ネズミのいないマリオン計画への賛同:島の脊椎動物駆除の成功率88%を示すレビュー論文

写真上 オーストラリアのマッコーリー島で、ハツカネズミなどの外来脊椎動物を駆除したグレイヘッド・アルバトロス。 写真:Melanie Wells Dena Spatz(シニアコンサベーションサイエンティスト。 環太平洋の保全, Hawaii, Honolulu, USA)らは、オープンアクセスでジャーナルに掲載されました。 [...]

By |2022-08-23T14:22:07+00:008月 23rd, 2022|カテゴリーなし|0 Comments

マウスフリー・マリオン・プロジェクトでは、キャンペーン・マネージャーを募集しています。

マウスフリーマリオン」プロジェクトは、2023年の南半球の冬に向けた根絶作戦に向け、ますます勢いを増しています。 この間、必要な資金を調達することをはじめ、やるべきことは山積みです。 現在までに、プロジェクトの立ち上げ資金は、助成金、国内外の組織、個人、南アフリカ政府、そしてクラウドファンディングから得ています。 2023年に根絶作戦を進めるためには、大幅な資金調達が必要です。 マウス・フリー・マリオンNPOカンパニー(MFM NPC)では、必要な資金を確保するための資金調達戦略の実施において、チームを率いるキャンペーン・マネージャーを募集しています。 この機会の詳細については こちらからダウンロードしてください。 .  

By |2021-07-12T06:55:50+00:007月 12th, 2021|カテゴリーなし|マウスフリー・マリオン・プロジェクトでは、キャンペーン・マネージャーを募集しています。 はコメントを受け付けていません

パメラ・イズデルが150ヘクタールの壮大なスポンサーシップで「100+ ha Club」の仲間入り

写真上 2020年にカラハリを訪問した際のパメラとネヴィル・イズデル夫妻。 写真:Mark D. Anderson Mouse-Free Marion Projectは、マリオンのネズミ駆除に向けて3,000万南アフリカランドを寄付するキャンペーンを実施します。 ヘクタールのスポンサーになる 3000万南アフリカランドを集め、マリオン島の捕食性ネズミの駆除を目指すこのキャンペーンは、これまでで最大のスポンサーを獲得しました。 [...]

By |2021-07-02T11:51:30+00:007月 2nd, 2021|カテゴリーなし|パメラ・イズデルが150ヘクタールの壮大なスポンサーシップで「100+ ha Club」の仲間入り はコメントを受け付けていません

マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャー、ゴフ島から帰国

2021年6月13日、南アフリカの調査・補給船「S.A. Agulhas II」がゴフ島へのチャーター航海を終え、ケープタウンに帰ってきました。 この航海の目的は、RSPBがゴフ島から侵入したハツカネズミを駆除するために ゴフ島再生計画 (RSPBがゴフ島から侵入したハツカネズミを駆除するための緊急作業を開始するために、GIRPの運営チームとその機材一式を配備するためです。 私は幸運にも、GIRPの経験から学び、マウスフリーマリオン(MFM)プロジェクトに向けた私たち自身の準備に役立てるために、この航海に参加することができました。 ケープタウンを出発するゴフ島再生プログラム(GIRP)チーム、写真。Anton Wolfaardt [...]

By |2021-06-29T09:42:41+00:006月 29th, 2021|カテゴリーなし|マウスフリーマリオンプロジェクトマネージャー、ゴフ島から帰国 はコメントを受け付けていません

バードライフ・サウスアフリカに加盟する41のバードクラブのうち4つが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を支援しています。

バードライフ・サウスアフリカの41のバードクラブのうち4つがネズミのいないマリオン・プロジェクトを支援し、そのうち2つが残りのクラブに同じことをするよう呼びかけています。 上の写真。バッフェルス・ベイに出かけたレイクス・バード・クラブのメンバー。 南アフリカで唯一の鳥類保護NGOであるバードライフ・サウスアフリカに加盟しているバードクラブは41団体。 野鳥観察の手配、夜の講演会、講座やワークショップの開催、独自のニュースレターの作成など、主に独自に活動しています。 会員の規模はさまざまですが、鳥を愛し、その保護に力を注ぐという点では共通しているようです。 41クラブのうち4クラブは、バードライフ・サウスアフリカと南アフリカ林業・漁業・環境省(DFFE)のパートナーシップであるマウスフリー・マリオン・プロジェクト(MFM)を通じて、マリオン島のハツカネズミ撲滅に向けたヘクタールのスポンサーとなって、この取り組みを実証しています。 この間、34,000南アフリカランドを寄付し、34ヘクタールの畑のスポンサーとなりました。 3万ヘクタールの島を、クラブの資金や会員への呼びかけで実現。 そのうちの2つ、レイク・バード・クラブと ケープ・バード・クラブは、残りの37のクラブに同じことをするように呼びかけています。 [...]

By |2021-06-24T14:16:08+00:006月 24th, 2021|カテゴリーなし|バードライフ・サウスアフリカに加盟する41のバードクラブのうち4つが「ネズミのいないマリオン・プロジェクト」を支援しています。 はコメントを受け付けていません

マウスフリーマリオンプロジェクトの管理者募集

写真上 デイズナンバー? マリオン島で紹介されたハツカネズミ(Stefan Schoombie撮影 バードライフ・サウス・アフリカ と南アフリカ共和国森林・漁業・環境局(ディーエフエフイー)は、マウスフリー・マリオン・プロジェクト(Mouse-Free Marion Project)で共同研究を行っています。へんけいしゅうはすうへんちょうそうちは、海鳥や無脊椎動物、植物に壊滅的な影響を与え、生態系を破壊しているハツカネズミをマリオン島から駆除することを目的としています。 このプロジェクトを実施するために、バードライフ・サウスアフリカが特別法人「マウス・フリー・マリオンNPO」を設立しました。 プロジェクトの詳細については、MFMのウェブサイトをご覧ください。 [...]

By |2021-06-21T09:44:43+00:006月 21st, 2021|カテゴリーなし|マウスフリーマリオンプロジェクトの管理者募集 はコメントを受け付けていません

バードライフ・サウスアフリカは、6月19日の世界アホウドリの日を記念して、ワンダリングアルバトロスのインフォグラフィックを共同スポンサーしています。

上の写真ACAPと バードライフ・サウスアフリカが 共催する「さまよえるアホウドリ」インフォグラフィック アホウドリを描いたインフォグラフィック グローバル・ヴァルネラブルアホウドリの 日」を記念して、インフォグラフィックが制作されました。 世界アホウドリの日 を記念して、インフォグラフィックが作成されました。 ニュージーランド在住のイラストレーターが制作したインフォグラフィックです。 ナマスリ・ニュウミムは、アホウドリとミズナギドリの保全に関する協定(Agreement [...]

By |2021-06-19T08:20:48+00:006月 19th, 2021|カテゴリーなし|バードライフ・サウスアフリカは、6月19日の世界アホウドリの日を記念して、ワンダリングアルバトロスのインフォグラフィックを共同スポンサーしています。 はコメントを受け付けていません

“巨人の肩の上に立つ “のです。 ニュージーランド・オークランド島に生息するネコ、ブタ、ネズミを駆除するためのフィージビリティスタディが、「ネズミのいないマリオン計画」に反映されることになりました。

上の写真 唇をなめる。 オークランド島でシロハタフウチョウのヒナの死体を食べる野良猫、写真:Stephen Bradley マリオン 南洋の島々でハツカネズミの駆除を計画しているのは、マリオンだけではありません。 ニュージーランドでは、自然保護局(Department of Conservation Te [...]

By |2021-06-11T09:20:00+00:006月 11th, 2021|カテゴリーなし|“巨人の肩の上に立つ “のです。 ニュージーランド・オークランド島に生息するネコ、ブタ、ネズミを駆除するためのフィージビリティスタディが、「ネズミのいないマリオン計画」に反映されることになりました。 はコメントを受け付けていません

マウス・フリー・マリオンのオペレーション・マネージャーにマッコーリー島の名士キース・スプリンガーが就任

上の写真 着陸したヘリから安全な場所に移動する アンティポーズ島でアンティポーズ・アルバトロスのヒナを抱きかかえるキース・スプリンガー氏 先月行われたオペレーション・マネージャーの候補者面接に続き、このたび マウスフリーマリオンプロジェクト このたび、ニュージーランドのキース・スプリンガー氏が、南アフリカの亜南極地域担当のオファーを受け、その任を引き受けることになりましたのでお知らせします。 マリオン島 捕食者であるハツカネズミが侵入してきたため 攻め殺し 表面繁殖のアホウドリとゴマフアザラシのヒナ。 [...]

By |2021-06-04T10:46:45+00:006月 4th, 2021|カテゴリーなし|マウス・フリー・マリオンのオペレーション・マネージャーにマッコーリー島の名士キース・スプリンガーが就任 はコメントを受け付けていません

マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー、ゴフ島へ向かう

マウスフリー・マリオン(MFM) 最近報告された について、南アフリカの南極観測・補給船「S.A. Agulhas II」が2021年5月12日にマリオン島から帰還し、島の年次買収の一環として1カ月間上陸したMFMプロジェクトマネージャー、アントン・ウォファールト博士が乗船していたことを発表しました。 マリオン島からゴフ島への航海の間、検疫のためにケープタウンに停泊している間、アントンは船内に留まった。 ゴフ島の気象観測所、写真:Anton Wolfaardt [...]

By |2021-06-01T08:31:16+00:006月 1st, 2021|カテゴリーなし|マウスフリー・マリオン・プロジェクト・マネージャー、ゴフ島へ向かう はコメントを受け付けていません

Title

Contact Info

Mouse-Free Marion

Go to Top