About John Cooper

This author has not yet filled in any details.
So far John Cooper has created 130 blog entries.

ネズミのいないマリオン計画への賛同:島の脊椎動物駆除の成功率88%を示すレビュー論文

写真上 オーストラリアのマッコーリー島で、ハツカネズミなどの外来脊椎動物を駆除したグレイヘッド・アルバトロス。 写真:Melanie Wells Dena Spatz(シニアコンサベーションサイエンティスト。 環太平洋の保全, Hawaii, Honolulu, USA)らは、オープンアクセスでジャーナルに掲載されました。 [...]

By |2022-08-23T14:22:07+00:008月 23rd, 2022|カテゴリーなし|0 Comments

バードライフ・サウスアフリカに加盟する41のバードクラブのうち4つが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を支援しています。

バードライフ・サウスアフリカの41のバードクラブのうち4つがネズミのいないマリオン・プロジェクトを支援し、そのうち2つが残りのクラブに同じことをするよう呼びかけています。 上の写真。バッフェルス・ベイに出かけたレイクス・バード・クラブのメンバー。 南アフリカで唯一の鳥類保護NGOであるバードライフ・サウスアフリカに加盟しているバードクラブは41団体。 野鳥観察の手配、夜の講演会、講座やワークショップの開催、独自のニュースレターの作成など、主に独自に活動しています。 会員の規模はさまざまですが、鳥を愛し、その保護に力を注ぐという点では共通しているようです。 41クラブのうち4クラブは、バードライフ・サウスアフリカと南アフリカ林業・漁業・環境省(DFFE)のパートナーシップであるマウスフリー・マリオン・プロジェクト(MFM)を通じて、マリオン島のハツカネズミ撲滅に向けたヘクタールのスポンサーとなって、この取り組みを実証しています。 この間、34,000南アフリカランドを寄付し、34ヘクタールの畑のスポンサーとなりました。 3万ヘクタールの島を、クラブの資金や会員への呼びかけで実現。 そのうちの2つ、レイク・バード・クラブと ケープ・バード・クラブは、残りの37のクラブに同じことをするように呼びかけています。 [...]

By |2021-06-24T14:16:08+00:006月 24th, 2021|カテゴリーなし|バードライフ・サウスアフリカに加盟する41のバードクラブのうち4つが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を支援しています。 はコメントを受け付けていません

バードライフ・サウスアフリカは、6月19日の世界アホウドリの日を記念して、ワンダリングアルバトロスのインフォグラフィックを共同スポンサーしています。

上の写真ACAPと バードライフ・サウスアフリカが 共催する「さまよえるアホウドリ」インフォグラフィック アホウドリを描いたインフォグラフィック グローバル・ヴァルネラブルアホウドリの 日」を記念して、インフォグラフィックが制作されました。 世界アホウドリの日 を記念して、インフォグラフィックが作成されました。 ニュージーランド在住のイラストレーターが制作したインフォグラフィックです。 ナマスリ・ニュウミムは、アホウドリとミズナギドリの保全に関する協定(Agreement [...]

By |2021-06-19T08:20:48+00:006月 19th, 2021|カテゴリーなし|バードライフ・サウスアフリカは、6月19日の世界アホウドリの日を記念して、ワンダリングアルバトロスのインフォグラフィックを共同スポンサーしています。 はコメントを受け付けていません

“巨人の肩の上に立つ “のです。 ニュージーランド・オークランド島に生息するネコ、ブタ、ネズミを駆除するためのフィージビリティスタディが、「ネズミのいないマリオン計画」に反映されることになりました。

上の写真 唇をなめる。 オークランド島でシロハタフウチョウのヒナの死体を食べる野良猫、写真:Stephen Bradley マリオン 南洋の島々でハツカネズミの駆除を計画しているのは、マリオンだけではありません。 ニュージーランドでは、自然保護局(Department of Conservation Te [...]

By |2021-06-11T09:20:00+00:006月 11th, 2021|カテゴリーなし|“巨人の肩の上に立つ “のです。 ニュージーランド・オークランド島に生息するネコ、ブタ、ネズミを駆除するためのフィージビリティスタディが、「ネズミのいないマリオン計画」に反映されることになりました。 はコメントを受け付けていません

マウス・フリー・マリオンのオペレーション・マネージャーにマッコーリー島の名士キース・スプリンガーが就任

上の写真 着陸したヘリから安全な場所に移動する アンティポーズ島でアンティポーズ・アルバトロスのヒナを抱きかかえるキース・スプリンガー氏 先月行われたオペレーション・マネージャーの候補者面接に続き、このたび マウスフリーマリオンプロジェクト このたび、ニュージーランドのキース・スプリンガー氏が、南アフリカの亜南極地域担当のオファーを受け、その任を引き受けることになりましたのでお知らせします。 マリオン島 捕食者であるハツカネズミが侵入してきたため 攻め殺し 表面繁殖のアホウドリとゴマフアザラシのヒナ。 [...]

By |2021-06-04T10:46:45+00:006月 4th, 2021|カテゴリーなし|マウス・フリー・マリオンのオペレーション・マネージャーにマッコーリー島の名士キース・スプリンガーが就任 はコメントを受け付けていません

マウス・フリー・マリオンの「スポンサー・ア・ヘクタール」チャレンジで、145ヘクタールに資金を提供した元沿岸管理者のショーン・シュニアー氏

写真上:ケープタウンのテーブルマウンテンに立つショーン・シュニアー氏、水平線の向こうに南氷洋が見える マウスフリー・マリオンに続き ローロフ・ボータ氏インタビュー 3万ヘクタールの島のうち、少なくとも100ヘクタール以上を後援している数少ない人物の一人であるマリオンは、このプロジェクトで、名誉ある選ばれた「さまようアホウドリ」の後援者である別の人物に目を向けています。 現在、145ヘクタールという広大な面積のスポンサーとして、この挑戦をリードしているのが、南アフリカのショーン・シュニアー氏である。 このプロジェクトのショーンのインタビューは以下の通りです。 MFM: マリオンと個人的なつながりがあったのでしょうか? SS:いいえ、残念ながらまだ島を訪れたことはありませんが、将来的にはぜひ検討してみたいと思っています。 MFM [...]

By |2021-05-28T09:39:56+00:005月 28th, 2021|カテゴリーなし|マウス・フリー・マリオンの「スポンサー・ア・ヘクタール」チャレンジで、145ヘクタールに資金を提供した元沿岸管理者のショーン・シュニアー氏 はコメントを受け付けていません

ネズミのいないマリオン・プロジェクト」の取材を受ける110haスポンサーのローロフ・ボータ氏

上の写真 -自然の中にいるようだ。ケープタウンのテーブルマウンテンにあるクルーフネックコーナーで醸造するローロフ。 Mouse-Free Marion Projectの名誉ある「Wandering Albatross」カテゴリーに入るには、アホウドリのヒナを生きたまま食べるようになったネズミを根絶するために100ヘクタール(またはそれ以上)のスポンサーになることが必要です。 これまで、3名の方がこのレベルに到達しています。 スポンサーシップ . 一人は、バードライフ・サウスアフリカの会員で、長年にわたり熱心なバーダーである南アフリカのロエロフ・ボタ氏。 [...]

By |2021-05-21T10:18:45+00:005月 21st, 2021|カテゴリーなし|ネズミのいないマリオン・プロジェクト」の取材を受ける110haスポンサーのローロフ・ボータ氏 はコメントを受け付けていません

ネズミのいないマリオンは2012ヘクタールのスポンサーを獲得し、節目を迎えたが、まだ道のりは長い

それぞれの長方形は、マリオン島の100ヘクタールの面積を表しています。 の「1ヘクタールをスポンサーしよう」キャンペーンは、最初の節目を迎えました。 マリオン島の海鳥を守る マウスフリー・マリオン・プロジェクト この度、2012ヘクタール以上のスポンサーが決定しました。 なぜ、このような正確な数字なのでしょうか? この大きさは ニュージーランドのアンティポデス島 から、推定200,000匹の移入されたハツカネズミMus musculusが [...]

By |2021-05-07T06:36:38+00:005月 7th, 2021|カテゴリーなし|ネズミのいないマリオンは2012ヘクタールのスポンサーを獲得し、節目を迎えたが、まだ道のりは長い はコメントを受け付けていません

アホウドリ保護研究者のナイジェル・ブラザーズが、孫娘の名前で誕生日の寄付をしました。

ありがとう、おじいちゃん! 10歳の誕生日に「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」から贈られた「スポンサー・ア・ヘクタール」の感謝状を手にするロージー・ブラザーズさん アホウドリ・ミズナギドリの個体数・保全作業部会の前回の会合( PaCSWG5 約2年前にブラジルのフロリアーノポリスで開催された前回の会議で、南アフリカは 報告 アホウドリを殺すハツカネズミを撲滅する計画の進捗状況について、その亜南極の マリオン島 [...]

By |2021-05-01T10:08:38+00:005月 1st, 2021|カテゴリーなし|アホウドリ保護研究者のナイジェル・ブラザーズが、孫娘の名前で誕生日の寄付をしました。 はコメントを受け付けていません

ネズミのいないマリオンプロジェクト スポンサー・ア・ヘクタール・チーム・チャレンジ

写真上:第39回マリオン島チーム、中央奥がグラハム・クラーク氏 マリオンは29,000ヘクタールで、ネズミ駆除を行う島としては圧倒的に大きな面積となる。 当然ながら、外洋船をチャーターし、最大4機のヘリコプターを雇い、空から撒く穀物の餌という形で何百トンもの殺鼠剤を購入する必要があるため、高価な作業になる。 バードライフ・サウスアフリカは、このプロジェクトの資金を調達するため、"クラウドファンディング "に乗り出しました。 ヘクタールのスポンサーになる 「クラウドファンディングに乗り出しました。 1,000ランド(約70米ドル)で1ヘクタール(またはそれ以上)スポンサーになることができ、スポンサーとしてウェブサイトに掲載され、感謝状が贈呈されます。 過去にマリオン島チームのメンバーであった方(または、毎年マリオン島を訪れている方)であれば、きっと貢献したいと思うはずです。 私たちは、チームメンバーに昔のチームメイトに連絡を取り、チーム名で少なくとも1ヘクタール、できればさらに数ヘクタールのスポンサーシップを組んでもらうようお願いしています。 [...]

By |2021-04-20T07:25:19+00:004月 20th, 2021|カテゴリーなし|ネズミのいないマリオンプロジェクト スポンサー・ア・ヘクタール・チーム・チャレンジ はコメントを受け付けていません

Title

Contact Info

Mouse-Free Marion

Go to Top