース・ランドーが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」に知識を提供

8月 15th, 2023|0 Comments

上の写真: 南極でのデニース・ランドー、写真:ディック・フィルビー デニス・ランドーは、国際的に著名な亜南極・南極観光と環境保護の専門家である。 国際南極ツアーオペレーター協会(IAATO)専務理事 IAATO )のエグゼクティブ・ディレクターを1999年から2008年まで務め、現在は米国を拠点とする非営利団体Friends of South Georgia Island ( FOSGI ). デニースは、スコットランドの慈善団体、サウス・ジョージア・ヘリテージ・トラスト( SGHT ), a アメリカ極地協会理事 および 王立カナダ地理学会 . また、NGOリンキング・ツーリズム&コンサベーション( LT&C ). デニスは26年前に南極ツアーオペレーターの環境影響評価を提供することで、産業界、環境保護/緩和、政府間のギャップを埋めることを目的としたコンサルティング事業を開始した。 彼女は現在、マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトの資金調達委員会のメンバーとして、その豊富な専門知識と経験を活かしている。 FOSGIでの彼女の経験は、トラストのサウス・ジョージア再生プロジェクトを支援するための資金調達に役立った。 サウスジョージア島再生プロジェクト 2011年から2015年にかけて同島からネズミを駆除することに成功したこのプロジェクトは、MFMプロジェクトがマリオン島に侵入したハツカネズミを駆除するために必要な資金を集める作業を行っており、彼女の経験はすでに大いに役立っている。 デニスがMFMニュースに寄稿:「1991年に初めて南氷洋のアホウドリとウミツバメを見たとき、私の人生は大きく変わった。この素晴らしい鳥たちの繁殖地を守るためには、どんな方法論や取り組みでも採用しなければならないと思った。大西洋、太平洋、インド洋の亜南極の島々で、移入された捕食者を駆除するための活動が行われているのを見るのは、とてもエキサイティングなことだ。私たちは共に、この素晴らしい鳥たちを守ることができるのです 興味深いことに、デニースは南極の氷河に自分の名前を冠している。 ランダウ氷河 ランドー氷河 南極半島のデイビス海岸に位置するランドー氷河は、成長する南極観光産業のために環境に配慮した政策を開発する役割を果たしたとして、2009年にアメリカの南極名称諮問委員会によって正式に命名された。 委員会の [...]

ジョージ&キャシー・レデック夫妻は、「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」のスポンサーを300ヘクタールと大幅に増やし、挑戦状を叩きつけた!

8月 8th, 2023|0 Comments

上の写真:ジョージとキャシー・レデック夫妻が家族でオーストラリアを訪問中、ブッディ国立公園でバードウォッチングをした。 ブッディ国立公園 2023年6月、ニューサウスウェールズ州。 お揃いのキャップは ケープコッド国立海岸 住んでいる場所の近く   昨年2月 ジョージ&キャシー・レデック夫妻 がマウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトの「Sponsor a Hectare」キャンペーンに寄付をした。 彼らの200ヘクタールのスポンサーシップは、「マリオンへの群れ2022」への参加に続くものである。 マリオンへの群れ2022 への航海に参加したことに続くものである。 ジョージとキャシーは現在、当初の2倍以上の500ヘクタールを後援しており、これは実に50万ランドに相当する! これにより、彼らは名誉ある "放浪のアルバトロス "100ヘクタール以上のカテゴリーで首位に返り咲いた( ここをクリック ). ジョージ・レデック博士は、主に世界銀行で生物多様性の保全に従事し、2020年にリードエコロジストとして退任した後、専門家としてキャリアを積んできた。 彼はMFMニュースにこう書いている:「このプロジェクトを支援することは、逃すことのできないチャンスです!プロジェクトが成功すれば、世界的に絶滅の危機に瀕している海鳥のなかでも、ワンダリング・アホウドリ、オグロアホウドリ、スーティ・アホウドリがマリオン島で生存できる見込みが飛躍的に高まるだろう。" キャシーはマサチューセッツ州ケープコッドにジョージとともに住む熱心な環境保護活動家であり、ボランティアでもある。 ネズミのいないマリオン・プロジェクトは、今や私たちの慈善活動の重要な一部です。このプロジェクトの厳密な科学的計画が、ネズミの駆除に成功した暁には、営巣する多くの海鳥のために素晴らしい結果をもたらすことを期待しています」。 私たちがこのキャンペーンに貢献することで、海鳥に関心を持つ世界中の人々が、ネズミのいないマリオン島を実現するために、1ヘクタール以上のスポンサーになる(あるいは私たちのように既存のスポンサーを増やす)ことを期待しています」。 これには、MFMプロジェクトチームも同意するしかない! MFMプロジェクト・チームは、キャシー・レデックとジョージ・レデック夫妻の継続的な壮大なサポートに深く感謝している。 ジョン・クーパー(マウスフリー・マリオン・プロジェクト、ニュース特派員)、2023年08月08日 ********************************************************** マリオン島のススアホウドリ、写真・ポスターデザイン:Michelle Risi [...]

ルディ・ヴァン・アルデ、1951-2023年、マリオン島に導入されたハツカネズミの先駆的研究者

8月 2nd, 2023|0 Comments

上の写真ルディ・ヴァン・アルデ、1951年9月21日~2023年7月21日 ルドルフ・ヨハネス(ルディ)・ファン・アルデ名誉教授が2023年7月21日、心臓発作のため71歳で逝去した。 ルディは南アフリカのプレトリア大学で学部と大学院の学位を取得した。 プレトリア大学 同大学で保全生態学の講座を持ち、学問的キャリアを全うした。 ルディは1974/75年から1975/76年の18ヵ月間、M31とM32の越冬チームの一員としてマリオン島に滞在し、1978年に授与された修士号取得に向け、島に移入された野良猫の個体群生態学を研究した。 彼の研究は、1977年から1991年にかけて島のネコの根絶を成功させるために必要な背景となった。 長い間、野良猫が根絶された世界最大の島であったこの島は、南アフリカの侵略的哺乳類に対する介入としては、これまでで最も成功した島であった。 ルディはまた、マリオンのミナミゾウアザラシやハツカネズミの調査も行った。 後者の種の研究は、彼の学生であるドナルド・マシューソンに修士号を、シルヴィア・カークマン(旧姓メチェネロ)には理学士号(優等)プロジェクトを授与した。 彼は数十年にわたり、島のネズミに関するプロジェクトを主導し、出版物や報告書を共著し、学会で発表してきた。 こちら ). 1974/75年、マリオン島でのM31越冬チームのメンバー。 右下はルディ・ヴァン・アルデ(写真:Antarctic Legacy of South Africaより 私がルディに初めて会ったのは、1978年にマリオン島を訪れたときだった。 初心者だった私は、初めてのオーバーナイト・ハイキングで行くべきルートについて彼のアドバイスに従った。 そのため、私たちは少なくとも1つの泥沼にはまり、重すぎる荷物を持って抜け出すのに苦労した。 すべての若者の通過儀礼だ! 数年後、私たちは南アフリカの南極および亜南極機構内のさまざまな委員会でともに働いた。 1995年、私たちはプレトリア大学で私が共催した、この島のハツカネズミに関する2日間のワークショップで再会し、彼は「マウスの個体群生物学とその影響の性質」と題したプレゼンテーションを行った。 ルディが講演 マーク・アンダーソン バードライフ・サウスアフリカの最高経営責任者(CEO)であり、MFMプロジェクトの運営委員会委員長であるマーク・アンダーソンに、プレトリア大学の学部および大学院在学中に講義を行った。 特にマークは、ルディの個体群動態に関する知識から恩恵を受け、野生動物の写真に対する彼の関心と情熱に感銘を受けた。 ルディ・ヴァン・アルデのその後の研究の大部分は、陸上での、そしてその中心は、"ヴェニスの "管理であった。 絶滅危惧種 アフリカ南部のアフリカサバンナゾウの保護生態学研究ユニット(CERUプレトリア大学動物・昆虫学部に所属)。 [...]

ネズミのいないマリオン・プロジェクトの「1ヘクタールをスポンサーしよう」キャンペーンは、600万ランド以上の寄付金を集め、世界中で認知度を高め続けている。

7月 25th, 2023|0 Comments

上の写真:スポンサー・ア・ヘクタール・キャンペーンの地図によると、今年7月初めまでに6300ヘクタールのマリオン島がスポンサーとなった。 マウス・フリー・マリオン MFM )このプロジェクトは、マリオン島で殺処分を続けているハツカネズミを根絶するため、関心のある個人、社会グループ、クラブなどにその活動の機会を提供するものである。 を殺し続けている マリオン島のアホウドリやその他の海鳥を殺し続けている。 による ヘクタールのスポンサー キャンペーンにより、これまでに1860以上のスポンサーが、マリオンの3万ヘクタールのうち1ヘクタール以上をスポンサーすることで600万ランド以上の資金を集め、当初の目標の21%を達成した。 ほとんどのスポンサーは南アフリカに拠点を置いているが、最も寛大なものも含め、世界中の他の地域に住む人々から寄付が寄せられている。 MFMプロジェクトは、この非常に効果的な保護活動が試みられている最大の島からネズミを根絶することを目的としている。 南氷洋の僻地であることを考えれば、このプロジェクトが高額になるのは当然だ。 マーク・アンダーソン バードライフ南アフリカCEO バードライフ・南アフリカ および MFMプロジェクト管理委員会 予算は現在4億6, 000万レアルですが、必要資金の4分の1しか集まっていません。 私たちの6人の資金調達チーム(うち4人は米国在住)は、残りの資金を確保するために懸命に働いています」。 スポンサーシップ・キャンペーンは当初、現在のプロジェクト予算の10%にも満たない3,000万レアルを集めることを目標としており、確かに野心的なものだった。 とはいえ、南アフリカで始まった環境保護活動としては、最大規模の「クラウドファンディング」であることに変わりはない。 このことだけでも、プロジェクトは成功したといえるだろう。プロジェクト・チームは、現在までに1860ものスポンサーを得たことに感謝している。 初期の頃:MFMニュース特派員(左から2番目)が2017年、当時のバードライフ・サウスアフリカの海鳥スタッフ、アンドレア・エンジェル、ニニ・ファン・デル・メルヴェ、ロス・ワンレスにヘクタールのスポンサーシップを提案する 個人的な話になるが、マリオン島での1ヘクタール・スポンサー・キャンペーンは、ニュージーランドの" ミリオンダラー・マウス 「2016年にアンティポデス島でハツカネズミの駆除に成功したクラウドファンディングを参考にしたものだ。 それなら、私が "自分の口には金を "出し、貢献するのは当然のことだ。 海洋鳥類学者としての長いキャリアの中で、私は幸運にも世界中の海鳥の個体群を支える多くの地域を訪れることができた。 胆煎り オーストラリア、フォークランド、ガラパゴス、ハワイ、ニュージーランド、トリスタン・ダ・クーニャ、そしてイギリスの、アホウドリの繁殖を支える12の島を訪れるたびに1ヘクタールずつ。 [...]

マリオン島で計画されている駆除の前に、ハツカネズミの駆除を試みるべきか?

7月 18th, 2023|0 Comments

上の写真:一見何の変哲もないが、マリオン島のハツカネズミは島の海鳥にとって脅威であり、対処しなければならない。 時々、マウス・フリー・マリオン(へんけいしゅうはすうへんちょうそうち)プロジェクトは、多くの場合、ソーシャルメディアを通じて問い合わせを受ける。 フェイスブックページ)は、2025年に計画されている駆除に先立ち、なぜハツカネズミによる島の海鳥への捕食攻撃を減らす試みがなされていないのかについて述べている。 定期的に提案されるのは、アホウドリやその他の海鳥の繁殖コロニーや個々の巣の周辺にネズミ捕りを設置することである。 例えば、あるプロジェクト・サポーターからの最近の問い合わせは、次のようなものだった。 最近の観察 ワンダリングアホウドリ ネズミの攻撃で死んだDiomedea exulansのヒナは、その一部をこう述べている。"最も敏感な繁殖コロニー周辺に配備できる、非常に知的でシンプルなネズミ捕り器がたくさんあれば、わずかなへこみで、ワタリアホウドリのヒナ1羽を救うこともできただろう"。 最近ネズミに襲われたマリオン島のワンダリング・アホウドリのヒナは、その後すぐに傷がもとで死んだ(ここをクリック)。 なぜMFMプロジェクトは一度限りの根絶に全力を注ぎ、個々の鳥の命を救うためにネズミの駆除という事前介入を行おうとしないのか。 MFMオペレーション・マネージャー キース・スプリンガー アンティポデス、マッコーリー(彼が指揮を執った)、サウス・ジョージアの亜南極諸島でネズミ駆除を成功させたベテランである彼は、「先手を打った防除対策を行うのは、駆除活動では非常に珍しいことです。というのも、捕獲されたネズミは、空いた縄張りを引き継ぐ新しいネズミにすぐに取って代わられるからだ。というのも、捕獲したネズミはすぐに新しいネズミに取って代わられるからだ。 マリオンは面積3万ヘクタール、海岸線約100キロの大きな島だ。 ネズミの捕食の危険にさらされている海鳥は、島の低地全域で繁殖しており、海抜400mの植生境界線上まで、場合によってはそれ以上の高さで繁殖している。 4月から5月にかけての2、3週間を除けば、ヘリコプターが数回飛べるかもしれない年に一度のリリーフ期間中は、島内の移動はすべて徒歩だ。 これらの遠足は歩きがいがある。 ワタリアホウドリを例にとると、数百羽の繁殖鳥が沿岸の低地に点在し、巣は通常数十メートルから百メートル以上離れている。 西海岸にあるいくつかの巣は、そこにたどり着くだけでも2~3日は歩く必要がある! すべてのアホウドリのコロニーが既存の野営小屋の近くにあるわけではない。 島での現場スタッフの安全条件は、最低でも2人1組で行動すること。 そのため、ワンダラーの巣の周囲に罠を仕掛けるのは容易なことではない。特に、どんなデザインの罠であれ、理想的には24時間体制でネズミの死骸をチェックし、数カ月に及ぶ繁殖期を通して罠をリセットする必要がある。 エサは鳥に食べられたり、無脊椎動物に食べられたり、雨で流されたりすることが多いので、定期的な交換が必要だ。 キースが言うように、「影響を受けやすい人数に拡大すれば、大規模なロジスティック事業となる」。 決定的なのは、撲滅を進めるために現在集めている資金を流用する必要があり、その結果、資金調達目標が大幅に高くなることだ。 そうなれば、追加資金を調達する間、撲滅活動はさらに遅れることになるだろう。 プロジェクトはまた、倫理的承認も必要となる対照プログラムを実施するための提案書を当局に提出する必要がある。 マリオン島にある多くのオグロアホウドリの巣は、安全にアクセスするためにロープが必要である;写真:John Dickens、ポスターデザイン:Michelle Risi [...]

マリオン島の海鳥を救う。 世界で最も重要な鳥類保護プロジェクトが、今年後半に開催される権威ある会議で取り上げられる予定だ。

7月 11th, 2023|0 Comments

上の写真:マリオン島のハツカネズミから死の危険にさらされている。 絶滅危惧種 ワンダリング・アホウドリ Diomedea exulansが 巣に腰掛けている;写真:John Dickens、ポスターデザイン:Michelle Risi マウス・フリー・マリオン MFM )現在、世界で最も重要な鳥類保護活動であるこのプロジェクトは、今年後半に南アフリカで開催される権威ある会議で30分間の講演を行う予定である。 毎年恒例のオッペンハイマー・リサーチ・カンファレンス( ORC )は、アフリカにおける自然科学と環境科学、そして保全と持続可能な開発を紹介し、議論する場である。 生物多様性の研究と対話のダイヤルをシフトするための変革者たちの出会いの場である。 アフリカにおけるインパクトに焦点を当て、グローバルな視点を歓迎する。 会議の目標は以下の通り: アフリカの卓越した研究のプロファイリング、 若い研究者と環境スチュワードに力を与える、 生物多様性の専門家のネットワークの構築 インパクトのある会話を主催する 今回で12回目となるこの会議は、南アフリカのハウテン州ミッドランドで2023年10月4日から6日まで開催される。 MFMプロジェクトの講演は マーク・アンダーソン のCEOである バードライフ南アフリカ およびMFMプロジェクト管理委員会委員長である マブソ・ムシマン博士 MFM非営利企業委員会の委員長。 第12回ORC学術委員会は、MFMプロジェクトのアブストラクトを受理するにあたり、「160を超える口頭アブストラクトの応募があり、科学と研究コミュニティにおける計り知れない情熱と献身を示すことができ、感激しています」と記し、さらに「皆さんの貴重な洞察と貢献は、間違いなく会議を豊かにし、研究成果を共有するためのインパクトのあるプラットフォームを提供するでしょう」と述べている。 夜、マリオン島でネズミにひっかかれた絶滅危惧種のアホウドリ (Thalassarche chrysostoma)。 [...]

20年経ってもマリオン島のハツカネズミはワンダリングアルバトロスの雛を襲い続けている

7月 4th, 2023|0 Comments

上の写真: マリオン島のワンダリング・アホウドリのヒナはネズミに襲われた形跡がある。 マリオン島の海鳥が攻撃を受けている。 捕食性のハツカネズミは、ヒナや、種類によっては成体さえも荒らしまわっている。 マウス・フリー・マリオン MFM )プロジェクトは、この状況を是正し、島を復興への道に戻すことを目的としている。 これは2025年の冬に計画されている大規模なキャンペーンで、ヘリコプターが殺鼠剤の餌を島全体に撒く。 鱗に覆われた! 2015年、マリオン島で無防備なワンダリングアルバトロスのヒナの頭に夜な夜な餌をやるハツカネズミ;写真撮影:Stefan and Janine Schoombie この島で繁殖する最も象徴的な海鳥のひとつが、ワンダリング・アホウドリDiomedea exulansである。 マリオン島は世界個体数の4分の1以上を支えており、この種にとって世界的に最も重要な繁殖地となっている。 世界的に 種である。 その巨大さにもかかわらず、特に小柄なネズミと比較すると、ヒナが巣に座っている間に生きたまま食べられて重傷を負い、最終的に死んでしまうような攻撃からも安全ではない。 マリオンで初めてワンダラーのヒナが襲われたのは2003年のことだった。 静止画とビデオクリップ(一部は夜間に撮影されたもの)は、保護問題をグラフィカルに表現している( ここをクリック をクリック)。 負傷したヒナの別の写真。尻の肉と骨が露出している。 マリオンのワンダリング・アホウドリのヒナへの攻撃が続いていることは予想外ではないが、それでも心配である。今年最初の観察は、ネルソン・マンデラ大学の海洋頂点捕食者研究ユニットのミシェル・リジとクリス・ジョーンズが真冬日(6月21日)に行った。 海洋頂点捕食者研究ユニット . ポストガードのヒナは尻に傷があり、脇腹が血まみれになっていた。 このヒナは、島の東海岸にあるマカロニ湾を中心とした長期研究コロニー(島に3つあるうちの1つ)にいた。 1980年代初頭に設立され、調査コロニー内のすべての巣に杭が打たれ、地図が作成されている。 繁殖期の成鳥にはカラーバンドが付けられ、長い繁殖期を追跡する。 [...]

アホウドリとウミツバメの保護に関する協定の国際会議で10カ国がネズミのいないマリオン・プロジェクトを支持

6月 27th, 2023|0 Comments

上の写真:スコットランド、エディンバラのクイーン・エリザベス・ハウス前で開催されたACAP諮問委員会第13回会合に出席した代議員たち。 アホウドリとウミツバメの保護に関する協定( ACAP )は2004年2月1日に発効した多国間協定であり、アホウドリ、ウミツバメ、ミサゴの個体群に対する既知の脅威を緩和するために国際的な活動を調整することによって、リストアップされたアホウドリ、ウミツバメ、ミサゴの保護を目指すものである。 この協定には現在13の締約国が加盟している。 2019年、ACAPの諮問委員会は、31のリスト対象種が依然として保全の危機に直面しており、毎年何千羽ものアホウドリ、ウミツバメ、ミサゴが漁業操業や繁殖地での外来捕食者などの他の脅威によって死んでいると宣言した。 月に英国スコットランドのエジンバラで開催されたACAPの最新会議では、個体数および保全状況作業部会(PaCSWG)がインフォメーションペーパー(ここをクリック)から提出された。へんけいしゅうはすうへんちょうそうち)プロジェクト、共同執筆:アズウィアネウィ・マハド博士(林業・漁業・環境省、 ディーエフエフイーとアントン・ウォルファルト博士(MFMプロジェクト・マネージャー)。 彼らの論文は、マリオン島におけるハツカネズミの根絶を目指すプロジェクトの背景と必要性を述べ、その現状を報告している。 最後に、PaCSWG、ACAP、ACAP締約国に対し、「我々の進捗状況をフォローし、マリオン島とその世界的に重要な海鳥たち(ACAPにリストアップされている8種を含む)にとって、より好ましい保全状態を達成することを目的とするMFMプロジェクトを承認し、支援する」よう呼びかけている。 議論の結果、PaCSWGは、このプロジェクトが世界の主要な繁殖地における重要なプロジェクトであることを認識し、作業を支援できるすべての人にそうするよう促した。 そしてPaCSWGは、ACAP諮問委員会がMFMプロジェクトを支持し、支援するよう勧告した。 翌週の第13回ACAP諮問委員会(AC13)では、PaCSWGの報告書が発表された( ここをクリック 特にMFMプロジェクトに関する勧告に注目が集まった。 出席した10カ国による討議の結果、AC13はMFMプロジェクトの重要性を再確認し、その支持と支援を奨励することで合意した( ここをクリック ). ススアホウドリとヒナ:マリオン島でハツカネズミの侵入により危険にさらされている。 ACAPから受けた国際的な支援は、すべての協定締結国がMFMプロジェクトを支持したことを意味する。 これには、マリオン島で繁殖する8種のアホウドリとウミツバメのうち、ACAPにリストアップされている1種以上の繁殖個体群を保有する国が含まれる。 これらの締約国は、アルゼンチン、オーストラリア、フランス、チリ、ニュージーランド、イギリスである。 この6カ国による承認は、南アフリカ国内でのプロジェクト支援に加わるもので、最近、林業・漁業・環境省のバーバラ・クリーシー大臣が予算演説で確認した( ここをクリック ). アズウィアネウィ・マカド博士(DFFE・南アフリカ代表 ナショナル・コンタクト・ポイント がMFMニュースに寄稿した。:「南アフリカは、5月に開催された第13回ACAP諮問委員会の進捗状況に対する支持と承認に感謝する。また、マリオン島でネズミを根絶するためにMFMプロジェクトが行っている努力も高く評価している。マリオン島で繁殖するアホウドリとウミツバメの保護に貢献するこの重要なプロジェクトに対し、同国は今後も支援を続けていく」。 スー・トニン博士最近MFMのアシスタント・プロジェクト・マネージャーに任命されたACAPもまた、感謝の意を表している:「ACAPがマリオン島からのハツカネズミ駆除を支援してくれたことは、世界の島々で繁殖している脆弱なハツカネズミを保護するために、このアプローチが有効であるという国際的な理解を反映したものです。マウス・フリー・マリオン・プロジェクト・チームは、私たちがこの作戦で使用する技術を絶えず改良している先駆的な国、組織、個人、そして研究者や政策立案者の献身的な支援に依存しています。" MFMプロジェクトが受けた国際的、国内的な支持は、マリオンのマウスを確実になくすための努力を強化するために、プロジェクトのチームと南アフリカ、そして世界中の多くの支援者や資金提供者を勇気づけるものである。 私たちは皆、深く感謝している! スコットランドで開催されたACAP会議に南アフリカ代表として参加したロバート・クロフォードと、アホウドリとウミツバメの保護に関する協定の科学オフィサーであるヴィエスワワ・ミシアクに感謝する。 参考文献 [...]

第80回マリオン越冬隊、2023年の世界アホウドリの日を記念して、島に「ネズミのいないマリオンプロジェクト」のバナーを設置

6月 19th, 2023|0 Comments

上の写真:雪の積もったJunior's Kopを背に、世界アホウドリデーのバナーを掲げるマリオンチーム:Michelle Risi氏(左から4番目、立位)より撮影 南アフリカの亜南極マリオン島にいる2023/24越冬隊(M80)は、先週、マウスフリーマリオン ( Mouse-Free Marion ) とポーズをとりました。 MFM のバナーを掲げてポーズをとりました。 世界アホウドリの日 を本日行いました。 を含む19人のチーム全員が集まって写真を撮りました。 カミラ・スマイス (MFMプロジェクトのリサーチアシスタントであり、長年プロジェクトを支えてきたカミラ・スミス(写真右から3番目)、 ミシェル・リジ バナーのデザインと製作を担当したミシェル・リジさん。 アホウドリとウミツバメの保護に関する協定( ACAP は、アホウドリとウミツバメの個体数に対する脅威を緩和するための国際的な活動を調整し、アホウドリとウミツバメの保全に努めています。 2019年、ACAPの諮問委員会は、31のリストアップされた種が引き続き保全の危機に直面しており、漁業操業やその他の脅威によって毎年何千ものアホウドリ、ウミネコ、ミサゴが死んでいると宣言しました。 この危機に対する認識を高めるため、ACAPは2020年に「世界アホウドリの日」を制定し、2001年の協定締結日である6月19日に開催することを決定しました。 世界アホウドリの日」の第1回目のテーマは、" 島の害虫を駆除する "、そして" アホウドリにやさしい漁業の実現に向けて 「2021年)、そして" 気候変動 「を2022年に発表します。 第4回「世界アホウドリの日」を記念して 世界アホウドリの日 を記念して、採択されたテーマは" プラスチック汚染 ". [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトが世界海洋デーに一般公開し、学校学習者に教育する

6月 13th, 2023|0 Comments

写真上世界海洋デーにケープタウン港のイーストピアで展示されたマウスフリーマリオンプロジェクトのディスプレイとプロジェクトマネージャー補佐のSue Tonin博士、ニュース特派員のJohn Cooper、コミュニケーション担当兼プロジェクトアシスタントのRobyn Adams、写真:Anche Louw 林業・漁業・環境省(Department of Forestry, Fisheries and Environment) ( 林業・漁業・環境省( DFFE ) は、国連が主催する「世界海洋デー」の祝賀および啓発活動の一環として、2023年6月8日から11日まで、オープンデーを開催しました。 ワールドオーシャンズデー を8日に開催しました。 南アフリカ共和国の近代的な南極観測・補給船「S.A.アグリアスII号」の船上で、ケープタウン港で行われました。 S.A. Agulhas II (イーストピアに係留)と隣接するDFFEカーゴパッキングストアで行われました。 の他の関係者とともに 南アフリカ国立南極計画 を設立しました。 マウスフリーマリオン(MFM)プロジェクトが が店内に展示され、プロジェクトチームのメンバーが来店者と交流しました。 4日間にわたるイベントの初日には、林業・漁業・環境大臣が訪問されました、 バーバラ・クリーシー氏 . 展示物の中から数百人の学校学習者と交流した後、船橋で「国家として、私たちは海を守る責任があります。私たちは、海と海洋生物の長期的な持続性を確保するために、国内外のパートナーと協力することを約束します」と挨拶しました。 S.A. Agulhas [...]

マリオン島は温暖化し、効果的なバイオセキュリティの必要性が高まっている

6月 7th, 2023|0 Comments

上の写真:2015年、マリオン島のハツカネズミ、写真:Ben Dilley ウェルナー・ネル教授(地理・環境科学科, University of Fort Hare, Alice, South Africa)らのマリオン島研究者が、学術誌にショートノートを発表しました。 南極科学 21世紀における亜南極地域の温暖化率について、温暖化の進展に対する景観や生態系の反応をまとめたものです。 彼らは、亜南極地域の「核」を構成する島々は、サウスジョージア島、マリオン島、プリンスエドワード島、クロゼット島とケルゲレン島の群島、ハード島とマクドナルド島、マッコーリー島だと考えています。 ショートノートには、マッコーリー島、ケルゲレン島、マリオン島が20世紀半ばから0.8℃から1.7℃温暖化したと書かれています。 1950年から2021年のマリオン島の年間平均気温は5.4℃、2001年から2021年は6℃でした。 2050年のマリオンの年間平均気温は6.7-7.2℃と予測されています。 著者らは次のように結論付けている:「マリオン島に生息するマウスの生態系構造・機能への影響や海鳥の捕食に見られるように、侵略的な脊椎動物は亜南極諸島の生態系に大きなリスクをもたらす。気候がますます温暖化する中、侵略的な種が亜南極の島々の生態系にもたらすリスクは、ますます強まると予測されている。亜南極諸島のバイオセキュリティ対策を効果的に実施することは、ますます重要になってきています。" 参考 ネル、W.、ヘディング、D.W.、ルドルフ、E.M. 2023. 21世紀に入り、亜南極の島々はますます温暖化している。南極科学35:124-126.   ジョン・クーパー(マウスフリーマリオンプロジェクト ニュース特派員) 2023年06月06日 *********************************************************************************** マリオン島で撮影されたグレイヘッド・アルバトロスのポートレート、写真:John Dickens、ポスターデザイン:Michelle Risi Mouse-Free Marion Projectは、南洋に浮かぶマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なネズミを根絶するために設立された南アフリカの登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 によって開始されたプロジェクトです。 [...]

バーバラ・クリーシー林業・水産・林業・環境大臣、予算演説でマウスフリーマリオンプロジェクトへの政府支援を確認

5月 30th, 2023|0 Comments

写真上林業・漁業・環境大臣 バーバラ・クリーシー氏 5月19日、南アフリカ共和国国会で行われたバーバラ・クリーシー林業・漁業・環境大臣による省庁予算採決で、マウスフリーマリオン(MFM)プロジェクトが重要な後押しを受けました。 彼女のスピーチの中で スピーチ MFMプロジェクトを特別に紹介し、次のように述べました: バードライフ・サウス・アフリカとのパートナーシップによる「マウス・フリー・マリオン・プロジェクト」は、マリオン島から侵略的なハツカネズミを根絶し、特別自然保護区とラムサール条約登録湿地である国際重要湿地を回復することを目的としています。バードライフ南アフリカが、関心を持つさまざまな国際的ドナーから残りの資金を調達できれば、この野心的なプロジェクトは2025年に完了する予定です。" プロジェクトのターゲット:マリオン島のアゾレラクッションの上を小走りに移動するハツカネズミ、昼間は珍しい光景だ 写真:Peter Ryan バードライフ・サウスアフリカのCEOである マーク・D・アンダーソン を議長とする MFMプロジェクトマネジメント委員会 南アフリカ政府の支援はプロジェクトの成功に不可欠です:「プロジェクトの成功には、南アフリカ政府の支援が不可欠であり、大臣が2023/2024年の国家予算案に言及したことは、非常に大きな意味があります。南アフリカ政府の支援はプロジェクトの成功に絶対不可欠であり、大臣が2023年/2024年の国家予算案に言及したことは、非常に大きな意味を持ちます。"これは、プロジェクトの委員を務める大臣室のスタッフから受けている積極的な支援に追加されます。 MFMプロジェクトマネージャー、 アントン・ウォルファールト博士国会での大臣の支持を受け、「国会で南アフリカ政府に対して公言したことは、マリオン島のネズミの絶滅を見届けるために、必要な資金の調達を含め、プロジェクトチーム全体をさらに活性化させるでしょう」と述べています。 手前に見えるのは、今年末にマリオン島から撤去されることが決まっている旧調査局の散乱した建物です。 2010年から入居している新駅のオレンジ色のクラスターが背後にある;写真:Peter Ryan さらに、大臣は挨拶の中で、「元々あった、現在は放棄されている上記の気象研究所の撤去の第一段階は、本年10月に開始される」と述べました。 トランスバールベイの上空にある2010年以降誰も住んでいない廃墟の撤去は、2025年のベイト剤散布作戦の重要な前兆であると認識されています。なぜなら、殺鼠剤ベイト剤の空中散布から保護されたネズミが生息し続けている恐れがあるからです。 キース・スプリンガー MFMのオペレーション・マネージャーであるキース・スプリンガーは、「これは本当に良いニュースだ」と述べています。空中給餌を開始する前に旧局を撤去することで、私たちの計画で遭遇した重大なリスクを取り除くことができ、老朽化が進む建物の隅々まで手作業で給餌する必要がなくなるのです。 ジョン・クーパー(マウスフリーマリオンプロジェクト ニュース特派員) 2023年5月30日号 *********************************************************************************** マリオン島で、羽化したヒナの隣に座るワンダリングアルバトロス。 写真:Sean [...]

マウスフリーマリオンプロジェクト、島への調査訪問を成功裏に終える

5月 23rd, 2023|0 Comments

上の写真:左からアントン・ウォルファールト、カミラ・スマイス、エルザ・ファン・ヒンケル、マリオン島のシップズ・コーブ付近で撮影。 2023年5月18日、南アフリカの南極観測・補給船「S.A.アグルハスII」が、毎年恒例のマリオン島への救援航海を終えてケープタウンに帰港しました(こちら)。 マウスフリーマリオン(Mouse-Free Marion) エムエフエム )プロジェクトマネージャー アントン・ウォルファールト博士 およびMFMプロジェクト・リサーチ・アシスタント エルザ・ファン・ヒンケル は、島から帰る乗客の一人でした。 第79次マリオン島越冬隊の一員として、エルザは昨年1年間、島でMFMプロジェクトの準備のためのフィールド調査を行ってきました。 この活動には、一連の餌の試験、天候のモニタリング、植物や無脊椎動物のベースラインデータの収集などが含まれますが、このうち最後の試験は、ミッシェル・グリーブ教授との共同作業で行われました。 ミッシェル・グレーブ准教授 ミシェル・グレーブ准教授(プレトリア大学植物・土壌科学科)との共同研究です。 ベースライン(駆除前)のデータ収集は、ネズミ駆除の生態学的成果を評価することを目的とした長期モニタリングプログラムの重要な構成要素となっています。 MFMのリサーチアシスタント、Camilla SmythとElsa van Ginkelが種子のカウントを行う(種子は侵入したハツカネズミの重要な餌)写真:Anton Wolfaardt氏 年に一度の救済航海は、前年の成果を振り返り、エルザの後継者にトレーニングやオリエンテーションを行う貴重な機会となっています、 カミラ・スマイス (第80代マリオン島越冬隊)に研修とオリエンテーションを行い、MFMプロジェクトの来年の調査・モニタリング計画を最終的に決定しました。 トレーニングやオリエンテーションの一環として、アントン、エルザ、カミラの3人は「島一周」ツアーを行い、途中、海岸の野宿で一泊しました。 長期モニタリングプログラムの一環として、多くの植生プロットを訪問して調査し、さらにいくつかのベイトトライアルトランセクトを設定しました。 2023年5月18日、第79次越冬隊を乗せてマリオン島からケープタウン港に到着したS.A.アグルハスII号 、写真は南アフリカ極地研究インフラより 島北部のLou-se-Kop、西部のSwartkop Point、南部のGrey-headed Albatross Ridgeにリモートトレイルカメラを再展開し、冬季の雲底と視界をタイムラプス撮影によりモニタリングしました。 [...]

光学機器販売会社Andrew Whysallは、マウスフリーマリオンプロジェクトを支援し、50ヘクタールを後援しています。

5月 16th, 2023|0 Comments

上の写真電話を受けるWhylo Distributorsのマネージングディレクター、Andrew Whysall。 Andrew Whysallは、Whylo Distributorsのマネージング・ディレクターです。 Whyloディストリビューター ダーバンを拠点とする南アフリカの企業で、高品質の光学機器とアクセサリーを専門に扱っています。特に(鳥類を研究・観察する人にとって)重要なのは スワロフスキー社製双眼鏡Optik . . Whyloはスワロフスキー・オプティックを通じて、バードライフ・サウスアフリカの活動を10年以上にわたって支援しており、特に次のような活動を行っています。 コミュニティ・バード・ガイド・プロジェクト . アンドリューはMFM Newsに、自分が販売する製品に情熱を持っていると書いています。 すでに聞いたことがある マウスフリーマリオンプロジェクトを バードライフ・サウス・アフリカから聞いていた彼は、昨年開催された マリオンへの群れ2022 の航海に参加し、「素晴らしい旅だった」「次のFlock at Seaが待ち遠しい」と語っています。   アンドリューは、マリオン島で計画されている侵略的なハツカネズミの駆除を「とても良い目的」とし、「将来の世代が私たちのように楽しめるように、種を守ることが重要です」と述べています。 アンドリューは、マリオンハツカネズミの駆除のために50ヘクタールもの広大な敷地をスポンサーとして提供することで、口先だけでなくお金も出しているのです。 読むことができます。 詳しくは Andrewについては、彼の会社のウェブサイトをご覧ください。 マウスフリーマリオンプロジェクト ニュース特派員 ジョン・クーパーさん 16 2023年5月 ****************************************************************************** [...]

マリオンの悩めるワンダラーズと過ごす一日

5月 9th, 2023|0 Comments

上の写真:マリオン島のゴニープレーン長期監視コロニーで羽化したヒナを育てるワンダリングアルバトロス; 写真:Michelle Risi 1980年代初頭、私は同僚の協力を得て、マリオン島の東海岸にワンダリング・アホウドリDiomedea exulansの長期モニタリングコロニーを3つ設置しました(写真)。 ここをクリック ). 3つのエリアは、ゴニープレーン、シーラーズビーチ、マカロニベイという地元の地形にちなんだ名前が付けられています。 以来、毎年、研究チームが通年でコロニーを訪れ、繁殖データを収集しています。 夏場は週1回、冬場は月1回程度、繁殖期が始まったら巣を張り、GPSで記録する。 出席した成鳥は、金属バンドとカラーバンドの有無を確認します(無印の鳥はバンドを付けます)。 卵の存在を記録し、孵化したヒナを記録し、失敗または羽化するまで追跡調査することで、繁殖の成功率を算出することができます。 大きなヒナは島を離れる前にメタルバンドを装着し、年齢のわかる鳥の個体群を確立しています。 近年、このような定期的なチェックにより、持ち込まれたハツカネズミがワンダラーのヒナを襲う心配があることがわかり、「ネズミのいないマリオンプロジェクト」のきっかけになりました。 ゴニー平野で張り巡らされた巣を確認するルーシー・スマイス、写真:Michelle Risi MFMニュース は最近、2023/24の「バーダー」の一人である経験豊富な人が撮影した写真一式を受け取りました。 ミシェル・リジ気象観測所の北に位置するゴニープレーンとシーラーズビーチの2つのコロニーで、ワンダラーの巣を確認するために、2022/23のバーダー、ルーシー・スマイスと日帰り旅行に出かけたのです。 ミッシェルは先月、毎年恒例の救援航海で13ヶ月間島に滞在し、今月末には1年間の滞在を終えたルーシーがケープタウンに戻ることになっています。 3週間の休養期間中に協力し合うことで、越冬中のチームメンバーから次のチームメンバーへと研究プロトコルが忠実に引き継がれ、数十年にわたるデータセットに誤りが生じないようにします。 先日のチェックでは、ゴニープレーンで107羽、シーラーズビーチのコロニーで88羽のヒナが確認されました。 ミシェル・リジの写真は、天気の良い日の島の壮大さと、世界最大の飛行鳥の1つである鳥の象徴的な性質を教えてくれるでしょう。 また、「ネズミのいないマリオンプロジェクト」のチームが、なぜ島とその雄大なアホウドリの保護に貢献しようとするのか、その理由も説明できるはずです。 ゴニープレインの114番の巣にいるこのヒナは、飼育するには少し大きくなりすぎていて、まもなく放置されることになる;写真:Michelle Risi   4月頃になると、ヒナは自分で体温調節ができるようになるため、巣の横に座っている親に守られ、継続的に育雛されることはない。 [...]

家族で守る:エリザベス・モスが56ヘクタールを支援、「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」にかける思いを語る

5月 2nd, 2023|0 Comments

写真上エリザベス・モス マウス・フリー・マリオン・プロジェクトは、島のアホウドリを殺すハツカネズミを根絶するために必要な資金を調達する方法のひとつです。 ヘクタール・イニシアチブを支援する . 現在までに1824件の協賛があり、600万ランド(約1億円)の寄付をいただいています。 50ヘクタール以上を支援しているのはわずか15人で、そのうちの一人が、南アフリカ共和国西ケープ州の海岸沿いの村ルイールスに住むエリザベス・モスです。 MFMニュースでは、エリザベートにインタビューを行い、56ヘクタールを支援した動機について伺いました。 彼女は返信で書いている: 「1965年、ケープタウンのグルートシューア病院で看護師と助産師の資格を取得しました。 1980年に結婚し、夫と一緒にサマセット・ウェスト/ステレンボッシュ地区でワイン用のブドウを栽培する農業を始めました。 1998年に農場を売却してからは、南アフリカや近隣諸国、海外を旅してキャンプを楽しみました。 私はアマチュアですが、熱心なバードウォッチャーであり写真家です。 "マウスフリーマリオンプロジェクト "のことは、ネットで初めて知りました。 その後、私は、その マリオン2022に群がる は、25年以上ルイールスで暮らし、鳥について書き続けているバードライフ・サウスアフリカのメンバーの勧めで、直前の予約で実現しました。 船上では、ほとんどすべての講演に参加しました。さまざまなプレゼンテーションを聞き、船のすぐそばを飛ぶ素晴らしい鳥を直接見た後、マリオン島の羽毛人口と南洋の素晴らしい鳥の保護に少しでも役立てないわけにはいきません。" 2018年、エリザベス・モス(中央)とルーシー・スマイス(左)、カミラ・スマイス(右)。 エリザベスは、MFMプロジェクトに寄付することになったのにはいくつかの理由があると説明します。 "まず、ネズミのいない島にするための方法論を、ニュージーランドの鳥類研究家である家族から聞いていた。" 彼女は続けて、亡き夫バジル・モスの孫娘の一人が、現在2022/23年第79次越冬隊の鳥類学フィールドアシスタントとしてマリオン島で働くルーシー・スマイスであり、その仕事は マエル・コーナン博士 ネルソン・マンデラ大学海洋類縁捕食者研究ユニットの 彼女はMFM ニュースに、この12ヶ月間、ルーシーのイラスト入りブログを見続け、素晴らしい冒険として書籍化されることを望んでいると語っています。 ルーシーは今月末にケープタウンに戻りますが、先月、マリオンのMFMプロジェクト80次越冬チームの2023/24年度フィールドアシスタントとして恒例の救援航海で島に渡った妹のカミラ・スミスと再会するまではいきません ( ここをクリック ). エリザベス・モスの滞在については、彼女の姉が自分の島の年のためにしてくれたように、きっとよく知らせてくれることでしょう。 まさに家族ぐるみでお付き合いしています! ジョン・クーパー(マウスフリーマリオンプロジェクト [...]

マウス・フリー・マリオン・プロジェクトの新任開発担当者、Tarryn Havemannを紹介します。

4月 25th, 2023|0 Comments

上の写真東ケープ州ビルハビーチにて、Tarryn Havemann、写真:Carl Havemann 3月初旬、Tarryn Havemann(旧姓Retief)がMouse-Free Marion Project Teamの開発担当として加わりました。 Tarrynは南アフリカ人で、東ケープ州の沿岸都市Gqeberha(旧ポートエリザベス)に在住している。 その役割は、プロジェクトの資金調達要素を積極的にサポートすることに加え、管理、財務、ロジスティック、マネジメントの面でもサポートすることです。 重要なのは、顧客関係管理(CRM)データベースの管理、プロジェクトの寄付者やスポンサーとのコミュニケーションの維持、MFMのウェブサイトやソーシャルメディアなどを通じて、彼らの大切な貢献が認められるよう、主導的な役割を果たすことである。 Tarrynは、2005年から2014年にかけて取得したプレトリア大学のBSc、BSc Hons、MScの学位を持っています。 修士課程では、ホッテントット・ゴールデンモールの性選択と生殖器のアロメトリーについて研究した後、ボツワナのアリの多様性に多年生地表水への距離が与える影響について研究しました。 卒論やその他の研究から、10本の科学論文を共著で発表している。 修士課程を修了したタリンは、2014年から2021年まで、コンサベーションコーディネーターとして ノースアイランド をセイシェルで行いました。 陸上、海上、持続可能なプロジェクトの開発・管理、島のバイオセキュリティプロトコルの導入などを担当しました。 タリンはMFM Newsに、MFMプロジェクトへの貢献、その重要性の認識、そしてMFMプロジェクトへの期待について書いています。 "保全 "の分野に足を踏み入れる人は皆、ある種や地域の保全に具体的な影響を与えたいという希望を持っています。 マウスフリーマリオンプロジェクトが完成すれば、何千羽もの海鳥の繁殖地を守るだけでなく、最終的には島全体の生態系に影響を与えるという、はるかに大きな影響力を持つことになるのですが、その一員になれたことを光栄に思っています。 「プレトリア大学で動物学を専攻していた私の教育の大部分は、一部の幸運な学生が働くことができた人里離れた雄大な島、マリオン島についての言及に彩られていました。その後、ボツワナに渡り、セイシェルの小さな島で仕事をしました。しかし、行く先々でマリオンに直接、間接的に関わったことのある人たちに出会いました。初めてこの島のことを聞いてから約20年、今、私は、この堂々たる島で(遠くからではあるが)プロジェクトに携わることができる幸運な数人の一人に数えられる。"亜南極の真の宝石 "である。 MFMプロジェクトは、Tarrynを仲間に迎え、導入されたハツカネズミのいないマリオン島を目指し、かつての原始的な状態を取り戻すために、Tarrynと一緒に働くことを期待しています。   Tarryn Havemannの主な出版物 フェアール,C.J.,ウォーターズ,J.,フェン,S.R.,ラロース,C.S.. レティーフ,T.Havemann, C., Ahlen, P.-A., [...]

Gauteng Trappersが105kmのサイクリングを行い、目標の3倍の15,000レアルを「ネズミのいないマリオン」プロジェクトチームに寄付しました。

4月 20th, 2023|0 Comments

上の写真チーム・ゴーテン・トラッパーズ マウスフリーマリオンのバナーを持って、自転車レース前にポーズを決める。 左から:Arend de Beer、Leandri de Kock、Jurgens Wicks、Jeandre Rademeyer、写真:Jurgens Wicks MFMニュース チーム・ゴーテング・トラッパーズは、南アフリカのゴーテン州で開催される105kmのサイクリングレースに参加し、完走することで「マウスフリー・マリオン・プロジェクト」に5000レアルを寄付するという計画で、以前にも記事にしました(こちら)。 4人の勇敢なチームメンバーは全員無事にレースを完走し、目標の3倍にあたる15 250レアル(15ヘクタールのスポンサーに相当)を集め、マリオン島から侵入したハツカネズミを駆除するための費用として寄付したことを知りました。 今回の募金は、28件もの寄付が集まりました。 ジブンゲイン 非営利の財団です。 レース後、チームは完走メダルを誇らしげに掲げる。 左から:ユルゲンス・ウィックス、アレント・デ・ビア、レアンドリ・デ・コック、イェンドレ・ラデマイヤー、写真:ナルド・ファンデルメルヴェ マリオン島で1年間を過ごしたチームメンバーのレアンドリ・デ・コックさんが、チームを代表して自転車レース後にMFM Newsに熱烈なメッセージを寄せています: "Team Gauteng Trappers "は、ハウテン州で海鳥の意識を高めるためにサイクリングを行いました! 105kmを完走しました。 GROOTfm 90.5 4月2日に開催される自転車レース「Groot Trap 2023」。 ハウテン州は涼しく、サイクリングには最適な一日でした。 コースはなだらかな丘が多く、長い平坦な区間もあり、いくつかの強烈な上り坂もありました。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトは今月、2023年マリオン島への救援航海に参加しています

4月 18th, 2023|0 Comments

上の写真: マリオン島へ向かうS.A. Agulhas II号に乗るカミラ・スマイスとアントン・ウォファールト 、写真:Maëlle Connan マウスフリーマリオンなどの撲滅プログラム( へんけいしゅうはすうせいぎょ )環境と生物多様性に害を与える種を除去し、在来種の個体数と生態系を回復させることを目的としたプロジェクトです。 これらの業務の成果をモニターし、十分に理解することが重要である。 私たちは 既報 ハツカネズミが生息するマリオン島の生態系の状態を把握し、今後の調査で駆除の成果を評価するため、駆除前(ベースライン)のデータを収集する作業がMFMニュースにて発表されました。 MFMプロジェクトが協力しているのは アソシエイト ミシェル・グレーブ教授 プレトリア大学植物・土壌科学部、林業・漁業・環境省(DFFE)と共同で、マリオン島の生態系の重要な構成要素である植物と無脊椎動物が、移入されたネズミによって悪影響を受けることを防ぐために、この目標を達成しました。 植物と無脊椎動物のモニタリングは、全体的な縦断的モニタリングプログラムの構成要素を形成しています。 によるマリオン島でのアホウドリ、ウミツバメ、鳥類スカベンジャーの継続的な調査・モニタリング。 マエル・コーナン博士 (ネルソン・マンデラ大学海洋類縁捕食者研究ユニット)、 ピーター・ライアン名誉教授 (ケープタウン大学フィッツパトリック研究所)と アズウィアネウィ・マカド博士 (DFFE)も、MFMプロジェクトの縦断的モニタリング戦略の重要な構成要素となっています。 で先週ケープタウンを出港したマリオン島への恒例の救援航海は、今年も行われました。 S.A.アグルハス2世 は、この仕事を進展させる機会を提供します。 カミラ・スマイスは、第80次マリオン島越冬隊の一員として13カ月間、島で過ごし、次のような研究を続けます。 エルザ・ヴァン・ヒンケル、ヴワヴェロ・シンバ を2022/23に発表しました。 カミラとともに、MFMプロジェクトマネージャー アントン・ウォルファールト博士 も救援航海に参加し、オリエンテーション、トレーニング、縦断的モニタリングプログラムおよびプロジェクト計画の様々な側面を進めています。 出航を目前に控えたMFM [...]

マウスフリーマリオンのアシスタントプロジェクトマネージャー、スー・トーニンが今月からチームに加わりました

4月 14th, 2023|0 Comments

上の写真スー・トニン博士、写真:アントニオ・トニン 今月は「マウスフリーマリオン」( へんけいしゅうはすうせいぎょ )プロジェクトは、Sue Tonin(旧姓Jackson)博士をアシスタントプロジェクトマネージャーに任命しました。 スーの役割は、サポートすることです。 アントン・ウォルファールト博士 MFMプロジェクトマネージャー、プロジェクトチーム、マネジメント委員会の一員として、プロジェクトの企画業務に関連するさまざまな活動を展開し、実施する。 プロジェクトの調査・モニタリング活動の統括、規制申請書の作成、資金調達活動の支援、根絶計画の構成要素の作成への貢献、採用・研修の支援など、その範囲は多岐にわたります。 1980年代にマリオン島とゴフ島で海鳥の消化生理に関する博士課程研究を行ったスー・トーニンは、亜南極の島々をよく知る人物である。 その後、南アフリカ国立南極計画(South African National Antarctic Programme)の中で、女性として初めて博士号を取得し、性別に関係なくパイオニアとして活躍しました。エスエヌエーピー)の時代、女性は年に一度の救済の間、マリオン島に滞在することが制限され、越冬することは許されなかったが、その制限はありがたいことに今はないのだ。 1996年から2002年までプリンスエドワード諸島管理委員会の委員を務め、その後、同委員会の観光小委員会の委員長を務め、マリオン島の観光に関する環境影響評価を共著で作成した。 1985年、マリオン島のジュニアズコップ山頂でトニー・マキューアンとピーター・ブリッツに挟まれるスー・トーニン(当時ジャクソン)=写真:Llewellyn Parker スーさんがMFMニュースに寄稿:「私の役割は、マネジメントの中核を担う他のメンバーをサポートすることだと考えています。現在のチームは、マウス根絶を成功させた世界トップクラスの専門知識と経験を結集しています。しかし、プロジェクトの計画や調整、予期せぬ課題への対処、認可や資金の獲得、さまざまな機器の調達、時間的制約の中での人間関係の管理など、さまざまな困難な仕事に直面しています。研究主導の意思決定、根絶後と根絶前のモニタリングが、管理チームの必要な仕事の一部として基本的に重要であることに留意しています」。 マリオンのように大きく離れた島でネズミを根絶することは非常に困難ですが、MFMプロジェクトは大きな希望を与えてくれます。マリオンのような大きな島でネズミを根絶することは困難ですが、MFMプロジェクトは大きな希望を与えてくれます。それは、達成可能な一つのゴールを持つ、インパクトのある保全活動です。私は長い間、このプロジェクトを非常に誇りに思っており、チームに参加できることを光栄に思っています。 個人的なことですが、スー・トーニンがプロジェクトチームに加わることを大いに歓迎します。 1980年代に何度か行われたリリーフの際に、マリオンとゴウで一緒に海鳥の研究を行ったが、長い年月を経て再び同僚になれるのは本当に嬉しいことである。   スー・トニンの主な著書 Heydenrych, R. & Jackson, S. 2000. マリオン島における観光の環境影響評価 . プレトリア:南アフリカ環境問題観光省。 [...]

ジョージ&キャシー・レデック夫妻が200ヘクタールのスポンサーとなり、ワンダリングアルバトロスクラブに参加

4月 4th, 2023|0 Comments

上の写真メキシコ北部チワワの山中にあるジョージ・レデックとキャシー・レデック夫妻 ワンダリング・アホウドリ・クラブ」は、「Sponsor a Hectare」イニシアティブの中で最も高いカテゴリーとして認定されているものです。 マウスフリーマリオンプロジェクト . このクラブに参加するには、個人、カップル、グループが、3万ヘクタールのマリオン島のうち少なくとも100ヘクタールを、1ヘクタールあたり1000レアル(現在55米ドル相当)でスポンサーになる必要があります。 これまでのところ、スポンサーは8社にとどまっています。 ジョージ・レデック、キャシー・レデック夫妻は、昨年、このカテゴリーに登録されるための最低額の2倍にあたる200ヘクタールのスポンサーとなり、名誉あるクラブの仲間入りを果たしました。 当時は最大規模のスポンサーでしたが、最近になって、3番目の100haのスポンサーが現れました。 ジョン・ブラッドショー、アリソン・ブラッドショー を設立し、現在では合計300ヘクタールのスポンサーになっています。 Ledec夫妻の寛大なスポンサーシップは、彼らの参加に続くものです。 マリオン2022に群がる の航海で、MFMプロジェクトのために300万ランドを超える寄付を集めました。 マリオン島で羽化したヒナを守るワンダリングアルバトロスの雄;写真:Sean Evans、ポスターデザイン:Michelle Risi ジョージ・レデック博士は、主に世界銀行で生物多様性の保全に従事し、2020年にリードエコロジストとして退任した後、専門家としてキャリアを積んできた。 現在も、保護地域管理、生物多様性に配慮したインフラプロジェクトなど、自然保護に関するアドバイスを行っている。 著書に『Greening the Wind』『Good Dams and Bad Dams』『 Biodiversity Conservation in Road Projects』『The World [...]

エディンバラ公爵殿下が「マウスフリーマリオンプロジェクト」のロイヤルパトロンに就任

3月 27th, 2023|0 Comments

写真上:2023年3月20日、ロンドンの南アフリカハウスで行われたレセプションで、エジンバラ公爵殿下を囲むマーク・D・アンダーソン(バードライフ・サウスアフリカCEO、左)とキース・スプリンガー(マウスフリーマリオンプロジェクト運営マネージャー、右)。 マウスフリーのマリオン( へんけいしゅうはすうせいぎょ )プロジェクトは、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国への南アフリカ高等弁務官とともに、レセプションで初の国際イベントを開催しました、 ジェレマイア・ニャマネ・ママボロ閣下、 を2023年3月20日にロンドンの南アフリカ・ハウスで行う。 80名の招待客が参加したレセプションにて、 マーク・D・アンダーソン のCEOであります。 バードライフ・サウスアフリカ を発表し、MFMプロジェクトマネジメント委員会の委員長を務めています。 エジンバラ公爵殿下 その際、同席していた "Royal Patron "である "R.I.S. "氏のご厚意で、本プロジェクトのロイヤル・パトロンに就任することが決まりました。 公爵はイギリス国王チャールズ3世の弟である。 マリオン島とプリンス・エドワード島を合わせてプリンス・エドワード諸島を構成していることをマークは指摘した。 また、公爵が自然環境を愛し、海鳥をはじめとする生物多様性の保全に尽力していることにも言及しました。 1776年、英国人探検家ジェームズ・クック船長によって、彼の6代目の祖先であり、名前の由来でもあるエドワード公爵(ケント・ストラザーン公、ヴィクトリア女王の父)の名前が付けられた島々でMFMプロジェクトを支援することは、最もふさわしいことだと思います」。 公爵(右)からフレデリック・ポールセン・ジュニア博士に「ワンダリング・アホウドリ」の彫刻が贈られる。 マリオン島は、この象徴的な種の世界的な繁殖個体数の4分の1以上を支えています。 公爵は、飛行中のワンダリングアルバトロスの彫刻を贈呈し フレデリック・ポールセンJr.博士 MFMプロジェクトの最も重要な後援者の一人であり、MFMプロジェクトのディレクターである。 MFM NPCボード と、プロジェクトへの惜しみない支援に感謝の意を表しました。 による高さ0.8mのブロンズ彫刻です。 ロビー・レガート は、特にMFMプロジェクトに依頼されたものです。 [...]

成功例:フォークランド諸島の65の島々から侵略的なネズミが駆除された

3月 21st, 2023|0 Comments

写真上フォークランド諸島でノルウェーネズミを駆除した島々 この投稿では、サリー・ポンセが引き続き、"Moncler "を紹介します。 シリーズ フォークランド諸島でネズミの駆除に成功した多くの島々を紹介しながら、世界中の海鳥の島における過去、現在、および計画中の移入哺乳類駆除プロジェクトについて説明します。 毛刈り小屋でくつろぐファーストパッセージの面々 ファーストパッセージアイランド : 後方左から右へ。Ali Marsh, Kevin Marsh, Aidan Smith, Tom Elsby, Diane Towersey; front:ケン・パスフィールド、サリー・ポンセ、リーヴ・ポンセ、写真:サリー・ポンセ 過去20年間で、フォークランド諸島の65の島からノルウェーラットRattus norvegicusの駆除に成功しました。 島の大きさは<1から2070 haまであり、復元された土地の総面積は現在6500 haに達しています。 さらに26の島もネズミを駆除したが、5年も経たないうちに再び侵入された。 ヘリコプターが使えないため、エサの散布は主にハンドブロードキャストで行われてきました。 2001年からは、ニュージーランドの専門家デレク・ブラウンの指導を受け、彼の知識と経験が多くのフォークランドネズミ駆除の礎となっています。 デレクの指導のもと、フォークランド諸島の事業者は、独自のプログラムを運営するために必要なスキルを身につけ、最終的には2070ヘクタールもの広大な敷地を確保しました。 ブレイカーアイランド 2019年にラット撲滅 2008年、220haのガバナーアイランドで殺鼠剤の餌を手で撒くDerek Brown氏、写真:Helen [...]

マリオン島と招かれざる客の災い

3月 14th, 2023|0 Comments

上の写真。マリオン島で求愛ダンスの真っ最中のワンダリングアルバトロスのペア、写真。トム・ペシャック   侵略的なネズミの害虫を駆除することで、南アフリカが生物多様性の損失を食い止め、生態系を回復させ、気候変動に直面する種の回復力を確保するという世界的な公約を継続することにどのように貢献するのか。 南アフリカの亜南極地域であるマリオン島で繁殖している海鳥の多くは、夏の始まりとともに孵化の時期を迎えます。 温暖な気候とはいえ、離島の子ガメは厳しい環境下に置かれることになります。 しかし、無防備なヒナの安全を妨げるのは、強風や寒さではなく、小さくても貪欲な捕食者であるハツカネズミです。 19世紀初頭に封鎖業者によって偶然マリオン島に持ち込まれた侵略的なハツカネズミは、マリオン島の生態系と生物多様性に壊滅的な影響を及ぼしています。 無脊椎動物の生息数を大幅に減らし、他の食料資源がないため、この小さな捕食者は生きた海鳥の雛を食い荒らすようになったのです。 外来種、特にネズミなどの哺乳類捕食者は、島嶼部における種の絶滅の主要な原因のひとつと考えられています。 地球上の島々で記録されている種の絶滅の86%は、外来種が原因となっています。 マリオン島では、繁殖海鳥28種のうち19種がネズミの影響を受けており、直接的にはネズミの捕食の結果、局所的な絶滅の危機にさらされています。 世界の4分の1を占めるワンダリング・アホウドリを含むこれらの種を保護するために、緊急の介入が必要であることは明らかです。 そうでなければ、マリオン島から永遠に失われてしまうかもしれません。 外洋性海鳥の脅威を緩和する保全対策は、国境を無視して広大な外洋を広く採餌するこの種の種が、さまざまな脅威にさらされるため、実行が困難である。 世界的に見ると、海鳥は気候変動、漁業との相互作用による海上での死亡、外来種の影響など、複合的な脅威にさらされています。 実際、海鳥は世界で最も絶滅の危機に瀕している鳥類群である。 マリオン島では、温暖で乾燥した気候により、ネズミの繁殖期が長くなったため、気候変動によってネズミの密度が増加しています。 マリオン島ではネズミの個体数の増加により、海鳥や無脊椎動物の捕食が増加しています。 これらの脅威は単独では、種の存続に関わる深刻なリスクとなります。 しかし、こうした脅威が積み重なると、海鳥が直面するリスクははるかに大きくなります。 これらの複合的な脅威を一つでも取り除くか軽減することで、海鳥の生存に影響を与える気候変動やその他の脅威に直面しても、海鳥はより強くなる。 島から外来種を取り除くことは、完全に対処することができる最も扱いやすい脅威です。 保全の観点からは、非常に有効な介入といえます。 侵略的な捕食者がいなくなれば、その脅威はなくなり、影響を受けた種は回復のプロセスを開始することができます。 世界中の島々で行われた数百の駆除作業では、外来種を駆除した後、在来の海鳥やその他の生物多様性が驚くほど回復していることが示されています。 マウスフリーマリオンプロジェクトは、ネズミがもたらす悪影響を逆手に取り、時計の針を戻す機会を提供します。 この世界的に重要な島では、多くの絶滅危惧種が危機に瀕しており、南アフリカの亜南極領土を保護することが保全の優先課題であることは明らかです。   写真上マリオン島でネズミを駆除することで、グレーヘッド・アルバトロスのコロニーの未来を、左の画像から健康で弾力的なものに変えることができるのです。 写真;Ben Dilley(左)、Michelle Risi(右)。 世界の国々は、生物多様性の損失を止め、生態系を回復させ、気候変動の影響を緩和することを約束しています。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクト、初のパトロン決定

3月 7th, 2023|0 Comments

上の写真。2023年2月、南極半島を航海するエイペックス・エクスペディションズを率いるピーター・ハリソンは、バードライフ・サウスアフリカのビーニーを誇らしげに被っている=写真:Shirley Metz のことです。 マウスフリーマリオンプロジェクト は、初のパトロンを発表します。 彼は ピーター・ハリソン MBE 海鳥識別ガイドの著者でありイラストレーターでもある。 ピーターさんは、世界の海鳥を観察し、写真に撮り、絵を描き、文章を書くことに生涯を捧げています。 彼の最初の著書は、絶賛された「Seabirds」です。1983年に出版された『Seabirds:An Identification Guide』は、ハンドブックであると同時にフィールドガイドでもあり、海鳥の識別のバイブルとして長く知られている。 現在は最新作の『海鳥』に取って代わられている。2021年に出版された『 The New Identification Guide』です。 本書は600ページ、239枚のフルカラー図版で構成され、3800点以上の図版に加え、本文、地図、識別キーで世界の海鳥435種を解説しています。 ピーター・ハリソンの新しい海鳥図鑑 1994年、自然史の研究と世界的な保護活動への貢献が認められ、ピーターは女王の栄誉リストにおいて大英帝国勲章(MBE)を授与されました。 また、2012年には英国王立鳥類保護協会のコンサベーション・ゴールドメダルも受賞しています。 イギリス生まれで、現在はアメリカ西海岸を中心に活動しているピーターさんは、バードライフ南アフリカの マリオン2022に群がる は、2022年1月にMSCオーケストラで航海し、1500人のバードウォッチャーに海鳥の専門ガイドの一人として、また講師として高い評価を受けています。 ピーターさんは、島の近くを航行しているときに船から見たたくさんのアホウドリが、これまでで最高の海鳥ウォッチングになったと語っています。 世界的な旅行会社「エイペックス・エクスペディションズ」の共同設立者として、ピーターは北極から南極まで世界各地で探検を続け、海鳥への情熱を伝え、海鳥の保護を提唱しています。 ピーターさんは、「1983年にマリオンとプリンスエドワード諸島をゲストとして訪問する機会に恵まれました。 南アフリカ国立南極計画 とケープタウン大学の フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所 . それから約40年、最初のパトロンとして、私たちの保護とスチュワードシップを切実に必要としているアホウドリとウミツバメの保護に役立つ「ネズミのいないマリオンプロジェクト」に支援を提供できることを嬉しく思っています。 [...]

ハワダックスに不協和音を返す

2月 28th, 2023|0 Comments

写真上上空から見たハワダックス島(写真:Graeme Gale を継続する。 シリーズ 世界中の海鳥の島で過去、現在、計画中の外来哺乳類の駆除プロジェクトについて アドバンスト・コンサベーション・ストラテジーズ社 グレッグ・ハワード氏 米国に本拠を置く国際的な非営利団体の元グローバル・アフェアーズ・ディレクター。 島の保全 は、現在では名称が変更されたこの地域から、持ち込まれたネズミを駆除する活動に携わり、成功を収めたことを記しています。 ハワダックス島 (アラスカのアリューシャン列島にある「ラットアイランド」(旧名称)。 カナダ・ブリティッシュコロンビア州、グレッグ・ハワード、写真:Island Conservationより ザ アリューシャン列島 - 北太平洋とベーリング海にまたがり、北米とアジアを結ぶアリューシャン列島は、豊かで騒々しい野生動物の宝庫として知られています。 この列島の険しい崖に並ぶ20種以上の海鳥(ツノメドリ、ウミスズメ、ウミガラスなど)、固有亜種の陸鳥(アリューシャンオオウミスズメなど)、多数のヒヨドリ、そしてアジアの珍しい渡り鳥がこの島々を故郷としてきました。 海鳥だけでも4,000万羽が繁殖し、グアノが堆積して土壌を豊かにし、草を中心とした植物に栄養を供給していると言われている。 しかし、この列島に避難してきたのは、鳥たちだけではありません。 海岸はアシカやオットセイの鳴き声で波打ち、淡水ではサケが豊富に獲れる。 この豊かさと生物多様性を直接(間接的に)支えているのが、海岸を巡る冷たく生産性の高い海水です。 しかし、2670ヘクタールのネズミ島では、何かがおかしい。小さな島々が連なり、生態系が繁栄し、音や匂い、感触が絶え間なく流れているのに、ここでは...静かなのだ。 ほとんど生気がない。 1780年代に座礁した日本漁船からノルウェーネズミRattus norvegicusが持ち込まれたことから、ラットアイランドと呼ばれるようになった。 この島は、群島の中でユニークな位置を占めています。 島のアリュート族の村の遺跡から出土した考古学的証拠から、かつては多様な海鳥が生息していたが、ネズミの到来後すぐに激減したことがわかる。 アリューシャン列島の島々でも、同じようなことが起こっている。 ノルウェーネズミは海鳥の巣を略奪し、毎年必ず繁殖のために島を利用する大多数の鳥を排除してしまう。 世界的に見ると、外来種の交雑種ラットRattusspp. とハツカネズミは、世界の島の8割以上に持ち込まれ、島の生態系の劣化と生物多様性の喪失の主な原因となっています。 [...]

マリオン島の絶滅危惧種アホウドリを救うため、ハウテン州でサイクリングを実施

2月 21st, 2023|0 Comments

*** アピール8日目、すでに2985レアルが集まっています。 *** 上の写真マリオン島で翼を広げるワンダリングアルバトロス に続いて、このたびは クラウドファンディングの成功 先月、11歳のロマリオ・ヴァレンタイン君が、ネズミのいないマリオン・プロジェクトのために2万レアル(当初の目標の2倍)を集め、20ヘクタールのスポンサーとなったことを受けて、ハウテン州トラッパーズのチームが、目標額5000レアルで2度目の呼びかけを行っていることは、大変喜ばしいことです。 確かに、応援する価値はありますね チーム・ハウテン・トラッパーズ、トレーニング開始 私たちは、南アフリカ・ハウテン州出身の、自然とサイクリングの両方を愛する友人たち(学生時代の友人)のグループです。 私たちのチームは、Arend、Leandri、Jeandre、Jurgensの4名で構成されています。 このチームでアホウドリを見たことがあるのはレアンドリだけだ。 2020/2021年にかけて第77次越冬隊(M77)の一員として亜南極のマリオン島に1年以上滞在し、島のアホウドリに一目惚れしたそうです。 サイクリングはとても社交的なスポーツで、彼女の話を聞いていると、島や野生動物に興味が湧いてきました。 その後、アホウドリがネズミに殺されたという話を聞き、「ネズミのいないマリオンプロジェクト」の資金集めをすることになりました。 マウスフリー・マリオンプロジェクト のために資金を集めることにしました。 に参加する予定です。 グルート・トラップ 「に参加する予定です。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクトは、島の海鳥や無脊椎動物、植物群に生態系の破壊をもたらしている外来種のハツカネズミを根絶するために設立されました。 島にはペンギンやアザラシ、アホウドリなど多くの動物が生息しており、その環境は感動的です。 残念ながら、海鳥はネズミの攻撃に対して防御策をとらず、その結果、個体数が減少している。 ネズミのいないマリオン・プロジェクトは、次のようなパートナーシップで設立されました。 バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国の 林業・漁業・環境省とのパートナーシップにより設立されました。 この素晴らしい島と野生動物の回復に役立つプロジェクトを実施するために設立されました。 しかし、世界最大級のネズミ駆除プロジェクトを成功させるためには、必要な資金を調達する必要があります。 マリオン島の1ヘクタール(またはそれ以上)のスポンサーとして、このプロジェクトを支援することができます。 1ヘクタールあたり1,000円 または その他の金額を寄付することで [...]

バードライフ・サウスアフリカは、ネズミのいないマリオン・プロジェクトに代わって、ライトマントル・アホウドリに関するインフォグラフィックを後援しています。

2月 14th, 2023|0 Comments

写真上 ACAPの新種インフォグラフィック「ライトマントゥール・アホウドリ」について バードライフ・サウスアフリカ は、「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を代表して、3つ目の種族インフォグラフィックを後援しています。 マウスフリーマリオンプロジェクト シリーズで シリーズ アホウドリとミズナギドリの保全に関する協定( ACAP ). の新しいインフォグラフィックが公開されました。 準絶滅危惧 ライトマントル・アホウドリ Phoebetria palpebrataがそれに加わります。 ヴァルネラブル 彷徨い ディオメデアエクスランス(Diomedea exulans) こちらをクリック をご覧ください)と 絶滅の危機 ススイロアホウドリ P. fusca ( こちらをクリック 以前、バードライフ・サウスアフリカがスポンサーを務めたMFMプロジェクト( こちらをクリック マリオン島で繁殖しているアホウドリを含め、ACAPのインフォグラフィックで紹介されている種は全部で10種となりました。 絶滅危惧種 グレーヘッド型タラソテープ・クリソストマ ( ここをクリック ). [...]

ネズミの影響を受けたマリオン島のアホウドリとミズナギドリ:キム・スティーブンスによる「もう一羽の」アホウドリ特集

2月 7th, 2023|0 Comments

上の写真2014年1月、空の巣の上にいるグレイヘッド・アルバトロス・リッジのクロアシアホウドリ 、写真:Kim Stevens 注 マリオン島の研究者や写真家、そして「ネズミのいないマリオンチーム」のメンバーが島と鳥に寄せる熱い思いを読者に伝えるため、このプロジェクトのウェブサイトでは、マリオン島の鳥を紹介する「マリオン島鳥類図鑑」を開設しています。 連載フォトエッセイ マリオン島の海鳥のうち、ネズミに襲われている、あるいはその危険があると思われる海鳥の写真を掲載したものです。 このアカウントでは、シリーズ10作目となる。 大学院生 キム・スティーブンス の博士課程での研究でよく知る場所であるグレイヘッド・アルバトロス・リッジで長年観察されたクロアシアホウドリThalassarche melanophrisを含む、マリオン島で記録された「他の」2種のアホウドリについて書いています。 世界的に と 世界的、地域的に 世界的・地域的に絶滅の危機に瀕しているシロガシラホウドリT. chrysostoma の博士研究でもよく知られた場所です。 キムのMFM フォトエッセイ「マリオン島のオナガアホウドリ」を読む こちら . マリオン島での鳥類研究は、島の管理計画に基づき発行された研究許可証に基づき、倫理的な承認を受けた経験豊富な鳥類学者が行っています。 2016年、マリオン島南岸上空のキム・スティーブンス、写真:Christiaan Brink マリオン島には、ワンダリング・ディオメデア・エクスランス、グレーヘッド、ライトマントリー・フェーベトリア・パルペブラータ、スーティP. fuscaという 4種のアホウドリが繁殖しています。さらに、マリオン島ではクロアシアホウドリとインドヒメホウドリという2種類のアホウドリが上陸していることが確認されています。 クロアシアホウドリ 遺伝学的に雌と同定されたクロアシアホウドリが2000年にマリオン島の灰色頭アホウドリ嶺で初めて記録され、その年の12月2日に9A-16339としてメタルバンドを装着された。 2006年にプラスチック製のカラーバンド(赤色H53)が追加されました。 定期的に記録され、現在(2022/23年)の繁殖期まで探索されたものの、2020年を最後に目撃されなくなった。 [...]

マリオン島における外来ハジラミのオオミズナギドリの繁殖への影響評価

2月 2nd, 2023|0 Comments

上の写真。海洋・沿岸鳥類学フィールドアシスタント Andile Mdluli がオオミズナギドリの巣穴にトレイルカメラを設置、Samuel Peta が撮影。 マリオン島で繁殖する海鳥のネズミによる死亡は、引き続き重要な保護懸念となっている。 1800年代初頭に偶然導入されて以来、外来種のハツカネズミMus musculusは気候条件に適応し、島全体に急速に広がり、陸上無脊椎動物群や海鳥の個体数を同様に減少させた。 島の生態系はネズミと進化の歴史を共有したことがないため、在来種が攻撃されても防御機構が発達せず、ネズミの捕食の影響を打ち消すことができないのだ。 海鳥の場合、成鳥よりも襲われやすいヒナが最も深刻です。 無脊椎動物や草の種子を含む多様な食餌で、利用可能な食料源の幅を生かしている。 雑食性であるため、無脊椎動物の餌が季節によって変わっても、海鳥のヒナなど別の餌に移行することで対処できる。 マリオンの海鳥の多くは夏に繁殖するため、この時期にはネズミの捕食がより顕著になる可能性があります。 しかし、巣穴で営巣するオオミズナギドリなど、冬に繁殖する種にもネズミの襲撃は起こる。 実際、海鳥がネズミに襲われるのは、他の餌が少なくなる冬場が多い。 マリオン島は非常に寒く、風も強いので、地下の穴は厳しい環境から身を守るのに適しています。 研究(例:Dilleyet al. 2017)は、巣穴営巣のウミツバメにネズミが直接悪影響を与え、ヒナの死亡率が大きく、繁殖成功率の低下や1990年代の野良猫Felis catusの駆除後の個体数回復率の停滞につながったことを示しています。 ここでは、観察記録と巣穴検査を通して、オオミズナギドリの雛に対するネズミの捕食の影響について報告する。 マリオン島のネリー・ハンプス監視コロニーで抱卵中のオオミズナギドリ(上)とそのヒナ(下)=写真:Samuel Peta 毎年、林業・漁業・環境省の海洋・沿岸鳥類学フィールドアシスタント( 林野庁 の鳥類学フィールドアシスタントは、冬に繁殖するオオミズナギドリの巣穴の中身を観察しています。 2022年、越冬チーム(Andile MdluliとSamuel Peta)がこの長期モニタリングプロジェクトを引き継ぎ、オオミズナギドリの繁殖生態と、マウスが繁殖成功に与える影響を理解することになりました。 今年の5月中旬のモニタリング開始以来、Nellie Humpsのモニタリング・コロニー内またはその周辺で、合計21匹のネズミが目撃されました。 しかし、これらの日和見的なネズミの観察は、オオミズナギドリの繁殖成功への影響を示す逸話的な証拠に過ぎない。 [...]

ロマリオ「海鳥のクリスマスプレゼント」キャンペーン、「ネズミのいないマリオンプロジェクト」の目標額の2倍以上に!

1月 24th, 2023|0 Comments

写真上 感謝状を手にするロマーリオ氏、募金活動への感謝として送られたマリオンとプリンス・エドワード諸島の本 11歳のロマーリオ・ヴァレンティンの シーバード・クリスマス・ギフト・キャンペーン マリオン島のアホウドリのために、2万レアルの寄付を集めました。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクト . 合計20,530.30ドルの寄付をいただきました。 36人の個人献金者から からの寄付金です。 ロマーリオ君は、母親のデルシャ・ムードリーさんとともに、寄せられた支援に感謝の意を表しています。「マリオン島の野鳥保護キャンペーンを応援してくださった皆様に感謝いたします。引き続き、野鳥愛好家や自然愛好家仲間にシェアしてください。また、今後も寄付を受け付けています。私たちは一緒にこのレガシーの一部になることができるのです」とロマーリオさんは言います。 ゴフ島でネズミの被害に遭い、絶滅の危機に瀕しているトリスタンアルバトロスの絵を手にするロマリオ・バレンタイン氏 このたび、ロマーリオの要請により、MFMのウェブサイト上に、ロマーリオのキャンペーン名で 20ヘクタールのスポンサーシップとして . ロマーリオの感謝状 南アフリカのダーバンに住む11歳のロマリオ・バレンティンは、「ビーチクリーンアップ、植樹、鳥類アート、その他の保護プロジェクトで世界的に有名」な若きエコ戦士と紹介されています。 2022年9月に、彼は バードライフ・サウス・アフリカ フクロウ賞( こちらをクリック をクリック)。 ロマーリオの母親が、「シーバード・クリスマス・ギフト」キャンペーンを立ち上げ バッカバディ このプロジェクトは、アホウドリを殺してしまうネズミを撲滅するために行われているもので、ロマーリオの母親は、バッカバディを通じて、このプロジェクトを支援しました。 バードライフ・サウス・アフリカCEO、マーク・アンダーソン MFMプロジェクトマネジメント委員会 がMFM Newsに寄稿しています。「私たちは、ロマリオの募金活動にとても感謝しています。彼は、地球環境保全のための素晴らしい提唱者であり、若者の模範となる人物です。 以前の記事を読む 以前の記事 [...]

マリオン島の海鳥を守る。 ネズミのいないマリオン・プロジェクト」募集中

1月 20th, 2023|0 Comments

写真上Wandering Albatrosses、マリオン島。 写真オットー・ホワイトヘッド 林業・漁業・環境省(DFFE)とバードライフ・サウスアフリカのパートナーシップによる「マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクト」は、マリオン島から侵略的なネズミを根絶する計画です。 2025年の南半球の冬を想定した根絶作戦に向けて、プロジェクトはますます勢いを増しています。 これから先もやることはたくさんあり、プロジェクトの重要なポジションを募集しています。 マリオン島を復元し、世界的に重要な海鳥の生息地とするためのプロジェクトチームの一員となるエキサイティングな機会を提供します。 現在、アシスタントプロジェクトマネージャー、アドミニストレーション&ファイナンスオフィサー、プロスペクトリサーチャーを募集しています。 MFMアシスタントプロジェクトマネージャーは、MFMプロジェクトマネージャー、MFMプロジェクトチーム、マネジメント委員会をサポートし、MFMプロジェクトの計画業務に関連する様々な活動を展開・提供します。 特に生態系や自然保護分野において、強力なプロジェクトマネジメントのスキルと経験を持ち、南アフリカの環境法および環境プロジェクトに関連する規制プロセスについて十分理解している方が理想的です。 この機会の詳細については、資料をダウンロードしてください。 こちら . MFMアドミニストレーション&ファイナンスオフィサーは、MFMプロジェクトチームをサポートし、バードライフ・サウス・アフリカのファイナンスチームと密接に連携し、様々な管理業務や簿記業務を行っていただきます。 この新しい役割は、MFMプロジェクトのすべての領域において、非常に柔軟かつ効率的な事務サポートを提供することを目的としています。 事務処理能力、簿記能力、顧客対応能力が高く、Salesforce などの顧客関係管理(CRM)データベースソフトの知識、簿記ソフト(できれば Pastel/Sage)の使用経験がある方が理想的です。 この機会の詳細については、資料をダウンロードしてください。 こちら . MFMプロスペクト・リサーチャーは、MFMプロジェクトチームをサポートし、MFMプロジェクトのチーフ・フィランソロピー・オフィサーと密接に協力しながら、プロスペクト・リサーチや関連活動を通じて資金調達のパイプラインを構築します。 見込み客調査、顧客対応、ライティング、組織運営の経験が豊富な方を希望します。 この機会の詳細については、資料をダウンロードしてください。 こちら . ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。 お問い合わせは、各募集要項に記載されている担当者までお願いします。 グレイヘッド・アルバトロス、マリオン島。 写真オットー・ホワイトヘッド アントン・ウォルファールト、マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー、2023年1月20日 ************************************************************************* Mouse-Free [...]

Flock to Marion 2022の航海をきっかけに、ゴールデンバード・パトロンのアレックス・バレルが100haのスポンサーになった。

1月 17th, 2023|0 Comments

写真上 長年、バードウォッチングを続けてきたと語るアレックス・バレル氏 バードライフ・サウス・アフリカの マリオンに群がる2022年 の航海は、「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を大きく後押しするものでした。 ネズミのいないマリオン・プロジェクト 多くのバードウォッチャーが2200ヘクタール以上のスポンサーとなり、合計300万ランドを超える寄付を集めました。 1月下旬の航海に同行したのは、アレックス・バレルとその妻ダイアナである。 アレックスは100ヘクタール(1ヘクタール1000円)のスポンサーとなり、100ヘクタール以上の「さすらいのアルバトロスクラブ」に参加することになりました。 ワンダリングアルバトロスクラブ の一員となったのです。 1年の大半を南アフリカで過ごすアレックスは、自らを会社経営者とバードウォッチャーと表現する。 バードライフ・サウス・アフリカのゴールデン・バード・パトロンの一人として、長年にわたり支援を行っています。 ゴールデンバード・パトロン (ゴールデンピピットカテゴリー)。 MFM Newsによると、スポンサーになった動機は、"単純に鳥が好きで、その保護が目的 "だそうです。 群れで食事。 左からルパート・ホーリー、ダイアナ・バレル、ピーター・ハリソンMBE、アレックス・バレル、シャーリー・メッツ ピーター・ハリソンが「Flock to Marion 2022」の航海でダイアナ・バレルに贈った海鳥の本(ビデオ画面:Andy Wassung撮影   亜南極クルーズに乗船したアレックスとダイアナ(熱心なバードウォッチャーでもある)は、ピーター・ハリソンの新刊のサイン入り本が当たるという幸運に恵まれ、感激していました。 海鳥 新・同定ガイドこの本は、ある晩餐会でダイアナに贈られたものです。 MFMプロジェクトは、アレックス・バレル氏の支援により、マリオン島からアホウドリを殺すネズミを一掃することができることに大変感謝しています。 より多くのバードウォッチャーが、「ワンダリング・アホウドリ・クラブ」(またはマリオンの海鳥にちなんだ他のカテゴリー)に参加することを、プロジェクトチーム一同は期待しています。 [...]

野良猫を駆除したマリオン島にコバンザメが戻ってきたが、ハツカネズミの危険があると推定される

1月 12th, 2023|0 Comments

上の写真。マリオン島で許可を得た研究者が手にするコバンザメ、写真:Stefan Schoombie マエル・コーナン(海洋猛禽類研究ユニット, Institute for Coastal and Marine Research, Nelson Mandela University, Gqeberha, South Africa)らの論文が、International Medicine誌に掲載されました。 ダチョウ アフリカ鳥類学雑誌 マリオン島におけるコモンダイビングミズナギドリの再定着について ペニバン野良猫の撲滅から30年以上経過し ネコ科動物 1991年 1948年に導入されたネコは、その後すぐにダイビング・ウミツバメの絶滅を招いたと考えられている。 主著者の Maëlle Connan はACAP Latest News に次のように書いています。「観察された低い孵化成功率の理由と、ハツカネズミMus musculus マウスによる捕食が一因であるかどうかを理解するために、さらなる研究が必要である」と述べている。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクトのマネージャーであるアントン・ウォルファルトは、「以前に行った野良猫の駆除が、コモンウミツバメの再繁殖につながったことは素晴らしいことです。これまでの調査で、ハツカネズミがマリオン島で巣穴に入る海鳥の繁殖を阻害していることがわかっており、コモンウミツバメのふ化率の低さにもつながっている可能性があります。ネズミの除去は、ネコによって影響を受け、ネズミの影響によってその回復が妨げられている多くの個体群の適切な回復を促進するのに役立つだろう。" ネズミの危険性? [...]

ニュージーランド・ジャーナル・オブ・エコロジー誌がニュージーランドの亜南極諸島の復元について評価

1月 10th, 2023|0 Comments

写真の上。をご覧ください。 ミリオンダラー・マウス プロジェクト アンティポーズ島の夕暮れ時、餌のバケツに餌を積み込む。 ニュージーランドは長年にわたり、亜南極の島々で有害動物の管理に多大な労力と資源を投入してきました。 スネア、オークランド諸島、キャンベル島、アンティポーズ島、バウンティ諸島の5つの主要なグループがあり、これらをまとめて世界遺産に登録されています。 世界遺産「ニュージーランド南極地域群」を構成しています。 . スナレス諸島とバウンティ諸島は、外来種の哺乳類が定着することなく、動物の害がない状態を保っている。 クロスヘアで希少種? オークランド島の海岸沿いの打ち上げられた昆布の中で餌を食べる野生の豚。 他の3つの島では、いずれも多数の種類の哺乳類が導入されていた。 これにはいくつかの理由がある。 また、19世紀初頭にヨーロッパから初めて訪れたアザラシや捕鯨船が持ち込んだ船用品や備品の中に、難破船から持ち込まれた動物もいる。 この中には、ラット、マウス、ネコが含まれているのが普通です。 この島々は、's' の上に位置しているためグレートサークル帆船時代には、オーストラリアからイギリスへ向かう船が偏西風を受けるためにこの緯度を航行し、難破することがよくあった(オークランド諸島の位置が海図に間違って記載されていたこともその一因である)。 その結果、難破した船乗りの糧となるヤギ、ブタ、ウサギなどの動物が導入された。 さらに、いくつかの島では政府が放牧を許可したため、農作業の一環として牛や羊が連れてこられるようになった。 その後、アザラシや捕鯨の産業が衰退し、蒸気船が帆船に取って代わったため、大圏航路は使われなくなり、放牧のリースもキャンセルされた。 しかし、海鳥や陸鳥、無脊椎動物を食べたり、植物を食べたりして、島の生物多様性の価値を低下させている。 これらの影響を総合すると、害虫が持ち込まれた島々の生態系は大きく悪化していた。 アンティポーズ島でヒナに餌を与える絶滅危惧種のアンティポーズ・アルバトロス(Keith Springer撮影 1980年代から、当時のニュージーランド野生生物局は、これらの影響に対処するための活動を開始しました。 論文 1968 年の『ニュージーランド生態学会予稿集』に掲載された論文で、この戦略について早くも言及し ている。 羊、牛、ヤギなどの有蹄類は、銃殺刑で駆除された。 自然保護局の設立にともない [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトは、生物多様性の危機に対処する機会を提供し、生物多様性条約の目的に貢献します。

12月 19th, 2022|0 Comments

上の写真。マリオン島で羽を伸ばすオウギアホウドリ(Grey-Headed Albatrosses)のヒナ、写真。ダニエル・キーズ 生物多様性条約(CBD)は1993年12月29日に発効した。 その目的は大きく3つあります。 生物多様性の保全。 生物多様性の構成要素の持続可能な利用。 遺伝資源の利用から生じる利益を公正かつ衡平に配分すること。 CBDは発効以来、南アフリカを含む196カ国が批准しています。 CBD締約国会議(COP)は、地球上の生物多様性に対する地球規模の脅威に対処するための政策や目標を関係者が議論、検討、開発する重要な機会を提供します。 マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトは、自然破壊を食い止め、生物多様性を保全するために必要な、大胆でインパクトのある保全活動の一例といえます。 2022年12月7日、国連気候変動会議(COP27)の翌日、カナダのモントリオールでCOP15が始まりました。 近年、世界中で動物の個体数が減少していることが報告されており、環境サミットはこれまでで最も重要なイベントのひとつと位置づけられています。 生物多様性の損失に取り組む必要があることは、政治家も科学者も同じ意見です。 2010年、前回のCBDのCOPでは、生物多様性の損失を10年以内に止めることが誓われました。 12年後、科学者、政治家、自然保護団体が再び集まり、世界的な種の減少に立ち向かうための努力の進展とその方法を緊急に議論しています。 COP15では、2030年までに地球の陸地と水面の30%を保全することを目指す「30 by 30プレッジ」という野心的な目標も掲げられています。 日本の愛知県で開催されたCOP10で合意された前回の目標が達成されていないため、必要な資金や政治的支援を実施することが改めて求められており、大きな賭けに出ているのです。 また、生物多様性が豊かな地域は、最も危機に瀕している地域でもあります。 特に島嶼部は、生物多様性のホットスポットであるだけでなく、種の絶滅の危険性が最も高い場所でもあるのです。 島嶼保全 は、爬虫類、鳥類、両生類、哺乳類の絶滅のうち、75%が島で発生しており、その86%が外来種の影響によるものだと推定しています。 これ以上、固有種が失われないよう、島の保全・管理が急がれる。 亜南極のマリオン島は、生物多様性の保全に伴う課題と機会を示す好例です。 南アフリカでは最高レベルの自然保護区、海洋保護区、国際的に重要なラムサール条約登録地に指定されているにもかかわらず、この島では世界的に重要な生物多様性が失われているのです。 これらの損失は、外来種の影響によるところが大きい。 侵入したハツカネズミは捕食によって、植生、無脊椎動物、島で繁殖する豊富な海鳥など、マリオン島の驚くべき生物多様性を脅かし続けています。 海鳥はネズミに捕食されないような防衛策を進化させていない。 その結果、マリオン島で繁殖している28種の海鳥のうち19種が、この深刻かつ深刻な脅威に対処しなければ、地域的に絶滅の危機に瀕することになると考えられている。 写真上外来種のハツカネズミに襲われたワンダリングアルバトロスのヒナ、写真。Stefan Schoombie 南アフリカは、約30年前からCBDの締約国となっています。 [...]

亜南極におけるネズミ駆除のパイオニア:キャンベル島ネズミ駆除プロジェクト

12月 13th, 2022|0 Comments

上の写真キャンベル島での餌の積み込み風景(写真:Pete Tyree ニュージーランド出身のピート・マクレランドは、35年以上にわたり、プロジェクトマネージャー、オペレーションマネージャー、撲滅アドバイザーとして、世界各地の有害生物撲滅プロジェクトに携わってきました。 2001年には、亜南極のキャンベル島からノルウェーネズミRattus norvegicusを根絶する画期的なプロジェクトを主導しました。 キャンベル島 を根絶する画期的なプロジェクトを率いた。 その他、彼が世界で携わった代表的な島嶼撲滅プロジェクトは以下の通りです。 マッコーリー , ロード・ハウ , ハワダックス , ミッドウェイ環礁 そして ゴフ . キャンベル島のネズミ駆除プロジェクトのリーダーを務めたピートさんの体験談は以下の通りです。 ピート・マクレランドがキャンベル・ティールを放ち、島に戻る ノルウェー・ラットは1810年にキャンベル島が発見された直後から定着した。 さらに、その直後に飼い猫が導入され、野良猫の集団が形成された。 そのため、科学者たちが初めてこの島を訪れたときには、すでに鳥類相は著しく減少しており、陸生鳥類はヒメウミスズメだけだった。 キャンベルアイランドピピット 石楠花 aucklandicus. これでも、沖合にあるいくつかのネズミのいない小島から、たまに本島に来る程度で、本島に来た個体はすぐに捕食されてしまうからだ。 1940年代、飛べない小さな一羽の キャンベル・ティール Anas nesiotis)が海岸で発見されましたが、沖合の島のひとつ、26ヘクタールに30羽ほどの小さな集団がいることが判明したのは、それから30年後のことでした。 デント . [...]

SANParksの名誉レンジャーが、クルーガー国立公園の95ヘクタールをラッフルで支援

12月 6th, 2022|0 Comments

写真上。2018年、クルーガー国立公園でのゲームドライブにドライバーと野鳥観察の専門家とともに集まるSANParks名誉レンジャーのゲストたち のごく初期のころ。 マウスフリーマリオンプロジェクト そこで私は、当時プロジェクトを運営していたバードライフ・サウスアフリカのスタッフに、主に南アフリカ国内の人々を対象とした「1ヘクタールのスポンサー」キャンペーンによる資金調達の方法を提案しました。 のクラウドファンディングの成功例からアイデアを得ました。 ミリオンダラー・マウス 2016年にニュージーランドの南極にあるアンティポデス島で、移入されたハツカネズミを駆除するプロジェクトがクラウドファンディングで成功したことからヒントを得ました。 アンティポデス島 . バードライフ・サウスアフリカに「Sponsor a Hectare」キャンペーンを提案。 左からAndrea Angel、John Cooper、Nini van der Merwe、Ross Wanless。 ミリオンダラー・マウスの資金調達が進む中、マウスをクロスオーバーさせる。   2018年8月に行われた最も早い時期に受けた協賛の1つは、95haのものでした。 1ヘクタールあたり1000ルピーと、当時としては大歓迎の金額であった。 SANParks名誉レンジャー()西ランド地域会長サイモン・リッジ氏 SHR は、南アフリカ国立公園の公式ボランティア組織です。 南アフリカ国立公園 の西ランド地域会長であるサイモン・リッジ氏は、MFMニュースに対し、このスポンサーシップがどのようにして実現したかを説明しています。 「SANParks Honorary RangersのWest [...]

11歳のロマーリオ・ヴァレンタインが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」のために1万ルピーの寄付を目指す「シーバード・クリスマス・ギフト・キャンペーン」を実施

12月 1st, 2022|0 Comments

上の写真。ロマリオ・バレンタインが手にした絵は 絶滅の危機に瀕している トリスタンアルバトロス。 南アフリカのダーバンに住む11歳のロマリオ・ヴァレンティンは、「ビーチクリーンアップ、植樹、鳥類アート、その他の保護プロジェクトで世界的に有名な」若きエコ戦士と言われています。 9月には バードライフ・サウス・アフリカ 2022年フクロウ賞受賞( 引用文はこちら を受賞しました。) 今回、ロマーリオの母、デルシャ・ムードレーが作成したのは シーバード・クリスマス・ギフト キャンペーンを立ち上げました。 バッカバディ を支援するために マウスフリーマリオンプロジェクト . 9月に開催されたバードライフ・サウスアフリカのイベントで、2022年フクロウ賞の彫刻と賞状を誇らしげに手にするロマリオさん 彼女は息子についてこう書いています。"今年のクリスマスには、アホウドリ、ミズミナギドリ、ペンギンなど、海の生態系に重要な役割を果たしている海鳥の保護活動を手伝いたいと言っています。" 彼女は、ロマーリオが6歳のときから環境保護活動に積極的に取り組んできたと説明する。 の著者である。 私たちの地球を守ろう-ロマリオと一緒に行動しよう は、2022年9月に出版された気候変動や環境問題を取り上げた楽しい科学学術書であり、誰でも「アースガーディアン」になれる方法のガイダンスも含まれている。 バードライフ・サウス・アフリカのCEO、マーク・アンダーソン氏がMFM Newsに寄稿しています。「私たちは、ロマーリオの募金活動にとても感謝しています。彼は地球保護のための素晴らしい提唱者であり、若者の模範となる人物です。" 開設からわずか5日で、Romarioの募金は目標額の3分の1を大きく上回る10,000レアルを達成しました。 あなたの協力で、マリオン島の美しい海鳥やその他の生物多様性を回復するためのレガシーに参加することができるのです。自然を大切にすることは、私たち自身を大切にすることなのです。" マウスフリーマリオンプロジェクトは、全面的に賛同しています 彼のBackaBuddyの募金活動は、クリスマス期間中まで受け付けています。 こちら ! ロマーリオと彼の保護活動についての詳細はこちら こちら . [...]

士気を高める 英国王立鳥類保護協会が「ネズミのいないマリオン計画」を支持

11月 29th, 2022|0 Comments

英国のバードライフ・パートナーである英国王立鳥類保護協会は、「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」に賛同を表明しています。 RSPB RSPB の最高責任者である ベッキー・スペイト が書いています。 RSPB最高責任者Beccy Speight氏、写真提供:RSPB 「自然は危機に瀕しています。生息地の喪失に続き、侵略的外来種による影響は、世界的な生物多様性の喪失の主要因の一つとなっています。この損失は、鳥類の絶滅の震源地である島々で最も深刻に感じられます。私は、何百万羽もの海鳥の運命を回復し、南アフリカのマリオン島の生態系の回復を目指す「マウス・フリー・マリオン・プロジェクト」を支持できることを誇りに思っています。王立鳥類保護連盟は、この重要なプロジェクトを実現させ、成功の可能性を最大限に高めるために、できる限りの支援を続けていくつもりです。このような規模と野心を持ったプロジェクトがあってこそ、私たちは未来の世代のために自然界を回復させるチャンスを得ることができるのです。 RSPBは、100万人以上の会員を持つ英国最大の自然保護団体です。 1889年に設立され、1904年に王室御用達となり、1993年にはバードライフ・インターナショナルの国内パートナーになりました。 イギリスのサイリー諸島やスコットランドのシャント諸島、イギリスの海外領土であるセントヘレナ、アセンション、トリスタン・ダ・クーニャなどの海鳥の島々で、ネズミの駆除プロジェクトを行っています(※)。ゴフ島)、南大西洋のピトケアン諸島(ヘンダーソン島)を南太平洋で撮影しました。 また、同学会はバードライフ・インターナショナルが主催する アホウドリ・タスクフォース を主催し、ナミビアや南アフリカなど多くの国々で漁業による海鳥の海上死亡を減少させています。 ネズミに骨まで削られる。マリオン島でのアホウドリの雛、写真:Ben Dilley RSPBは国際的な活動も行っており、しばしば以下の団体と提携しています。 バードライフ・インターナショナル とのパートナーシップにより、世界中の鳥類とその生息地の保護に取り組んでいます。 1990年代の数年間、RSPBの支援によりバードライフ・サウスアフリカは1996年に国のパートナーとして設立され、その後40人のスタッフと5000人以上のメンバーを抱える組織へと成長しました。 バードライフ・サウス・アフリカのCEO。 マーク・アンダーソン RSPBは、南アフリカ共和国森林漁業環境局(Department of Forestry, Fisheries and the Environment)と協力して、亜南極のマリオン島でアホウドリを殺してしまうネズミを根絶するという、間違いなく国内最大の鳥類保護活動に取り組めるレベルまで同団体が成長するために不可欠だった支援であると確信しています。 また、RSPBはバードライフ・サウス・アフリカを継続的に支援しており、アホウドリのタスクフォースのスタッフ2名を含む、同組織の主要な保護職の一部に資金を提供していることを指摘しています。 [...]

ネズミのいないマリオン」プロジェクトでは、根絶の手段として遺伝的生物防除を用いることは現実的な選択肢ではありません

11月 24th, 2022|0 Comments

上の写真。マリオン島で採食するハツカネズミ、写真提供:Stefan Schoombie ルーク・ギアス ( ロビンソン研究所 オーストラリア・アデレード大学)らは、オープンアクセス論文として米国科学アカデミー紀要( PNAS )に、ハツカネズミを制御するための遺伝的生物制御戦略の開発に関する論文を発表しました。 この論文は、モデル化から、集団に広がって雌を不妊にする「遺伝子ドライブ」を利用すれば、島嶼状況でのネズミの根絶が可能であることを示唆しているが、この技術はまだ実験室以外のフィールド試験で検証されていない。 MFMニュースでは Anton Wolfaardt(アントン・ウォルファルト プロジェクト・マネージャー マウス・フリー・マリオン・プロジェクト 南アフリカ共和国の亜南極にあるマリオン島で、アホウドリを殺すネズミを根絶するために、このような戦略を用いることができないか、プロジェクトマネージャーのアントン・ウォルファルトに相談しました。 マリオン島 . アントンは、こう答えている。「マリオンのような大きな島でネズミを駆除するための道具として考えられるようになるには、まだかなりのハードルがある。1つ目は、技術的な問題で、現在研究中です。2つ目のハードルは、おそらくより困難な規制の問題である。現在ほとんどの政府は、このようなツールを扱うための規制の枠組みを持っておらず、規制当局が考慮しなければならない倫理的な問題もかなりある。そのため、私たちが現在計画しているマリオン島からのネズミの根絶は、すでに実証され、現在利用可能な方法に焦点をあてています。いつ使えるようになるかもわからない、まだ証明されていない方法を待っている余裕はないのです」。 サウス・ジョージア島で空中散布用のペレット化した餌を積み込む様子(Tony Martin撮影   ネズミを駆除する新しい方法は、島嶼における外来ネズミの影響への対策として歓迎されるが、マリオンのネズミや、アメリカの「Sea-Bird Island」のような他の海鳥の島のネズミを駆除する努力は慎重であるべきであると思われる。 ミッドウェー環礁 来年は、殺鼠剤を混ぜた穀物の餌を空中散布するという「試行錯誤」された方法を引き続き使用する予定です。 この方法は、以下のような亜南極の島々でネズミの駆除に成功したことが確認されています。 エンダービー と アンティポード ニュージーランドのエンダービー島、アンティポーズ島、オーストラリアの マッコーリー と サウスジョージア [...]

マリオンへの道を切り開く:サウスジョージア生息地回復プロジェクトの成功例

11月 22nd, 2022|0 Comments

写真上沖合から見たサウスジョージアの山並み プリオン島 抱卵中のワンダリングアルバトロスとともに、アントン・ウォルファルト撮影 注:このニュース記事の中で トニー・マーティン のリーダーシップについて書いています。 サウス・ジョージア島生息地回復プロジェクトで トニー・マーティンは、7年の歳月をかけ、島に侵入したネズミを駆除することに成功しました。 これまでの連載では、アメリカのミッドウェイ環礁で計画されているハツカネズミの駆除プロジェクトについて取り上げてきました。 ミッドウェイ環礁 ニュージーランドのアンティポデス島でのネズミ駆除成功例 アンティポデス島 また、オーストラリアのマッコーリー島では、複数の種を駆除するプロジェクトに成功しました。 マッコーリー島 . 今後、世界各地の島嶼部におけるネズミ駆除の完了・計画について紹介していく予定です。 島嶼部での駆除活動の可能性を示すと同時に、「ネズミのいないマリオン計画」への支援を呼びかけるものです。 マウスフリーマリオンプロジェクト への支援を呼びかけるものです。 **************** サウスジョージア島は、デービッド・アッテンボロー卿の自然史ドキュメンタリーの多くに登場することで、世界中の何百万人もの人々に親しまれています。 アホウドリのディスプレイ、ミナミゾウアザラシの殴り合い、遠くまで続く無数のキングペンギンのコロニーなど、不思議な映像を見た記憶があれば、それはサウスジョージア島を見ていたのでしょう。 今日のサウス・ジョージア島の野生動物の光景は、その壮大さと同時に、キャプテン・クックがこの島に足を踏み入れた当時の面影は全くないという事実を覆い隠しています。 1775年にキャプテン・クックがこの島に降り立ったとき 1775年 サウスジョージア島への上陸は、人為的な大災害を引き起こし、まずアザラシの個体数が減少し、次にクジラ、そして鳥類が減少することになった。 アザラシやクジラは毛皮や油、食肉として直接的に狙われ、獲物が商業的に絶滅するほど狩られると、それらを利用する産業は崩壊してしまったのだ。 ネズミは島の鳥類のほとんどを食べ尽くし、島全体の生態系を変えてしまったのだ。 サウス・ジョージア島でのトニー・マーティン、後ろにキングペンギン、写真:ローランド・ゴッケル 私は1990年代に初めてサウスジョージアを訪れ、ネズミのいない沖合の島々と本島の違いにすぐに驚かされた。 その差は、夜間に顕著に表れました。 オン バードアイランド [...]

気候の非常事態。COP27とマリオン島を守ることの重要性

11月 17th, 2022|0 Comments

上の写真マリオン島のワンダリングアルバトロスの子どもたちは、気候変動によりネズミの襲撃を受ける危険性が高まっています。 写真ベン・ディリー 11月6日(日)、2022年の国連気候変動会議「COP27」が開幕しました。 2週間にわたり、世界の指導者、政策立案者、市民社会の代表、気候変動活動家がエジプトのシャルムエルシェイクに集まり、気候変動について議論し、気候危機に対する解決策を見出し、実行に移すことを目的としています。 締約国は、温室効果ガス排出量の増加、気候緩和戦略、適応策、不可避な気候変動に直面した場合の回復力の構築について審議する。 COP27は、これまでの会議の成果を基に、気候危機への取り組みに不可欠な行動を実現することを目指しています。 気候変動は、私たちが知っている世界に影響を及ぼしています。 地球の健康が直面する最も大きな脅威なのです。 異常気象、気温の変化、海面上昇は、種の分布、採餌パターン、移動経路を変えながら、景観を恒久的に変化させるでしょう。 景観、野生生物、地域社会へのこうした深刻な影響を改善するためには、緊急の介入が不可欠です。 南洋で行われている「マウスフリー・マリオン・プロジェクト」では、気候変動がマリオン島とその絶滅危惧種に目に見える形で段階的に影響を与えていることを痛感しています。 プリンスエドワード島のグループは、長年にわたり、南アフリカの気候研究戦略において重要な役割を担っており、「気候変動のセンチネル」と呼ばれている。 大気や海水の温度差が非常に狭い範囲にあるため、気候の変化による環境変動が顕著に表れるグループです。 これは、将来の気候パターンの変化を予測する上で重要な鍵となります。 現在、島々では気候変動に伴う海洋環境の変化が起きています。 中規模な海洋生態系は明らかに変化しており、沖合で採餌する海鳥の生産性パターンと餌の入手可能性を変化させている。 その結果、最近ではマリオン島の海鳥の一部が激減し、マカロニペンギンは30%、イワトビペンギンは70%も数が減少している。 Shangheta 2021の上の図は、プリンスエドワード諸島の降水量の長期変化を示しており、降水量の減少が顕著で、マリオン島はより乾燥していることがわかる。   気温の上昇やそれに伴う海洋の影響によるこうした環境の変化は、マリオン島の陸上でも顕著に見られます。 19世紀初頭にアザラシ狩りによってマリオン島に持ち込まれた外来種のハツカネズミは、温暖で乾燥した気候のおかげで生息しやすい環境にあります。 気候の変化により、ネズミの繁殖期が長くなり、生息数が増えているのです。 ネズミの高密度化により無脊椎動物の個体数が急速に減少する中、脆弱な海鳥への攻撃は2000年代初頭に初めて観測されて以来、より頻繁かつ大規模になってきている。 この影響は、気候変動が進むにつれてより深刻になると予想され、専門家は、マリオン島の象徴的な海鳥の大半が、これらの侵入した捕食者の存在によって局所的に絶滅する危機に直面していると警告している。 上の画像。マリオン島で、ハツカネズミの捕食に悩まされる幼鳥。 写真 Stefan Schoombie 海鳥は、繁殖地での外来種による捕食、漁業との相互作用、気候変動など複合的な脅威に直面しており、世界で最も絶滅の危機に瀕している鳥類と言われています。 侵略種の根絶は、こうした脅威の中でも最も対処しやすいものの一つであり、海鳥や島の生態系が気候変動やその他の脅威に対して回復力を強化するのに役立つとされています。 [...]

ランニング・グループ、シドニー・カリスが80歳を迎え、9ヘクタールの土地を後援

11月 15th, 2022|0 Comments

上の写真。シドニー・カリス氏(黄色の上着、孫と一緒に)の80歳の誕生日を記念して、ロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーがテーブルマウンテンの斜面に集まり、一緒に走りました。 共同創設者のケン・アンドリューによると、「ロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーズは、一緒に走ることを楽しみ、健康で正気を保つために、お互いにサポートし、励まし合う仲間で構成されています」。 ケープタウンのテーブルマウンテンの近くや斜面を年間を通じて週3回、平日の早朝に走るほか、毎月1回、山道や海岸線でのオフロードラン/ウォーキングを行い、最後は飲み物や軽食を積んだピクニックテーブルを囲んで「日曜交流会」を開催しています。 ニューランズの森を走った後、仲間のティム・ジョブソン(左)にポイントを説明するシドニー・カリス(撮影:ジェレミー・ジョージ)。 先月、テーブルマウンテンのニューランズ森林公園で開催された日曜交流会は、前日に長年のメンバーであるシドニー・カリスが80歳の誕生日を迎えたという特別な日でした。 外科医を引退し、熱心な南極大陸の歴史家でもあるシドニーは、35年前の1987年にロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーズで走り始め、80歳の半分も過ぎていないとMFM Newsに書いています。 シドニー選手は、ランナー仲間からプレゼントを受け取る代わりに、彼の名前で「マウスフリー・マリオン・プロジェクト」の""スポンサー""に寄付することを選択しました。 スポンサー・ア・ヘクタール 「キャンペーンに寄付することを選びました。 仲間のランナーからの寄付が最も多く、シドニーがアホウドリを殺すネズミを駆除するための9ヘクタールのスポンサーとなることができました。 この合計額には、コーヒーテーブル・ブックの売上高が含まれています。 コーヒーテーブル・ブック マリオン島とプリンス・エドワード島に関する書籍の売上を含む。 南アフリカ共和国の南極遺産 . この本の販売は、シドニーが誕生日の直前に行った2つの講演会で行われたものである。 南アフリカ船舶協会 に、そして ウッドサイドビレッジ 1771年、フランスの探検家マリオン・デュ・フレネがマリオン島とプリンス・エドワード島を発見したことをきっかけに、2世紀半前に退職を余儀なくされた。 左から:マリオン・デュ・フレネがプリンス・エドワード諸島を発見するためにケープタウンのテーブル湾を出航する2隻の船を描いた依頼画を手に、シップソサエティーの部屋にいるジェレミー・デイ、シドニー・カリス、MFMニュース特派員のジョン・クーパー(写真提供:Phillip Short MFMプロジェクトのニュース特派員は、両トークでシドニーに参加し、プロジェクトの簡単な説明と、その成功に向けた投票のお願いをしました。 投票依頼をしました。 ヨーロッパ自然保護協会(EOCA)から資金を獲得するための投票をお願いしました。 EOCA ). シドニー・カリスのラン後のモーニングティーを自宅で催してくれたRondebosch Rocky Road [...]

ジェフ・ボール氏が「マウスフリー・マリオンプロジェクト」の100ヘクタールのスポンサーとして「放浪のアホウドリ・クラブ」に参加

11月 8th, 2022|0 Comments

上の写真ジェフ・ボールとメアリー・ボール ツワル・カラハリ私有野生生物保護区 , 南アフリカ、2015年9月、写真:Mark D. Anderson スコットランドのエジンバラに住むジェフ・ボールは、自らを「環境に関心のあるバードウォッチャー」と称しています。 それ以上の存在なのだから、これは実に控えめなことである。 長年の友人であり、サポーターでもある バードライフ・サウス・アフリカ CEOの マーク・アンダーソン をよく知る、長年の友人であり、引退した実業家でもあるGeoffは、「Flock to Marion 2022」に参加し、成功を収めました。 マリオンに群れをなす2022年 の航海に参加し、成功を収めました。 この航海で彼は、現在までに8人しかいない名誉ある "放浪のアホウドリ・クラブ "のメンバーとして仲間入りしました。 ワンダリング・アルバトロス・クラブ 「マリオン島で繁殖するアホウドリやミズナギドリを襲い、殺してしまう外来種のハツカネズミを駆除するために100ヘクタールのスポンサーとなったのです。 左から。バードライフ世界会議の100周年記念ディナーにて、ジェフ・ボール、ギリー・バンクス、メリー・ボール、トニー・マーティン(サウスジョージア生息地回復プロジェクトディレクター)(2022年9月、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館、写真:マークD.アンダーソン Geoffの手紙 MFMニュース 「私は2つのRSPBに積極的に参加し、サポートしてきました。 RSPB -率いるネズミ退治に積極的に参加し ヘンダーソン島 ピトケアン島のヘンダーソン島と シャイアント諸島 スコットランド [...]

アルバトロスが最終的に勝者となる! ネズミのいないマリオン」プロジェクトがEOCAから助成を受けることになりました。

11月 2nd, 2022|0 Comments

先日、「マウスフリー・マリオン(MFM)プロジェクト」が、2022年欧州野外保全協会(EOCA)の最終選考会に進出しました。 EOCA )プロジェクト資金投票に参加しました。 に他の3つの注目すべきプロジェクトと一緒に掲載されています。 ワイルド・プレイス MFMプロジェクトは、マリオン島の海鳥を保護するための極めて重要な活動に対して、5万ユーロの資金を受け取ることになりました。 その後、MFMプロジェクトは、南アフリカ国内はもとより、世界各国から広く支持されるようになり、ターゲットを絞ったキャンペーンを展開しました。 ソーシャルメディアキャンペーンは数千人に達し、その投稿はパートナー機関やプロジェクトサポーターによって共有されました。 票を集めるためにメールキャンペーンを行い、友人や同僚、研究機関のネットワークに働きかけ、関心のある団体にレクチャーを行いました。 私たちの投票への呼びかけは、海洋空間や亜南極・南極地域で活動する研究グループや研究機関に共感していただきました MFMプロジェクトが受けた支援はすごいものでした。 マリオン島の海鳥に投票してくださった方、ソーシャルメディアの投稿をシェアしてくださった方、メールを転送してくださった方、励ましのメッセージを送ってくださった方、一人ひとりに感謝します。 この資金は、マリオン島でのネズミ駆除に必要な資金の一部に過ぎませんが、私たちの目標達成のために非常に大きな助けとなります。 プロジェクトの進捗状況を知りたい方は、ぜひご登録ください。 ニュースレター また、ソーシャルメディアのアカウント( インスタグラム および フェイスブック ). マウスフリーマリオンプロジェクトチーム、2022年11月02日

率先して挑戦すること。 バードライフ・エテクウィニ・KZN、「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」への支援を強化

10月 25th, 2022|0 Comments

上の写真バードライフ・イースクウィニ・KZNの熱心なメンバーが南アフリカのダーバンを出発し、海鳥の観察に出かける。 バードライフ・エテクウィニ・KZN は、南アフリカのクワズール・ナタール州にあるダーバン広域市町村圏を対象としたバードクラブです。 1949年にナタール・バード・クラブとしてダーバンに設立され、アフリカで最も古いバード・クラブの一つである。 のアフィリエイト・クラブとして バードライフ・サウス・アフリカ バードライフ・イースクウィニ・KZNは、州内の鳥類とその生息地の保護に関する親組織の目標を共有しているため、クラブは保護において重要な役割を果たすと同時に、クワズールー・ナタールのバードウォッチングのさまざまな側面に影響を及ぼしています。 鳥とその生息地に対する認識を高めることは、クラブの主要な目的の一つであり、もう一つの主要な目的は、保護活動を支援し、可能な限り重要な保護プロジェクトの資金調達を支援することです。   保全のための資金調達 マウスフリーマリオンプロジェクト マウスフリーマリオンプロジェクト (MFM Project)は、クラブが中心となって進めているプロジェクトの1つです。 さまざまなイベントや、私たちの年間カレンダーを中心に、鳥に関する保全のための資金を集めています。 現在までに、MFMプロジェクトへの寄付は総額4万レアルに増え、海鳥の生息数を脅かしているハツカネズミを確実に駆除するために、マリオン島の40ヘクタールを後援しています。 また、クラブはさらに4ヘクタールを後援しており、そのうち2ヘクタールは故委員会メンバーのアーニア・ファン・ヴーレンさんを偲んで、2ヘクタールはアーバン・バーダーNDM財団のために寄付しています。 これにより、これまでに協賛を行った他の24の加盟クラブ(40クラブ中)の中で、明らかにトップの座を獲得しました。 クラブとそのメンバーは、MFMプロジェクトが南アフリカと私たちの国の組織で行われている最も重要な保護活動の一つであると信じています。 つまり、可能な限りサポートを提供するように努めています。 クラブは、これまで一つの保護プロジェクトに対して最も多額の資金を提供できたことを非常に誇りに思っています。 また、ビル&アン・ブレーン、ニコレッテ&ティッキー・フォーブス、ロブ&ペイジ・マクレナン=スミス、セシリー・サーモン、ダエル・ストヤコビッチなど、複数のクラブメンバーが個人スポンサーとして協賛しています。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクトはマンモス級の挑戦であり、成功させなければなりません。そこでバードライフ・イーザクウィニKZNは、南アフリカの他の加盟バードクラブとその会員、および他の保護NGOに、この重要なプロジェクトを支援するためにパーティーに参加するか既存のスポンサーシップを増やしてくれるよう、呼びかけを行なっています。 私たちが同じ方向に力を合わせれば、大きな変化をもたらすことができるのです。 ありそうな一団。 海鳥の仮装で「Flock to Marion 2022」クルーズに参加したクラブ員たち クラブの詳細 バードライフ・イーザクウィニ・KZNは過去2年間で大きく成長し、現在では600人以上の会員がおり、会員の特典として年間約80のアクティビティを無料で楽しむことができるようになりました。 これらの活動は、クラブの自然保護基金への寄付を条件に、ビジターにも開放されています。 月例アクティビティは、どのような外出なのかがわかるように少し再構成しました。つまり、クラブでは通常のアクティビティにラベルを付け、アイコンでブランド化しました。ウォーキングやシットインなどの対面式のアクティビティはこれまで通りですが、アトラス、ウィークエンド・アウェイ、デイトリップが追加されました。 [...]

マリオン島のアホウドリとネズミの被害を受けたウミツバメを特集:オオミズナギドリ(Stefan Schoombie氏

10月 18th, 2022|0 Comments

上の写真。巣穴で卵を抱くオオミズナギドリ 注:この記事は、マリオン島で繁殖している海鳥を紹介する不定期連載の9回目です。 マリオン島 マウスフリー・マリオン・チーム」のメンバーや島の研究者、写真家が、島と鳥に寄せる熱い思いを読者に伝えることを目的としています。 ここでは、ケープタウン大学のStefan Schoombie氏による ケープタウン大学生態環境保全統計センターのStefan Schoombieが 冬に繁殖するオオミズナギドリとの共同作業について書いています。 オオミズナギドリ 南アフリカ共和国の南インド洋にある亜南極海域に何度か長期滞在し、冬に繁殖するオオミズナギドリを観察したときのことを語っています。 ステファンがMFM Newsに掲載したマリオン島の 世界的に絶滅の危機に瀕している ススイロアホウドリPhoebetria fusca について こちら . スーティ・アルバトロスの繁殖を見守る中、マリオン島の海岸の崖を降りるStefan Schoombie氏 私は過去9年間、マリオン島でかなりの時間を過ごすことができました。 研究対象はアホウドリや大型のミズナギドリが多かったのですが、2019年は小型のゴシキドリに焦点を当てたプロジェクトに取り組みました。 マリオン島には、巣穴に巣を作るウミツバメが数種類繁殖しています。 巣穴に巣を作る鳥は、本土ではあまり馴染みのないものですが、亜南極の島々ではよく見られるもので、何百万羽もの鳥が厳しい気候や、彼らを捕食する大きな海鳥から逃れるために地下にトンネルを掘っています。 巣穴の鳥を研究するのは大変なことですが、この特別な鳥を間近に見ることができるので、やりがいがあります。 マリオン島では、オオミズナギドリの巣の一部をモニタリングし、繁殖期を通じてその経過を観察しました。 この鳥は数メートルに及ぶ長いトンネルを掘ることができるので、巣の中身を観察できるように点検口を設置することもしばしばでした。 しかし、巣穴の中には非常に浅いものもあり、この美しくなめらかな鳥のユニークな姿を見ることができるのです。 巣穴スコープからの眺め-オオミズナギドリの成鳥とヒナの巣立ち 地下数メートルに巣を作る鳥を研究するのは大変なことですが、現在ではより効率的に鳥の繁殖状況を把握するためのツールが利用できるようになっています。 [...]

マリオン島と絶滅の危機に瀕した海鳥のための投票

10月 14th, 2022|0 Comments

欧州アウトドア保護協会(EOCA)は、自然や野生の場所の保護を支持するビジョンを持っています。 現在、ノルウェーからスペイン、英国からチェコ共和国に至るまで、150以上の会員がこの「非営利の」協会に所属しています。 特定のプロジェクトに直接資金を提供する慈善団体として、協会はヨーロッパのアウトドア産業が環境に何かを還元することを約束し、皆で協力することで真の変化をもたらすことができることを示したいと考えています。 協会会員が推薦する自然保護団体は、特定のプロジェクトに対して最大5万ユーロの助成金を申請することができます。 選ばれるプロジェクトは、メンバー同様、世界各地に広がっています。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクトは、「ワイルド・プレイス」部門の最終選考に残っており、マリオン島からネズミを根絶するという私たちの最終目標に貴重な貢献をするこの資金を獲得することができます。 この助成金を獲得するために、プロジェクトは一般投票を経て、現在、10月26日まで公開されています。 マリオン島の海鳥を救うため、MFMサポーターの皆様には、EOCAのウェブサイト上で「ネズミのいないマリオン島プロジェクト」に投票していただくようお願いしています。 マウスフリー・マリオンプロジェクトに投票し、あなたのネットワークで広く共有し、投票を呼びかけてください。   マリオン島の海鳥を救うための投票はこちら   2022年10月14日

ミッドウェイ海鳥保護プロジェクトは、来年、環礁に侵入したハツカネズミを駆除することにしている

10月 11th, 2022|0 Comments

写真上ミッドウェイ環礁のサンドアイランドの海岸に設置された案内板 ミッドウェイ環礁 は、ハワイ諸島の北西2000kmに位置し、アメリカのパパハナウモクアケア海洋記念公園を構成する低平な環礁群の最後から2番目の島です。 パパハナウマクアケア海洋国定公園 . 環礁は3つの島からなる。サンド島(450ha)、イースタン島(130ha)、スピット島(7ha)の3つの島で構成されています。 島々はほとんどが低平地であり、いたるところに人の手が加わってきた歴史が感じられます。 ミッドウェイは歴史的に軍事基地であり、第二次世界大戦で最も重要な戦いのひとつ(同名の「ミッドウェイ海戦」)の中継地であった。 ミッドウェー海戦 1942年6月)の舞台となった場所でもある。 かつてこの島は、アメリカ海軍から魚類野生生物局( FWS に譲渡されるまでは、5000人を養えるほどのインフラが整っていたと聞いています。 以来、環礁は国家記念物、緊急滑走路、国立野生生物保護区として管理され、動植物の生息地の保護と回復に努めている。 現在、ミッドウェイには約45人が住み、島の機能を支えている。 ミッドウェイ環礁のレイサンアルバトロス 毎年40万組以上の レイズンアルバトロス Phoebastria immutabilis)が巣作りと子育てのためにミッドウェイに戻り、それとほぼ同じ数の 小笠原諸島海鳥 Pterodroma hypoleucaが巣穴を掘って巣を作る。 この2種は最も人気のある種ですが、他にも以下のような海鳥が繁殖のために環礁を利用しています。 クロアシアホウドリ , フェバストリア・ニグリペス ブラック Anous minutusと ブラウン A. stolidusNoddies, [...]

マウス・フリー・マリオン・プロジェクト管理委員会のメンバー、キャロル・ジェイコブスがバードライフ・サウス・アフリカからフクロウ賞を受賞

10月 4th, 2022|0 Comments

上の写真バードライフ・サウス・アフリカのフィリップ・カリニコス理事長から フクロウ賞を授与されるキャロル・ジェイコブス さん 9月20日に バードライフ・サウスアフリカ のCEOである マーク・アンダーソン 主催するNGOの フクロウ賞 ヨハネスブルグの本部、Isdell Houseで開催されました。 フクロウ賞は毎年、南アフリカの鳥類とその生息地の保護に貴重な貢献をした、ふさわしい受賞者に授与されます。 今年の12賞のうち1賞は、「マウスフリー・マリオン・プロジェクト」運営委員会のメンバーであるキャロル・ジェイコブス氏が受賞しました。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト運営委員会 南アフリカ共和国森林漁業環境局を代表する 南アフリカ共和国森林・漁業・環境局を代表しています。 . 2008年、マリオン島のシップス・コーブのビーチで、好奇心旺盛なキングペンギンとともに撮影するキャロル・ジェイコブス。 キャロル・フクロウ賞の引用文は以下の通りです。 フクロウ賞には、クリストファー・グレイグ作のメンフクロウの像と額装された賞状が付属します。 「キャロル・ジェイコブスは、南アフリカ共和国森林・漁業・環境局(およびその前身)に長年勤務し、現在はDFFEの環境プログラム部門に所属しています。 30年以上にわたり、DFFEのプリンスエドワード諸島諮問委員会(PEIAC)のメンバーとして、プリンスエドワード諸島の環境管理に携わっている。 彼女は、1年間島で過ごす環境管理官とのDFFEの連絡役として、彼らの現地調査の指揮や諮問委員会への報告書の作成を手伝っています。 この仕事の重要な部分は、島の外来植物や無脊椎動物の駆除に貢献したことです。 マリオン島(およびゴフ島)への毎年の研究訪問では、部門の上級代表を務めてきた。 そのうちの数回は、マリオン島の環境調査を実施し、島にある野営小屋の環境「足跡」を評価するために1週間かけてハイキングするなどしています。 また、キャロルは南アフリカ国立南極プログラム(South African National Antarctic Programme)において、バイオセキュリティに焦点を当てた活動を行う上で特に重要な役割を果たしました。エスエヌエーピー特に、新種の外来げっ歯類、無脊椎動物、植物がマリオン島に到達する可能性を減らすことに関連して、このリスクに対処するための能力と実務を向上させる同局の取り組みを調整しました。 [...]

マリオン島越冬隊のニュースレター「ワンダラー」の紹介

9月 27th, 2022|0 Comments

写真の上。第79期マリオン島越冬隊ニュースレター「The Wanderer」2022年7月号の表紙 1947年、南アフリカが当時無人島だったマリオン島を併合した。 それ以来、気象観測や自然科学の研究の場として、休むことなくこの島を占拠してきた。 それ以来、毎年(当初は数年間、半年に一度)越冬するチームが、文明の親族や友人から隔離されたこの島で生活し、仕事をしている。 当初、南アフリカとの通信はモールス信号のみであった。 1970年代後半、救援航海でマリオンに2週間ほど滞在して海鳥の調査を始めた頃、週に一度、数文字のショートメッセージをテレックスで自宅に送ることができた。 本土で受け取り、プリントアウトして、事前に預けた封筒に切手を貼って自宅に郵送した。 手書きのメッセージを受け取った通信士は、送信した内容を自分の胸にしまっておくことを期待されたが、大切な人に送るメッセージにはプライバシーはあまりない。 また、滅多に使わないが、毎週短波ラジオで通話することも可能であった。 しかし、過年度の受賞者は、今でも12ヵ月間、島に隔離されたままである。 現在では、隊員も救援隊員も、気象基地の所定のブースを利用して衛星電話で自宅に連絡し、天(衛星)が許せば、島の写真を添付してEメールで連絡することもできるようになった。 パソコンと適切なソフトウェアを利用することで、チームメンバーは、自分たちで撮影した写真をカラーで掲載した、デザイン性の高いニュースレターを作成することができるようになりました。 当初は友人や親戚のためだけに生産し、かなり控えめなスタートでした。 ザ・ワンダラー (のウェブサイトからダウンロードすることができます。 南アフリカ共和国の南極遺産 (また、南アフリカ共和国国家南極プログラム(エスエヌエーピー). M79初のニュースレター、2022年6月配信分 各越冬隊はニュースレターの発行頻度を決め(毎月の場合もあれば、もっと少ない場合もある)、編集者を自分たちの中から選びます。 4月に来島した現チーム(M79)は、これまでに2号を制作している。 共同編集者は2人で、1人はマウスフリーマリオンプロジェクトの現地研究者である エルザ・ヴァン・ヒンケル . マリオン島内部の氷の洞窟の外にいるエルザ・ファン・ヒンケル - 地球温暖化と気候変動により徐々に消滅している について 最新号 The Wanderer』2022年7月号には、エルザさんの記事が掲載されています。 [...]

100万匹のネズミ」プロジェクトが成功し、ニュージーランドのアンティポーズから外来種のハツカネズミを一掃することができた

9月 20th, 2022|0 Comments

写真上アンティポデス島での空中給餌の様子 編集部注:今回のゲスト記事は、ニュージーランド自然保護省のスティーブン・ホーン氏( DOC のマネージャーとしての役割について述べています。 ミリオンダラーマウス "6年前、アンティポデス島でハツカネズミの駆除に成功したプロジェクトの責任者であるスティーブン・ホーン氏は、その役割をこう語る。 彼の体験談は、「マウスフリー・マリオンプロジェクト」の活動に役立ち、また励みにもなるでしょう。 マウスフリー・マリオンプロジェクト 南極の島でネズミを根絶し、生態系を回復させることは本当に可能なのだということを、彼の体験談はチームや多くの支援者に伝えてくれるだろう。 今後も、世界各地の島嶼部におけるネズミ駆除の完了・計画について紹介していく予定です。 スティーブンの説明は以下の通り。 スティーブン・ホーン、オーストラリアのマッコーリー島にて 6年余り前、「100万匹のネズミ」チームは、2ヵ月半かけてアンティポデス島でネズミを駆除し、ニュージーランド本土に上陸した。 アンティポーズ諸島(2100ha)は、ニュージーランドの亜南極諸島地域にある5つの島々のうちの1つです。 ニュージーランド自然保護局によって管理され、自然保護区として保護されています。 自然保護区 保護されています。 について ニュージーランド南極地域諸島 は、5つの島々を含む自然遺産で、「顕著な普遍的価値」があるとして1998年に登録されました。 ハツカネズミは、1907年に初めて記録されたアンティポデスの唯一の哺乳類害獣であるが、もっと早くから生息していた可能性もある。 そのため、島の固有種や希少種、世界的に絶滅の危機に瀕している種に多大な悪影響を及ぼしている。 2012年、DOCはモルガン財団とパートナーシップを結びました。 モーガン財団 を設立し、ネズミの駆除プロジェクトを開始しました。 このアイデアは、探検的な探検( アワ・ファー・サウス )に続くものです。 この地域の美しさ、野生動物、脆弱性は、皆を魅了していた。 そこで、何かできることはないかと考え、「100万匹のネズミ」プロジェクトが生まれました。 島の生物多様性を守り、在来の無脊椎動物の捕食や固有種の陸生鳥類との競合を食い止めることで、島の回復を図ることを目的としています。 また、ゴフ島とマリオン島で見られたように、ネズミを駆除することは海鳥を将来の攻撃から守ることにもなる。 これは「遠征型」のプロジェクトで、チームは機材とヘリコプター3機とともに船でアンティポーズ島に移動し、空中餌の散布が完了するまでキャンプを張るというものでした。 [...]

2.5%から67%へ! ロード・ハウ島でネズミを駆除したクロウミツバメの繁殖成功は、マリオン島の悩めるウミツバメにとって朗報である。

9月 8th, 2022|0 Comments

写真上 タスマン海に浮かぶ世界遺産「ロード・ハウ島」。 写真:Ian Hutton Terence O'Dwyer(保全・修復科学。 計画・環境局 Ltd., New South Wales, Australia)らの研究グループが、学術誌『The Journal』に発表しました。 バード・コンサベーション・インターナショナル クロウミツバメの繁殖回復について オーストラリア・ロードハウ島におけるPterodroma nigripennis (シップドラットまたはブラックラットの駆除活動後 ラットスラットス 上陸したクロウミヒドラワシ ロード・ハウ島委員会の環境/世界遺産担当マネージャー、ハンク・バウワー氏によると、2021年7月28日に島で最後の生きたネズミが発見されたとのことです。 ただし、ネズミがいなくなったことを正式に発表するのは、最後にネズミが検出されてから2年後の最終チェックの後なので、2023年8月までには発表されないという。 しかし、それ以前に、海鳥たちは繁殖の成功率を高めることで、自ら決断を下しているのです クロウズメバチの繁殖率は、ネズミがいるときの2.5%から、ネズミ駆除プロジェクトの直後には67%へと大きく改善されたという著者の発見は、マリオン島の穴居海鳥、特にオオミズナギドリの運勢に良い兆しを与えている。 大黄斑紋 と灰色ウミツバメ ドクウツギどちらもネズミが最もお腹を空かせる冬に繁殖する。 マリオン島で巣穴にいる灰色海燕のヒナに近づくハツカネズミ(中央)、左は成鳥。 写真:Ben Dilley   [...]

南アフリカのロータリー・クラブが「ネズミのいないマリオン」プロジェクトのスポンサーとなり、チャレンジに挑む

9月 6th, 2022|0 Comments

上の写真Knights Pendragonロータリー・クラブは、マウス・フリー・マリオン・プロジェクトに17,000レアルの寄付を行いました。 今年5月、マリオン島から帰国した直後のこと。 マリオン島を訪れました。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー アントン・ウォルファールト このプロジェクトについてのオンライン講義を ナイツ・ペンドラゴン・ロータリー・クラブ ナイツ・ペンドラゴン・ロータリー・クラブ(南アフリカ、ハウテン州イーデンベール市)にて、オンライン講演を行いました。 講演の後、クラブの事務局長ジム・ランキン氏からアントンに手紙が来た。「あなたが帰った後、私たちはもう1ヘクタールのスポンサーになるために1000レアルの資金を集めました。あと4ヘクタールは、すぐにでもスポンサーになれるかもしれない」。 4月の10ヘクタールに続き、現在では17ヘクタールを支援し、マリオンからネズミを駆除しています。 ジムは以前、MFM Newsにこう書いていた。「マウスフリー・マリオンのスポンサーシップは、最初にFlock at Sea Again!で提案されたとき、私は、マウスフリー・マリオンのスポンサーシップに同意しました。 2017年のクルーズ、妻の禅と私は列の先頭にいて、[were] 非常に早いスポンサーでした。 と共に マリオンに群がる2022年 クルーズ[then] が近づいてきたので、クラブとして1ヘクタールのスポンサーをすることにしました。 私たちは、マリオン島のネズミを駆除することで、環境に大きく貢献することができる、そんなチャンスを持っているのです。" Knights Pendragonロータリー・クラブは、ロータリー第9400地区内のクラブであり、全世界に32,000以上のクラブがある529のロータリー地区の一つである。 国際ロータリー . 「ロータリーは、140万人の隣人、友人、リーダー、問題解決者から成る世界的ネットワークであり、人々が団結し、世界全体、地域社会、そして自分自身の中に永続的な変化をもたらすために行動する世界を見ています」。 国際ロータリーの現在の7つの「奉仕部門」のうち、環境部門はまさにその1つです。 南アフリカでスポンサーシップを行うのは、ジム・ランキン氏のロータリー・クラブだけではありません。 のトニー・デイビッドソン。 ニューランズ・ロータリー・クラブ は、以下のように書簡を送りました。 MFMニュース:"ピネルンド・ロータリー・クラブから、1ヘクタールを購入するようにとの挑戦があり、私たちはそれに応じました。私たちは、ニニ・ファン・デル・メルヴェ氏を招いて、マリオン島のネズミ問題についてクラブで講演してもらいました。その話をもとに、私たちはさらに5000レアルの寄付をすることを決議しました。" 現在、クラブのスポンサーは6ヘクタールとなっている。 [...]

空中ネズミ駆除作業の要となる「エサ撒きバケツ

8月 30th, 2022|0 Comments

写真上餌を回収するため、餌バケツを荷台に振り下ろす。 注意 この記事は、MFM Newsがマウスフリー・マリオンのオペレーション・マネージャー、キース・スプリンガー氏に依頼した連載記事の第2回で、マリオン島から外来種のハツカネズミを駆除するために計画されているベイト剤による駆除について詳しく説明しています。 の 最初の投稿 では、島の地形をもとに、フィールドベイト基地となる場所を選定するプロセスを紹介しました。 この記事でKeithは、餌撒きバケツがどのように設計され、フィールドで一匹のネズミも餌のペレットに遭遇しないように餌を撒くという役割を担っているかを説明しています。 次の記事では、実際のエアリアルベイトの作業そのものについて説明します。   キャブレターの凍結を防ぐためのシールドが付いた、エサ用のバケツに載せられたエンジン。 フレームの底に貼ってある青いプラスチックは、ベイトペレットがスピナーによって飛び散るのを抑えるためのものです(羽根が見える状態で下に見えます)。 島嶼部でのネズミ駆除を目的としたエアベイト作戦は、多くの要素を含んでいます。 それらの構成要素が、適切な時期に、適切な場所で、適切な人と、適切な天候で揃わないと完成しないのです。 今回は、お腹を空かせたネズミにエサを撒くための重要な道具である「エサ撒きバケツ」(通称:エサバケツ)の役割についてご紹介します。 上部にローターを搭載し、音を立てて空を飛び回る獣に注目が集まる。 そして、経験豊富なベイト剤パイロットが操縦するヘリコプターは、ネズミの空中駆除を行う上で非常に有効なプラットフォームとなるのです。 ヘリコプターの下に吊るされているのは、地上のネズミに餌を撒くためのもので、島全体に均等に分布している。 ネズミ駆除の基本は、ネズミ一匹一匹が致死量のエサに出会う(食べる)ことです。 ハツカネズミの場合、縄張りが非常に狭いため、島の根絶プロジェクトで通常使用される製剤でネズミを殺すのに十分なベイトペレットを、潜在的なネズミの縄張りにすべて着陸させる必要があるのです。 エサのバケツ トラクターに搭載して農地に肥料を撒くためのバケットを改造したベイト(またはスプレッダー)バケットは、ヘリコプター用にも簡単に適応させることができ、同様に モンスーンバケット と同じように、ヘリコプターでも使えるようになりました。 肥料の散布に必要な原理と構成要素は、エサの散布にも当てはまります - 均等かつ徹底した散布が必要です。 ベイトバケツの上部からスタートするのは スイングツリー ヘリコプターの下にあるカーゴフックに接続するアタッチメントです。 スイングツリー(馬車の意)は、バケットとほぼ同じ幅の鉄板である。 スイングツリーから2本のステンレス製(またはケブラー製)ケーブルが伸び、バケットの側面に取り付けられている。 スイングツリーは、アタッチメントケーブルがバケットに垂直に落ち、斜めに広がらないようにするための広がりを持っています。 [...]

ネズミのいないマリオン計画への賛同:島の脊椎動物駆除の成功率88%を示すレビュー論文

8月 23rd, 2022|0 Comments

写真上 オーストラリアのマッコーリー島で、ハツカネズミなどの外来脊椎動物を駆除したグレイヘッド・アルバトロス。 写真:Melanie Wells Dena Spatz(シニアコンサベーションサイエンティスト。 環太平洋の保全, Hawaii, Honolulu, USA)らは、オープンアクセスでジャーナルに掲載されました。 サイエンティフィックレポート は、100年間に998の島で行われた1550件の外来脊椎動物の駆除の試行を統合し、成功率88%、処理島の規模は着実に増加していることを示した。 筆頭著者はMFM Newsに次のように書いています。 「この研究は、島嶼部からの外来種の根絶は、世界の島々で適用されている一般的で非常に成功した手段であることを示しています。 この結果は、特に南アフリカのマリオン島のような生物多様性のホットスポットにおいて、重要な復元プロジェクトを推進する自信を強めてくれます。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト 侵略的なネズミを駆除することは、絶滅の危機に瀕した海鳥を保護し、地球規模の生物多様性と生態系の利益をもたらすでしょう。 また、「私たちの研究により、外来種の駆除の成功率は高く、長期にわたって安定していることがわかりました。これは、種の絶滅を防ぎ、島の生態系を回復させようとする人々やパートナーシップの懸命な努力の証です」 ( こちらをクリック ). この研究結果は、外来種のハツカネズミを根絶しようとするMouse-Free Marion Projectに勇気を与えるものです。 また、プロジェクトチームの士気も高まりました。 問題:マリオン島でネズミにひっかかれたグレイヘッドアルバトロスのヒナ。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクトは、アホウドリを殺すネズミの根絶を目指して活動しています。 写真:Ben Dilley 論文の要旨は以下の通りです。 「島は生物多様性と絶滅の世界的なホットスポットであり、地球の陸地面積の5%程度を占め、世界的に絶滅の危機にある脊椎動物の40%、1500年代以降の世界の絶滅の61%に相当する。外来種は島嶼における生物多様性損失の主な要因ですが、島嶼からの外来種の根絶は、これらの傾向を停止または逆転させる上で効果的でした。この保全手段の世界的な大要は、ベストプラクティスを拡大し、生物多様性の成果を最大化するためのイノベーションを可能にするために不可欠である。本報告では、100年以上にわたる島嶼部からの脊椎動物の駆除を総括し、998島における1550件の駆除の試みと88%の成功率を示した。その結果、1980年代以降、主にネズミの駆除を中心に駆除活動が活発化していることがわかった。島嶼部における年間駆除件数は2000年代半ばにピークを迎えましたが、年間処理面積は飛躍的に増加し続けています。この傾向は、駆除効果の向上とプロジェクトの複雑化を反映しており、保全上の利益が増加している。このように、世界的な生物多様性保全の成果に対して、各国の取り組みが大きく寄与していることが示された。島嶼部からの侵略的脊椎動物駆除へのさらなる投資は、気候変動に対する生物多様性の回復力を強化し、人間社会へのコベネフィットを創出しながら、生物多様性保全を拡大する。" 人気のある出版物の記事を読む [...]

ネズミのいないマリオン計画」のエサ置き場は、どのように選ばれているのですか?

8月 16th, 2022|0 Comments

写真上。硬質で平坦、スペースも十分。 マリオン島のミデルマンに近い、あまり人が訪れない内陸部のこの場所は、餌を積むのに適した場所として確認されています。 写真:Anton Wolfaardt マリオン島での殺鼠剤の空中散布によるハツカネズミの駆除は、一度の作業としては圧倒的に広い面積を必要とするため、その計画は容易ではありません。 とは、控えめな表現ですね。 このサイトの記事をご覧になっているプロジェクトサポーターの皆さんは、数え切れないほどのプランニングの詳細について、興味を持って読んでいただけると思います。 駆除を成功させるためには、適切なベイト剤投入(および補給)場所を選ぶことが重要な条件の一つです。 天候の良い日が少ない中で餌を撒く時間を最大限に確保するため、袋入りの餌と十分な燃料用ドラム缶が入ったポッドを備蓄する場所(「餌置き場」と呼ばれる)を、マリオン島の約300km2の地域にあらかじめ設置しておく必要がある。 オペレーションマネージャー キース・スプリンガー 同行者 プロジェクト・マネージャー Anton Wolfaardt が、毎年5月に行われるマリオンへの救援航海に参加しました(こちらをご覧ください)。 地図で候補地を確認した後、ヘリコプターで偵察に行き、地図で見たのと同じように現地で確認するのである。 これは、2018年の訪問時に同様の演習を行ったが、残念ながら時間内に完了することができなかったことに続くものである。 マウスフリー・マリオン・ニュースでは、この重要な仕事について、キース・スプリンガー氏にインタビューを行いました。 MFMニュース :サイトに求められる物理的条件とは? 2011年、マッコーリー島のハードポイントで、ヘリコプターが2列に並んだ餌ポッドから同時に餌を積み込む。餌場は、季節的に誰もいないロイヤルペンギンのコロニーに設置された。 写真:Keith Springer KS:主に、隣接する丘陵地の地形がほとんどない、堅固な地盤の上に、適度に広く、平らで、均等な敷地が必要です。 また、卓越した風向きと適切なアプローチが必要で、すぐに隆起する地面がなく、風上方向に下り勾配になっているのが理想的です。 これは、荷物を満載して離陸するヘリコプターの下に落下地があり、必要に応じてスピードを上げることができるようにするためです。 また、積み込む場所の地面も均一である必要があり、大きな石や大きな植物の塊が多いと適さない。 餌ポッドは平らである必要があります。餌ポッドを設置した後、積み込みチームが餌バケツに餌を入れるために立つプラットフォームになるからです。 岩場などで地面が凸凹していると、ポッドが平らにならなかったり、隣のポッドと高さや角度が違ったりして、プラットフォームとして使用するには不安定になります。 また、餌場が必要とするすべての活動や補助的な設備に十分な空間的な広さが必要です。 例えば、ヘリコプターの燃料であるジェットA1のドラム缶をたくさん置くスペースと給油場が必要です。 ヘリコプターが給油のために着陸するたびに、GIS技術者がヘリコプターのところに行き、搭載されたGPSユニットから最新の飛行ラインをダウンロードする必要があるため、これらは餌の積み込みラインの近くにある必要があります。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトがナショナルウーマンデーを記念して、島の女性たちの歴史を紹介

8月 9th, 2022|0 Comments

写真上マリオン島に上陸した最初の女性として知られるヘイゼル・ワットさん(1959年6月2日撮影 「ナショナル・ウィメンズ・デーは南アフリカの祝日です。 祝日 毎年8月9日に祝われています。 1956年に約2万人の女性たちが行進したことを記念する日です。 ユニオンビルディング で プレトリア に反対する請願書を提出しました。 パス法 この法律により、南アフリカ人は「黒人」と定義されるようになりました。 人口登録法 この法律は、人口登録法の下で「黒人」と定義された南アフリカ人に、通帳と呼ばれる国内パスポートを携帯させるもので、人口隔離の維持、都市化の抑制に役立っていました。 都市化 アパルトヘイト時代には、人口隔離の維持、都市化の抑制、移民労働の管理などに役立った。 アパルトヘイト時代 . 女性たちは30分ほど黙って立っていたが、この日にちなんで作られたプロテストソングを歌い始めた。Wathint'Abafazi Wathint'imbokodo!(今、あなたは女性たちに触れた、あなたは岩を打った)。 ナショナル・ウィメンズ・デーは、国際女性デーとほぼ同じ原則に基づいています。 国際女性デー 同じ自由と権利のために努力する」( ここをクリック ). が行った歴史的調査から確実に判明しているプリンス・エドワード諸島への人類初の上陸は、以下の通りです。 南アフリカ共和国の南極遺産 しかし、その数年前からマリオン島とプリンス・エドワード島にはアザラシが上陸していた可能性が高い。 しかし、その後150年の間、上陸したのはすべて人間であったということは、ほぼ確実なことである。 実際、女性による着陸が初めて確認されたのは、1959年のことである。 この年の6月2日、救援船に乗客として乗っていた無線技師の妻ヘイゼル・ワットは、「気象台で数時間過ごす」ことを許され、陸に上がった。 SANAPの海洋学者Pamela Laycock氏が上陸して一夜を明かした(1979年9月13日 この短い訪問から20年後、南アフリカ国立南極プログラム( [...]

ネズミ駆除の自信を深める:マリオン島の溶岩トンネルに手作業で餌をまく

8月 2nd, 2022|0 Comments

写真上1818年8月、ウィリアム・フェルプス(「ウェブフット」)がマリオン島でハツカネズミを初めて報告した場所である。 マウスフリーマリオンプロジェクト マウス・フリー・マリオン・プロジェクト は、ヘリコプターを使って、殺鼠剤のベイトペレットをマリオン島全域にあらかじめ決められた飛行ルートで散布します。 地表全体にベイト剤を撒き、ネズミのテリトリー1つ1つに十分なベイト剤が撒かれるようにします。 ハツカネズミは、1匹が1ペレット以下の致死量のエサに出会い、それを食べることが成功の条件となります。 フレッズヒルの斜面下部にある溶岩トンネルの入り口、写真:Ian Meiklejohn マリオン島には、洞窟や溶岩トンネル(チューブ)が点在しています。 ネズミは確かにこれらの地形に生息しており、島でネズミの生息が確認された最も古い年の1818年には、洞窟の中で記録されています ( ここをクリック ). Marionやその他の場所での実験(マーク/再捕獲法を使用)では、洞窟に住むネズミは通常そのような場所の外で採餌し、その間に餌を消費することが分かっている。 しかし、ネズミが大きな洞窟や溶岩のトンネルの中で十分な餌と水分を見つけることができれば、必ずしもそうなるとは限りません。 外での採餌をしないネズミがいる可能性に対して、本プロジェクトが採用する緩和策は、そのような特徴を特定し、手作業でその中に餌を撒くことである。 フレッズケイブの内部から入り口方向を見る。 洞窟の床に見える2つのネズミ捕り(黄色の反射テープが目印)写真:Peter Ryan ヘリコプターから撒いたエサは、洞窟や溶岩トンネルに深く入り込むことはないが、その入り口付近にはペレットが落ちていることもある。 このような場所にベイト剤を手撒きする計画を支援するため、プロジェクトでは既知の場所の登録を行っています。 上の地図は、マリオン島に関する知識と経験を持つ多くの人々によって、すでに確認されている洞窟と溶岩トンネルの一覧です。 によって検証される予定です。 エルザ・ヴァン・ヒンケル マウスフリー・マリオンの越冬隊員であるエルザ・ヴァン・ジンケルが現地で検証します。 マリオン島で知られている洞窟と溶岩トンネル、9つの野戦小屋も表示されている MFMプロジェクトチームは、マリオン島を知る様々な人々(過去のキャットハンターやフィールドリサーチャーを含む)に、このリストと地図を送り、さらなる特徴やサイトに関する情報を求めました。 マリオン島でのフィールド経験のある方からの写真、座標、近くの地形などの情報は、エルザが島の洞窟や溶岩トンネルを探し出し記録するのに大いに役立つだろう。 この記事の読者の方で、この点について情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、MFMプロジェクトマネージャーのAnton [...]

書評を掲載しました。サウスジョージア島における毛皮の侵略者の撃退:マリオン島への教訓

7月 26th, 2022|0 Comments

写真上サウス・ジョージアの奪還。 トニー・マーティンとチーム・ラットによる「亜南極の島における毛皮の侵略者の撃退」、表紙写真:キース・スプリンガー トニー・マーティンの著書(「チーム・ラット」と共著)には、南大西洋の南極大陸サウス・ジョージア島で、殺鼠剤処理した12500袋の穀物餌を3機の年代物のヘリコプターから1000平方キロメートルに空爆し、外来ネズミを駆除したという感動的な話が紹介されています。 2011年、2013年、2015年の3期に渡って島で行われた餌付け作業について、言葉とイメージで関連付けています。 この本は、2017年に島の侵略者であるノルウェーラットRattus norvegicusと ハウスマウスMus musculusがついにいなくなったことを確認する必須のモニタリングを行ったプロジェクトの最終的かつ重要な段階のための資金調達のために制作されました。 トニーさんの本には、撲滅プロジェクトの後援者である王女殿下が序文を寄せています。 キングペンギンを背景にしたサウスジョージアのトニー・マーティン氏(写真:Roland Gockel アンソニー(トニー)・マーティンは、サウス・ジョージア遺産トラストの生息地回復プロジェクトのディレクターを務め、現在はリモート環境センターの動物保護学の教授を務めています。 リモートエンバイロメンツセンター スコットランド、ダンディー大学リモート環境センター教授。 サウス・ジョージア・ヘリテージ・トラスト( SGHT は、島の重要な自然生息地の保全と保護を目的としたプロジェクトに取り組んでいます。例えば、約150年前に侵入したネズミのために繁殖ができなくなった絶滅危惧種の鳥類を、広大な土地に復元することなどが挙げられます。 船から岸へ:サウスジョージア島で殺鼠剤の餌を荷揚げする様子(Tony Martin氏撮影 著者の序文によると、この本は「高揚と低迷、興奮と挫折、恐怖と驚き、そして多くの単純な努力の物語である」と書かれている。 また、ネズミが通れない氷河が島をゾーン分けしているため、これほどまでに大きな島が段階的にベイト化されることに成功したことも示されている。 気候変動による氷河の後退で、ネズミのいない地域が危険にさらされており、根絶を遅らせるわけにはいかなかったのです。 計画から成功まで、2008年~2018年。チーム・ラットの年表、サウス・ジョージア・ヘリテージ・トラストによるインフォグラフィック トニーさんの本を読み、そこに描かれている素晴らしい景色に感嘆しました。 特に南アフリカのマリオン島では、アホウドリやウミツバメのヒナや成鳥を殺してしまう捕食性のハツカネズミが跋扈しており、南洋の他の島々でネズミを根絶する計画に拍車をかけています。 本書から伝わってくるチームラットの情熱、そしてそのプロ意識と最終的な成功は、マウスフリー・マリオン(MFM)プロジェクトがマウス撲滅に向けて取り組む上で、重要な教訓となるものです。 キース・スプリンガー MFMオペレーションズ・マネージャーのキース・スプリンガーは、チーム・ラットのベテランであり、サウスジョージアで学んだことがそのままマリオン島で生かされることは間違いなさそうだ。 マーティンはMFMプロジェクトに賛同し、「昨年、サウスジョージアで5シーズンにわたってノルウェーラットとハツカネズミの根絶に成功した『チームラット』のリーダーとして、南アフリカがマリオン島の外来ネズミを根絶するために計画している同様の取り組みに勇気づけられている」と記しています。成功から1年以内には、サウスジョージア島と同じように回復の兆しが見られると確信しています」。 [...]

外来捕食動物の島嶼部での駆除は、計画が正しく行われれば、ゲームのように変わる可能性があります。

7月 11th, 2022|0 Comments

写真上 もうすぐネズミがいなくなる。 アンティポデス島でエサ入れをする様子 注:キース・スプリンガーは マウスフリー・マリオン・プロジェクト 's オペレーション・マネージャー 南洋の島々における外来哺乳類の駆除に20年以上の経験を持つ。 特にマッコーリー島害虫駆除プロジェクト(Macquarie Island Pest Eradication Project)を主導した。 MIPEP を2006年から2015年にかけて設計から完成まで指揮した。 また、亜南極の島々だけでなく、アラスカ・ハワイ・南極など、両半球の海鳥の島々でネズミ駆除のアドバイザリーやオペレーションに携わっています。 ハワダックス イタリアの タヴォラーラ オーストラリア ロード・ハウ . この後の招待エッセイでは、この仕事の必要性と、成功のために何が必要なのかについて考えを述べている。 2016年、アンティポデス島でハツカネズミの駆除に成功した際、ヘリコプターの着陸帯からアンティポデス・アホウドリ Diomedea antipodensisのヒナを遠ざけるキース・スプリンガー 氏。 海洋島に生息する野生生物の大きな特徴は、陸上の哺乳類がいない中で種が進化してきたことです。 人類の探検と開発が拡大する以前は、陸棲哺乳類は遠く離れた海洋の島々に到達する手段を持っていなかった。 その結果、植物、無脊椎動物、鳥類の多くの種が、食用、草食、捕食などの哺乳類から隔離されて進化したことが明らかになった。 人類の技術革新が進み、ナショナリズムや好奇心、利潤追求の動機が交錯する中で、南洋の未知の島々が発見され、そこに生息する野生生物が利潤追求のために利用されるようになったのだ。 哺乳類は、その後の食料源として意図的に島に放たれたもの(草食動物)、密航者や難破船経由でやってきたもの(げっ歯類)、人間の仲間としてやってきたもの(犬や猫)がほとんどである。 哺乳類の不在下で進化してきたこれらの島々の植物や野生生物は、こうした新たなストレスに対処することができなかったのだ。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクト」、第2弾として絶滅危惧種であるススイロアホウドリを紹介するインフォグラフィックを制作

7月 7th, 2022|0 Comments

上の写真ススイロアホウドリ インフォグラフィック マウスフリーマリオンプロジェクト マウスフリー・マリオン・プロジェクト のために、2つ目の種族インフォグラフィックを作成しました。 絶滅の危機に瀕している スーティ・アルバトロスPhoebetria fusca. に関しては 以前のインフォグラフィック をご覧ください。 脆弱(ぜいじゃく)性 ワンダリングアルバトロス エクスランス (ここをクリック)、新しいインフォグラフィックは、アホウドリとミズナギドリの保全に関する協定と共同出版されました(エーキャップ). この2種のヒナは、島の殺人ネズミであるハツカネズミに襲われて命を落とす危険性があり、プロジェクトではその駆除に取り組んでいます。 今年の「世界アホウドリの日」を記念して制作された「すすきのアホウドリのインフォグラフィック」。 世界アホウドリの日 6月19日の「世界アホウドリの日」とそのテーマである「気候変動」をサポートするために作成されたインフォグラフィックは、ACAPのウェブサイトから入手可能です。 ACAPウェブサイト ポスターサイズ(約A2、A3)、ウェブ版でご覧いただけます。 どちらのインフォグラフィックも、非商用利用であれば、マウスフリーマリオンプロジェクトとアホウドリ保護の支援に謝意を表して、自由にダウンロードすることができます。 夜間にネズミに引っかかれたススイロアホウドリのヒナは、マリオン島で生き残ることはできないだろう。 3羽目のマリオン飼育のアホウドリのインフォグラフィックも公開中 あり のために 絶滅の危機に瀕している グレーヘッドのThalassarche chrysostoma、ACAPとオーストラリア南極局が共同出版しています。 オーストラリア南極局 . 以前、マウスフリーマリオンニュースで紹介されました。 こちら [...]

警鐘を鳴らす。 南アフリカのマリオン島で、絶滅の危機に瀕したワンダリングアルバトロスがネズミに襲われ、死亡する事件が続発

6月 28th, 2022|0 Comments

上の写真ネズミに襲われたゴーニー平原ワンダリングアルバトロスのヒナ 写真:Lucy Smyth 南アフリカ共和国の亜南極 マリオン島 は、持ち込まれたハツカネズミMusculusが海鳥を襲い、殺していることが知られている3つの島のうちの1つで、他の2つの島は ゴフ島 南大西洋のゴフ島と ミッドウェイ 北太平洋のミッドウェイである。 この3つの島の共通点は、ネズミが唯一の導入捕食者であり、ネズミRattusspp.が存在しないことである。 または野良猫Felis catusが存在すること。 マウスによる攻撃は 初めて観察されました。 2003年、マリオンで初めてネズミの襲撃が確認されました。これは、絶滅の危機に瀕しているワンダフルアホウドリDiomedea exulans(世界的には 脆弱(ぜいじゃく のヒナが狙われ、この種の世界個体数の4分の1が深刻な危機にさらされています。 それ以来 他の3種のアホウドリ と ミズミナギツネの群れ 成鳥が襲われるなどの被害が出ています。 その結果 マウス・フリー・マリオン・プロジェクト では、2024年に殺鼠剤の餌を空中投下し、島のネズミを根絶することを目標に活動しています。 2022年5月、マリオン島でアホウドリのかぎ針を手に越冬する「バーダー」(鳥類学のフィールドアシスタント)たち 左から。アンディレ・ムドゥルリ、ルーシー・スマイス、サミュエル・ペタ 2003年に初めて観察されて以来、島を拠点とする研究者たちは、鳥を襲うネズミの記録を取り続けた。 最近では、2羽のダウニー・ワンダリング・アホウドロスのヒナが、ネズミの攻撃で脇腹に傷を負っているところを撮影しました。 船の入り口のアホウドリのヒナ、Andile [...]

マウス・フリー・マリオン」チームがマリオン島を訪れ、プロジェクトの計画を推進

6月 20th, 2022|0 Comments

写真上 2022年の救援航海でマリオン島を沖に出たS.A.アガルハスII 号 2022年5月22日、南アフリカの南極観測・補給船「S.A. Agulhas II」が、マリオン島への恒例の救援航海を終え、ケープタウンに帰ってきた。 今回の救援航海は、計画されているネズミ駆除プロジェクトの生態学的成果を評価するための長期モニタリングプログラムを拡充する貴重な機会となりました。 また、この機会に「Mouse-Free Marion(MFM)プロジェクト」の計画をさらに進展させることができました。 MFMプロジェクトは、マリオン島で生態系に壊滅的な影響を与え続けている外来種のハツカネズミを根絶するための取り組みです。 この緊急かつ野心的な保護プロジェクトは、何百万羽もの海鳥の死を防ぎ、象徴的なワンダリングアルバトロスや島を故郷とする他の多くの海鳥、さらにはこの重要な亜南極島の生態系の健全性を確保するために役立つことでしょう。 今後1年間、島を拠点としたフィールドワークは、Elsa van GinkelとVhuawelo Simba(彼らについては こちら MFMプロジェクトとプレトリア大学の共同研究の一環として行われます。 ElsaとVhuaweloは79th Marion Island Overwintering Teamの一員として、ベースラインデータを確立するために植物と無脊椎動物のモニタリングを行う予定である。 これらのデータは、ネズミを除去する前に、ネズミがいる状態での島の生態学的状態を確立するために必要なものである。 今後、これらの駆除前のベースライン・データを、駆除後に実施した同様の調査と比較することで、ネズミの駆除に伴う生態系の変化を定量的に把握することが可能になります。 植物と無脊椎動物のデータセットは、Dr Maëlle Connan (Nelson Mandela University), Prof. Peter Ryan (University of [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトのピーター・ライアンがバードライフ・サウス・アフリカのギル記念メダルを受賞しました。

6月 14th, 2022|0 Comments

写真上ピーター・ライアン、海での自然観察 ピーター・ジェフリー・ライアン教授 の2014年以降のディレクター。 ケープタウン大学フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所の が、バードライフ・サウス・アフリカのギル記念メダルを授与されました。 ジル・メモリアル・メダル 2022年5月28日に開催された同組織の年次総会で授与されました。 ピーターは南アフリカで唯一のAランク鳥類学者であり、海鳥(下記参照)を含む多くの鳥類に関する本の著者および共著者であり、熟練した鳥類写真家でもあります。 のアドバイザリーメンバーを務めています。 マウスフリーマリオンプロジェクト特定非営利活動法人理事 . の議長も務めています。 MFM科学技術諮問委員会 マリオン島を何度も訪れ、そこで得た経験がプロジェクトに活かされています。 ピーターの受賞理由は、「海鳥の生態学、海洋プラスチック汚染とその海鳥への影響、漁業による海鳥の混獲の緩和、海洋島嶼鳥類の進化といった分野で特に重要な貢献をしてきた」とあります。また、アフリカ大陸の鳥類の系統分類と系統地理学、エネルギーインフラ(風力タービンや送電線など)が陸生鳥類に及ぼす影響に関する重要な研究を主導してきた。" また、ピーター・ライアンは ギルクリスト・メダル 南アフリカ沿岸海洋研究ネットワーク( SANCOR )のフェローにも選出されています。 南アフリカ王立協会 . 彼は、この年末に「Fitztitute」を退任することが決まっている。 彼の 引用 クレア・スポティスウッド(彼女自身もギル記念メダル受賞者である)により書かれたこの記事は、ピーターが「今後も活発に研究を続けるつもりであり、彼のことだから、これまで以上に活発になるだろうと心強く思っている」と締めくくっている。コミュニティとして、我々は間違いなく今後数十年にわたり、彼の知識、生産性、洞察力に刺激を受け続けるだろう(そして少なからず畏敬の念を抱くだろう)"。 ギル記念メダルは、アフリカ南部における鳥類学への卓越した生涯の貢献に対して贈られるものです。 1960年に第1回が贈られ、現在までに26回受賞しているが、海鳥の研究に専念した受賞者は4名のみである。 私は高齢のため、26人の受賞者全員と面識があり、50年以上にわたって多くの方々と共著で科学的な論文を発表してきたことを嬉しく思います。 彼は、多くの島のフィールドトリップの同僚であり、彼の学生時代からの大切な友人でもあります(海鳥の島で、私は彼に、いつか彼がフィッツパトリック研究所の所長になる日が来ると予感していました)。 主な出版物 Ryan, P.G. (Ed.) 2007. [...]

世界アホウドリの日」に「ネズミのいないマリオンプロジェクト」抽選会でプレゼント

6月 7th, 2022|0 Comments

写真上:南アフリカのアーティスト、リー・ウォルファルトによる「The Albatrosses of Prince Edward Islands(プリンスエドワード島のアホウドリ)」。 *コンペティション終了* 世界アホウドリの日」を記念して 世界アホウドリの日」を記念して 今年は6月19日です。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクト は、マリオン島で計画されているネズミ駆除作戦を実施するために必要な資金を調達するためのラッフルを開始しました。 外来種のハツカネズミは、マリオン島の生態系と生物多様性に害を及ぼし、ヒナや成鳥までも生きたまま食べてしまうようになった。 105レアルでラッフルチケットを購入すると、マリオン島のアホウドリやその他の海鳥の健康な未来のために貢献することになり、2つの賞品のうち1つが当たるチャンスもあります。 賞品 一冊 南部アフリカの野鳥観察のための究極のガイドブック アフリカ編 ピーター・ギン&ジェフ・マキレロン著。 南アフリカの鳥類の多様性を紹介する、これまでにない壮大な写真集(全2巻)です。 この地域で記録された全960種の鳥を1400枚以上の写真で紹介し、自然の生息地で鳥たちを捉え、その興味深い行動や珍しい行動を明らかにします。 または 南アフリカの著名な博物画家・イラストレーターによる限定版。 リー・ヴォルファールト .プリンス・エドワード諸島のアホウドリ」は、プリンス・エドワード諸島で繁殖する5種類のアホウドリを紹介するために、リーが特別に制作したアート作品です。 世界アホウドリの日」を記念して、この作品のサイン入りA3高画質ジクレーファインアートプリントが、「ネズミのいないマリオンプロジェクト」の資金調達のために作家から寄贈されました。 作品には、それぞれの種に関する興味深い事実が注釈されており、科学的な正確さと細部にまでこだわった博物学研究のスタイルになっています。 NOTES: ラッフルチケットを1枚105円で購入するには、Quicketにアクセスしてください。 https://www.quicket.co.za/events/178170-mouse-free-marion-world-albatross-day-raffle/ 2022年6月30日に締め切られ、2022年7月3日に受賞者が発表される予定です。 当選者は、ランダム・ネイム・ジェネレーターによって選ばれ、その後、提供された連絡先を通じて連絡されます。 当選のご連絡を差し上げた後、1週間以内にご返信いただけない場合は、当選を無効とさせていただきます。 このコンペティションは、南アフリカにお住まいの方のみが参加できます。 Peter [...]

アホウドリとミズナギドリ協定により、マリオン島の海鳥のうちネズミの危険がある10種の図解入りSpecies Summariesが作成される

5月 31st, 2022|0 Comments

写真上ミナミオオコガネのACAP Species Summaryの最初のページ 2ページにわたる 種要約 アホウドリとミズナギドリの保全に関する協定( ACAP )が発行する2ページの種要約は、ACAPに掲載されている31のアホウドリ、ミズミナギドリ、シアワセの生態と保護の必要性について、学校の学習者を含む一般市民に情報を提供するために作成されたものである。 アートワークと写真で構成され、より詳細で参考となる情報を補完するものです。 ACAP種アセスメント と、まだ未完成の ACAPフォトエッセイ そして ACAPインフォグラフィック シリーズがあります。 22羽のアホウドリのまとめは、もともと「アーティストと生物学者の自然への結集」(ABUN)のメンバーに知らせるために作られたものです。 ABUN を制作したメンバーに アートワーク 支援するために 世界アホウドリの日2020 . ACAPの公用語である以下の3言語で制作されています。 英語 , フランス語 そして スペイン語 . 同様に、ACAPにリストアップされた9種類のウミツバメとミミズの英語版サマリーも使用されました。 ABUNの絵画 と題したプロジェクトで、2021年に "Painting Petrels in [...]

マリオン島のグレイヘッド・アルバトロスのネズミによる捕食に注目した新しいインフォグラフィック

5月 24th, 2022|0 Comments

上の写真ACAPとオーストラリア南極局が共同で作成したインフォグラフィック「The Grey-headed Albatross(アホウドリ)」。 2021年6月19日の「世界アホウドリの日」を支援するため、アホウドリとウミツバメの保護に関する協定( ACAP )は、3つのインフォグラフィックを発表しました。 絶滅の危機に瀕している トリスタン・アホウドリDiomedea dabbenena、絶滅の危機に瀕している 絶滅の危機に瀕している Waved Albatross Phoebastria irrorata(ウェーブアホウドリ)、そして 脆弱(ぜいじゃく)性 D. exulans。 最後に、導入されたネズミのリスクにさらされているマリオン島で繁殖する種を、NGOの支援を受けてMouse-Free Marion(MFM)プロジェクトと共同出版しました。 バードライフ・サウスアフリカ . 3つのインフォグラフィックのデザインとイラストは、すべて Namasri 'Namo' Niumimです。 . 今年も2つのインフォグラフィックスが制作されました。 絶滅の危機に瀕している グレイヘッド・アルバトロス(Thalassarche chrysostoma)とオーストラリアの 準絶滅危惧 シャイ・アホウドリT. cauta ( ここをクリック [...]

マウスフリーマリオンプロジェクト」、ポスター2種を追加発売

5月 17th, 2022|0 Comments

写真上マリオン島でフィールドバイオロジストを観察するスーティ・アルバトロス、写真:Michelle Risi マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトは、島の海鳥を殺すハツカネズミの根絶を目指し活動しています。 を2024年に根絶することを目指しています。 . 鳥たちが直面している危険、そしてネズミがマリオンの生態系全体に及ぼすリスクについての認識を高めるために ポスターシリーズ マリオン島で繁殖する4種類のアホウドリと2種類のオオミズナギドリを描いたポスターシリーズを制作しました。 MFM Newsでは、マリオン島で1年以上滞在したことのある研究者に手紙を送り、ベストショットのポートフォリオを提出してもらい、その中から34枚を選びました。 ポスターは、マリオン島とゴフ島に4年以上滞在し、海鳥の繁殖に関する調査を行ってきたミシェル・リジ氏がデザインしたものです。 一斉に飛び立つススイロアホウドリ。水平線上にはマリオン島のネズミのいない隣島、プリンスエドワード島が見える=Stefan Schoombie撮影 34枚のポスターは、ポスター印刷に適した高解像度で一括して公開されています( こちらをクリック ). また、写真集でも公開しています。 フォトアルバム マウスフリー・マリオンのFacebookページにて Facebookページ . 今回ご紹介する2つのポスターは、いずれもススイロアホウドリを描いたものです。 快く写真を提供してくれた6人の越冬マリオン島研究者に感謝の意を表します。ジョン・ディケンズ、ショーン・エヴァンス アレクシス・オズボーン , ミシェル・リジ , ジャニン・シュンビー そして ステファン・シュンビー . 特に、プロジェクトの成功に貢献してくれたMichelleに感謝します。 ジョン・クーパー [...]

MFMのコミュニケーションチームは、アースデイに開催される学校の式典に参加し、4ヘクタールのスポンサーシップを獲得しました。

5月 10th, 2022|0 Comments

写真上。 2021年南アフリカ共和国国家最優秀教師、Mariëtte Wheelerが 配布するアホウドリポスター オン アースデイ ロビン・アダムス(MFMコミュニケーション・オフィサー)とジョン・クーパー(MFMニュース特派員)は、先月のアースデイに、プロティアハイツ・アカデミーで開催されたイブニングイベントに参加しました。 プロティア・ハイツ・アカデミー ケープタウンにある数学と科学を中核とした高等学校です。 マリオン島の研究者でもある同校の海洋科学科主任、マリエット・ウィーラー博士が企画したこの海洋意識向上イベントは、アートコンテストも行われ、同校の広いホールで楽しく愉快に行われました。 このイベントは、数名の若手海洋科学者によるプレゼンテーションから始まり、学習者たちに可能性のあるキャリアパスや研究の機会について話しました。 その後、学習者は環境NGOや学術機関、政府機関などが配置されたテーブルをグループで移動する機会を得ました。 イジコ・ミュージアムズまた、南アフリカ環境観測ネットワーク(セオン), 南アフリカ共和国の南極遺産 と バードライフ・サウス・アフリカ's アルバトロス・タスクフォース は、4校の10年生、11年生、12年生の127人の生徒が3時間半にわたって参加できるよう、魅力的なディスプレイを設置しました。 "気候変動 "をテーマとしたACAPのミュージックビデオを視聴して アルバトロス&ウミツバメ協定帽」をかぶって ACAP の名誉情報員として、今年のミュージック・ビデオを持って行きました。 " アルバトロスのための人生 " のために制作されました。 世界アホウドリの日」(2022年)のために 6月19日、アーティストKitty HarvillとミュージシャンJohn Nicolosiによって制作され、ACAPがArtists and Biologists [...]

ケープタウンのサービス業がヘクタールのスポンサーとなり、業界に挑戦する

5月 3rd, 2022|0 Comments

写真上鉄を切断する準備をするウメット作業員 アンメット・プレシジョン・カッティング(PTY)Ltd. は、南アフリカの西ケープ州において、ステンレス、炭素鋼、アルミニウムの高精細プラズマ切断を提供するスチール専門のサービスセンターです。 1993年、ケープ州のステンレス鋼市場に「ジャストインタイム」(JIT)で供給することを目的に設立された。 JIT )サービスのコンセプトでケープ州のステンレス鋼市場に供給することを目的に、1993年に設立されました。 De Novo United Football Club(上)&Wupperthal社寄贈品(下) アンメットは、長年にわたる社会貢献プログラムの一環として、毎年、支援すべき価値のある慈善団体や地域団体を募集しています。 過去には デ・ノーヴォ・ユナイテッド・フットボール・クラブ チームウェアやボールを提供したり、大火災の被災者に生活用品や食料を寄付したりしました。 大火災 2018年に西ケープ州の農村、Wupperthalで発生した 今年は、マリオン島でここ数年、海鳥を殺すようになった外来ネズミの駆除に向けて、2ヘクタールのスポンサーとなり、環境保護のためのプログラムを追加しました。 Unmetのマネージング・ディレクター、リチャード・フックはMFM Newsに次のように書いています。「私は今、南アフリカの金属業界の他のサービス会社に、自分たちのヘクタールを後援するよう呼びかけているところです」。 その他にも、小規模ながら多様な南アフリカの企業グループが、すでに1ヘクタール以上のスポンサーになっています。 以下はその例です。 Access Anywhere Pty Ltd. ., AGFACTS , バスターズ・バーディング・ツアー そして オーシャンブリーズフードマーチャント . [...]

ネズミの被害を受けたマリオン島のアホウドリとミズナギドリとその写真家を特集:ピーター・ライアンによるシロチドリ

4月 26th, 2022|0 Comments

写真上 他のウミツバメと同様、コロニーではほとんど夜行性である。 しかし、体が大きいので、アブラツノザメに対しては威勢がよく、日中は巣穴の入り口の外に座っていることがある。 シロチドリProcellaria aequinoctialisは、オオミズナギドリMacronectes spp.の2羽に次いで、ウミツバメ科で最大の種である。 亜種は大西洋南西部のサウスジョージア島とフォークランド諸島、インド洋南西部のプリンスエドワード島、クロゼット島、ケルゲレン島で繁殖しているが、南極の島々では3つの地域集団が存在する。 P. a. ステディ ニュージーランド以南の島々で繁殖。 南洋航海でシロチョウゲンボウなどの海鳥を探すピーター・ライアン氏 シロチョウは、南氷洋の延縄漁で最も多く捕獲される海鳥である。 漁業監視員が南アフリカの港に持ち帰った釣り針付きの海鳥の年齢と性別を調べ始めてから、私は約4000羽のシロチョウザメを調べてきました。 潜水能力が高く、水深16mに達することもあり、船の後方で餌の付いた針を回収することができる。 実際、アホウドリは釣り針を海面まで持ってきて、より大きなアホウドリに追い払われることで、アホウドリを混獲しやすくしていると考えられている。 シロハラミズナギドリは最大の巣穴保有者であり、その巣穴はかなり目立つ傾向があり、ほとんどの巣穴には入り口の堀がある シロチョウゲンボウの巣は大きく特徴的であるため、マリオン島での繁殖分布の完全な調査を試みることが可能である。 ほとんどのコロニーは海岸近くにあるが、スピッツコップの下、海抜420mまで巣がある(地図はRyan et al.2012より)。 水はけのよい、深い土壌の場所を好み、最近の黒い溶岩流は避ける。 この種は世界的に絶滅危惧種に指定されているため、プリンスエドワード諸島で繁殖個体数の推定を試みたのは今回が初めてです。 Genevieve Jones、Ben Dilleyと私は2009年4月にすべての巣穴を系統的に調査し、Benは次の繁殖期に稼働状況を確認しました。 このことから、マリオン島には約3万組、プリンスエドワード島には少なくとも1万組のペアが生息していることがわかった。 その後、ベン、ステファン・シュンビー、アレクシス・オズボーン、そして私が2015年にマリオン島周辺で実施したランダム・トランセクトでは、この最初の推定値が低すぎることが示され、島で繁殖するペアは外挿で40 000組とされた。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクト、季刊誌を創刊

4月 21st, 2022|0 Comments

マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトは、2024年にアホウドリを殺すネズミを根絶するために、支援者に送る四半期ごとのニュースレターを開始しました。 2022年4月発行の第1号は、以下のページでご覧いただけます。 RESOURCES/Publications(リソース/出版物 をご覧ください。また、FacebookやInstagramでもご覧いただけます。 10ページのニュースレターには、その年の活動に関するイラスト入りの記事(以下のものを含む)が掲載されています。 バードライフ・サウスアフリカ の大成功を収めた" マリオンへの群れ2022 「また、今月からマリオン島で開始されるネズミのフィールドワークについても紹介されています。 Mouse-Free Marion Newsletterは、MFMプロジェクト・マネージャーによる歓迎の言葉とともに紹介されています。 Anton Wolfaardt(アントン・ウォルファルト . ジョン・クーパー(MFMニュース特派員、2022年4月21日付 Mouse-Free Marion Projectは、南洋に浮かぶマリオン島でアホウドリを殺す侵略的なネズミを根絶するために設立された南アフリカの登録非営利企業(No.2020/922433/08)である。 このプロジェクトは バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国 林業・漁業・環境省によって始められました。 . このプロジェクトが成功すれば、200万羽を超える海鳥の繁殖地が回復し、その多くが世界的に絶滅の危機に瀕しており、温暖化する気候に対する島の回復力が向上することになるのです。 このプロジェクトの詳細、および支援については、以下のサイトをご覧ください。 mousefreemarion.org .

南へ向かう。 MFMの新しいチームメンバー2名が、マリオン島でハツカネズミとその影響に関する研究を1年間実施します

4月 19th, 2022|0 Comments

上の写真。ケープタウンで行われた航海前のチームトレーニングに参加したMFMチームの ヴワヴェロ・シンバ(左)とエルザ・ファン・ヒンケル(右)。 マウスフリーマリオンプロジェクト マウスフリー・マリオン・プロジェクト とのコラボレーションにより プレトリア大学の植物・土壌科学科と共同で は、プレトリア大学の植物土壌科学科と共同で、2024年に予定されているネズミの根絶に向けて、島での調査とベースラインモニタリングプログラムを間もなく開始する予定です。 ケープタウンのホテルでCOVID-19の検疫を受けた後、5人のフィールドチームは4月17日にマリオン島の年次救援として、南アフリカの南極観測・補給船 S.A. Agulhas II . チームを率いるのは アントン・ウォルファールト MFMプロジェクト・マネージャー キース・スプリンガー が率い、植物・土壌科学科のルイス・ペルティエラ博士がサポートします。 新たにMFMのフィールドリサーチャーに就任したヴワヴェロ・シンバとエルサ・ファン・ヒンケルの2名は、第79次マリオン島越冬隊員として13ヶ月間島に滞在し、2023年5月に南アフリカに帰国する予定です。 ElsaとVhuaweloは、ベースラインデータを確立するために、主に植物と無脊椎動物のモニタリングに取り組みます。 これらにより、ネズミが生息する島の生態系の状況を把握し、今後の調査で駆除作戦の生態学的成果を評価することができる。 また、2人のフィールド研究者は、ベイト剤の試験やベイト剤使用前のマウスサンプリングにも携わる予定です。 ケープタウンの港にあるDFFEパッキングショップで話し合うAnton Wolfaardt氏とKeith Springer氏 ElsaとVhuaweloは、林業・漁業・環境省( DFFE のパッキングショップで検疫に入る前にインタビューに応じ、このプロジェクトに参加できることを嬉しく思い、光栄に思い、島での滞在を楽しみにしていると語りました。 エルザはすでに2018/19年に島の第75次越冬隊の一員として、風のパターンとその生態系への影響をモデル化するプロジェクトの植物学者としてマリオンで1年間を過ごしています。 フィールドワークの合間に、あらゆる山に登るのが楽しかった」と、前年のことを懐かしそうに語る。 氷の洞窟は私にとって間違いなく高嶺の花でした。マスカリン峰とマスカリン峰の両方を訪れたと記憶しています。 [the island’s highest [...]

ネズミの被害を受けたマリオン島のアホウドリとミズナギドリとその写真家を特集:ブルース・ダイアー著「灰色海燕

4月 12th, 2022|0 Comments

写真上 マリオン島のデューカーズ・ポイント付近で、調査許可のもと巣を確認中、抱卵中のハイイロチュウヒが岩の隙間に産み付けられた卵を一瞬見せる;写真:Bruce Dyer 私は幼い頃から野生動物に興味を抱いていました。 1977年、20歳のときに救援航海で訪れたマリオン島で、オレンジ色のコーデュロイのベルボトムに防水性の低いアノラックという出で立ちで、亜南極に足を踏み入れることになった。 飼いならされた野生動物や、野性的でありながらヌケの良い環境の美しさに魅了されたことを思い出します。 私が海鳥に関わるようになったのは、少し後の1986年、南アフリカの漁業・林業・環境省(DFFE: Department of Fisheries, Forestry & the Environment)ででした。 DFFE 当時はSea Fisheries Research Instituteと呼ばれていました)で、2021年11月に定年退職するまで働きました。 マリオン島のキルダルキー湾にある巨大なマカロニ・ペンギンのコロニーの縁で一息つくブルース・ダイアー、写真:Nico de Bruyn 1994年、プリンスエドワード諸島で長期的な海鳥のモニタリングプログラムを立ち上げることを検討すべきだと口うるさく言ったことが実を結びました。 不思議なことに、1994年の明け方、マリオン島が見える場所で最初に見た海鳥は、Grey PetrelProcellaria cinereaで、それまで鳥への関心が高まりつつあった私が見たことのない海鳥でした。 このプログラムの主な目的は、マカロニの繁殖生態と採餌生態をモニターすることでした。 ユウレイプテス・クリソロファス とGentoo ピゴスケリスパプア 南極の海洋生物資源保存委員会(Commission for the [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトは、島の絶滅危惧種であるアホウドリを祝うポスターシリーズを制作しました。

4月 5th, 2022|0 Comments

写真上マリオン島でヒナを守るアホウドリ 、写真:Michelle Risi マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトは、島の海鳥を殺すハツカネズミの根絶を目指し活動しています。 を2024年に根絶することを目指しています。 . このプロジェクトは、鳥たちが直面している危険や、ネズミがマリオンの生態系全体に及ぼすリスクについての認識を高め、この活動の認知度を上げるため、ニュース記事の多くに、生きたままグレイヘッドやワンダリングアルバトロスなどのヒナを食べているネズミの悲惨な写真を掲載しています。 しかし、島や鳥の美しさを伝えることも大切で、運営チームや支援者の情熱が伝わります。 そこで、マリオン島で繁殖する4種類のアホウドリと2種類のオオミズナギドリの姿を描いたポスターシリーズを制作しました。 マリオン島で交流する2羽のライトマントル・アホウドリ=写真:John Dickens MFM Newsでは、マリオン島で1年以上滞在したことのある研究者に手紙を送り、ベストショットのポートフォリオを提出してもらい、その中から34枚を選びました。 ポスターは、マリオン島とゴフ島に4年以上滞在し、海鳥の繁殖に関する調査を行ってきたミシェル・リジ氏がデザインしたものです。 マリオン島で展示されたワンダリングアルバトロス、水平線には隣の(ネズミのいない)プリンスエドワード島、写真:Michelle Risi 34枚のポスターは、印刷に適した高解像度で一括して公開されます( 第1弾はこちら ). また、マウスフリーマリオンのフォトアルバムでも低解像度で公開される予定です。 Facebookページ . マリオン号でネズミの影響を強く受けているハシボソガラスをいくつか取り上げたポスターの第2弾を制作する予定です。 マリオン島で雪の中で休むミナミオオコアリクイペア、写真:Janine Schoombie 快く喚起的な写真を提供してくれた6人の越冬マリオン島研究者に感謝の意を込めて。ジョン・ディケンズ(M72、2015/16)、ショーン・エヴァンス(M76、2019/20)。 アレクシス・オズボーン (M71, 2014/15), [...]

マリオン島のアホウドリとミズナギドリをネズミの被害から守るため、南アフリカの6つのバードクラブがさらに1ヘクタールを後援

3月 29th, 2022|0 Comments

写真上 Flock to Marion 2022」の航海後、「 eShowe Bird and Wildlife Club 」の会員と友人 たちが クラブミーティングを開催 バードライフ・サウス・アフリカに加盟する18のクラブに、さらに6つの南アフリカの地域鳥類クラブが加わりました。 バードライフ・サウス・アフリカ に貢献するために マウス・フリー・マリオン 's " スポンサー・ア・ヘクタール 「キャンペーンにご協力ください。 バードライフ・サウス・アフリカは、南アフリカ共和国森林環境局と共同で、この島のネズミを根絶するためのプロジェクトを主導しています。 南アフリカ共和国森林・漁業・環境局 . クワズール・ナタール州にあるeShowe Bird and Wildlife Clubは、MFMプロジェクトに5060レアルの寄付をし、5ヘクタールの土地を支援しています。 バードライフ・サウス・アフリカに加盟していないeShoweのヴァネッサ・メイヤーさんが、MFMニュースに「夫と一緒にバードライフ・サウス・アフリカに行きました」と書いています。 マリオンに群がる2022年 船上での話もさることながら、雄大なアホウドリに圧倒されました。私たちの小さなクラブで行った私の講演は、ネズミについての認識を高めるためのものでしたが、好評でした。ヴァネッサはまた、寄付を可能にしてくれたクラブ会長のベス・バーガーに感謝しています。 もうひとつのバードクラブ バードライフ・ポロクワネ は、5ヘクタールを支援しています。 [...]

マリオン島でネズミに襲われたノーザンオオミツスイ成鳥の初期の証拠

3月 22nd, 2022|0 Comments

写真上2003年8月、マリオン島で抱卵中のノーザンオオミズナギドリの尻にある露出した骨、写真提供:John Cooper クリストファー・ジョーンズ(フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所, University of Cape Town, South Africa)らの研究グループが、学術誌に発表しました。 極地生物学 2019年、導入されたハツカネズミによる襲撃の最初の記録と考えられるものに関して ムシクイア 北半球のオオミズナギドリの成鳥で マックロクロスケ マリオン島にて。 彼らは2017年9月にネズミの攻撃と一致する脇腹の傷を撮影し、ネズミが唯一の導入哺乳類である島では海鳥の雛の重要な捕食者であるのに対し、成鳥を襲った記録は非常に少ないと指摘した。 2003年8月、John Cooperは、マリオン島の研究コロニーで抱卵中のノーザンオオミズナギドリが、ネズミが原因と思われる大きな尻の傷から骨が露出しているのを観察した。 翌日、カラーバンドの鳥はいなくなり、捨てられた卵は割れていた。 マリオン島でネズミが海鳥の成鳥を襲ったのは、発表された記録より14年も早いことを裏付けるように、この事件で長く失われていた写真が最近発見されたのだ。 マリオン島で抱卵中のノーザンオオミズナギドリの脇腹の傷、2017年9月、写真:Christopher Jones ハツカネズミは2003年にマリオン島で初めてワンダリングアホウドリDiomedea exulansのヒナを襲った記録がある。その後、島で繁殖する他の3種のアホウドリのヒナや2種の穴居ウミツバメが襲われた記録がある。 近年、このような攻撃の規模や頻度が増しています。 この傾向は、海鳥の成鳥がネズミに襲われるという観察結果とともに、マリオン島の世界的に重要な海鳥の個体群を保護するために、この脅威を取り除くことの重要性を強調している。 マウスフリーマリオンプロジェクト マウスフリー・マリオン・プロジェクト は、この成果を達成することを目的としています。 このプロジェクトを支援し、マリオン島の海鳥を救うために、私たちのウェブサイトをご覧いただき、このニュースを広めていただければ幸いです。 寄付やスポンサーシップをご検討ください。 . 参考文献 [...]

マリオン島のハツカネズミ:併合から最初の研究まで、1947-1974年

3月 15th, 2022|0 Comments

写真上1980年代後半、マリオン島で雪の中で餌を探すネズミ(Ivan Dalgleish撮影 マリオン島のハツカネズミを紹介する4部作の第2部では、1948年に南アフリカに併合されてから、1974年にハツカネズミに関する最初の学術論文が発表されるまでの期間を紹介します。 第一部では、1773年の島の発見から、1818年にはすでにネズミが島に生息していたこと、アザラシが誤って持ち込んだと考えられていることなどが紹介された。 1818年のウェブフットの記述から併合までの間、マウスの歴史的記録は出版物、未出版物を問わずほとんど存在しない。 チャレンジャー探検隊の科学者たちは1873年のボクシングデーに上陸したが、ネズミは発見できなかった。しかし、探検隊の植物学者H.N.モーズリーは「草の穂が引き込まれた穴を見たが、ネズミのようだった」と書いている。 もし、一晩寝かせたら、確認が取れたかもしれませんね。 その数十年後、1908年にソルグリムト号で難破したアザラシたちは、シップズ・コーブに建てた小屋をネズミに侵食されたことだろう。 Blue Petrel Bayの上陸地点の上空:Wandering Albatrossesを初めて撮影した チャレンジャー探検隊(1873年12月26日)、写真提供:The Natural History Museum,London 1947年12月、南アフリカは海軍のフリゲート艦を派遣し、マリオン島とプリンスエドワード島を併合した。 1948年1月、14人の上陸部隊がマリオンに残され、救援船が到着するまでの間、帆布を張って待機した。 彼らが使っていたターポリン製の仮設シェルターは、スープの中にネズミがいたことから「ネズミの宿」と呼ばれるようになり、ある洒落者が名板に「(In Everything)」と書き足した。 トランスバール湾のガナーズポイントにあるマウス・インとトリスタン島民の晴れ着姿(Martin Crawford撮影 初代チームリーダー、アラン・クロフォードの寝室。寝台には貸し出された海軍の猫が眠って いる。. 1948年1月、マーティン・クロフォード氏より写真提供 最初のチームリーダー、アラン・クロフォードは、「島の低い斜面はネズミに悩まされていた」と書いている。 新しい気象観測所の最初の建物が建った途端、ネズミが侵入してきた。 そのため、HMSASナタールから新設された気象観測所に若い船猫が貸与され、問題に対処した。 写真には、チームリーダーの寝台ですやすやと眠っている姿が写っており、南アフリカ海軍に返還されるまでは、ネズミにほとんど影響を与えなかったと思われる(と推測される)。 [...]

ネズミがマリオン島に到着したのはいつ頃ですか? 結論から言うと、実に早い

3月 8th, 2022|0 Comments

写真上:アゾレラ・セラゴ・クッション・プラントの上にいるマリオン島のハツカネズミ 、写真提供:Peter Ryan マリオン島とプリンス・エドワード島は、1772年1月13日にフランスのマリオン・デュ・フレヌがフリゲート艦マスカランと マルキ・ド・カストリーズで訪問し、上陸せずに初めて確実に発見されました。 1663年3月4日、オランダの東インド洋航行船マールスヴィーン号が、プリンスエドワード島の位置から遠く離れたインド洋で、2つの島を目撃している。 デュ・フレネから約5年後の1776年12月12日、イギリスの著名な探検家、ジェームズ・クックがレゾリューション号とディスカバリー 号で3回目の(そして最後の)大航海に出航した。 クックは、国王ジョージ3世(ヴィクトリア女王の父)の四男にちなんでプリンス・エドワード諸島と名付けたが、やはり上陸はかなわなかった。 1772年1月、プリンス・エドワード諸島発見のため南アフリカのテーブル湾を出港するフランスのフリゲート船 マス カランと マルキ・ド・カストリーズ 、ジェレミー・デイのアートワーク、シドニー・カリス社提供 次に知られているのは、1800年2月10日に到着したサリー号のフランス遠征隊であるが、上陸はしていない。 1803/04年の南半球の夏、ヘンリー・ファニング率いるアメリカ船 キャサリン号とアイザック・ペンドルトン率いるユニオン号が上陸し、封印が行われたのが最古の記録である。 なお、どちらも「ファーストフッター」であることを主張していないので、それ以前に封印上陸が行われていた可能性が高い。 実際、ファニングは陸上で「アザラシ小屋」を見つけたと語っているが、海事史料館にはまだそれに関する記録は残っていない。 その後10年半の間に、少なくとも4隻(それ以上かもしれない)のアメリカの密漁船が島を訪れ、プリンスエドワード島の岩棚に「1806」という年号が刻まれたのである。 クックは島々に個別の名前を付けなかった(大きな島を「マリオン」と呼ぶようになったのは1840年代から)ので、どの封印船がどの島を訪れたかはほとんどわかっていない(ただし、近接していることから予想されるように、両方を訪れた船も知られている)。 1818年8月にアメリカの旅客船ピッカリング号から上陸し、1818年から20年の20ヶ月間、より大きな「南の島」(すなわちマリオン)に上陸した若い海員による詳細な一人称の記録があるのは幸運なことであった。 ウィリアム・フェルプスは、マリオンの南東にあるシーラーズ・ケイブにキャンプを張り、すぐにネズミに気がつきました。 ウェブフット」のペンネームで執筆。   「島全体にハジラミが蔓延していた。ハジラミは帆船から持ち込まれたもので、おそらく一味の物資と一緒に持ち込まれ、その名前が軍団になるまで繁殖したのだ。海岸や洞窟にびっしりと住みつき、土手では鳥と一緒に潜り、山の雪の中にもいた」(p.47)。   このことから、ネズミは少なくとも数年前から島にいたことになり、最古の上陸から10年以内に到着したと考えるのが妥当であろう。 幸いなことに、プリンスエドワード島はマリオンのような運命をたどらず、ずっとネズミのいない島である。 マリオンのネズミの元ネタについては、どうでしょうか? 2007年に発表された南アフリカの研究者Bettine van VuurenとStephen [...]

マイケル&トム・リッフェル夫妻と「ケアリング・フォー・コンサベーション・ファンド」が「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」に90万ランドを寄贈

3月 3rd, 2022|0 Comments

写真上ケープタウン近郊の「Ou Kaapse Weg」にて。 マイケル・リッフェル博士と息子のトム・リッフェル氏は熱心な野鳥愛好家であり、新しい目的地を訪れるのが好きだという。 マイケルは動物学者、トムは現在イギリスのサフォーク大学で野生動物、生態、保全科学の勉強を終えており、二人とも野生動物とその保護に深い情熱を抱いています。 マイケルとトムは、ドイツを拠点とする非営利団体「Caring for Conservation Fund」を設立しました。 ケアリング・フォー・コンサベーション・ファンド を2018年に設立し、世界中の地上の保全パートナーを支援し、資金を提供することを使命としています。 この基金は、生物種や生息地の持続的な保護と地域社会の強化に取り組むNGOに助言を行い、プロジェクトの実施を支援するものです。 このたびC4Cファンドが支援したのは MFMプロジェクト を、55,000米ドル(843,000ランド相当)の寛大なご寄付をいただきました。 [50 000 euros="R" 857 000] トムさんからのお便り MFMニュース 南アフリカ共和国の亜南極マリオン島周辺の海域を訪れた際の様子を紹介します。「先日、南アフリカの亜南極マリオン島周辺海域を訪れ、遠海性の鳥類の多さに圧倒された。 マリオンに群がる2022年 の航海で、「マウス・フリー・マリオン・プロジェクト」が最も重要であり、あと10年は保留にできないことがはっきりしたのです。 私たちは、マリオンの海鳥の繁殖地がこれ以上減少しないよう、ネズミを駆除することが緊急の課題だと考えています" と述べています。 リッフェル夫妻は、MFMプロジェクトの目標達成を強く望んでおり、C4C基金が今後、あらゆる手段でさらなる支援を行うことを目指していると述べています」。 マリオンに群れをなす」航海の間、彼らは スポンサーとなった これは「Giant Petrel」カテゴリーに属し、50ヘクタール以上を支援した8人のうちの1人となりました。 Michael and Tom [...]

マリオンに群れをなす」航海で、ネズミのいないマリオン・プロジェクトに300万ランドを超える寄付を実施

3月 1st, 2022|0 Comments

写真上マリオンに集う野鳥の群れ(Happy Flock to Marion MSCオーケストラ のプールデッキに集まり、2200ヘクタール以上のスポンサーになったことを祝いました。 最近の バードライフ・サウス・アフリカ マリオンに群がる は、アホウドリをはじめとする海鳥の数と種類を確認できただけでなく、乗客の寛大な心によって、大成功を収めることができました。 マウスフリー・マリオン( Mouse-Free Marion )」に300万ランドを超える資金が集まった。 MFM )船内や、航海の前後に西ケープ州フランシュフックやクワズールナタール州ウムランガで開催されたイベントで、「マウスフリー・マリオン」プロジェクトに300万ランド以上の寄付が集まりました。 この航海で、600人以上の乗客がマリオン島の2207ヘクタールを支援し、これまでの支援面積は約4200ヘクタールとなりました。 船上で約束したスポンサーは、個人のバーダーとバードクラブの両方からでした。 バードクラブ バードライフ・サウス・アフリカに加盟しているバードクラブからです。 COVID-19で覆われ、MSCオーケストラに乗り込んだ「群れ」が、新しい生活者のために整列している。 世界的に有名な海鳥の専門家、作家、芸術家による講演に、乗客は魅了されました。 ピーター・ハリソン MBE そしてMFMプロジェクト・マネージャー アントン・ウォルファルト博士 MFM科学技術諮問委員会委員長 ピーター・ライアン教授 などが参加しています。 ピーター・ハリソンが新著をオークションに出品しました。 ピーター・ハリソンの新刊「海鳥ピーター・ハリソンの新刊「The New Identification [...]

“Against the Odds” ピーター・ライアンがバードライフ・インターナショナル誌の最新号でマリオン島について書いています。

2月 25th, 2022|0 Comments

写真上マリオン島の研究拠点、写真。アントン・ウォルファールト 2022年1月~3月号は バードライフ・インターナショナル・マガジン の素晴らしい記事が掲載されています。 ピーター・ライアン教授 ケープタウン大学のディレクターであるピーター・ライアン教授による素晴らしい記事が掲載されています。 フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所の所長であり の議長であるPeter Ryan教授の記事が掲載されています。 MFM科学技術アドバイザリーグループ . 4ページの図版で、マリオン島の概要、驚くべき生物多様性、そして人類と島との歴史的な関係を紹介しています。 ピーター・ライアンは、マリオン島で繁殖する25万羽の海鳥を襲う外来種のハツカネズミを駆除するために、島での保護活動が急務であると強調する。 リソースページ」にて 出版物 をクリックし、記事全文をお読みください。 記事の使用を許可してくださったバードライフ・インターナショナルに感謝します。 マウス・フリー・マリオン コミュニケーション・オフィサー ロビン・アダムス 2022年2月25日付

ロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーズ」が「マウスフリー・マリオン・プロジェクト」のスポンサーを拡大

2月 22nd, 2022|0 Comments

写真上 発表原稿を手にポーズをとるランナーたち。 左からサンドラ・ブライアント、イングリッド&アンリ・ファン・デル・メルヴェ、コレット・ラーメ・ボレイン、写真:ジェレミー・ジョージ ロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーズ」は、一緒にランニングを楽しみ、健康で正気を保つために、お互いにサポートし、励まし合う仲間で構成されています。 先月はメンバーの75歳の誕生日を祝いました。 75歳の誕生日を祝いました。 海鳥を殺すマリオン島のハツカネズミを撲滅するため、7ヘクタールを支援しました。 山を登る。 夜明け前にスタート地点に集まるロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーたち(写真:Jeremy Clampett 毎年夏になると、世界遺産であるテーブルマウンテンのダム群を巡る16kmのランを開催しています。 世界遺産に登録されている その後、ブランチを持ち寄り、シェアする。 COVID-19の影響で、今年の山行は例年の12月上旬から2月に行われました。 このブランチでは、ランナーから3ヘクタール分の寄付があり、合計10ヘクタールのスポンサーとなりました。 これでロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーズは「ロックホッパーペンギン」の仲間入りを果たしました。 誕生日パーティーですでに貢献したランナーたちに、感謝の気持ちを込めて、マリオンとプリンス・エドワード諸島のコーヒーテーブル・ブックが著者サイン入りで贈られました。 ロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーズは、次のような課題を掲げています。 ヘクタールのスポンサー (ヘクタール(またはそれ以上)を ネズミのいないマリオン・プロジェクト 健康維持のために存在しているかどうかにかかわらず、他の社会的グループに 参考 テラウズ、A.、クーパー、J.、チャウン、S.L.、ライアン、P.2010年。 マリオン&プリンスエドワード アフリカの南の島々. ステレンボッシュSUN PReSS. 176ページ ジョン・クーパー マウスフリーマリオンプロジェクトニュース特派員、2022年2月22日

海での寛容さ。 タイガーバーグ・バードクラブは「ネズミのいないマリオン計画」を20ヘクタールのスポンサーとして支援しています。

2月 17th, 2022|0 Comments

写真上スポンサーシップを祝うために乗船するTygerberg Bird Clubのメンバーたち ザ タイガーバーグ・バードクラブ は、南アフリカの西ケープ州に拠点を置き、バードライフ・サウス・アフリカに加盟している40のバードクラブのうちのひとつです。 バードライフ・サウス・アフリカ . このクラブの少なくとも32人のメンバーは、先月、MSCオーケストラに乗船し、南アフリカの亜南極プリンス・エドワード諸島を南下する、" マリオンに群がる2022年 "航海に参加しました。 Peter Harrison MBEによるアホウドリ保護に関する船内講義とMouse-Free Marion(MFM)プロジェクト・マネージャーによる講義に熱中した。 アントン・ウォルファールト MFMプロジェクトに20ヘクタール、2万レアルの寄付をすることを決定しました。 Tygerberg Bird ClubのBrian Vanderwalt氏は、クラブの貢献について次のように述べています。「私たちは、会員を集めて役員会を開き、このアイデアを提案しました。その場にいた全員がこのアイデアに心から賛同し、2万レアルの寄付を行うことにしたのです」。 バードライフ・サウス・アフリカのCEO マーク・アンダーソン [your] とても寛大な寄付のおかげで、私の一日が明るくなりました。本当にありがとうございました。MFMプロジェクトチームも同じ気持ちです。 現在までに、バードライフ・サウスアフリカに加盟する40のバードクラブのうち、タイガーバーグ・バードクラブを含む20が、MFMに合計14万レアルを寄付しています " スポンサー・ア・ヘクタール 「キャンペーンに合計14万レアルを寄付しました。 残りの20クラブからの協賛もお待ちしております。 Tygerberg Bird Club会長、Brigid Crewe氏に感謝します。 ジョン・クーパー [...]

アートを通じてマリオン島のウミツバメの保護活動を支援

2月 15th, 2022|0 Comments

上の写真マリオン島で展示されるノーザンオオミズナギドリ、ピーター・ライアンの写真をもとにスナ・クリッツラーが描いた水彩画 インド洋南部に位置する南アフリカの亜南極マリオン島では、12種のウミツバメが繁殖していることが記録されている。 すべて、捕食の恐れがある、またはあると考えられている。 捕食の危機にさらされています。 捕食の危機にさらされています。 マウスフリーマリオンプロジェクト マウス・フリー・マリオン・プロジェクト は、2024年にネズミを根絶することで、この脅威を解決するために活動しています。 草木に囲まれたシロチョウゲンボウ(Andy Woodの写真にRosana Venturiniがパンパステル画を描き加えたもの アホウドリとミズナギドリの保全に関する国際協定( ACAP )は、アーティストと生物学者による自然保護団体「ユナイト・フォー・ネイチャー」( ABUN と協力し、ACAPに登録されているウミツバメやミズナギの繁殖地や海での写真をもとに、2021年にアート作品を制作しました。 この共同研究の一環として、マリオン島のACAPに登録されている4羽のウミツバメの写真が、過去10年あまりの間にこの種を研究してきた研究者から寄せられました。 マリオン島でアザラシの死体を食べて血まみれになったミナミハコフグ(Liezl Pretoriusの写真を元にAndrea Siemtがオイルパステルで描いた作品 マリオン島のACAP登録ウミツバメを描いたABUNの作品4点は、ABUNとACAPの両者のご好意によりここに紹介する。 MFMプロジェクトに寄付をすることで、視聴者を勇気づけることが期待されています。 1ヘクタール以上 ヘクタール以上 プロジェクトのFacebookページでは、オリジナル写真と一緒に作品を見ることができます。 以前の記事 以前の記事 マリオン島で繁殖している4種類のアホウドリの作品を紹介しました。 マリオン島のウミユリのヒナ、Michelle Risi氏の写真にColeen [...]

75ノットアウト ロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーズの誕生日を祝うスポンサーシップ

2月 10th, 2022|0 Comments

上の写真。MFMのニュース特派員は、彼の4分の3世紀を記念して7ヘクタールのスポンサーとなった仲間のランナーたちに囲まれている。 1月末、マウスフリー・マリオン・プロジェクトのニュース特派員。 ジョン・クーパー が誕生日を迎えました。 20年以上にわたって週に3回、地元の道路や山の斜面を一緒に走ってきたロンデボッシュ・ロッキー・ロード・ランナーズの仲間たちと、4分の3世紀を記念するいくつかの集まりの一環として、朝食会を開催したのだ。 プレゼント代わりに、団体募金をお願いして、1ヘクタールの 1ヘクタールのスポンサーになる 2024年にアホウドリを殺すネズミを撲滅するために、1ヘクタールの寄付を募ってほしいとのことでした。 その結果、7ヘクタールのスポンサーになるための十分な寄付が集まり、実行グループは5ヘクタール以上になりました。 プリオン このプロジェクトが、寄付を受けるに値する活動であることを証明してくれました。 マウス・フリー・マリオン・プロジェクト」のサポーターは、誕生日、婚約、結婚式、出産、退職などのお祝いを計画する際に、MFMヘクタールのスポンサーシップについて考えてみることをお勧めします。 マリオンのアホウドリやミズナギドリは、あなたに感謝することでしょう。 このプロジェクトは、誕生日のスポンサーに最も感謝し、貢献したすべての人が幸せなランニングをすることを祈っています。 ジョン・クーパー ニュース特派員兼 マウスフリー・マリオン・プロジェクト科学技術諮問委員会委員、2022年2月10日付

マーク・アンダーソンとアントン・ウォルファルトによる「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」の放映について

2月 8th, 2022|0 Comments

写真上。マリオン島の泥と植物でできた巣で抱卵中のワンダリングアルバトロス、沖合にはブートロックが迫る、写真:Michelle Risi 2024年の根絶を目指す「マウス・フリー・マリオン・プロジェクト」にとって、マリオン島の海鳥を殺しているハツカネズミを駆除する必要性を認識させることは重要な課題となっています。 その方法のひとつが、今回お伝えした電波を使った方法です。 マーク・アンダーソン バードライフ・サウス・アフリカのCEOであるマーク・アンダーソンが、ロドニー・トラジオンの「People of Note」でインタビューに応じました。 ファイン・ミュージック・ラジオ ロドニー・トラジオンのインタビューに答えました。 マウスフリーマリオンプロジェクトをはじめ、南アフリカの野鳥保護についてお話いただきました。 お二人の会話の合間に、マークが選んだ4曲のクラシック音楽が流れました。 マークが語る幅広い話を、ポッドキャストでお聞きください。 ポッドキャスト . また先月には、MFMプロジェクト・マネージャー アントン・ウォルファールト Amy MacIverと一緒に ケープ・トーク ラジオで、マリオンの海鳥をネズミの被害から守ることについて語りました。 Antonのインタビューを聞く こちら . ジョン・クーパー ニュース特派員兼 マウスフリー・マリオン・プロジェクト 科学技術アドバイザリーグループメンバー 2022年02月08日

アートを通じてマリオン島のアホウドリの保護を支援

2月 3rd, 2022|0 Comments

写真上 マリオン島で雛を抱くオナガアホウドリ。 アートワーク:Virginia Potter Vredeveld、写真:Michelle Risiによる。 インド洋南部に位置する南アフリカの亜南極マリオン島では、4種のアホウドリが繁殖しています。 海では延縄漁による偶発的な死亡、陸では島に持ち込まれたハツカネズミによる成鳥とヒナの捕食によって、4種すべてが絶滅の危機に瀕している。 マウスフリーマリオンプロジェクト マウスフリー・マリオンプロジェクト は、2024年にネズミを根絶することで、後者の脅威に対処するために活動しています。 ススイロアホウドリとヒナ(Shary Page Weckwerth作、Michelle Risiの写真より 世界の22種のアホウドリが直面している脅威について一般の人々の認識を高めるために、アホウドリとミズナギドリの保全に関する国際協定(以下、「協定」)が結ばれています。エーキャップを発足させました。 世界アホウドリの日2020年から毎年、2001年の協定締結日である6月19日に開催される予定です。 'WAD2020'のテーマは、" 島の害虫を駆除する ". この初日をサポートするため、ACAPはアーティストと生物学者による自然保護団体「ABUN」(Artists and Biologists Unite for Nature)と協力しました。 ABUN と共同で、繁殖地や海で撮影した写真をもとに、アホウドリのアート作品を制作しました。 マリオン島のアホウドリの写真は、過去10年間、島でこの種を研究してきた研究者から寄せられたものです。 マリオン島のシップス・コーブ上空で抱卵するヒメアマホウドリ by Maureen [...]

スポンサーになった? 再びスポンサーになることをお考えですか? その理由を説明するMaleen Hoekstra氏

2月 2nd, 2022|0 Comments

写真上マッコーリー島でキングペンギンに囲まれるマリーン・ホークストラさん マリーン・ホークストラ社は、昨年9月、マリオン島からネズミを駆除するために50ヘクタールの土地を提供しました。 ここをクリック ). 当時、マリーンはMFM Newsに「年末頃に2回目のスポンサーになる」と書いていた。 そして、このたび、スポンサーを50ヘクタールから75ヘクタールに増やしたのです。 彼女は、これほどまでに寛大な心を持ち続ける原動力となったものについて書いています。 「私は亜南極の島々に情熱を注いでおり、この島々とそこに住む人々が末永く保護されることを願っています。文明から遠く離れているため、島やそこに生息・繁殖する鳥類、外来種が引き起こす問題について知っている人はほとんどいません。" 私ができることであれば、その保護に協力できることをうれしく思います。 "東南極で撮影した皇帝ペンギンのヒナが喜びのジャンプをするように、マリオン島の海鳥たちを幸せにしてあげたい" MFMプロジェクトに複数回協賛しているのは、マリーン・ホークストラ氏だけではありません。 Mouse-Free Marion Projectは、以下の団体から2度目の協賛をいただきました。 ローロフ・ボタ , ナイジェル・ブラザーズ , ジョン・クーパー , ベス・フリント , パメラ&ネヴィル・イズデル トニー・イヴァノフなど、多数の著名人が参加しています。 みんなに感謝です。 ジョン・クーパー ニュース特派員兼 マウスフリー・マリオン・プロジェクト 科学技術アドバイザリーグループメンバー 2022年02月02日

アマチュア自然研究家のルイ&シャルネル・デュトワ夫妻が、「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」に1000件目の協賛をしました。

1月 27th, 2022|0 Comments

写真上ルイとシャルネル・デュトワ プロス・コンサーバンシー ナミビアの北西に位置する マウスフリー・マリオン・プロジェクトは、さまざまなところから資金を調達しています。 そのひとつが、一般の方からの寄付を受け付ける スポンサー・ア・ヘクタール このイニシアティブでは、必要な資金総額のうち、3,000万南アフリカランドを集めることを目標としています。 先月、このプロジェクトの1000件目のスポンサーとなったのは、南アフリカのルイス・デュ・トワさん、チャーネル・デュ・トワさんご夫妻でした。MFM Newsでは、デュトワ夫妻のプロフィールや1ヘクタールのスポンサーになったきっかけを取材しました。 「私たちはマリオン島と個人的なつながりはなく、普通の野鳥観察者です。 マリオン島への群れ2022 クルーズに参加するために バードライフ・サウス・アフリカ と MSCクルーズ 今年1月24日から31日まで開催されます。 船内には知識豊富なガイドと講師がおり、快適な船内で、悪名高い "轟音40年代 "にあまり苦しまないようにと願っている。"私たちは、同じ考えを持つ仲間たちと一緒に過ごす一生に一度のチャンスだと考えています。 「マリオンの猫問題、ネズミ問題、そしてゴフ島など他の場所での問題についても、何年も前から耳にしていました。 ゴフ島 . 最近、初めて見たネズミの頭皮を剥ぐときの血みどろの映像は、私たちに大きな衝撃を与えてくれました。 あの大きな鳥が、頭や首から生きたまま食べられているのに、ただ座っているのを見るのは心が痛みます。" シャーネルは旅行代理店、夫のルイはファイナンシャル・アドバイザーである。 大学在学中に出会った二人は、Roodeplaat Damの近くのブッシュベルドの土地に住んでいます。 ルードプラート・ダム 南アフリカ共和国、プレトリアの北東に位置するルードプラート・ダムの近くにあるブッシュベルに住んでいます。 私たちはアマチュアの自然主義者で、結婚して以来30年近く一緒に野鳥観察をしています。私たちの南部アフリカの鳥のリストは730にあります。私たちは、マリオンへの旅行で、そこで繁殖する多くの種を含む、さらにいくつかの命あるものを加えたいと考えており、また、いくつかの特別な海洋哺乳類を見ることを望んでいます。" MFM Newsは、彼らが南アフリカに戻る頃には、ライフリストを750に増やしていると聞くのを楽しみにしています。 デュトワ夫妻は、「自分の知識を深めるのに、自分の体験に勝るものはない。家族、友人、顧客にも、この価値あるプロジェクトに関心を持ち、貢献してくれるよう説得したい」と、今後もプロジェクトへの寄付を希望しています。 このプロジェクトによって救われるすべての海鳥に代わって、MFMプロジェクトチームはデュトワ夫妻をはじめ、これまでに1ヘクタール以上のスポンサーになってくださったすべての方々に感謝いたします。 協賛企業には、その貢献度を示す個人用の認定証が贈られます。 [...]

バードライフ・サウスアフリカとMSCクルーズによる「マリオンに群がる」MFMチーム

1月 24th, 2022|0 Comments

上の写真:MSCオーケストラ by MSCクルーズ バードライフ・サウス・アフリカの献身的なチームと、組織委員会の一部を構成するボランティアたちによる多くの期待と厳しい準備の後、マウスフリー・マリオン(MFM)プロジェクトチームは、バードライフ・サウス・アフリカの「マリオンへの群れ」航海に出航する準備が整っています。 MFMチームがこれまでに参加したことのない航海となり、亜南極のマリオン島へ向かうクルーズ客船、MSCオーケストラで野鳥観察の仲間に加わる素晴らしい機会となるでしょう。 当初は2020年初頭に予定されていましたが、COVID-19の影響で延期された「Flock to Marion」は、熱心な野鳥愛好家に、豪華客船の快適な船上で1週間過ごすチャンスと、40人の専門ガイド、エキサイティングな交流の機会を提供するものです。 さらに、海鳥や哺乳類のトップエキスパートを招いての興味深いレクチャースケジュールも用意されており、その中にはMFMのスタッフである アントン・ウォルファルト博士 . MSCオーケストラは1月24日にケープタウンを出航し、ロアリング・フォーティを南下してプリンスエドワード島の排他的経済水域(EEZ)に到達する予定です。 この旅では、アホウドリ、ミズミナギドリ、ヒタキのような南洋の遠海性海鳥を観察することができます。 MSCオーケストラは1月31日にダーバン港に入港するまでの間、往路と復路で南アフリカのEEZ内に滞在し、アフリカ南部の捕らえにくい海鳥を発見するのに十分な時間を提供します。 Flock to Marion」は、MFMプロジェクトにいくつかの資金調達の機会を提供し、プロジェクトの資金調達目標に貢献することになります。 海鳥の専門家として著名な ピーター・ハリソン MBE は、航海中にいくつかの講演を行うほか、2つのプライベートな資金調達イベントでも講演を行う予定です。 このイベントは、ケープタウン郊外のL'Ormarins Wine Estateとダーバン郊外のThe Oyster Box Hotelで、それぞれクルーズ前に開催されます。 クルーズの乗客は、以下のような誓約や寄付をすることが奨励されます。 ヘクタールのスポンサーとなり また、スワロフスキーの双眼鏡やピーター・ハリソンが最近出版した海鳥のガイドブック(サイン入り)など、豪華な賞品が当たるチャンスもあります。 また、「Flock to Marion」では、野鳥観察、資金調達のほか、MFMプロジェクトチームメンバー5名のうち3名が初めて顔を合わせる貴重な機会にもなっています。 Dr Anton [...]

昨年の撲滅活動以降、ゴフ島ではさらに多くのネズミが記録されている

1月 20th, 2022|0 Comments

写真上2021年12月にゴフ島でカメラに写ったネズミ、写真:ゴフ島再生計画 ゴフ島再生計画( GIRP は、南大西洋に浮かぶゴフ島で、外来種のハツカネズミを根絶し、島の鳥類を保護することを目的としています。 昨年7月、ヘリコプターによるエサの投下が完了した後、有望視されたのは 一匹のネズミが確認されました。 12月中旬、カメラトラップに1匹のネズミがかかった。 現在 より多くの生きたネズミが を記録したことが、GIRPのホームページで報告されています。 「12月中旬にゴフ島にネズミがいることをカメラトラップで報告して以来、島のチームは、さまざまな場所でネズミの存在範囲を評価し、確認された個体を捕獲するために、対象を絞ったモニタリングと対応策を実施しています。 この作業は現在も継続中です。 このほかにも、残念ながら2カ所で4匹のネズミを捕獲しています。 このように複数のネズミが記録されていることから、ゴフ島再生計画は、ゴフ島の鳥類が受ける甚大な捕食圧から少し解放されるとはいえ、ネズミを一匹残らず根絶するという主目的は達成されていないことがわかる。 現段階では、ネズミの生存が島でどの程度普及しているのか、どのような生息地や標高にあるのか、できるだけ多くの情報を集めることに重点を置いています。 これにより、より可能性の高い原因を把握し、その結果を踏まえて運用方法を修正することで、将来的に再度の根絶を目指すことができるかもしれません。 今後のRSPBの取り組みだけでなく、より広い島の再生コミュニティーのためにも、可能な限りの教訓を得るようにします。 RSPBは、ゴフの復元と、太平洋のヘンダーソン島を含むより広範な根絶のために断固として取り組み、今後もパートナーとの緊密な協力を続けていく予定です。 もっと明るいニュースをお伝えしたいところですが、ゴフ島再生計画を支援してくださったすべての方々に深く感謝いたします。 今後、重要な情報が入り次第、皆様にご報告するよう努めてまいります。 Anton Wolfaardt マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクト・マネージャー、アントン・ウォルファルトは、「さらに4匹のマウスが捕まったというゴウからの最新のニュースは、本当に悲惨なものです。 またもや 王立鳥類保護連盟(RSPB)の仲間に共感しています。 RSPB とゴフ島再生計画の仲間に改めて共感します。 ゴフ社プロジェクトの計画、コミットメント、スキル、実行は模範的であり、これは確かに苦い結果である。 この不幸な結果は、このような大規模な島の根絶には成功の保証がないこと、そして根絶の試みと島はそれぞれ異なるということを浮き彫りにしています。 RSPBが現在行っている、これらのネズミの生存につながったかもしれない要因の解明と、ゴフの復元と他の根絶活動の指針となる情報の提供に継続的に取り組んでいることを称賛するものである。 この20~30年の間に、島嶼部におけるネズミ駆除はより広く、より大規模に実施されるようになりました。 いずれの場合も、過去の撲滅活動の成功例や失敗例から得た教訓や経験をもとに、活動が行われています。 Gough氏の発見は、MFMプロジェクトの選択された方法論や生態学的な必要性を否定するものではありません。 MFMチームは今後もRSPBと密接に協力し、彼らの経験やレビューから学び、MFMプロジェクトの計画に反映させる予定です。 ジョン・クーパー [...]

バードライフ・サウスアフリカが新年のチャレンジとして、提携するバードクラブに1ヘクタールのスポンサードを要請

1月 18th, 2022|0 Comments

写真上マリオン島で冬に繁殖するオオミズナギドリが巣穴の中でネズミの危険にさらされている。 マウスフリーマリオンプロジェクト マウスフリー・マリオン・プロジェクト は バードライフ・サウスアフリカ と南アフリカ共和国の 林業・漁業・環境省とのパートナーシップです。 . バードライフ・サウスアフリカは、科学的根拠に基づくプログラムを通じて、自然資源の持続可能かつ公正な利用を支援し、人々が自然を楽しみ、大切にすることを奨励することで、鳥類とその生息地、生物多様性の保護に努めることを使命としています。 NGOとその使命は、次のような人々によって支えられています。 全国40の地域バードクラブに支えられています。 によって支えられています。 2021年末までに、このうち16のクラブが合計69ヘクタールのスポンサーとなり、MFMプロジェクトを支援しました( こちらをクリック ). この16クラブのうちの1つが ハーマナス野鳥の会その議長であるRonnie Hazellは、次のように書いています。 MFMニュース クラブが5ヘクタール(1ヘクタールあたり1000ルピー)を支援するきっかけとなったのは、次のようなことでした。「マリオン島で起きている惨状に初めて目を向けたのは、幸運にも、バードライフ・サウス・アフリカの主催する 海上の群れ のクルーズで、ピーター・ハリソンが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」への寄付を熱く訴えたのを聞いた。 ネズミに襲われるアホウドリの幼鳥の映像は、決して美しいものではありませんが、ご存知のように、多くの観客を魅了し、すぐに1ヘクタールを購入して、現在行われている撲滅活動のスポンサーになってくれました。 私もその一人でした。 最近、Covidの流行でクラブが衰退し、会員が減る一方で、まだ未配分の資金があり、これを普通預金口座に貯めるよりも有効活用できるのではないかと思いつきました。 久しぶりに委員会が開かれたときに、このアイデアを出したところ、受け入れてもらえたので、寄稿することにしました。 このプロジェクトについて、私たちのブログで紹介しました。 ブログ このプロジェクトについてブログで紹介したところ、クラブの会員でなくとも、地域の人々が1ヘクタールのスポンサーになってくれたと聞き、嬉しくなりました。 Hermanus Bird Clubは、Mouse-Free Marion Projectの素晴らしい活動を支援できることを誇りに思うとともに、達成された進捗状況について継続的に報告されることを楽しみにしています。" [...]

MFMプロジェクト・マネージャー、餞別に自分の名前でスポンサーを獲得

1月 13th, 2022|0 Comments

上の写真アホウドリとミズナギドリの保護に関する協定から受け取った「スポンサー・ア・ヘクタール」認定証を手にするMFMプロジェクト・マネージャーの アントン・ウォルファルト。 昨年2月、Anton Wolfaardtがプロジェクト・マネージャーに任命されました。 プロジェクト・マネージャーに プロジェクト・マネージャーに任命されました。 それ以前は、2013年から海鳥の混獲ワーキンググループのコンビナートを務めていました。 海鳥の混獲作業部会 アホウドリとミズナギドリの保全に関する国際協定( ACAP の海鳥混獲作業部会(Seabird Bycatch Working Group)の議長を務めた。 Antonは、海鳥、特にアホウドリとミズミナギドリに対する混獲の影響をよりよく理解し削減するための取り組みが進展し、ACAPが新たな混獲関連問題に対応し続けられるように、SBWGの作業を促進し調整する責任を負っていました。 3期務めたSBWGは、産業漁業における影響緩和アプローチという技術的な焦点から、小規模漁業、モニタリングと遵守要件、混獲の社会経済的側面へとその範囲を拡大しました。 MFMのプロジェクト・マネージャーとなったアントンは、マリオン島の「キラーマウス」撲滅に全力を注ぐため、SBWGのコーディネーターを退任した。 その長年の功績に感謝し、ACAP事務局は彼の名で1ヘクタールを後援しています。 餞別を受け取ったアントンは、「ACAPの友人や同僚が、MFMプロジェクトにスポンサーシップを贈ってくれたことにとても感謝しています。私はもうACAPの活動には正式に関与していませんが、MFMプロジェクトはACAP、そして南アフリカのアホウドリとミズナギドリ保護への取り組みと直接関係があります。マリオン島は、ACAPの種にとって重要な繁殖地である。この島からネズミを駆除することで、ネズミの捕食によって悪影響を受けた世界的に重要なアホウドリとミズナギドリの個体群が、元の輝きを取り戻すことができるのです。ACAPの仲間やその他の人たちに、私たちの進捗状況をお知らせするのが楽しみです。" ジョン・クーパー ニュース特派員兼 マウスフリー・マリオン・プロジェクト科学技術諮問委員会委員、2022年1月13日付

元カペトナーのスティーブンとパトリシア・プリングル夫妻が、出会いを記念して25ヘクタールの土地を寄付

1月 11th, 2022|0 Comments

上の写真2015年、サウスジョージア島でのスティーブとパット・プリングル、通過するクロアシアホウドリと。 英国を拠点とし、ケープタウン大学で教育を受けたスティーブン&パトリシア・プリングル夫妻は、2024年にマリオン島のハツカネズミを根絶するために25ヘクタールを後援し、他の8社と共同で名誉ある "Grey Petrel Club "に加盟しました。 グレー・ペトレル・クラブ ". MFM NewsにSteveが寄稿しています。 「私たちはマリオン島に行ったことはありませんが、1960年代後半から何年にもわたって、マリオン島や他の南洋の島々を訪れた多くの生態学者や鳥類学者に会ってきました。パットと私は、海洋鳥類学者のトニー・ウィリアムスが1973年にマリオン島の海鳥を研究するために英国からケープタウンまで船で渡ってきたことがなければ、決して出会うことはなかったでしょう」。 「私たちは長年にわたり野生動物に関心を持ち、主にアフリカの国々で多くの保護プロジェクトを財政的に支援してきました。また、私たちは非常に幸運なことに、南大西洋のサウスジョージアをはじめ、数多くの遠隔地や美しい島々を訪れてきました。2015年にそこを訪れたのは、その島の害虫駆除プロジェクトの初期でした。私たちは、ネズミを根絶するための最終的に成功した取り組みに非常に感銘を受け、そのプロジェクトに私たちの小さな貢献を加えました。その結果、見事な成果を上げることができました。何より嬉しいのは、結果が出るのが早いことです。サウスジョージアのようなプロジェクトは、予算も期間もかなり厳密に設定されており、鳥の個体数はその後急速に回復しました。一方、多くの保護プロジェクトは善意に基づき、多くの努力と資源を費やしながら、ほとんど成果を上げることができません。MFMプロジェクトがエキサイティングなのは、少し違うが、非常に明確な目標を持っており、自然保護におけるサウスジョージア型のサクセスストーリーになることが約束されているからだ" と述べた。 「数年前、私たちはニュージーランド周辺の、外来捕食動物を根絶した小さな島々を訪れました。ここでも固有種の鳥の個体数の回復という点では、かなり早い成果を上げていますが、本土沿岸に近い島々の有害生物のいない状態を維持するためには、絶え間ない努力とコストのかかる作業が必要です。マリオンでは、遠隔地であることと、優れたバイオセキュリティ管理が行われていることから、このような問題が生じないことを期待しています。" 「一昔前、私たち夫婦はケープタウンに住み、野鳥観察や研究活動に熱心でしたが、1970年代半ばにイギリスへ戻りました。科学、工学、技術の分野でキャリアを積んだ後、私は引退後に名誉職として保全生物学の分野で学界に戻り、現在はリーズ大学環境学部の客員研究員として、ジンバブエの土地利用の変化が鳥に与える影響に関する8年間の研究に関わっています。" スティーブはまた、アフリカン・バード・クラブの終身会員として、アフリカ大陸とのつながりを持ち続けています。 アフリカン・バード・クラブ アフリカン・バード・クラブの終身会員でもあり、評議員、会計係、事務局員を歴任しています。 個人的な話になるが、私とスティーブは、今から半世紀近く前の1970年代に南アフリカの西ケープ州で行ったシギ・チドリ類の調査に基づいて、初めて一緒に科学論文を書いたことがある。 それから長い年月が経ち、海鳥の島を訪れたいという私たちの情熱が、「ネズミのいないマリオン号プロジェクト」の支援に結びついたことは喜ばしいことです。 ジョン・クーパー氏(ニュース特派員、マウスフリー・マリオン・プロジェクト科学・技術諮問グループメンバー)2022年1月11日号

瀬戸際の鳥」チャリティーで「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」に寄贈

1月 6th, 2022|0 Comments

上の写真マリオン島のアホウドリ(Wandering Albatross)、写真:John Dickens 瀬戸際の鳥たち は、英国を拠点に世界の鳥類保護活動を支援する助成金授与のための慈善団体です。 マウスフリー・マリオン・プロジェクトのチーフ・フィランソロピー・オフィサーによるアプローチに続いて。 ハイディ・ホイットマン マリオン島のアホウドリを殺すハツカネズミの駆除に向けて、1000英ポンド(約21,000ランド)の助成金を提供することになりました。 Birds on the Brink 共同設立者・評議員。 アンドリュー・クリーブ MBE とコメントしています。「Birds on the Brinkでは、陸生哺乳類がいないはずの海鳥の島に、陸生哺乳類が持ち込まれると大惨事になることを十分承知しています。例えば、バミューダではネコやネズミが原因でカワウ(バミューダミズミル)が絶滅の危機に瀕し、ニュージーランドのチャタム諸島ではネコ、ネズミ、ブタ、ポッサムなどの哺乳類の脅威によってチャタムやマゼンタのミズミルが絶滅を免れているのを実際に見てきた。もっと身近なところでは、イギリスのランディ島で2種のネズミが根絶され、海鳥の数がほぼ指数関数的に回復している。マリオン島はもっと大規模で、地球上で最も重要な海鳥の島の1つです。しかし、大小さまざまなプロジェクトに共通しているのは、献身的な愛好家たち、そして資金を必要としていることです。Birds on the Brinkは、ワクワクしながら寄付のお手伝いをさせていただいています。私たちの寄付は大海の一滴に過ぎませんが、経済的な面では小さなことでも大きな力になります。また、このメッセージを広めることで、他の人たちも懐を痛めて助けてくれることを期待しています。ネズミのいないマリオン・プロジェクト」の成功を祈っています。 バーズ・オン・ザ・ブリンクは、最も効果的な活動を行うために、少額の助成金で活動を支援することを目的としています。 と連携しています。 バード・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー と連携し、国際的なコンテストから保護活動のための資金と支援を受けています。 両社は、世界最高水準の素晴らしい映像を通じて、人々に環境への関心を喚起することを目的としています。 マウスフリーマリオンプロジェクトは、「Birds on the Brink」チャリティー団体からいただいた寄付金に深く感謝いたします。 続きを読む ここで . ジョン・クーパー [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトチームは、2021年の寄付者、スポンサー企業の皆様に感謝するとともに、2022年が安全で快適な年になることを祈念しています

12月 24th, 2021|0 Comments

上の写真。マリオン島で羽化したヒナを連れたオスのワンダリング・アホウドリ(Wandering Albatross)=写真:John Dickens マウスフリーマリオンプロジェクトチームは、2021年の間に財政的な支援やその他の方法でプロジェクトをサポートしてくださったすべての方に季節のご挨拶を申し上げます。 このたびは、南アフリカをはじめとする約1000の個人・団体の皆さまから、「Sponsor the Hectare」プロジェクトにご寄付をいただき、誠にありがとうございました。 スポンサー・ヘクタール キャンペーンにご協力いただきました。 2022年が皆様にとって安全で快適な年となりますようお祈り申し上げます。 アントン・ウォルファルト、ハイディ・ウィットマン、ジョン・クーパー、キース・スプリンガー、ロビン・アダムス、マウスフリー・マリオン・プロジェクト、2021年12月24日

マリオン島のアホウドリとネズミの被害を受けたウミツバメを特集:ミナミオオコノハズク(Tegan Carpenter-Kling氏

12月 23rd, 2021|0 Comments

写真上マリオン島上空を飛行するミナミオオコアリクイ 注:この記事は、マリオン島で繁殖している海鳥の写真を紹介するシリーズの6回目です。 マリオン島 島の研究者や写真家、MFMチームのメンバーが島と鳥に寄せる熱い思いを読者に伝えるべく、鳥の紹介をしています。 こちらです。 テガン・カーペンター・クリング は、ミナミオオミズナギドリ(Macronectes giganteus)[1]の研究を含む、彼女の卒業研究について書いています。 世界的に軽度懸念(Least Concern と 地域的には準絶滅危惧 の研究を含む、卒業論文の研究について書いています。 残念ながら、マリオン島で撮影した写真のコレクションは、南アフリカで自宅の強盗に遭い、ノートパソコンとバックアップ用のハードディスクを盗まれ、失われてしまったのです。 彼女の記録は、同じマリオン研究者のジョン・ディケンズによって、代わりに図解されている。 Tegan Carpenter-Kling、マリオン島のTriegaardt Bayにて、写真:John Dickens 2013年、私は「バーダー」としてマリオン島で1年間を過ごす幸運な一人に選ばれました。 南アフリカ政府のフィールドアシスタントとして、島で繁殖するさまざまな海鳥の個体数カウントと人口統計学的パラメータのモニタリングを担当しました。 この年は、私の人生の中で最も非日常的な年でした。 初めて、完全に野生化した亜南極の島を探検する爽快な喜びを感じただけでなく、南洋の海鳥たちの日常を垣間見て、新しい情熱が芽生えつつあるのをドキドキしながら感じたのです。 マリオン島のキングペンギンコロニーで餌の取り合いをして血まみれになったミナミオオコアリクイ 2013年から14年にかけてマリオン島で越冬した1年間が、私の海鳥のキャリアに火をつけることになった。 それ以来、私は動物学の修士号と博士号を取得し、いずれも島の海鳥の採餌生態を研究しています。 修士論文では、温度・深度記録計(TDR)とGPSロガーから収集したデータを用いてマリオン島のジェンツーペンギンの採餌生態を説明し、19年間収集したデータを用いてこの種の餌と地域の海洋学との相関を調査しました。 ペンギンコロニーでの給餌を終えたミナミハンドウチュウのバスタイム 2年目(2015/16年)にはマリオンに戻り、博士研究のためのデータを収集しました。この研究は、追跡と安定同位体データを用いて、島の12の海洋捕食者の採餌生態の研究へと拡大しました。 [...]

ネズミの被害を受けたマリオン島のアホウドリやミズナギドリとその写真家を特集:ジョン・ディケンズによる「ライトマントゥール・アホウドリ

12月 21st, 2021|0 Comments

上の写真ライトマントゥルス・アホウドスの肖像 注:この記事は、マリオン島で繁殖している海鳥の写真を紹介するシリーズの第5回目です。 マリオン島 マリオン島で繁殖している海鳥がネズミに襲われている写真と、その撮影者についての情報を紹介するシリーズの第5弾です。 その目的は、写真家たち(そして鳥たち)を読者に紹介し、彼らやMFMチームのメンバー全員が島とその鳥たちに感じている情熱を説明することにあります。 ここでは、ジョン・ディケンズが、グローバルに展開する グローバルに そして 地域的に ジョン・ディケンズは、インド洋南部にある南アフリカの亜南極領で1年間を過ごし、世界的・地域的に絶滅の危機にあるアホウドリPhoebetria palpebrataを 撮影しました。 マリオン島のシップス・コーブの崖の上に立つジョン・ディケンズ、水平線にはプリンス・エドワード島が見える=アルフレッド=ヒューゴ・グリューンシュロス撮影 アホウドリの鳴き声ほど、亜南極を連想させる音はないだろう。 目を閉じて、彼らの鳴き声を録音したものを聴くと、すぐにマリオン島へタイムスリップしてしまうのです。 海岸沿いの砂浜でフリッパータグの付いたミナミゾウアザラシの確認に成功し、一日中風と戦いながら楽しく疲れた昼下がり、私は断崖の上に立っている。 キングペンギンコロニーの奥で泥の中にもぐった冒険好きのゾウアザラシのタグを確認するために、服もひげもペンギンのにおいがする。 ありがたいことに、小屋はすぐ近くにある。 このバカみたいに重いバックパックを脱いで、臭い服を着替えて、シダに覆われた斜面でお茶を飲みながらくつろぐのが本当に楽しみです。 ライトマントル・アホウドロスのヒナ 小屋は後回しにして、まず鳴き声を聞いてから、隣を飛んでいるアホウドリに気づく。 背面が明るい灰色であることや、よく見るとくちばしの溝が黄色ではなく青色であることなどから、近縁種のススイロアホウドリP. fuscaではなく、明らかにLight-mantledであることがわかります。 数分後、草地の上に堂々と、そしてうまくカモフラージュしながら立っている相棒を発見した。 鳥が通り過ぎるたびに、相棒は首をかしげ、大きな悲鳴を上げる。 半周したところで、相手が着地する気がないことがわかると、崖の上の鳥は空中に飛び出し、2人は美しい空中ダンスを始める。 一人がもう一人の上を飛び、触れ合いそうなほど近くを滑空する。 翼端がブラッシングされながら、バンクと旋回を繰り返す。 その大きな翼は風を完璧にとらえ、自然界で最も優雅なバレエのひとつであるかのように、難なく踊っているように見える。 しばらく演奏を続けた後、別れる。 一羽が着陸してくると、その露頭のシダや草の中に不時着し、魔法は突然解ける。 [...]

ゴフ島で発見されたネズミ(撲滅活動後

12月 17th, 2021|0 Comments

写真上トリスタンアルバトロスのヒナ、ゴフ島。 写真Anton Wolfaardt マウス・フリー・マリオン(MFM)チームは、ゴフ島再生計画(GIRP)から、根絶を試みた結果、遠隔監視装置によって島内にネズミの個体が記録されたというニュースを受け、大きな衝撃を受けています。 現段階では、何が原因で少なくとも1匹のマウスが助かったのかは不明です。 ゴフプロジェクトは、これまでに試みられた島の修復計画の中で最も野心的なものの一つであり、最高の国際基準で実現されたことを私たちは知っています。 また、このような大規模な島の根絶には成功の保証がなく、根絶の試みも、島も、それぞれ異なることもわかっています。 MFMチームは、RSPBの同僚と密接に協力し、彼らの経験やレビューから学び、私たちの計画に教訓を反映させ続けています。 この20~30年で、島嶼部におけるネズミ駆除はより広く行われるようになり、規模も大きくなっています。 いずれの場合も、過去の撲滅活動の成功例や失敗例から得た教訓や経験をもとに、活動が行われています。 Gough氏の発見は、マウス・フリー・マリオン・プロジェクトの選択された方法論や生態学的な必要性を否定するものではありません。   マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー Anton Wolfaardt博士 2021年12月17日  

南アフリカの野鳥愛好家グラント・モリソンが、マリオン島のアホウドリ退治のために65haの寄付を行いました。

12月 14th, 2021|0 Comments

上の写真南アフリカのドラケンスバーグ山脈の麓でバードウォッチングをするグラント・モリソン氏 マウスフリーマリオンプロジェクトは、1ヘクタールの土地に協賛してくださる方が着実に増えていることに心を痛めています。 1ヘクタール以上を支援してくださる方が 2024年の作戦に向けて、海鳥を殺す外来種のハツカネズミを駆除するために、1ヘクタール以上を支援してくれる人が着実に増えていることに胸をなで下ろしています。 現在までに1000人近くの個人、野鳥の会、慈善団体から1ヘクタールあたり1000レアルの寄付があり、中には5万レアル以上の高額な寄付をした人もいます。 その一人であるグラント・モリソン氏は、MFM Newsに65ヘクタール以上のスポンサーになる動機について書いてくれています。 "私は熱心な野鳥愛好家であり、一般的なナチュラリストでもあります。 10歳の頃から鳥や野生動物に興味を持ちました。 鳥への興味は、当時実家の庭に多くの鳥を呼び寄せるために、土着的なガーデニングへの情熱へと発展していったのです。 公認会計士の資格を取得した後、FGASA( フィールドガイド協会 を修了し、この美しい自然界のさまざまな部分に目を向けるようになりました。 私は南アフリカのクワズール・ナタール州にあるピータマリッツバーグで育ち、家族で休日や週末は、フラティクル渓谷の先にあるマス養殖場のコテージで過ごしました。 フラティクル・バレー の近くにあるマス養殖場のコテージで過ごした。 KZNツル基金 . 敷地内には多くの外来種が生息していた ブラックワトル (オーストラリア原産)がたくさん生えていて、これが外来種に興味を抱かせるきっかけとなりました。 しかし、そんなことをしても何の意味もないので、私はよくワトルを伐採して、侵入してきた植物に少しでも影響を与えようとしたものです。 ピータマリッツバーグ周辺では、絶滅危惧種であるツバメの個体数が激減しています。 青いツバメ と ケープオウム 人間の行動が原因です。 しかし、このような種が再び繁栄するような環境に、人間が引き起こした土地利用の変化を戻すことは困難です。 マウスフリーマリオンプロジェクトは、人間による被害を回復し、アホウドリをはじめとするさまざまな海鳥が安心して暮らせる島を実現するチャンスであると、私は考えています。 私の信仰の重要な柱は、自然保護や人づくりの分野で良い仕事をしているNGOや団体を支援することです。 私は長年バードライフ・サウス・アフリカの会員でしたが、最近になって コンサベーション・リーグ 寄付者 私は "陸の人 [...]

ネズミのいないマリオンプロジェクト」のために、島を訪れるたびに1ヘクタールずつ、計31ヘクタールのスポンサーとなったジョン・クーパーさんをご紹介します。

12月 8th, 2021|0 Comments

上の写真。ジョン・クーパー氏とランニングとサイクリング(写真:Ruth Cooper 世界中の海鳥生物学者や保護活動家、特にマリオンのような亜南極諸島の海鳥に関心を持つ人々にとって、ジョン・クーパーを紹介する必要はないだろう。 MFMのウェブサイトのニュース記事をご覧になっている方は、ウェブサイトで紹介されている記事の大半を執筆しているジョンのこともご存じでしょう。 世界的に著名な海鳥の生物学者で、以前はケープタウン大学を拠点に活動していました。 ケープタウン大学 (アフリカペンギン、バンクウーマンなど、この地域の海鳥のほとんどについて先駆的な研究を行っている。 キャリアの終盤には、バードライフ・インターナショナルの海洋保全プログラムを率いた バードライフ・インターナショナルの海洋保護プログラム を率いた。 ジョンは、アフリカ南部の繁殖海鳥一式の研究、社会的認知、保護に大きく貢献しているといっても過言ではないだろう。 ジョンは、1978年に初めてマリオン島を訪れ、2014年を最後に通算31回の訪問を経験しています。 1980年代に島で行われた長期的な海鳥のモニタリング調査のいくつかを立ち上げ、そのほぼすべてが今日まで継続されているのも彼の功績である。 また、マリオン島やプリンス・エドワード島だけでなく、トリスタン・ダ・クーニャ諸島のゴフ島でも、長年にわたって名誉保護官を務めるなど、亜南極の島々での活動も長く続けている。 ジョンは数十年にわたり、この素晴らしい島々と世界的に重要な海鳥の個体群の理解、管理、保全に多大な貢献をしてきました。 また、現在活躍している多くの海鳥研究者の指導にもあたっている。 私自身、ジョンの指導を受けた幸運な一人だと思っています。 ジョンが長期的な調査や政策立案、啓蒙活動を通じてこれらの島の保全に貢献してきただけでなく、重要なのは、現場で保全の課題に取り組む実践的なアプローチであることは、現地でジョンと過ごす機会に恵まれた人ならおわかりいただけると思います。 ジョンがMFM Newsに 寄稿 私にとっての不変の原則は、自然の生息地における種の脅威であり、その中の個体の幸福ではありません。しかし、種の絶滅のリスクは、種の中の進化的に異なる個体群や地理的に孤立した個体群を含めて、限られた資源に直面したときの優先順位を決める有効な方法なのです。IUCNの脅威分類システムは、異なる種に対する行動の必要性を客観的に判断することを可能にしています。しかし、私は、世界的に絶滅の危機に瀕しているかどうかにかかわらず、自分たちが選んだ種とその生息地を保護するために活動する特別利益団体に価値を見出し、それを支持したいと思います。結局のところ、人は自分が知っているもの、好きなものを守るために活動するのです。マリオン島とその海鳥は、私にとってその役割を担っているのです」。 アホウドリとミズナギドリの保全に関する国際協定」(ACAP)の名誉情報官を務める。 ACAP 2007年以来、国際的なアホウドリ・ミズナギドリ保護協定(ACAP)の名誉情報担当を務めており、今年は「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」でも同様の役割を担い、プロジェクトの推進に向けたニュース記事や特集を執筆しています。 また、マウスフリー・マリオン・プロジェクトの科学技術諮問グループ(STAG)のメンバーでもある。 海鳥の保護に対する彼の多くの貢献は、多くの組織や賞で認められている。 2012年、ジョンはバードライフ・サウスアフリカから最高の栄誉である「ギル記念メダル賞」を受賞しました。 ギル記念メダル賞 南アフリカ鳥類学への卓越した生涯の貢献に対して贈られるものです。 同年、米国に本拠を置く「パシフィック・シーバード・グループ」から「ライフタイム・アチーブメント・アワード」を受賞した。 パシフィック・シーバード・グループ の創刊編集長として、海鳥の研究、保護、出版に多大な国際的貢献をしたことが評価され、同年、米国に本拠を置く太平洋海鳥グループからLifetime Achieve Awardを授与されました。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトは、国内外からの賛同を得て国際色豊かなものとなりました。

12月 7th, 2021|0 Comments

写真上南アフリカ共和国 林業・漁業・環境省大臣 バーバラ・クリーシー氏 南アフリカ共和国森林・漁業・環境省とのパートナーシップとして( DFFE と バードライフ・サウスアフリカ マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトは、主に国家的な取り組みです。 しかし、ベイト剤散布による3万ヘクタール近いハツカネズミの駆除のような大規模な作戦は、計画、資金、実行においてグローバルなアプローチが必要です。 実際、プロジェクトのマネジメントチームには、ニュージーランド出身の キース・スプリンガー オペレーションズ・マネージャーとして、また ハイディ・ウィットマン 南アフリカ共和国出身で、米国でチーフ・フィランソロピー・オフィサーに就任。 アントン・ウォルファールト (プロジェクト・マネージャー)。 ロビン・アダムス (コミュニケーションオフィサー兼プロジェクトアシスタント)、そしてケープタウン出身のジョン・クーパーが名誉職としてニュース特派員として参加しました。 そのため、資金調達には国際的な取り組みが必要です。ヘクタールのスポンサーになる「寄付は、これまでオーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アメリカなど、多くの国から寄せられています。 100ヘクタールのスポンサーシップ は、台湾のサポーターから届きました。 機関投資家による大規模な寄付は、スイスから スイス をはじめ、各国から寄せられています。 また、このプロジェクトの国際的な取り組みを支援するため、国内だけでなく、世界各国の各分野のリーダーから賛同の声が寄せられています。 南アフリカ国内からの支援は、DFFE大臣が行っています。 バーバラ・クリーシー 南アフリカにある亜南極のマリオン島を訪れたことのある人はほとんどいないし、訪れる機会もないだろう」と書いている。しかし、何百人もの人々が、この島のアホウドリを殺すネズミを根絶するために、Mouse-Free Marion Projectを通じて寄付をしています。大臣として、このプロジェクトが成功することを祈るとともに、できる限りの支援をお願いしたい」と述べた。 Mavuso Msimang 大臣の支持を受けたのは [...]

南極観測隊員パトリック・シヴェルツェン氏を偲び、25haの協賛を決定

12月 2nd, 2021|0 Comments

上の写真南アフリカの南極観測基地「SANAE IV」でのPatrick Sivertsen氏 故パトリック・シヴァーツェン氏(SANAE 53)のご家族やご友人から、MFMプロジェクトの "Sponsor a hare "に25500レアルの寄付が集まりました。 ヘクタールのスポンサーになる 「のチャレンジに25,500レアルの寄付が集まりました。 このスポンサーシップは、Patrickから引き継いだGraham Bainbridgeによって企画されました。 SANAP のメカニカル・エンジニアに就任しました。 SANAE IV 基地で、SANAPメカニカルエンジニアとして Vesleskarvet 2014/15年の南極の夏、南極のドロニング・モード・ランドにあるVesleskarvetにある南アフリカのSANAE IV基地で、機械エンジニアとして働いています。 グラハムはMFM Newsに彼の友人のことを書いています。 "パットはナミビアのオランジュムンドで育ち、その後ケープタウン大学で機械工学を学び、そこで出会い、良い友人グループを形成しました。彼は2014年にSANAE 53(南アフリカ第53次南極越冬隊)の機械エンジニア兼副チームリーダーとして越冬しました。SANAEの後もケープタウンを拠点とする南極物流会社で南極での仕事を続け、南極点を含む南極大陸の他の地域を訪問することができた。仕事以外では、西ケープ州の山々を探検し、家族や友人と過ごし、旅行し、人生を探求することが好きだった。彼は冒険心旺盛で、世界中のさまざまな場所を旅し、亡くなる前にはヨットのパートオーナーになり、スキッパーズライセンスを取得したばかりだった。2019年12月に亡くなった時は32歳でした。彼のユニークな人生観とユーモアのセンスは、いつまでも記憶に残ることでしょう。" 南アフリカの南極観測基地SANAE IVの前に立つSANAE 53の仲間たちと右端にいるのがPatrick Sivertsen氏。   グラハムは続ける。「パットは、南極の広大な空間、孤立、手つかずの大自然に情熱を傾けていた。私はパットさんのおかげで越冬することができたので、いつも感謝しています。マウスフリーマリオンプロジェクトのことを知ったとき、彼の名前を使って支援することは、彼の環境と南極地域に対する愛が込められており、彼にチャンスがあれば関わりたかったと思うので、ふさわしいトリビュートだと思ったのです。寄付は、彼を偲ぶ家族や友人たちから寄せられています。彼もこのプロジェクトを非常に重要なものと考えており、MFMプロジェクトに自分の名前が載ることを喜んでいると思います。"   MFMプロジェクトは、パトリックさんのご家族やご友人から、南アフリカの南極観測隊員の名前を冠した25ヘクタールのスポンサーシップを実現したことに、大変感謝しています。 [...]

ウィッツ・バード・クラブは、ルイサ・アマロ遺贈による「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を支援しています。

11月 30th, 2021|0 Comments

写真上。右端に故マリア・ルイサ・アマロ、後ろにウィッツ・バードクラブのメンバーであるバービ・フォーサイス、その横にマリー・スローター、他はクリシスメア在住者 バードライフ・サウス・アフリカの関連団体である ウィットウォータースランド野鳥の会 は、2024年にマリオン島のアホウドリを殺すハツカネズミの駆除に向けて10ヘクタールのスポンサーとなるために、元会員のマリア・ルイサ・アマロさんからの遺贈を活用しました。 Wits Bird Clubの名誉会長であるLance Robinson氏が、MFM Newsに寄稿しています。 「ルイザ・アマロはモザンビーク生まれ。 1977年、同国の内戦勃発に伴い、家族とともに南アフリカに移住し、ハウテン州ヨハネスブルグで地図製作の仕事に従事した。 ルイザは長年クラブのメンバーとして活躍し、いつも喜んで手伝ってくれただけでなく、次のような活動にも熱心に取り組んでいました。 コミュニティ・バード・ガイド ムプマランガ州のクリシースメール地区で、バービ・フォーサイスとマリー・スロッターの指導のもと、バードクラブが行ったコミュニティ・バードガイドのトレーニングに熱心に取り組んでいました。 ルイザはまた、私たちの「鳥類相会合同ロードカウント」( CAR の活動にも参加しました。 2018年10月に逝去。 ルイザは静かに語る人で、いつも寛大で、クラブと一緒にバードウォッチングをするのが大好きでした。 彼女の遺志が「マウスフリー・マリオン・プロジェクト」を通じて受け継がれることは、彼女もきっと支持していたことでしょう。 彼女はとても寂しいです。" ウィッツ・バード・クラブは 以前サポートした をサポートしています。 1ヘクタールをスポンサーする 「キャンペーンを支援しました。 ルイサ・アマロ遺贈の寄付により、現在では16ヘクタールを後援しています。 MFMプロジェクトは、クラブの継続的な支援に感謝するとともに、南アフリカのより多くのバードクラブが、ネズミを駆除してマリオン島の生態系バランスを回復することを目的とした価値ある活動への貢献を検討してくれることを期待しています。 スポンサーシップ ご協賛をお願いいたします。 を募集しています。 Witwatersrand Bird ClubのAndy FeatherstoneとLance [...]

コンサベーション・カンバセーションズ:マリオン島での海鳥の研究がウェビナーシリーズで紹介されました。

11月 25th, 2021|0 Comments

写真上 マリオン島の気象観測所付近で交流するワンダリング・アルバトロスのペア、写真:Stefan Schoombie バードライフ・サウスアフリカ の週刊ウェビナーシリーズ「コンサベーション・カンバセーション コンサベーション・カンバセーションズ 11月16日に開催された テガン・カーペンター・クリング と ステファン・シュンビー 南アフリカ共和国の亜南極地域であるマリオン島での生活と仕事の体験談を語っていただきました。 マリオン島 での生活と仕事の体験を話してくれました。 また、ACAPに登録されているアホウドリやオオミズナギドリなど、博士号取得までに行った島の海鳥の調査について、イラストを交えてお話します。 コンサベーション・カンバセーションズ(Conservation Conversations )」と題した講演の録音をご覧いただけます。Tegan Carpenter-Kling and Stefan Schoombie - Seabirds on Marion Island(テガン・カーペンター・クリングとステファン・シュンビー、マリオン島の海鳥 )」の録音は以下からご覧いただけます。 マウスフリーマリオンプロジェクト マウスフリー・マリオン・プロジェクト は、2024年に島の海鳥を殺すハツカネズミを根絶し、講演で紹介されたアホウドリやオオミズナギドリが再び陸上の捕食者に邪魔されずに繁殖できるようにすることを目標としています。 MFMプロジェクトに1ヘクタールのスポンサーとして参加することができます。 [...]

南アフリカの熱心な野鳥愛好家、ジョン・ブラッドショーとアリソン・ブラッドショーは、ネズミのいないマリオン・プロジェクトに100ヘクタールを提供

11月 23rd, 2021|0 Comments

写真上ノルウェーの最北端にあるノースケープにて Mouse-Free Marion Projectチームは、南アフリカのトップバーダーの一人であるJohn Bradshaw氏が、名誉ある「Wandering Albatross」スポンサー部門の新メンバーになったことを発表します。 ゴールデンバード・パトロンをはじめ、長年にわたってバードライフ・サウスアフリカの熱心なサポーターであるジョンは、妻のアリソンとともに、マリオン島からネズミを根絶するために100ヘクタールという非常に広い範囲をスポンサーとして提供しました。ジョンさんは、30年以上にわたって野鳥観察を楽しんできたアマチュアバーダーと自称しています。 これは、新しい鳥を探し記録するという仕事に対する驚異的なレベルの熱意と献身を必要とする、驚くべき偉業である。JohnとAlisonは、長年にわたって南アフリカのバードクラブの友愛に積極的に参加してきました。 1994年には、ヨハネスブルグのインクワジ・バードクラブと、ヴァールトライアングルのヴァールバードクラブの両方に入会した。 Vaal Bird Clubの会長を長年務め、現在は同クラブの名誉会長を務める。ジョンがマウスフリー・マリオン・プロジェクトに寄せた手紙。「アリソンと私は幸運にも南極大陸、フォークランド、サウスジョージア、トリスタン・ダ・クーニャ、ナイチンゲール、インアクセシブル、ゴフ島を訪れましたが、どの島も驚くべき海鳥の群れを支えています。サウス・ジョージア島での最近の駆除プロジェクトの成功や、ゴフ島でのベイト剤散布の完了を読んで、刺激と励ましを受けました。これらの成果は、特に優秀なチームが編成されたマリオンのプロジェクトにとって好材料である。ネズミの駆除は、この世界的に重要な島の海鳥の運命に大きな影響を与えることになり、私たちは非常に喜んで支援を行う。海鳥の保護に関心を持つ他の方々にも、この重要なプロジェクトを可能な限り支援していただけるようお願いいたします。"Mouse-Free Marion Projectは、JohnとAlisonの寛大なスポンサーシップに非常に感謝しています。 マウスフリー・マリオン・プロジェクトは、このような寄付をきっかけに、1ヘクタールでもそれ以上でも寄付をしてくれる人が現れることを願っています。 これらはすべて、大規模かつ永続的な保護遺産を残すことを目的としたプロジェクトの進行に役立っているのです。*2023年2月現在、ジョンとアリソンは「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」に向けて合計300ヘクタールのスポンサーとなっている。マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャー Anton Wolfaardt博士、2021年11月23日。POSTSCRIPT ジョンとアリソン・ブラッドショー、北極の北西航路にて 2021年11月、ジョンとアリソン・ブラッドショーは、ネズミのいないマリオン・プロジェクトに向けて100ヘクタールのスポンサーとなった。  2023年2月にスポンサーを300ヘクタールに増やした。  現在、彼らはさらに200ヘクタールを後援しており、その貢献の総額は50万ランドに達する。アリソンと私は、重要なネズミのいないマリオン・プロジェクトにさらなる寄付ができることを嬉しく思っています。  私たちは幸運にも北極圏と南極圏の両方を訪れることができ、マリオン島での外来ネズミによる被害について懸念を共有している。  ハツカネズミの駆除に成功すれば、亜南極地域の海鳥の個体群に好影響を与えることは間違いない。  アントン・ウォルファルト博士と彼のチームが、これからの挑戦で成功を収めることを祈っている」。彼らの500ヘクタールのスポンサーシップは、プロジェクト・ドナーの頂点に位置する。 ドナー名誉名簿  .MFMプロジェクトは、ジョンとアリソンからの支援に心から感謝している。122024年6月     

狂信的な鳥人」ジョン・グラハム、マリオン島のハツカネズミ撲滅に向け25ヘクタールのスポンサーになる

11月 18th, 2021|0 Comments

上の写真ホワイトチンクウミツバメのフライバイ。2021年11月、南アフリカのケープ半島沖で遠洋バードウォッチングを案内するジョン・グラハム氏(中央)=写真:Trevor Hardaker ケープタウンに住む南アフリカの電気技師で、熱心な野鳥観察者でもあるジョン・グラハム氏は、マウスフリー・マリオンプロジェクトに25ヘクタールのスポンサーシップを提供しました。 寄付をするきっかけとなったことを、感動的に綴っています。 「学生時代から熱狂的な野鳥愛好家だった私は、冬の凍えるような朝、実体のない低木の陰に身を隠しながら、スランコップ灯台の前で何度も過ごすうちに、チューベノーズへの愛を育んでいったのです。 スランコップ灯台 ケープ半島のKommetjieにあるSlangkop灯台の前で、よく親友のピーター・ライアンと一緒に、凍えるような冬の朝を過ごしました。 ピーター・ライアン そのような自然がもたらす最悪の事態をものともせず、沖合で悠々と滑空する無数の海鳥をスコープ越しに眺めながら、荒れ狂う北西の風から身を守るのです。ハウト・ベイから何度か遠洋航海に出かけ、この壮大な鳥たちのことをもう少しよく知った後、私は1989年にジョン・クーパーと科学者の一団とともに、南アフリカの元極地調査船である S.A.アガルハス プリンスエドワード島グループへの6週間の引継ぎクルーズに。 そして、それはなんと素晴らしい体験だったことでしょう。 船もほとんど見えない広大な海、嵐は人を小さく、取るに足らない、そしてとても儚い存在に思わせる。 彼らは皆、風に乗り、嵐のような波も難なくこなし、むしろコンディションが荒れれば荒れるほど、ますます快調に飛んでいく。 絶対的な飛行の達人! そして、マリオン島を歩きながら、静かに寄り添っているのは 世界的に絶滅危惧種に指定されている ワンダリング・アホウドリが巣を作り、モニタリング調査を手伝っていたとき、この優しい巨人から、ただただ軽い諭すような視線を受けたことです。 翼を大きく広げて、ゴロゴロと唸りながら求愛するワンダラーのペアやグループを見ながら、どうして彼らを愛さずにはいられないのでしょう。そして、繁殖地でハツカネズミなどのネズミが鳥に与える殺戮を食い止めるために、どうしてこの重要な取り組みに貢献しようと思わないのでしょう。 地上波の捕食者を知らず、自分たちの被害に対してどのように反応し、適応していくかもわからないツベノアリに、私たちがネズミを持ち込んでしまったのだ。 "マリオン島の旅 "から20年以上、ケープ半島のサイモンズタウンから約300回の遠洋航海をガイドし、世界中のバーダーと海鳥を共有する機会に恵まれましたが、その多くがアホウドリを見たことがなかったそうです。 この間、チューベノス、特にアホウドリの数が、どうしようもなく、しかし著しく減少していることも見てきました。 せめて鳥たちの住処である島をもう一度、ネズミのいないマリオン・プロジェクトなどの取り組みに貢献しない手はないだろう。 「私たちは皆、マリオン・マウス撲滅活動を成功させるために貢献する機会があり、プロジェクトが資金調達に関する問題に制約されることがないようにすることができます。プリンスエドワード島でこのような取り組みが行われるのはおそらく生涯で一度きりであり、もし100%成功しなければ、私たちが愛する多くの鳥たちにとって手遅れになってしまうかもしれないのです。ですから、このプロジェクトの費用に貢献することは、空の究極の支配者である彼らが表現する飛行の美しさに長年感嘆してきたことへのささやかで適切な感謝の表現なのです。そして同時に、未来の世代が、私が経験したのと同じような忘れがたい体験をすることができるようにするための一助となるのです。 ジョン・クーパー氏(ニュース特派員、マウスフリー・マリオン・プロジェクト科学・技術諮問グループメンバー)2021年11月18日号

Team VORK」が3ヘクタールのスポンサーになり、マリオン島越冬隊に挑戦する

11月 16th, 2021|0 Comments

写真上 ゴフ島でのチームVORKの様子。 左から ヴォニカ・ペロルド、ロエルフ・ダリング、キム・スティーブンス チームVORK」は、南アフリカの3人の研究者、ヴォニカ・ペロルド、ロエルフ・ダリング、キム・スティーブンスで構成されており、現在南大西洋を拠点に、ゴフ島再生計画(GIA)のために2年連続で絶滅危惧種の海鳥を監視しています。 GIRP ). 今年、GIRPは は、今年も無事に 海鳥を襲うハツカネズミを駆除するための空中ベイト剤散布に成功しました。 このほど、同チームは 3ヘクタールを寄付しました。 マウスフリーマリオンプロジェクトに協賛しています。:「私たちは、ゴフ島とマリオン島で、侵入したハツカネズミが壊滅的な影響を与えるのを直接目撃してきました。様々な種類の海鳥の雛がネズミに食い荒らされているのを見ると、心が痛み、無力感を覚えます。しかし、ゴフ島再生計画に参加したことで、マリオン島でも同様の駆除活動が成功するのではないかという希望が生まれ、「ネズミのいないマリオン」のために3ヘクタールを合わせて支援することにした。" 以前、キムとヴォニカは、マリオン島で長期滞在していました。 マリオン島 海鳥を研究し、ケープタウン大学のフィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所で博士号を取得するための情報を収集していました。 フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所で . ヴォニカ 2014/2015年、フィッツパトリック研究所の海鳥フィールドアシスタントとしてマリオン島で越冬。 博士号プロジェクトは、「海洋プラスチック汚染における時間的・空間的不均質性:海鳥、ネウストンネット、ビーチリター」と題されている。 キム 博士課程での研究は、世界的な規模で行われています。 グローバルに と 地域的に 2013/14と2016/17の2年間、マリオンに滞在して研究してきました( ここをクリック ). ロエルフは、アートとサイエンスが交差する場所で活動するアーティストです。 2012年、科学的なフィールド調査に使用する鳥のデコイを初めて製作したのが、彼の自然保護活動の始まりだった。 以来、彼は バードライフ・サウス・アフリカ とフィッツパトリック研究所に勤務。 2018年には、コンクリート製のアフリカンペンギンSpheniscus [...]

マリオン島のアホウドリを襲うハツカネズミ」2007年初公開

11月 11th, 2021|0 Comments

上の写真。マリオン島で羽化したワンダリングアルバトロスのヒナの尻を食べるハツカネズミ、写真:Stefan Schoombie マウス・フリー・マリオンのウェブサイトでは、マリオン島の鳥類を襲うハツカネズミや、亜南極の島々におけるハツカネズミの役割に関する科学的な論文を随時掲載していく予定です。 ここで、Ross Wanless氏らは、学術誌「Biology Letters」で次のように報告しています。 バイオロジー・レターズ は、南大西洋のゴフ島で、ハツカネズミMus musculusがアホウドリやミズナギドリを襲う様子を初めてビデオで確認したと報告している。 また、この論文では、マリオン島でネズミがDiomedea exulansと Phoebetria fuscaというアホウドリを襲ったという最初の明確な証拠を報告しています。 別途発表 その3年後にAntarctic Science誌で発表された。 著者らは考察の中でこう書いている。ハツカネズミが侵入哺乳類群の一部である場合、より大きな種による支配、競争、捕食の効果により、在来の脊椎動物に対する脅威は少なくなるものと思われる」。 マリオン島での最近の出来事が、この仮説を裏付けている。 ハツカネズミは、ネコの駆除に伴い、唯一の外来哺乳類となった。 ネコ科動物1990 年代。2004年以降、数羽のワンダリング・アホウドロスのヒナがネズミの攻撃と一致する傷で死亡している。これは、20年以上にわたる集中的な調査において、この種の傷が記録された初めてのケースである。 [text precised]. なお、このシリーズで紹介するすべての出版物がオープンアクセス誌に掲載されているわけではありません。 出版物のダウンロードができない場合は、info@mousefreemarionまで原稿の電子コピー(PDF)をご請求ください。 論文の要旨は以下の通りです。 「ハツカネズミは、島嶼部において最も広く分布し、よく研究されている侵入哺乳類の一つである。 海鳥へのリスクは少ないと考えられていたが、南大西洋のゴフ島で撮影されたビデオでは、ハツカネズミがIUCNにリストアップされている2種の海鳥のヒナを殺していることが確認されている。 2004年のネズミによる死亡は、トリスタンアホウドリDiomedea dabbenena(0.27羽/ペア)および大西洋ミズナギドリPterodroma incerta(0.33羽)の繁殖成功率が極めて低い大きな原因であった。 個体群モデルは、このレベルの捕食は個体数減少を引き起こすのに十分であることを示している。 他の多くの島々と異なり、ゴフ島ではネズミが唯一の外来哺乳類である。 しかし、ネズミなどの外来哺乳類を駆除するための復元計画によって、ネズミが唯一の外来哺乳類となる島が増えつつある。 これらのマウス集団が捕食者や競争相手の生態的影響から解放されれば、彼らも海鳥の雛を捕食するようになるかもしれない。" [...]

ヘクタール・スポンサー」キャンペーンに口コミで貢献

11月 9th, 2021|0 Comments

上の写真マリオン島西海岸のスワートコップ・ポイントの野営小屋の前にいる後守りのワンダリング・アルバトロスのヒナ、写真提供:Sean Evans 英国の海洋アドバイスの責任者を退官したマーク・タスカー氏 自然保護協議会(JNCC) であり、アホウドリとミズナギドリの保全に関する協定に長年携わってきたベテランでもある(エーキャップ今年初めには、マウスフリー・マリオンの「スポンサー・ア・ヘクタール」キャンペーンで25ヘクタールのスポンサーを務めました(ここをクリック). このたびマークは、長年の友人であるヒュー・プレンダーガスト氏にこのプロジェクトを紹介し、30ヘクタールのスポンサーになってもらうことで、さらなる奉仕活動を行いました。 募金活動にも弾みがつきました。 . 英国在住のHew氏は、数十年にわたり英国やアイルランドの自然保護団体や野生動物保護団体のメンバーであるバードウォッチャーであるが、これまで南アフリカの自然保護団体とは特につながりがなかったと語る。 彼は、1980年代前半にスコットランドの島で2回の夏を過ごし、海鳥の鳴き声とモニタリングを行ったと書いている。 シーバード・アット・シー・チーム の一員として、主に海上で、スコットランド全土の海鳥のモニタリングに従事した。 その中には、万能の自然主義者だった父から受け継いだ鳥の本もたくさんあります。マリオン・プロジェクトに寄付したお金は、これらの本のオークションから直接得られたものです。この活動は、私の蔵書の整理に拍車をかけると同時に、その収益を価値ある目的地に向けるという「ごほうび」でもあったのです。 Mouse-Free Marion Projectは、Hewの寛大なスポンサーシップに最も感謝しています(そして、Hewにこのプロジェクトを知らせてくれたMarkにも)。 この言葉は、マリオン島からネズミを駆除するために活動している人たち全員が、心から賛同できるものです。 ジョン・クーパー、マウスフリー・マリオン科学技術アドバイザリーグループメンバー、2021年11月09日

マウスフリー・マリオン・プロジェクトの科学技術諮問委員会委員長であるピーター・ライアン教授の紹介

11月 3rd, 2021|0 Comments

写真の上。 2018年、Inaccessible Islandで VulnerableInaccessible FinchNesospiza acunhaeを量るPeter Ryan 、写真:Ben Dilley マウスフリー・マリオン・プロジェクトは、国際的に著名な科学者である ピーター・ライアン教授 科学技術諮問グループ(MFM-STAG)の議長に任命されました。 アドバイザリーグループは、プロジェクトのマネジメント委員会に対し、科学的・技術的なガイダンスを提供する役割を担っています。 南アフリカの著名な生物学者。 フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所 ケープタウン大学にて. 同大学の卒業生で、摂取したプラスチックが海鳥に与える影響に関する研究で修士号を、トリスタン群島におけるホオジロの進化生態を研究して博士号を取得した。 カリフォルニア大学でのポスドクを経て、現在では高い評価を受けている 保全生物学の修士課程プログラム のアカデミック・コーディネーターに任命され、2014年にディレクターに就任。 主に海鳥とその保護に取り組んでいるが、鳥類学に幅広い関心を持ち、特に海洋システムにおけるプラスチック汚染に関心を持ち続けている。 1984年に初めてゴフ島とマリオン島を訪れて以来、鳥類や、ハツカネズミなどの外来種の影響など、島全体の生態系について何度も調査を行っている。 同大学で最も多く査読付き科学雑誌に論文を発表している人物の一人である。 ピーターは熱心な鳥類学者で、アマチュアの鳥類学への参加を促進することの重要性を信じています。 鳥類とその同定に関する著書もある。 ピーター・ライアンは、「マウス・フリー・マリオン・プロジェクトのような島の復元活動は、最も効果的で長続きする保全活動のひとつである」と書いている。ゴフ島復元計画に携わることができたことは、私のキャリアの中でもハイライトであり、マリオン島からネズミを根絶するために必要な資金を調達できることを願うばかりです。 MFM-STAGは、島の復元とバイオセキュリティ、マリオン島とプリンスエドワード島の動植物、島の物流、気候と天気予報、飼育鳥の管理、根絶のためのコンプライアンスと法的側面など様々な知識と経験を持つ科学者と保全管理者からなる国内および国際規模の会員を擁しています。 50名以上のSTAGメンバーが「オンコール」で、各自の専門分野と関連するプロジェクトの様々な側面について指導や意見を提供します。 マリオンのネズミを絶滅させるというピーターの決意は、"Sponsor the Hectare "プロジェクトで25ヘクタールを支援することでも示されています。 ヘクタールを支援する 「25,000レアルの寄付を行った。 ショートムービーを見ることができます。 [...]

亜南極の島々では、マウスはネズミのように単独で行動している

11月 2nd, 2021|0 Comments

写真上 きれいごとではありません。 夜、マリオン島でワンダリング・アホウドロスのヒナの頭皮を食べるハツカネズミ;写真:Stefan Schoombie マウス・フリー・マリオンのウェブサイトでは、マリオン島の鳥類を襲うハツカネズミや、亜南極の島々におけるハツカネズミの役割に関する科学的な論文を随時掲載していく予定です。 Andrea Angel、Ross Wanless、John Cooperの3人は、マリオンのように他のげっ歯類に邪魔されない状態でネズミが生息するとどうなるかを考察し、「破壊的、不可逆的、生態系を変えるような影響」を及ぼす可能性があることを示しています。 なお、掲載されたすべての論文がオープンアクセス誌に掲載されているわけではありません。 出版物のダウンロードができない場合は、info@mousefreemarionまで原稿の電子コピー(PDF)をご請求ください。 論文の要旨は以下の通りです。 島嶼部に持ち込まれたハツカネズミMusculusの影響に関する研究は、南洋の島嶼部を除くほとんどの地域で散見されます。 ここでは、南洋の島々の植物、無脊椎動物、陸生鳥類、海鳥に対するマウスの影響を検証し、他の場所で予想される影響の種類を説明する。 重要な発見は、マウスが他の齧歯類などの侵入哺乳類と複合的に発生する場合、その密度は抑制されるようで、ネズミのような影響は報告されていないことである。 ネズミが唯一の移入哺乳類である場合、より広範囲の在来生物相に影響が及び、その影響は最も深刻で、海鳥の卵やヒナを捕食した唯一の例も含まれる。 このようにネズミは、島に壊滅的、不可逆的、生態系を変えるような影響を与えることがあり、その影響は通常、持ち込まれたネズミRattusspp.と関連している。 島の復元プロジェクトでは、日常的にネズミの駆除を行うか、ネズミの影響を管理する必要があります。" 参考 Angel, A., Wanless, R.M. & Cooper, J. 2009. 南洋の島々における導入されたハツカネズミの影響の検討:ハツカネズミはネズミと同等か? 生物学的侵略11: 1743-1754 .   ジョン・クーパー氏(マウスフリー・マリオン・プロジェクト 科学技術顧問グループ メンバー) [...]

マウスフリー・マリオン運営委員会の新メンバー、アンドリュー・キャレンダーの紹介

10月 27th, 2021|0 Comments

ゴフ島でのアンドリュー・キャレンダー氏。 写真ロエルフ・ダリング この連載では、この重要なプロジェクトを監督、指導、サポートするために、豊富なスキル、知識、専門知識をボランティアで提供してくださる方々をご紹介します。 これは、マリオン島と、そこに生息する世界的に重要な海鳥やその他の生物多様性のために、前向きな保全の未来を確保することを目的としたプロジェクトである。 以前の連載記事で紹介した マヴーソ・ムシマン博士を紹介しました。 マウス・フリー・マリオンNPO(MFM NPC)の理事長であるマブソ・ムシマン博士を紹介しました。 また、以前にも紹介した マーク・アンダーソン氏 MFM NPC理事会メンバーであり、MFM経営委員会委員長でもあるマーク・アンダーソン氏もご紹介しました。 フレデリック・ポールセン博士 そして アリスター・マッキネス博士 . ここでは、MFMマネジメント・コミッティーの新メンバーで、MFM NPCのアドバイザーとしても招聘されているアンドリュー・キャレンダー氏をご紹介します。 英国王立鳥類保護協会(RSPB)のグローバルポリシー担当。 RSPB ここ数年は、ゴフ島再生プログラム(GIRP)に時間と労力と情熱を注いでいます。 GIRP ). 2018年、アンドリューはプログラム・エグゼクティブの役割を担い、ゴフ島から侵入したハツカネズミを根絶し、その結果、世界で最も重要な海鳥の繁殖地の一つを復元する取り組みを主導しています。 GIRPの流れを汲むことは、MFMプロジェクトにとって特に有益なことでした。 マリオン島(約30,000ha)とゴフ島(約6,520ha)という大きな規模の違いを除けば、この2つの取り組みには多くの類似点があり、技術や知識の移転に大きな可能性があるのです。 MFMプロジェクトチームは、アンドリューがMFM NPC理事会とMFM運営委員会の両方に参加したことを喜んでおり、GIRPとMFMプロジェクトの貴重なパートナーシップをさらに強固なものにするものと考えています。 RSPBに勤務する前、アンドリューは英国内外でさまざまな環境プロジェクトに携わりましたが、最初のキャリアは金融業で、日本やアジアの株式の運用に特化していました。 14年間アジアで過ごし、2度目の日本滞在はインベスコ・アセット・マネジメントのチーフ・インベストメント・オフィサーで幕を閉じた。 Andrewは次のように書いています。「何年にもわたる計画の後、2度にわたって延期され、COVIDによってその遂行がますます困難になっている中、ゴフ島からネズミを根絶しようとする作戦は終了しました。多くの組織、サプライヤー、資金提供者の支援を受け、ゴフ島の作戦を主導したRSPBは、次に将来を見据え、南アフリカが自国の領土であるマリオン島からネズミを根絶する試みに向けて、手を携えて作業を続けることを誓う。私たちは、世界有数の海鳥の島を修復し、次の世代に残すために、利用可能な資源とゴフの試みから学んだ教訓を確実に共有することに目を向けています。 Anton Wolfaardt(マウスフリー・マリオン プロジェクトマネージャー) 2021年10月28日

マウスフリーマリオンプロジェクトは、2024年の南半球の冬にベーティング作業を行うことを目指しています。

10月 25th, 2021|0 Comments

写真上。マリオン島拠点。 写真、Anton Wolfaardt 最近、ネズミのいないマリオン(MFM)運営委員会で議論されている重要な問題のひとつに、ベイト剤散布のタイミングがあります。 当初は2023年の冬に実施することを目指していましたが、これは非常に野心的な目標であり、結果的に2024年に延期する必要があることを常に理解しています。 このたび、MFM運営委員会は、必要な資金調達に要する時間や、多くの計画、規制、調達のプロセスについて幅広く検討した結果、餌付け作業を2024年に延期することを提言しました。 この提言は、MFMプロジェクト運営委員会および各パートナー組織によって承認されています。 2024年への操業延期は、プロジェクト作業の一時停止を意味するものではありません。 むしろ、根絶を成功させる可能性を最大限に高めるための計画と準備を完了させるために、必要な時間を追加するものです。 このような大規模で非常に複雑な撲滅プロジェクトでは、活動年度の延期は珍しいことではなく、一般的には、最初に予定されていた活動年度に対する準備状況を考慮した結果、実施される。 撲滅の成功に共通するのは、計画の質とレベルが成果の質と成功を大きく左右することです。 これは、必要なプランニングを完了するための時間的余裕を反映したものでもあります。 急ぐと見落としがあったり、計画倒れになりがちで、島に入ってから影響が出ることが多いのです。 また、資金調達の目標に対するプレッシャーも軽減され、プロジェクト計画を進めながら資金調達のための時間を確保することができます。 2024年に囮作戦を行うことで、2023年の作戦を目指すよりも、必要な規制、物流、調達、資金調達のすべてを同じ準備段階で完了させるチャンスがあります。 MFMプロジェクトは、引き続き多くの方々の関心と支援を得ています。 マリオン島の海鳥を救い、この世界的に重要な島の生態系の回復を促進するという目標に向けて、私たちの活動の進捗状況をお知らせするのを楽しみにしています。 マリオン島の海鳥を救うために、''寄付''をすることができます。 クラウドファンディング「Sponsor-a-Hectare クラウドファンディングにご協力ください。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー Anton Wolfaardt博士 2021年10月26日

ネズミの被害を受けたマリオン島のアホウドリとミズナギドリとその写真家を特集:Stooty Albatross by Stefan Schoombie

10月 21st, 2021|0 Comments

上の写真 ススイロアホウドリの肖像 注:この記事は、マリオン島で繁殖している海鳥の写真を紹介するシリーズの第4弾です。 マリオン島 マリオン島で繁殖している海鳥がネズミに襲われている写真と、その撮影者についての情報を紹介するシリーズの第4弾です。 その目的は、写真家たち(そして鳥たち)を読者に紹介し、彼らやMFMチームのメンバー全員が島に対して感じている情熱を説明することにあります。 こちらです。 シュテファン・シュンビー このページでは、Stefan Schoombieが修士号と博士号で行った、世界的に有名な「鯨」についての研究について書いています。 グローバルに と 地域的に 南アフリカ共和国の亜南極にあるマリオン島で繁殖する、世界的・地域的に絶滅の危機にあるスーティ・アルバトロスPhoebetria fuscaの マリオン島 で繁殖している。 スーティ・アルバトロスの繁殖を見守る中、マリオン島の海岸の崖をアブソープションで降りるStefan Schoombie氏 私は以前から海に興味があり、そこに生息する生物の写真を撮っていました。 しかし、私が海鳥の素晴らしさを知ったのは、2013年、第70次マリオン島越冬隊(M70)に参加したときでした。 マリオン島への航海は、南アフリカの南極観測・補給船「ザ・ニューバリア号」で4〜5日間の旅となります。 S.A. アグルハスII小さなウミツバメから大きなアホウドリまで、厳しい環境下で共存する海鳥の驚くべき飛行能力を目の当たりにすることができます。 強風で有名な南氷洋で海鳥が成長する能力は、当初から私を魅了し、幸運にもアホウドリやミズナギドリを題材に研究を進める機会を得ることができました。 過去8年間、私はさまざまなアホウドリやミズナギドリの海中での分布や行動を研究してきましたが、学術研究の合間に、2015/16年と2019/20年にもM72とM76探検隊の一員としてマリオン島で越冬しています。 私はまだマリオン島でしかアホウドリの繁殖を見たことがありませんが、いつか他の亜南極の場所にも行ってみたいと思っています。 ヒナの上に立つススイロアホウドリ 2013年、私はケープタウン大学のフィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所で、修士課程のプロジェクトを開始しました。 フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所で スーティ・アルバトロスPhoebetria [...]

「ピーター・ライアン教授がLeadership for Conservation in Africaオンラインセミナーシリーズで講演を行いました。

10月 19th, 2021|0 Comments

上の写真デッキで海鳥を発見するピーター・ライアン教授。 写真:John Graham その アフリカ保全のためのリーダーシップ (LCA) アンロック・ネイチャー・シリーズ は、多様な講演者を招き、世界の聴衆と自然保護に関するストーリーを共有することを目的としています。 2021年10月7日、ピーター・ライアン教授(所長)が フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所所長 ピーター・ライアン教授 のピーター・ライアン教授が、マウスフリー・マリオン科学技術諮問グループ(STAG)の議長として、マリオン島の保護について図解入りで講演を行いました。 After the cats...tackling mice on MarionIsland」と題した発表で。 ピーターは、ネズミがマリオン島の生態系に与えている破壊的な影響、亜南極の大きな島からネズミや他のげっ歯類を根絶する作戦を可能にした技術の開発、そしてマリオン島からネズミを駆除してこの世界的に重要な亜南極の生態系を回復する計画について説得力のある話を展開しました。 発表後には活発な質疑応答が行われ、PeterとAnton Wolfaardt(Mouse-Free Marionプロジェクトマネージャー)が、会場の多くの質問に答えました。 プレゼンテーションの録音はこちらでご覧いただけます。 こちらでご覧いただけます。 でご覧いただけます。 インタビュー をご覧ください。 マリオン島の海鳥を救うために、''寄付''をすることができます。 クラウドファンディング「Sponsor-a-Hectare クラウドファンディングにご協力ください。   ロビン・アダムス(MFMコミュニケーション・オフィサー兼プロジェクト・アシスタント)、2021年10月19日

ネズミの被害を受けたマリオン島のアホウドリとミズナギドリとその写真家を特集:キム・スティーブンス氏による「グレーヘッド・アホウドリ

10月 13th, 2021|0 Comments

写真上 マリオン島のグレイヘッド・アルバトロス・リッジ(長期モニタリング・コロニー)で、うぶすなのヒナを守るグレイヘッド・アルバトロス。 注:この記事は、マリオン島で繁殖している海鳥の写真を紹介する不定期連載の第3回目です。 マリオン島 マリオン島で繁殖している海鳥がネズミに襲われている写真と、その撮影者についての情報を紹介するシリーズの第3弾です。 その目的は、写真家たち(そして鳥たち)を読者に紹介し、彼らやMFMチームのメンバー全員が島に対して感じている情熱を説明することにあります。 ここでは、現在、キム・スティーブンスさんが ゴフ島 南大西洋のゴフ島にいるキム・スティーブンスさんが、博士課程で研究している グローバルに と 地域的な インド洋南部にある南アフリカのマリオン島に生息する絶滅危惧種グレイヘッド・アルバトロス(Thalassarche chrysostoma)の博士研究についての記事です。 グレイヘッド・アルバトロスを慎重に拘束するキム・スティーブンス。 マリオン島での海鳥の調査は、島の管理計画に基づき発行された調査許可証のもとに行われる(写真:Jess Berndt 私の海鳥との旅は、2013年に南アフリカの南極観測補給船 S.A. アガラスII に乗り込み、第70次越冬隊員として亜南極のマリオン島(M70)に1年間の探検に向かったのがきっかけです。 この冒険が、海鳥と彼らが生息する特別な場所への深い愛情に変わるとは、自分でも知らないうちに。 それ以前は、ケープタウン大学で海洋生物学と海洋大気科学を専攻し、その後、動物学の理学士号(優等学位)を取得しました( UCT ). 亜南極で海鳥のフィールドアシスタントとして働くという求人を見て、思わず応募してしまったのです。 鳥にとっても研究者にとっても良い天気とは限らない:吹雪の中のグレイヘッド・アルバトロスの抱卵 マリオン島では、アホウドリ、ウミツバメ、ペンギンなど数種の鳥を調査し、特にハイイロアホウドリの繁殖期とそれ以外の時期に海上を移動する場所を把握するため、GPS追跡装置を設置することに力を入れました。 これらのデータは私の修士号の一部となり、その後、UCTのフィッツパトリックアフリカ鳥類研究所で博士号に昇格しました。 フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所にて この種の長期的な個体群動態を分析するために、UCTのフィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所で博士号を取得しました。 [...]

マウスフリー・マリオン・プロジェクトの新任チーフ・フィランソロピー・オフィサー、ハイディ・ウィットマン氏の紹介

10月 11th, 2021|0 Comments

上の写真ハイディ・ホイットマン、カリフォルニアの自宅近くの庭にて Mouse-Free Marion Projectは、Heidi Whitman CFREをChief Philanthropy Officerに任命したことをお知らせします。 ハイジは米国在住で、20年以上、主に米国西海岸でファンドレイザーとして働いてきました。 彼女は、以下の資格を有しています。 認定ファンドレイジングエグゼクティブ の資格を持っています。 MFMプロジェクトチームを率いて、国際的な資金調達キャンペーンを実施し、プロジェクトの支援を集める役割を担う。 フルタイムのポジションで、ハイジは引き続き米国を拠点に活動する予定です。 この人事により、プロジェクトマネージャーである アントン・ウォルファールト オペレーションズ・マネージャー キース・スプリンガー コミュニケーション・オフィサー兼プロジェクト・アシスタント ロビン・アダムス . ハイディがマウスフリー・マリオン・ニュースに寄稿しています。"私はハワイで生まれ、ロッキー山脈のワイオミングで育ちました。 私の祖母は熱心なバードウォッチャーで、私が鳥を好きになったのは祖母のおかげです。 に住んでいます。 オーハイ カリフォルニア州オーハイに住んでいます。弁護士の夫アンドリューと、成人した3人の子供がいます。 「20代でカリフォルニアに移り住み、アメリカ国立公園局でブラックラットの駆除に携わりました。 らっこ において アナカパ島の一つである。 カリフォルニア州チャンネル諸島2001年から2002年にかけては ネズミ退治の初成功 北米にある太平洋の島で ネズミを駆除した後に海鳥が繁栄したことを、私は目の当たりにしています。 だから、このプロジェクトは私個人にとって重要なものなのです。" [...]

「マリオン島におけるアホウドリの採餌行動と個体群動態の関連性」。 ダニエル・キーズさんの博士課程での研究内容

10月 7th, 2021|0 Comments

写真上 マリオン島のゴニープレイン・モニタリング・コロニーの巣でワンダリング・アホウドロスのヒナを抱くダニエル・キーズ。 コロニーへの立ち入りや研究目的の鳥の取り扱いには、特別な許可が必要です。 レアンドリ・デ・コック   「私はいつも海とその中の生命に魅了されています。科学は海の秘密のいくつかを解き明かし、私たちの世界をより深く理解することを可能にしてくれます。私たちは、理解したものだけを守ることができるのです。   幼い頃から海を助ける方法を見つけたいと考えていた私にとって、海洋生物学の分野でキャリアをスタートさせることは当然の選択でした。私は常に海洋生物と、動物が特定の反応をする理由を理解することに熱中してきました。 また、冒険心や新しい発見をする可能性に惹かれ、この分野で働くことが好きになりました。 大学院では、ケープ・ガネッツなどいくつかの島で海鳥を研究することができ、とても恵まれています。 Morus capensison バードアイランド 南アフリカ共和国、東ケープ州(優等学士号取得 2015年-トラッキングとビデオデータを用いて)、ウェッジテール・シャーウォーターの採食生態について Ardenna pacificaon リユニオン と ダロス とフーケ諸島に生息する。 アミランテ群 2016年から2018年にかけてセイシェルに所属する( 修士号(優秀賞 ). フーケ島でウェッジテール・シアーウォーターに抱きつくダニエル、写真:Luke Gordon 南アフリカの亜南極マリオン島では、M75とM77のメンバーとして、移動するすべての海鳥の追跡、モニタリング、餌のサンプリング、カメラワークを行ってきました。 M77 2018/19と2020/21の越冬チーム。 研究の合間には、アザラシ、ウミガメ、サンゴ、アザラシなど他の海洋生物を担当し、さらに乾燥した部分(つまり陸上分野)に移動してサイチョウを担当することができました。 行動生態学や生理学を学びながら、あっという間に熱心なバーダーへと変身してしまいました。 [...]

特定非営利活動法人マウスフリー・マリオン理事長 マブソ・ムシマン博士の紹介

10月 5th, 2021|0 Comments

写真上Mavuso Msimang博士 この連載では、マウスフリー・マリオンNPO(MFM NPC)の理事として、この重要なプロジェクトを監督、指導、支援するために、豊富なスキルや専門知識をボランティアで提供してくださっている方々をご紹介しています。 これは、マリオン島と、その世界的に重要な海鳥と生物多様性のために、積極的な保全の未来を確保することを目的としたプロジェクトである。 連載第1回目は、MFM NPC理事長のMavuso Msimang(マブソ・ムシマン)博士を紹介します。 MFMプロジェクトは、MFM NPCでMsimang博士のような経験、知識、身分を持った人が指導的な役割を担っていることを非常に光栄に思っています。 南アフリカ観光局のエグゼクティブ・ディレクターを務めた経験もあるMsimang氏。 1997年から2003年まで南アフリカ国立公園(SANParks)の最高経営責任者(CEO)を務めた後、2007年まで国家情報技術庁のCEOを経て、2010年に内務省の局長に就任し、退任した。 亡命中、Msimang博士はザンビア大学で理学士号を、カリフォルニアの米国国際大学で経営学修士号を取得しました。 2020年、Msimang博士は、南アフリカ大学から名誉博士号を授与されました。 南アフリカ共和国大学 . 国連世界食糧計画、ケア・インターナショナルのカントリー・ディレクター、国連児童基金(ユニセフ)エチオピア・プログラムのディレクターを歴任。 私は、キャリアの大半を南アフリカの自然地域を管理する機関の改革に費やしてきました。 保護区は、そこを住処とする生物種に安全な場所を提供するという目的を果たすことが不可欠です。 マリオン島の海鳥の未来を守るだけでなく、この特別自然保護区がすべての種のために、そして何世代にもわたって維持されることを保証するこのプロジェクトの議長を務めることを光栄に思います」。 MFM NPCの理事長のほか、Msimang博士は、以下のような民間企業、環境団体、市民団体の理事を務めています。 世界自然保護基金(WWF)南アフリカ 南アフリカ の設立メンバーであり、現在は名誉理事を務めています。 アフリカン・パークス・ネットワーク 現在、会長 汚職ウォッチ . Msimang博士は、南アフリカの自然保護と永続的な自然遺産を確保することに情熱を注いでいます。 ロビン・アダムス氏(マウスフリー・マリオン・プロジェクト コミュニケーション担当兼プロジェクトアシスタント) 2021年10月5日

マリオン島でアホウドリを襲うハツカネズミを根絶するためのフィージビリティスタディを、島嶼駆除の専門家であるジョン・パークス氏が作成

9月 30th, 2021|0 Comments

上の写真マリオン島でネズミに襲われるアホウドリのヒナ(写真:Ben Dilley この記事は、マリオン島の鳥類がハツカネズミ(Musculus)に襲われたことを示す論文や報告書を紹介するシリーズです。 連載第1回目はこちら こちらをクリックしてください。 . 2016年に バードライフ・サウスアフリカ は、南アフリカの亜南極に導入されたハツカネズミMus musculusの根絶の実現可能性を検討した研究をOccasional Report Seriesで発表しました。 マリオン島 . マリオンマウスは現在、ACAPに登録されているアホウドリやミズナギドリを襲うことがよく知られており、根絶が必要な深刻な脅威と見なされている。 この出版は、2015年にニュージーランドの外来種専門家による現地視察を経て クラハウポ・コンサルティングのジョン・パークス氏 が、報告書を執筆しました( こちらをクリック ).   乗船準備完了。 S.A. Agulhas II号でマリオン島へ向かうジョン・パークス   ネズミを見つけた? 2015年、マリオン島で杖をつくジョン・パークス氏 この研究では、"マリオン島からのネズミの根絶は、高い確率で間違いなく可能である "と結論付けています。 本研究では、空中給餌による根絶を試みる前に取り組むべき、いくつかの運用および研究・情報提供に関する提言を行っている。 [...]

ネズミの被害を受けたマリオン島のアホウドリとミズナギドリとその写真家を特集:Northern Giant Petrel by Janine Schoombie

9月 28th, 2021|0 Comments

写真上マリオン島で羽化したヒナを産むノーザンオオミズナギドリ 注:この記事は、マリオン島で繁殖している海鳥の写真を紹介するシリーズの第2弾です。 マリオン島 マリオン島で繁殖している海鳥がネズミに襲われている様子を撮影した写真と、その撮影者の情報を紹介するシリーズの第2弾です。 その目的は、写真家たち(そして鳥たち)を読者に紹介し、彼らやMFMチームのメンバー全員が島に対して感じている情熱を説明することにあります。 シリーズ第1弾は 世界的に絶滅の危機に瀕している ワンダリング・アホウドリDiomedea exulansを取り上げます。 こちらです。 ジャニーン・シュンビー 北限のオオミズナギドリMacronectes halli(マックロネクテス・ハリ)を特集します。 世界的には軽度懸念(Least Concern とされているが 地域的には準絶滅危惧種 マリオン島で研究しています。 巣の杭を持ち、調査許可を得て、好奇心旺盛なオオミズナギドリの巣に近づくジャニーン・シュンビーさん 航空工学を学び始めたころは、まさかマリオン島で海鳥と一緒に仕事をすることになるとは想像もしていませんでした。 修士課程を修了後、2015年にマリオン島へのM72越冬隊に参加することができ、大変幸運でした。 のために働く フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所で の助手として、4種のアホウドリと数種のウミツバメ(特にノーザン・ジャイアント・ペテル)の繁殖の成功を監視するのが私の仕事でした。 私は自分が写真家だとは思っていませんでしたが(今でも思っていません)、マリオン島でカメラを持てば、壮大な光景や鳥の活動をすべて写真に収めることに夢中になるに違いありません。 カメラマンに視線を送る。 オオミズナギドリの虹彩の色は、白に近いものから暗褐色のものまで様々である 島に来た初日から、私は北限のオオミズナギドリに魅了された。 繁殖期以外でも、常に数匹が研究基地を飛び回っている。 滑空して通過するとき、よく頭を後ろに投げ出して鳴くので、まるで翼のある馬のようで、その鳴き声はかなり不気味で前時代的である。 また、氷の惑星の表面の割れ目のようなすごい目をしていて、私のカメラではうまく撮れませんでした。 [...]

アイランドホッピングの愛好家であるMaleen Hoekstraは、「Sponsor a Hectare」キャンペーンにいち早く参加しました。

9月 23rd, 2021|0 Comments

写真上ニュージーランド・キャンベル島の桟橋にある風化した歓迎看板の下に立つマリーン・ホークストラ。 現在までに、900を超える 900人以上の個人・団体から 寄付をいただきました。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト を支援するキャンペーンを実施しました。 しかし、目標である3万ヘクタールのうち8%しか寄付されていないため、まだまだ道のりは長いのです。 MFMウェブサイト内の スポンサーページ 1ヘクタールを超える広さの土地に、多くのサポーターが参加しています。 太字で表示されているスポンサーをクリックすると、そのスポンサーの個人・団体情報を伝えるニュース記事が表示されます。 今回は、南アフリカの公認会計士であるマリーン・ホークストラさんが、南極の島々とそこに住む人々への情熱と興味を語ってくれました。 誰が誰を見ているのか? マッコーリー島のサンディ・ベイでキングペンギンに囲まれるマリーン。 マリーンはMFMプロジェクトに手紙を書いています。「私はPaarlで生まれ、人生のほとんどをケープタウンで過ごしてきました。 ケープタウン大学 公認会計士になるために海や海に関するあらゆることが好きなので、南氷洋とその美しさを知ったとき、このような遠隔地で仕事をするためのスキルを持ち合わせていないことが残念でなりませんでした。しかし、彼らの保護と保全のために金銭的な貢献をすることはできます」。マリーンは、2019年に行われたプロジェクトに対する最も寛大な50ヘクタールのスポンサーシップで行ったように。 さらに、「オーストラリアのマッコーリー島を訪れました。 マッコーリー島を訪れました。 そこで、導入されたウサギの問題を説明されました。 [now eradicated] 埋伏ウサギは、海岸で繁殖しているペンギンのコロニーに地滑りを起こし、時にはコロニーを全滅させることもあった。 また、ニュージーランドの キャンベル島 ここでは、外来種の除去のために行われている保護活動[Norway Rats having been eradicated in 2002] と、そのサクセスストーリーを教えてもらいました。 [...]

亜南極の島々で繁殖する海鳥に導入されたネズミが与える影響、Ben Dilleyの博士論文

9月 20th, 2021|0 Comments

写真上ゴフ島風下沖のベン・ディリー、水平線にチャーチロック この記事は、マリオン島の鳥類がハツカネズミに襲われたことを示す科学的な論文や関連資料を紹介する連載の続編です。 マリオン島 . 連載第1回目はこちら こちらをクリックしてください。 . この記事は、今後、新刊を紹介する記事も含めて、本サイトのトップページから簡単にアクセスできるよう、まとめて掲載することを意図しています。 マリオンとゴフをそれぞれ1年間かけて探検し ゴフ マウスが島の鳥に与える影響に関する研究の大半を行ったのは ベン・ディリー ケープタウン大学フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所の博士課程に在籍していました。 フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所 . ベンは2018年に論文を完成させ、博士号が授与されたことで、オンラインで公開されるようになりました。 ほとんどの章は、ここで紹介されている彼の発表した論文に基づいています。 論文の要旨は以下の通り。 「海鳥は海洋生態系の頂点捕食者として重要な役割を果たすと同時に、繁殖地である陸上生態系の生態系にも影響を与えている。 海鳥は鳥類の中でも最も絶滅の危機に瀕している種の一つであり、全海鳥種のほぼ半数が個体数の減少を経験していることが知られているか、疑われており、現在346種のうち97種(28%)が地球規模で絶滅の危機にあると分類されています。 多くの海鳥が繁殖する海洋島では、漁業による混獲や繁殖地の劣化よりも、移入された捕食者が個体数減少の最も大きな割合を占めている。 海洋の島々では侵入を免れた島はほとんどないため、問題は広範囲に及んでおり、主な原因として、猫Felis catus、ネズミRattusspp.が持ち込まれました。 とハツカネズミMusculusは、成鳥やヒナ、卵を食い荒らす。 ネズミは何千もの島に広く持ち込まれ、海鳥の個体数に壊滅的な影響を与えたことは、よく知られている。 ネズミは他の外来捕食動物よりも多くの海洋島嶼に侵入していると推定されるが、ごく最近まで海鳥の個体数にはほとんど影響を与えないと考えられていた。 本論文では、南インド洋のマリオン島(293 km²)と南中央大西洋のゴフ島(65 km²)という2つの大きな海洋島で繁殖する海鳥に焦点を当てる。 両島とも外来哺乳類はネズミのみである。 しかし、この研究と関連するのは、マリオン島のウミツバメの個体数が1948年に導入されたネコによって大幅に減少し、1991年までに根絶されたため、ゴフ島では巣穴に入るウミツバメの密度がずっと高いということである。 2000年代初頭、ゴフ島の研究者たちは、固有種のトリスタンアホウドリDiomedea dabbenenaを含む少なくとも3種の海鳥のヒナの死亡率が高い原因として、ネズミの捕食が最も可能性が高いことを突き止めた。 さらに、ネズミが唯一の移入哺乳類である島では、ネズミは海鳥の壊滅的な捕食者になりうるとの結論に達した。大型移入種との競争や捕食がない場合、ネズミは非常に高い生息密度を達成し、主に他の食料源がほとんどない冬に海鳥のヒナを襲うようになるからである。 2003年、マリオン島で初めてネズミに傷つけられたアホウドリDiomedea [...]

マリオン島で初めてネズミの襲撃が観測されたのは、2003年にワンダリング・アホウドロスのヒナだった

9月 16th, 2021|0 Comments

写真上 初期の証拠です。 マリオン島で「頭皮を剥がされた」スーティ・アルバトロスの雛、写真:Stefan Schoombie この記事は、マリオン島の鳥類がハツカネズミに襲われたことを示すいくつかの科学論文を紹介する連載の続編です。 連載第1回目はこちら こちらをクリックしてください。 . ジュヌヴィエーヴ・ジョーンズとピーター・ライアン( フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所 南アフリカ、ケープタウン大学)が2010年に発表した学術誌 Antarctic Science(南極科学)誌に掲載されました。 マリオン島に導入されたハツカネズミがアホウドリのヒナを襲うことについて、20年近く前の2003年に初めて観察されたことを発表した。 論文の要旨は以下の通りです。 「最近、ゴフ島において、移入されたハツカネズミMus musculusがトリスタンアホウドリDiomedea dabbenenaのヒナやいくつかのオオミズナギドリの重要な捕食者であることが発見された。 1990年代初頭に野良猫Felis catusを駆除した後、ネズミが唯一の外来哺乳類となった亜南極マリオン島において、アホウドリの雛がネズミに襲われた証拠をまとめた。 2003年以降、ワンダリングアルバトロスDiomedea exulansで、2009年にはダークマントルスーティーアルバトロスPhoebetria fuscaでネズミによる攻撃と一致する傷が見つかっています。 現在までのところ、ワンダリングアホウドリの雛への攻撃は頻度が少なく、調査コロニーの雛の1%(<)に影響があり、攻撃の約半分のみが致命的であった。 また、小さなヒナはネズミの巣穴がヒナの下に崩れ落ち、閉じ込められて死ぬこともある。 マウスによる攻撃は最近の現象であり、マウスが唯一の外来哺乳類種である場合、大きな脅威となるとの主張を裏付けるものである。 マウスの影響が時間とともに増加するかどうかを評価するためには、継続的なモニタリングが必要である。 私たちの観察は、マリオン島からネズミを根絶することを求める声に拍車をかけるものです。" 参考 Jones, M.G.W. & Ryan, P.G. 2009. [...]

ネズミの被害を受けたマリオン島のアホウドリとミズナギドリとその写真家を特集:アレクシス・オズボーンの「さまようアホウドリ

9月 14th, 2021|0 Comments

上の写真 マリオン島のワンダリングアルバトロスの老成したオス マリオン島で繁殖している海鳥がネズミに襲われている様子を写真で紹介し、撮影者の情報をお伝えするシリーズの第一弾です。 その目的は、写真家たち(そして鳥たち)を読者に紹介し、彼らやMFMチームのメンバー全員が島に対して感じている情熱を説明することにあります。 ここでは、アレクシス・オズボーン氏が亜南極の2つの島で過ごした、脱皮の研究などについて書いています。 世界的に危機に瀕している ワンダリング・アホウドリDiomedea exulansの脱皮の研究など、修士号取得に向けたマリオンでの旅について書いています。 度です。 調査許可を得て、非繁殖のワンダリング・アホウドリに近づくAlexis Osborne氏 2014年、初めての亜南極の島への旅が始まりましたが、これが大きなことの始まりになるとは思っていませんでした。 南アフリカ共和国の乾燥した北ケープ州で育った私は、何日も海を旅し、ましてや人生の大部分を島で暮らすなどとは夢にも思っていなかった。 私の最初の航海は、マリオン島 マリオン島 そこで私は海鳥と恋に落ちました。 Marionでは、Wandering AlbatrossesとNorthern Giant PetrelsMacronectes halliの脱皮パターンを調査するプロジェクトの立ち上げに大きく貢献しました。 南アフリカに帰国後、私は理学士号を取得しました。 ケープタウン大学で生物科学専攻の優等学位を取得 ケープタウン大学 ケープタウン大学で生物科学を専攻し、修士号を取得。 同大学の フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所を通じて マリオン島で行った脱皮の調査をもとにしたものです。 2017年の間、私はマリオンに1ヶ月間戻り、修士号のためのデータをさらに収集する機会がありました。 プロジェクトに参加し、その年の後半には毎年恒例のゴフ島への救援航海に参加しました。 ゴフ島 . その後、2017/18年の夏を南極で過ごし、林業・漁業・環境省( DFFE ). [...]

マリオン島でのネズミ駆除は、ハツカネズミが最もお腹を空かせる時期に行うべきと、島の外来生物の専門家が提言しています。

9月 9th, 2021|0 Comments

写真上 どのくらいお腹が空いているのか? 冬のマリオン島のハツカネズミ、写真:Ivan Dalgleish この記事は、マリオン島の鳥類がハツカネズミに襲われたことを伝えるいくつかの科学的な論文を紹介するシリーズを続けています。 連載第1回目の投稿に寄せて はこちらをご覧ください。 ジョン・パークス(クラハウポ・コンサルティングニュージーランド、クライストチャーチ)の2019年版Proceedings of an internationalに掲載されました。 島嶼外来生物会議 に、2017年にスコットランドのダンディーで開催された。 マリオン島におけるハツカネズミ駆除のための空中ベイト剤投下時期について、真冬ではなく、3月から5月の間に行うべきであると提案した。 カンファレンスペーパーの要旨は以下の通りです。 「ヘリコプターから餌撒きバケツとGPSを使い、穀物ベースのベイト剤に含まれる抗凝固性毒素を確実にカバーする空中ベーティングは、島のネズミを確実に駆除することができます。温帯の島々における現在のベストプラクティスは、ネズミが繁殖していない冬にベイト剤を撒くこと、ネズミの数が最も少ないので毒性ベイト剤との競争が少なく、自然の餌が不足しがちで、多くの非標的種が島から姿を消していることである。しかし、高緯度地域では冬の日照時間が短いため、ヘリコプターの飛行時間が制限され、冬の悪天候は失敗のリスクを高める可能性がある。本論文では、冬にベイト剤を実施しなかった冷温帯の島での前例に注目し、次にマリオン島のマウスに関する豊富なデータを用いて、繁殖と自然食料の利用可能性に基づく冬のベイト剤の現在の推奨事項が、ベイト剤の実施時期の決定に重要なリスク要因であるかどうかを探った。マリオン島のマウスは5月初旬から9月下旬にかけて繁殖せず、マウス密度は5月に最大、11月に最小となるが、主な自然食料(無脊椎動物)のバイオマスは年間を通じて大きな変動はない。つまり、一人当たりの餌の利用可能量は秋に最も少なく、冬にかけて増加し、春から夏にかけて最も多くなる。また、マウスの胃内容物の重量は冬に最も多くなる。この一人当たりの餌の量から、マウスは3月から5月にかけて最も空腹になると思われ、この時期(おそらく繁殖が停止する終盤)にベイト剤を撒くと、従来の冬期よりも効果的であろう。 ジョン・パークス氏に感謝します。 クラハウポ・コンサルティング ニュージーランド・クライストチャーチ. 参考 パークス、J.P.2018。 冷温帯の島々におけるネズミ駆除のための空中給餌のタイミング:マリオン島でのネズミについて でVeitch, C.R., Clout, M.N., Martin, A.R., Russell, J.C. & West, C.J. (Eds). 島の外来生物課題解決に向けたスケールアップ. [...]

スコットランドで開催された「島嶼外来生物会議」では、2017年にマリオン島の海鳥の窮状を聞くことができた

9月 7th, 2021|0 Comments

写真上 問題の顔。 マリオン島のハツカネズミ、写真撮影:Stefan Stefan シュンビー この記事は、マリオン島の鳥類がハツカネズミに襲われたことを示すいくつかの科学論文を紹介する連載の続編です。 連載第1回目の投稿に寄せて ここをクリック . 南アフリカが亜南極のマリオン島からハツカネズミを駆除しようとする論文が発表されました ムス・ムスクルス を2019年の国際会議録に掲載しました。 島嶼外来生物会議 は、2017年にスコットランドのダンディーで開催された。 論文の共著者には、当時の南アフリカ共和国環境局の代表者が名を連ねている。 (現在 DFFE )フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所( FIAO ケープタウン大学のフィッツトリック・アフリカ鳥類学研究所( FIAO )、英国王立鳥類保護協会( RSPB )があります。 RSPB )、そして バードライフ・サウスアフリカ . 論文の要旨は以下の通りです。 「ハツカネズミ( Mus musculus は、19世紀初頭にアザラシ漁師によって、プリンス・エドワード諸島のうち大きいほうの南アフリカの亜南極マリオン島に持ち込まれた。 この2世紀の間に、在来の無脊椎動物の生息数を大幅に減少させてしまったのだ。 家庭用猫(ネコ科動物1948年、南アフリカ共和国の気象観測所のネズミ駆除のために島に持ち込まれた「アオサギ」が野生化し、繁殖していた海鳥を大量に殺戮した。 [...]

撲滅に向けて努力します。 マリオン島におけるハツカネズミの影響は、10年前に見直されている

9月 2nd, 2021|0 Comments

上の写真 マリオン島に侵入したハツカネズミ、写真:Ben Dilley この記事は、マリオン島の鳥類がハツカネズミに襲われたことを伝える論文やレポートなどを紹介するシリーズです。 連載第1回目の投稿に寄せて ここをクリック . 2011年、Andrea AngelとJohn Cooper(当時はCORE Initiatives)は、ハツカネズミの影響について検討しました。 Mus musculus がマリオン島の生物相と環境に与える影響を調査しました。 南アフリカ共和国国家南極計画 . このレビューは更新されていませんが、執筆時点での島の状況を明らかにし、Mouse-Free Marion Projectが島のネズミを根絶するために必要な情報を提供するものです。 レビューの概要は以下の通りです。 "プリンスエドワード諸島の現行管理計画(PEIMPWG 1996, p.48)に示された移入動植物の管理に関する方針には、次のように記されている。 "外来動植物の管理は、島内で可能な限り外来動植物を根絶することを目的とする(在来分類群や自然の特徴に過度の妨害や損害を与えずに達成できる場合)。" このレビューは、上記ポリシーの下位目標に対応するものです。 「ハツカネズミの導入による生態系への影響を解明するために Mus musculus を解明し、その制御のための提言を行うこと」。 プリンスエドワード諸島は、南氷洋で繁殖する海鳥の聖域で、29種、合計250万羽近くの海鳥が繁殖しています。 この島々は、ケルゲレン生物地理区に固有の植物や無脊椎動物の貴重な貯蔵庫となっています。 40年以上にわたる継続的な科学的研究により、南洋の島々の生態系、特に今日の気候変動の状況について、他に類を見ない理解をもたらしています。 野良猫の駆除に続いて ネコ科動物 は、1990年代初頭に数十万羽のウミツバメの死の原因となった、ハツカネズミの [...]

島の生物相回復の指標となる鳥類スカベンジャー – ネズミのいないマリオン・プロジェクトに貢献する新しい研究

8月 31st, 2021|0 Comments

上の写真。 羽毛の手入れをするクロツラヘラサギ。 の世話をしている。 マリオン島にて。 Maëlle コナン 気候変動によって悪化した外来種の影響など、生態系のプロセスは世界的に変化しています。 特に南氷洋では、温暖で乾燥した環境が、かつて寒冷な気候によって制限されていた種の繁殖を可能にしている。 南アフリカの特別自然保護区、マリオン島も例外ではありません。 侵略的なハツカネズミによる最近の攻撃記録 ムシクイア は、島の絶滅危惧種である海鳥の生態系が大きく変化していることを示唆している。 によるネズミの計画的な駆除につながりました。 マウスフリー・マリオン・プロジェクト 現在、2023年を目指しています。 今後3年間(2021年~2023年)は、新たに南アフリカ国家南極プログラム(エスエヌエーピー)プロジェクト「島嶼生物相の回復指標としての鳥類スカベンジャー」(共同研究者) マエル・コーナン博士 (研究員 海洋猛禽類研究ユニットネルソン・マンデラ大学)と ピーター・ライアン教授 (ディレクター フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所ケープタウン大学)は、この島の鳥類捕食者集団に属する3種に注目する。クロガシラヒタキ キオニス・マイナー ケルプガモ ドミニカ共和国 とブラウンまたはサブタンク・スクア 北極星. この3種とその餌の一部に焦点を当てることで、まず、ネズミ駆除の最適な計画を立てるために重要な、特定された科学的ギャップを埋めることを意図しています。 第二に、これら3種のスカベンジャーは、ネズミ駆除後の陸上生態系の回復の指標として、スカベンジャー群集とその餌のベースラインデータを確立し、ネズミ駆除の成功の影響を数年後に測定することができます。 カメラマンを見つめるカラーバンド・ブラウン・スクアーの「AJ」(Maëlle Connan撮影 越冬中のフィールドリサーチ・アシスタント、Eleanor Weidermanさん [...]

バードライフ・サウス・アフリカの海鳥保護プログラム・マネージャー、アリスター・マッキネス博士を紹介します。

8月 26th, 2021|バードライフ・サウス・アフリカの海鳥保護プログラム・マネージャー、アリスター・マッキネス博士を紹介します。 はコメントを受け付けていません

写真上バードウォッチングをするアリスター・マッキネス博士。 ウォルター・シスル国立植物園にて Alistair McInnesは現在 海鳥保護プログラム のマネージャーです。 バードライフ・サウス・アフリカ のメンバーでもあります。 マウス・フリー・マリオン マネジメント委員会のメンバー。 アリスターは22年間、環境保全の分野で研究と応用の両面に携わってきました。 デビッド・アランの指導のもとで、ダーバン自然科学博物館で働く。 ダーバン自然科学博物館 の生物学に関する修士号を取得。 灰色頭カモメ Larus cirrocephalus)の生物学に関する修士号を取得。 Alistairはその後 エテクウィニ自治体の環境計画・気候保護部門に勤務。 に勤務し、ギバ峡谷における初の環境特別評価地域の設立と、同地域における初の体系的な保全計画の策定に携わる。 2012年からは、絶滅の危機に瀕しているベンゲラ固有種の2種、アフリカペンギンの採餌生態を調査している。 アフリカペンギン と ケープカウ Phalacrocorax capensis. 同校のロリアン・ピシュグル教授(所長代理)のもとで博士課程を修了した。 沿岸海域研究センター 南アフリカの国立マンデラ大学にて。 ピーター・ライアンのディレクター。 フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所 は、ケープタウン大学で、アフリカペンギンの海上移動における環境と漁業に関連する要因について調査しています。 2016年から2019年にかけて、ピエール・ピストリウス教授(ヘッド)のもとでポストドクトラルフェローシップを修了しました。 マリン・アペックス・プレデター研究ユニット のもとで、アフリカペンギンとケープ鵜の採餌行動とペンギンのパフォーマンスを監視するためのパッシブ・モニタリング・システムの開発について調査しています。 [...]

マリオン島でネズミに襲われたウミツバメの繁殖成功率が低下している件

8月 24th, 2021|マリオン島でネズミに襲われたウミツバメの繁殖成功率が低下している件 はコメントを受け付けていません

上の写真ハイイロチュウヒの成鳥とヒナ、Ben Dilley撮影 この記事は、過去10年ほどの間に発表された、マリオン島の鳥類がハツカネズミに襲われたことを示すいくつかの学術論文を紹介する不定期連載の第3回目である。 マリオン島の洞窟での繁殖地で、灰色海燕のヒナに近づくハツカネズミ、出版物の赤外線ビデオ映像、撮影:Stefan Schoombie。   ベン・ディリー( フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所 , University of Cape Town, South Africa)らが2018年に発表した学術誌 Antarctic Science(南極科学 亜南極マリオン島で巣穴に営巣するウミツバメを捕食する移入されたハツカネズミMus musculusに関するものです。 ACAPに掲載され、世界的に絶滅の危機に瀕している鳥の雛を撮影した。 準絶滅危惧種 灰色ウミツバメProcellaria cinereaとオオミズナギドリPterodroma macroptera、どちらも冬季繁殖種。 論文の要旨は以下の通りです。 「南極のマリオン島は、ハツカネズミMusculusが唯一の移入哺乳類であり、4種の穴居型ウミツバメが繁殖に成功している。 1949年から40年間、マリオン島には野良猫Felis catusが生息し、数百万羽の海鳥を殺し、ウミツバメの個体数を大幅に減少させた。 猫は1991年までに根絶されたが、ウミツバメの個体数はわずかな回復にとどまっている。 私たちは、ネズミがミズナギドリの卵やヒナを捕食することで、その回復を抑制しているのではないかと考えています。 冬期繁殖種(オグロミズナギドリProcellaria cinerea(34±21%)およびオオミズナギドリPterodroma macroptera(52±7%))の繁殖成功率は夏期繁殖種(アオハウチワドリHalobaena [...]

マリオン島でノーザンオオミズナギドリの成鳥を襲う外来種ねずみ

8月 19th, 2021|マリオン島でノーザンオオミズナギドリの成鳥を襲う外来種ねずみ はコメントを受け付けていません

上の写真マリオン島で撮影された北限のオオミズナギドリ(Marienne de Villiers撮影 この記事は、マリオン島の鳥類がハツカネズミに襲われたことを示すいくつかの科学論文を紹介する連載の続編です。 連載第1回目はこちら こちらをクリックしてください。 . クリストファー・ジョーンズ(フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所, University of Cape Town, South Africa)らの研究グループが、学術誌に発表しました。 極地生物学 2019年に導入されたハツカネズミについて ムシクイア ゴフ島で絶滅危惧種のアホウドリ2種の成鳥を襲い、ノーザンオオアザラシを襲う マックロクロスケ マリオン島にて。 抱卵中のノーザンオオミズナギドリの脇腹の傷の1つ、マリオン島、2017年9月、出版物より、撮影:クリストファー・ジョーンズ ショートノートの要旨は以下の通りです。 「外来種のハツカネズミMusculusは、唯一の外来哺乳類である島において海鳥のヒナを捕食する重要な動物であるが、成鳥が襲われた記録はほとんどない。 最近、海鳥のヒナに対する攻撃が増加しているマリオン島とゴフ島で繁殖するアホウドリとミズナギドリの成鳥に対するネズミの攻撃を初めて証明したことを報告する。 2017年9月、マリオン島で抱卵中のノーザン・ジャイアント・ピーターのオスMacronectes halliの成鳥に、ネズミの攻撃と一致する傷が記録された。 この巣は荒れ果て、500m以内の繁殖成功率は18%(n = 11)であったのに対し、>500m離れた巣では68%(n = 123)となり、すぐ近くにいた他の孵化中の成鳥も影響を受けた可能性が示唆されました。 2018年3月、ゴフ島で抱卵中のトリスタンアルバトロスDiomedea dabbenenaが発見され、その尻に典型的なネズミの傷があった。 [...]

マウスフリーマリオンプロジェクトのプロジェクトマネージャー、アントン・ウォルファールト博士をご紹介します。

8月 17th, 2021|マウスフリーマリオンプロジェクトのプロジェクトマネージャー、アントン・ウォルファールト博士をご紹介します。 はコメントを受け付けていません

写真上 マリオン島南岸でのアントン・ウォルファールト、2021年5月 プロジェクトマネージャーであるAnton Wolfaardtは、Mouse-Free Marion(MFM)のウェブサイトに掲載された多くのニュース記事で紹介されました。 今回は、2021年2月にMFMプロジェクト・マネージャーに就任したアントンを紹介します。 アントンは、海鳥と海洋の保護の分野で25年以上働いてきました。 マリオン島 にて海鳥のフィールドリサーチャーとして1年間勤務したのが始まりです。 その後、5年間をダッセン島で過ごす。 ダーゼン島 に5年間滞在し、当初は契約研究員として、後に島の保護管理者として働きました。 ダーゼン島でのアントンの主な研究の1つは、2つの大規模な油流出事故を含む、油汚染事故の影響を評価することでした。 アポロの海 1994年のアポロ海、そして トレジャー の2つの大規模な油流出事故が、アフリカペンギンの生物学、生態学、保護状況に及ぼした影響を評価することでした。 この研究はAntonの博士課程研究の一部である。 博士課程研究の一部です。 ケープタウン大学で行われた ケープタウン大学 2007年に修了しました。 ダーゼン島を離れた後、アントンはケープ・ネイチャーの地域生態学者として働きました。 ケープネイチャー の地域生態学者として勤務。 2008年、アントンはフォークランド諸島に赴き、新たに創設された「The Falkland Islands」に着任しました。 自然保護合同委員会 のACAP(アホウドリとミズナギドリの保護に関する協定)フォークランド諸島、サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島、トリスタン・ダ・クーニャ(ゴフ島を含む)、および南極に対する英国の関心を含む、英国(UK)の南大西洋海外領土のコーディネータ。 フォークランド諸島を拠点とし、その他の地域にも定期的に出張し、仕事をすることになりました。 2013年末に南アフリカに帰国した後も、アントンはACAPの シーバード・バイキャッチ・ワーキング・グループ また、南極や亜南極を訪れる探検船で講師やガイドを務めるなど、海鳥や海洋問題を中心とした環境コンサルタントとして活躍しています。 2021年2月、アントンは現職のMFMプロジェクト・マネージャーに就任した。 [...]

マリオン島の絶滅危惧種アホウドリがネズミに頭皮を剥がされる事態に

8月 13th, 2021|マリオン島の絶滅危惧種アホウドリがネズミに頭皮を剥がされる事態に はコメントを受け付けていません

上の写真Scalped Grey-headed Albatrossのヒナ、写真:Ben Dilley 総論 Mouse-Free Marionウェブサイトでは、この10年ほどの間に発表された、マリオン島の鳥類がハツカネズミに襲われたことを示すいくつかの学術論文を紹介する連載を開始します。 なお、これらの出版物はすべてオープンアクセス誌に掲載されたものではありません。 出版物がダウンロードできない場合は、プロジェクトに原稿の電子コピー(PDF)を要求することができます。 また、出版物について言及している一般的な記事へのリンクがある場合は、そのリンクを掲載しています。 Ben Dilley氏ら( フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所 , DST/NRF Centre of Excellence, University of Cape Town, South Africa)は、2015年に学術誌に報告した 南極科学 マリオン島で導入されたハツカネズミがアホウドリの雛を攻撃したことについて、2015年の学術誌に報告しました。 論文の要旨は以下の通りです。 "ハツカネズミムシクイア L.)は、2世紀以上前に亜南極のマリオン島に導入され、1991年に野良猫が駆除されて以来、この島で唯一の外来哺乳類となった。初めてネズミに襲われたワンダリングアホウドリ(外肛門病 L.)のヒナが2003年に発見され、それ以来、低い水準で攻撃が続いており、影響を及ぼしています。 <人口の1%。 2009年には、ススイロアホウドリ(Phoebetria fuscaHilsenberg)の幼鳥のうなじに生傷があるのが発見され、初めて「頭皮切断」が確認された。 2015年には、秋に羽化する3種のアホウドリすべてにおいて、ネズミが大きなヒナを襲った:オナガアホウドリ(Thalassarche chrysostomaForster)(少なくとも102羽が負傷、幼鳥の4.6%)、スージィ(n=45、4.3%)およびライトマントゥール(P. [...]

マウス・フリー・マリオン・プロジェクト」のコミュニケーション・オフィサー兼プロジェクト・アシスタント、ロビン・アダムスを紹介します。

8月 10th, 2021|マウス・フリー・マリオン・プロジェクト」のコミュニケーション・オフィサー兼プロジェクト・アシスタント、ロビン・アダムスを紹介します。 はコメントを受け付けていません

写真上 ウェストコースト国立公園、ランゲバン・ラグーンを楽しむロビン・アダムスさん 今回の「チーム紹介」では、「マウスフリー・マリオン(MFM)」プロジェクトのコミュニケーション担当兼プロジェクト・アシスタントに就任したロビン・アダムスを正式に紹介します。 ロビンは海洋科学者、科学コミュニケーター、イラストレーターです。 南アフリカのケープタウンの海、山、緑地、そしてテーブルマウンテン国立公園を目の前にして育った彼女は、常に自然保護に情熱を傾けてきました。 ロビンは、ステレンボッシュ大学で生物多様性と生態学の学士号、および海洋侵入生物学の優等学位を取得し、高等教育を修了しました。 ロビンとマリオン島の関係は、2015年に理学修士の学位取得の一環として島を訪れたことから始まりました。 彼女は、プリンスエドワード諸島の険しい海岸線を1カ月かけて航海し、トウカメラを使って海底の無脊椎動物の群集を採取したのです。 彼女は、気候によって引き起こされる海洋物理パターンのシフトによる無脊椎動物群集の長期的な変化に焦点を当てた研究を行った。 2018年、ロビンは、海洋ユニット内で働き始めた。 南アフリカ国立生物多様性研究所 (SANBI)で、マリオン島の生態系に関する研究を続け、共著者として、最初の 国立生物多様性アセスメント を共同執筆しました。 SANBIの海洋ユニットで働くうちに、ロビンは「趣味」であるイラストやデザインと科学を組み合わせ、科学の重要なストーリーをよりよく伝えるようになりました。 様々なステークホルダーに対して海洋保護区の利点を伝え、生物多様性国家評価の海洋および亜南極領域用のグラフィックも制作している。 2020年初頭、ロビンは、子供たちや教育者、意思決定者に向けて、南アフリカの海洋生態系の背後にある科学を伝えるため、アートとストーリーテリングを用いた海洋リテラシー・プロジェクトを共同開発しました。 ロビンが描いたワンダリングアルバトロスのペアのデジタルイラストの1つ ロビンは、マリオン島について話をし、世界的に重要な海鳥やその他の生物多様性のために健全な未来を提供することを目的