プロジェクトについて

マウスフリーマリオンプロジェクト

マリオン島には、19世紀初頭におそらくアザラシ漁師によって偶然持ち込まれたネズミが生息しており、島の生態系に壊滅的な影響を及ぼしている。 過去30年間の温暖で乾燥した気候の影響で、毎年夏になると島のネズミの密度が上がり、冬にネズミが生存していた無脊椎動物が不足するようになったのです。 この食料不足のため、ネズミは代替食料を探すようになった。 他の海洋島と同様、海鳥の多くはネズミの攻撃に対して何の防御力もなく、文字通り「いいカモ」になっていることがわかった。 攻撃の規模や頻度は、2000年代初頭に初めて観測されて以来、増加の一途をたどっており、ここ数年で劇的にエスカレートしています。 早急に対策を講じなければ、マリオン島の海鳥は局地的な絶滅に直面する。 このネズミを放置すると、今後30年以内に、現在島で繁殖している28種の海鳥のうち19種が局地的に絶滅すると予測されている。

マウス・フリー・マリオン・プロジェクトは、南アフリカの亜南極マリオン島に生息する海鳥やその他の固有種の長期的な生存を脅かしている外来種のハツカネズミを駆除することを目的とした野心的なプロジェクトです。

2024年の南半球の冬、南アフリカから「轟音の40年代」を越えて海路で運ばれたヘリコプターが、殺鼠剤の餌を吊るしたバケツから島全体に重なり合うように撒く–これは、これまで大きな島からネズミを根絶するのに成功してきた唯一の方法だ。 3万ヘクタールという広さは、これまで島で行われてきたネズミの駆除作戦の中でも、かなり大規模なものになります。

プロジェクト紹介ビデオ

寄付する

プロジェクトサポーター