問題点

マリオン島で、さまよえるアホウドリに残された時間はあとわずか

マリオン島の魅惑的な美しさの中で、生存をかけた世界的な闘いが繰り広げられている。

19世紀に人間が誤って持ち込んだ侵略的なハツカネズミは、マリオン島の世界的に重要な海鳥や無脊椎動物を捕食し、植生に悪影響を与え、島全体の生態系の完全性を損なっている。 時を追うごとに、この危険な侵入者はマリオン島の驚くべき生物多様性に脅威を与え続けており、この重要な場所とその大切な海鳥たちを守るために緊急の対応を迫られている。

危機に瀕する島の聖域

過去30年間の温暖で乾燥した気候のせいで、マリオン島では毎年夏になるとネズミの密度が増え、冬の間ネズミが食べていた無脊椎動物が不足するようになった。

この食料不足のため、ネズミは他の食料源を探すようになった。 ネズミたちは、海鳥の多くが彼らの攻撃に対して何の防御手段も持たず、”カモ “になっていることを発見した。

攻撃の規模は2000年代初頭に初めて確認されて以来増加の一途をたどっており、近年は劇的にエスカレートしている

生物多様性のホットスポット

島は生物多様性のホットスポットであり、世界の生態系の中でその重みを増している。 地球の国土のわずか5.5%しかないにもかかわらず、陸上種の15%、絶滅危惧種の37%という驚異的な数の生物が生息している。 近年の種の絶滅の約3分の2は島嶼で起こっている。 マリオン島は、いくつかの海鳥種にとって世界的に重要な繁殖地であり、そのうちのいくつかは絶滅危惧種に指定されている。 しかし、この豊かな生物多様性は大きな脅威にさらされている。 マリオン島で繁殖する28種の海鳥のうち19種は、ネズミを根絶しなければ地域的に絶滅すると予測されている。

マリオン島で見られるような外来ネズミを含む侵入哺乳類は、世界中の島々で動物絶滅の主な原因となっている。 これに対抗するには、マリオン島で計画されているような根絶プロジェクトが最も効果的な保護戦略であることが証明されている。

PROJECT SUPPORTERS

プロジェクトサポーター