マウス・フリー・マリオン・プロジェクトのパトロン

MFMプロジェクトの国際的なパトロンは、彼らの評判や知名度を共有することで、プロジェクトの認知度や信頼性を高めることに貢献しています。 彼らは、推薦、広報活動への協力、そして可能であれば、プロジェクトが開催する募金活動やその他のイベントに参加することによって、プロジェクトに名前を貸している。

スティーブン・チャウン教授

スティーブン・チャウン教授は国際的に著名な科学者であり、現在はオーストラリア研究評議会(ARC)の卓越した南極科学における特別研究イニシアティブであるSecuring Antarctica’s Environmental Futureのディレクターを務め、オーストラリア・メルボルンのモナシュ大学に拠点を置き、生物科学教授も兼任している。 スティーブンは南アフリカのステレンボッシュ大学でDST-NRF侵略生物学センターの創設ディレクターを務め、キャリアの大半をマリオン島での生物学的プロセスの研究に費やしてきた。

スティーブン・チャウンについて詳しくはこちら

エディンバラ公爵殿下

エディンバラ公爵は国王陛下の弟で、エリザベス女王とエディンバラ公フィリップ殿下の末子。 ロイヤルファミリーの一員としてフルタイムで働く彼は、多くの時間を若者たちの支援と、ノンフォーマル教育のメリットを世界に広めることに捧げている。

エディンバラ公爵殿下について詳しくはこちら

ピーター・ハリソン

ピーターは、絶賛された『Seabirds(海鳥)』など、海鳥識別ガイドの著者でありイラストレーターでもある:1983年出版。 ピーターは世界的な旅行会社、エイペックス・エクスペディションズの共同設立者である。 1994年、自然史の研究と世界的な保護活動への貢献が認められ、ピーターは女王の栄誉リストにおいて大英帝国勲章(MBE)を授与されました。

ピーター・ハリソンについて詳しくはこちら

フムジレ・ムランボ=ングクカ博士

ムランボ=ングクカ氏は、鉱物・エネルギー大臣の任期を経て、2005年に南アフリカの副大統領に任命された。 2013年から2021年まで、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関(UN Women)の事務局長、国連事務次長を務めた。 教育の改善と教育者のためのデジタル・リテラシー・トレーニングに尽力するウムランボ財団の創設者でありリーダー。 現在は南アフリカのヨハネスブルグ大学の学長を務めている。

Dr Phumzile Mlambo-Ngcukaについてはこちらをご覧ください。

グロリア・セロベ

グロリア・セロベはWIPHOLDの創設メンバーであり、最高経営責任者である。 それ以前は、エクソン・コーポレーション(米国)、ミュンヘン再保険会社(南アフリカ)、プレミア・グループ、スタンダード・コーポレート&マーチャント・バンクで要職を歴任。 また、トランスネット・リミテッドの財務担当エグゼクティブ・ディレクター、トランスネット取締役会および主要子会社のメンバーを歴任。

グロリア・セロベについてはこちら

滝川クリステル

2002年から2009年まで日本のニュース番組「FNNニュースジャパン」のキャスターを務めた後、フリーキャスターとしてキャリアをスタート。 WWFジャパン顧問、メドゥサン・デュ・モンド親善大使。 2013年にはフランス政府から芸術文化勲章シュヴァリエを授与された。

滝川クリステルについての記事はこちら。