About John Cooper

This author has not yet filled in any details.
So far John Cooper has created 790 blog entries.

マウス・フリー・マリオン・プロジェクトのサポーター、ニール・ガートショアは、1980年代にマリオン島で海鳥を調査した1年間を振り返る。

上の写真:マリオン島でのハイキング中、丘の上で休むニール・ガートショア 1980年代、私は南アフリカ国立南極計画(SANAP)の南極担当官であった。 フィッツパトリックアフリカ鳥類学研究所. 私の主な役割は、マリオン島での鳥類学的調査プロジェクトの「ホーム・マネージメント」だった。 そのうちのひとつは、この島の鳥類捕食者/清掃者ギルドの摂食生態を研究したもので、元イギリス南極地域観測隊員が率いた。英国南極観測所科学者、スティーブン・ハンターである。 スティーブは現地で歴代のリサーチ・アシスタントにサポートされたが、そのうちのひとりがイギリスのニール・ガートショアだった。 ニールはマリオンでの1年間を忘れたことはない。 実際、彼は島への長期的な関心から、マウス・フリー・マリオン(MFM)プロジェクトの を支援している。15ヘクタールを後援し、マリオンのアホウドリやウミツバメの多くを殺している移入ネズミの駆除に取り組んでいる。 マリオンの年以来、ニールは英国王立鳥類保護協会(英国王立鳥類保護協会). [...]

By |2024-07-18T10:28:11+00:007月 18th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

ネズミのいないマリオン・プロジェクトの代表として王室を訪問したマーク・アンダーソン

上の写真:スコットランド、エディンバラのホリールードハウス宮殿にて、マーク・アンダーソン氏からプリンス・エドワード諸島に関する3冊の本を受け取るエディンバラ公爵殿下。 マーク・アンダーソン バードライフ・サウスアフリカのCEOであり、ネズミのいないマリオン( MFM )プロジェクト管理委員会の委員長であるマーク・アンダーソンは、今年5月下旬、プロジェクトを代表して5日間のイギリスへの資金調達と知名度向上のための旅行を行った。 ロンドンでは、まずガーデンパーティに出席した。 ガーデンパーティー 21日にバッキンガム宮殿で開催されたプリンス・オブ・ウェールズ主催のガーデンパーティに出席したが、残念ながら終始雨に見舞われた。 その後、スコットランドのエジンバラまで列車で移動し、ホリオッドハウス宮殿に滞在した。 ホリールードハウス宮殿 [...]

By |2024-07-16T10:10:16+00:007月 16th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

マルコ・ヴェルスホールはヘクタール・スポンサーになるための斬新な方法を持っている。

上の写真:2018年、スペインでのマルコ・フェルショール=写真:B.U. van Zijl 熱心な野鳥愛好家でもあるオランダのエコロジスト、マルコ・ヴェルショールは、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクト これまで1635人のサポーターが行ってきたような1ヘクタールごとの寄付ではなく、彼は「目標に達するまで」毎月1ヘクタールずつ寄付することを約束した。 彼はすでに27ヘクタールのスポンサーになっており、25ヘクタール以上のスポンサーになっている38人のうちの選ばれたグループに入っている。 MFMニュースからの依頼を受け、彼は次のように語っている。 一読の価値がある! [...]

By |2024-07-11T08:20:25+00:007月 11th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

マウスフリー・マリオンのプロジェクト・マネージャー、アントン・ウォルファールトが過酷なロードス・トレイル・ランを完走し、7万レアル以上の募金を集め、金メダルを獲得した。

写真上 表彰台」に。 マスターズ3人目の金メダル獲得を祝福されるアントン(写真:Leigh Wolfaardt アントン・ウォルファールト、マウスフリー・マリオン( MFM )プロジェクト・マネージャーである ローデス・トレイル・ラン を走り、71ヘクタールに相当する寄付金を集めた。 オンライン・アピール [...]

By |2024-07-02T07:57:58+00:007月 2nd, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

“Saving Marion Island’s Seabirds – the Conservation Campaign for Marion Island “が国際観光映画祭アフリカ2024で銀花輪を受賞

上の写真 イボンヌ・ペニントン マウス・フリー・マリオン(MFM) プロジェクトを代表して受賞したバードライフ・サウスアフリカ 理事 長 兼マウス・フリー・マリオンNPOディレクターのイボンヌ・ペニントンと マブソ・ムシマン博士 ITFFA銀花輪賞状と彫刻を手にポーズをとるMFM非営利会社取締役会長のMavuso Msimang博士。 [...]

By |2024-06-27T07:11:20+00:006月 27th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

マウス・フリー・マリオン・プロジェクトは最近、支援者による2つの訪問を受け入れた。

上の写真:ケープタウンにあるバードライフ・サウスアフリカの玄関の外。 左からMFM 2023/24リサーチ・アシスタントのカミラ・スミス、MFMコミュニケーション・オフィサー兼プロジェクト・アシスタントのロビン・アダムス、MFMニュース特派員のジョン・クーパー、MFM 非営利会社副会長のガイ・プレストン 、ミシェル・リジ、クリス・ジョーンズ、MFM科学技術諮問グループ議長のピーター・ライアン、写真:ルーシー・スマイス 5月から6月にかけて、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクトは、ケープタウンにあるバードライフ・サウスアフリカの事務所に、長期にわたる支援者が2度にわたって訪問した。 ミシェル・リジ、クリス・ジョーンズ 鳥類学研究助手としてマリオン島での13ヶ月の滞在から帰国したばかりのクリス・ジョーンズとミシェル・リジ夫妻が、南アフリカのケープタウンにあるプロジェクトを訪れた。 [...]

By |2024-07-02T11:50:57+00:006月 25th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

ネズミのいないマリオン・プロジェクト 1ヘクタールをスポンサーするイニシアティブが世界アホウドリの日に節目を迎える

上の写真マリオン島第81次越冬隊は、2024年6月19日の世界アホウドリの日を記念して、1ヘクタールのスポンサーとなり、自作の横断幕を掲げている。 マウスフリー・マリオン( MFM )プロジェクトの資金源は多岐にわたる。 そのひとつが スポンサー・ア・ヘクタール これは、マリオンのアホウドリを襲うネズミの駆除費用に充てることを目的としたもので、島の3万ヘクタールごとに1000レアル(または100米ドル)のクラウドファンディングを行っている。 スポンサーのヘクタール数は着実に増え続けている。 今月は 世界アホウドリの日 [...]

By |2024-06-20T07:46:14+00:006月 20th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

SANAP主任研究員ピエール・ピストリウスはマウスフリー・マリオン・プロジェクトの支援者である

上の写真: 2014年、マリオン島での調査プロジェクトの一環として、イースタン・ロックホッパー・ペンギン Eudyptes filholiを手にするピエール・ピストリウス =写真:Mariette Wheeler ピエール・ピストリウス教授は 海洋頂点捕食者研究ユニット (のリーダーである。 沿岸海洋研究所 [...]

By |2024-06-13T11:00:57+00:006月 13th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

12歳のロマーリオ・ヴァレンタインがマウス・フリー・マリオン・プロジェクトのローズ・トレイル・ラン・アピールを支援

上の写真:ロマーリオ・ヴァレンタインと、 ケニアの カティアニに住むデビッド・カロキが 、ビーチで洗ったプラスチックのビーチサンダル200足以上から手作業で彫ったマリオン島のオグロメジロアホウドリの模型 。 6月29日 アントン・ウォルファード博士 マウス・フリー・マリオンのプロジェクト・マネージャーであるアントン・ウォルファード博士が、6月29日に52kmのロードス・トレイル・ランを走る。 プロジェクトの資金集めのため を走る。 [...]

By |2024-06-12T07:14:53+00:006月 12th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

マリオン島の研究者、ステファン・シュンビーとジャニーヌ・シュンビーは、ネズミのいないマリオン・プロジェクトの大切なサポーターである。

上の写真:2023年11月、プリンス・エドワード島のボッゲルの前で。 ステファン・シュンビーとジャニーヌ・シュンビーは夫婦で、8年間にわたってマリオン島で生物学的調査を行ない、海鳥に焦点を当てた大学院での学位取得を目指している。 また、マウス・フリー・マリオン( MFM )プロジェクト 彼らは共に 11ヘクタール この島で越冬したヘクタールのスポンサーとしては、トップ5に入る。 彼らのサポートには、このウェブサイトのフォトエッセイ・シリーズの執筆やイラストも含まれている。 フォトエッセイ・シリーズ [...]

By |2024-06-05T12:37:37+00:006月 5th, 2024|カテゴリーなし|0 Comments

Contact Info

Mouse-Free Marion

Go to Top